Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

24

ロミオVSジュリエットキャラ別感想②ロミオ/エスカラス

こんばんはです!

まずは、昨日のりな子の独り言3歳の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました\( 'ω')/
Twitterでもいいね!を下さったりと、本当にありがとうございますです┏○ペコ
本日も大変励みとさせて頂いております~!

今日は急遽予定変更で、諸事情で会社に行かなくても良いとなったので家に引きこもっておりましたです~♪
午前中もともと予約していたまつ毛だけ行ってきたのだけど、あまりの暑さに行って帰って来ただけでもう動きたくないッ!ってなってしまいました(゚Д゚;)
午後はずーっとお家にいたのですけど、一度ゴロンとしたらなかなか動き出せず…、ゲームも夕方近くにやっとエスカラスを再開して終えてきました(笑)

残すところあと一人だけでロミジュリ本編が終わりますよ~\( 'ω')/

もう最近は始まりの合言葉みたいに「暑い!」って言っているけど、寝る時までエアコン使っているの私的には珍しいんです!
だいたい部屋の二か所の窓を網戸にして、扇風機をかけていれば快適に寝られたんですけど、今年はそんなんじゃ無理…。
暑くて寝られないし、寝ているだけで汗かくのでエアコンかけないと寝付けないのです(;_:)
なんたってこんなに暑いんじゃ―‼ヽ(`ω´*)ノ彡
早く秋にならないかな……。←夏始まったばっかりなのに(笑)

暑さのせいなのか何なのか、とにかく眠くて眠くて(=_=)
リラックスしてしまうといつでも落ちそうになるし、頭が働いていない感じがすっごくするので、ちょっと困っております…。

と、またもや雑談から始めてしまいましたが、今日はロミオVSジュリエットの終わっている2人のキャラ別感想を喋りますよ~♪
物語の軸は同じ流れなので、二人ともサクサク~っと終わってしまうかも知れませんが…お付き合い頂けたらと思います┏○ペコ

◇ロミオ=モンタギュー/櫻井孝宏
romeo.png 

さすがメインヒーロー…。
「あぁ、何故あなたはロミオなの…」的な台詞が、種族が異なる事でなかなか前に進めない2人を現す所で使われていました。

ヴァンパイアとの融和政策が進むのですが、ロミオはその融和政策の反対派の筆頭なんです。
対してジュリエットも、過去の出来事が原因でヴァンパイアに対して良い印象は全く無く、どちらかというと憎んでいるという気持ちの方が大きいです。
ですが、今回はマキューシオ√にちょっと似ている形で、ロミオとの距離が近づいていく事になります。

そもそも、ヴァンパイアの事を知る…という意味では、融和政策に協力的なベンヴォーリオというヴァンパイアがいるんですけど、この人がエスカラス(融和政策の言い出しっぺ)に協力的なので、エスカラスが管理するハンター協会にいる主人公は、ベンヴォーリオと会う機会が多い事で少しずつ考え方が変わってくるんですよ。
で、そのうちにマキューシオやロミオという他のヴァンパイアとも、顔見知りになっていくので最初の嫌悪感というか…、考えを変える切っ掛けを与えたのはベンヴォーリオかなと思うんですよね。

で、他√でもちょこちょこと、ロミオと主人公には何かがある風に見えているんですけど、家同士の因縁というか…。
ここには恐らくちゃんとした真相があると思うんですけど、ロミオも主人公も核心的な部分はあやふやなまま、親同士のアレコレを覚えているので相手に対して最初は良い印象はないのかな~って感じです。
といっても、幼少期に実は2人は会った事がある…という設定なので、お互いが嫌いあっている話でもないんですよね。

人とヴァンパイアという種族の違う生き物で、お互いがお互いを誤解していたり良く思っていない部分はあるけど、「ロミオ」としてとか、「ジュリエット」としては嫌っているとかそうゆう訳ではない…と言いますか…。
なので恋愛感情がムクムクと育っていく感じとかは、必然的な感じですし惹かれるべくして惹かれあったという感じがありました。
ある意味、ロミオVSジュリエットの中で一番ロマンチックな展開だったんじゃないかな?と思います。

一緒に過ごしていくうちに種族の違う相手への気持ちに変化が現れて、お互い少しずつ惹かれていく…という進展しやすい形だったんですが…。
ロミオはヴァンパイアの筆頭、ジュリエットはヴァンパイアハンターで当主でもある。
そして更にパリスとの婚約の話しもある!って感じで、お互いが相手に惹かれていると気付きながらも、なかなかそれを言葉にする事も出来ないという、もどかしい恋愛がここでは楽しめると思います(笑)

2人を見ていたら「もう完全に好き同士じゃん!」と突っ込みたくなるんですけど、お互いに色々とあるので…(;´∀`)
なかなかそれを言葉にして伝えたりとか、そうゆうのが今一歩踏み込めない感じなんですよね。
それに、種族がどうこうの他にも、ロミオとジュリエットにはとある関係というかですね、色々とございますのでね…。
その辺もちょこっとだけハラハラっとした部分になった気がします。

でも、これについては、結婚するしないの時にジュリエットがロミオになかなか話せなくて、ギリギリまで言わなかったので、そこまで大事ではなかったのかなと思ってしまった(笑)
だって、すんごい重要な事だったら結婚する前のギリギリまで言わないとか…ありえない!と現実的に考えてしまったのですよ…。←(笑)
なのでそれほどな部分だったのかな~って。
私が勝手に“早く言わないと!”と思っていただけで、彼らにとってはそんな事では2人の仲は壊れないから、大丈夫な事だったようです(笑)

後、ここではロミオが相手なので、マキューシオとも関わる事が多くてなかなか楽しい√でした!
マキューシオはロミオの右腕的存在ですし、ロミオを崇拝(?)(笑)しているので、彼との仲が進んでいく過程にマキューシオが力になってくれたり、相談に乗ってくれたりするんですよ。
勿論マキューシオもジュリエットを気に入っていると思いますしね。
なので、EDとかも3人でのEDなんかもありますし、ロミオとマキューシオの友情という部分でも、楽しめる内容じゃないかな。

EDに関してはなかなか興味深いEDがございました!
幸せなEDがいくつかあったのは他の√と同じなんです気d、1つ…とある人物が怪しく思えるだけのエンディングがありましてですね…。
恐らく、このEDはロミオとジュリエットの2人からしたら、幸せだけど幸せじゃない微妙なEDなんですけど……。
今ここでどんな言い方をしても色々バレそうだから言えないのだけど、とにかくアイツが怪しくて怪しくて仕方がなくなったんです…(゚Θ゚)

今までそんな素振りが無かったので、ロミオまで攻略してきてグッと気になってくる展開になってきたかなと思います!

◇エスカラス=ヴェロナ/井上和彦
esk_rj.png

渋い…!エスカラス様が渋かった‼(笑)
井上和彦さんと言ったらニャンコ先生なイメージしかないので、まさか400歳の大公をこんなに渋く演じられているとは…。

エスカラス様は400年に渡り国の実権を掌握しているお方で、一言で言うと偉い人です!←
まぁ一人で国のアレコレを行っている人でもあるので、穏やかそうな顔して実は腹黒い面なんかもあるんですけど、お茶目な所もあったりして…意外に魅力満載の人でした(笑)
でも約400歳設定ですよ?
そりゃジュリエットがエスカラスを選べば、周りから「おじいちゃんフェチなのか?」とか言われますよね(笑)

エスカラスは今までのキャラとは異なり、国のトップといっていい人物であり、人間とヴァンパイアの混血でもあるので、兼ねてから両種族の融和をしたいと思っていたのが、今実現に向けて動き出した…という感じです。
ジュリエットはハンター資格を得るために、エスカラスの助手になる選択をする…という始まりになっていました。

今まではハンター資格を得るために実践で…という形だったんですけど、今回はエスカラスの助手となり融和政策がうまくいく様に手伝うので、わりと大人しいシナリオ展開だったかなと思います。
基本的にはエスカラスとベンヴォーリオと共に、融和政策の事で日々動ていく形になるので、戦ったりという事が一番少ない√だったかな。
でもまぁパリスとの婚約はここでも上がっていますし、400年も生きているエスカラスだからこそ、誰かを愛する事や大切な存在を作る事に臆病になっている…という部分もあって、なかなか恋愛展開ももどかしい部分もあったかなと思います。
まぁでも、言ってもそんなに長いシナリオボリュームでもないし、エスカラスもジュリエットに惹かれているので、大人の癖にチョロイ所もあって可愛かったかなと思います。

でも、何が意外だったかってですね…。
EDはハピエンと呼べる物は2つだけで、他2つは切ない感じのEDだったんですよ!
今まではどのキャラもわりと幸せな終わり方が多かったので、さすが…大人相手だとこの辺も違ってくるのかなと思いました。

ジュリエットはエスカラスの事が好きだと気付くと、相手からしたら自分なんか子供だしエスカラスにはピ―――がいるし…って感じで、フラれるの覚悟という感じなんです。
で、そこからジュリエットが気持ちだけでも伝えようと思い、どう分岐するか…って感じで分かれていくんですけど、ハピエン以外の部分は本当!切ない気持ちにさせられたな~…と思いました。
悲しいとはまた違うんですけど、ある意味未来が感じられるし、死ぬとかそうゆう事でもないですしね。
ただ、何だかこう…初恋が散っていった感じというか、胸に秘めた想いは箱に鍵かけてしまっておく的な感じというか(笑)
とにかく、想像していなかったのでちょっと寂しい気持ちになったEDがあったよという事です。

エスカラス自身は、400歳越えとは思えない可愛い一面を持った叔父様?って感じで、意外にも素敵だったのですよ!
ちょっと子供っぽい所なんかもあったりして、大公という偉い人とは思えない部分が多々あったので、攻略中も地味に楽しかったです(笑)

物語の進展の仕方も、大筋は今までと同じなんですけど、融和政策の手伝いをしていくので今までとは違う視点で物語が進むので面白かったです。
ロミオのとあるEDで…、とある人が怪しく見えるシーンがあるんですけどね…。
そこに関してエスカラス√で決定的になるという所がありました。
一番知りたい核心部分は分からないんだけど、多分ロミオとジュリエットの親の代の事も、ここに関わってくるんじゃないのかなと思っています。

さて、これより最後のキャラクター、ベンヴォーリオを攻略してきます\( 'ω')/
だがこの人…脳筋ヴァンパイアって感じで、あんまり好みではないんですよね~。←失礼
でも、この人もちょっとお茶目そうな人ですし、楽しんでプレイしてこようと思います。

という事で、二人分なので短くなってしまいましたが、この辺で(∩´∀`)∩
明日か明後日にはコンプ感想を書きたいなぁ~と思います。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました\( 'ω')/




私の梅干し消費が激しい故に
私も父も母もこぞって梅干しを買って来た為
冷蔵庫が梅干しの宝庫みたいになっています(@_@)
とうぶん困らなそうだ…。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

0Comments