FC2ブログ


こんばんはです~♪┏○ペコ

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日もとーっても励みとさせて頂ております♪┏○ペコ

今日は朝方にドバーっと雨が降っている音がして目が覚めた私です…。
窓開けて寝ていたのでハッ‼と目が覚め、いそいそと窓をしめて起きたんですけど、数分後にはあがるという(笑)
何だか降ったりやんだり晴れ間が見えたりとよく分からないお天気だった…。
ドンヨリ曇ってたし雨降るって予報だったから傘持って家を出たんですけど、電車が会社方面に差し掛かったら晴れ間が出ていてビックリ。
でも駅降りて歩いてたらまた曇ってきて~って感じだった。

明日は雨降らないでくれるだろうか‥‥。
夜は大丈夫そうだけど、まだ少し不安です(;´・ω・)

さてさて、ピオフィオーレの晩鐘トロコンしてきちゃいましたよ~( ;∀;)

2018-09-03-234920.jpg 

面白いゲームをしている時は、自分のゲームのプレイスピードを呪いたくなりますね。
ゆっくりじっくりやろうと思っていても、気になってやってると結局普通の速度になってしまっていて、気付いたらVitaの右端に「全てのトロフィーをゲットした」って出てきてました…(笑)
このトロフィーを見た時の謎の喪失感…!
はぁぁぁぁぁ~~~~~…終わってしまった…と悲しい気持ちになってしまいました(;'∀')

という事で、今日はまとめ感想を喋りたいと思いますが、Finalルートでは隠しキャラの存在もありますので、それも含めてのまとめ感想にしたいと思いますヽ(^o^)丿
隠しに関してはプレイして確かめた方が面白いと思いますので、深くは触れませんけども…。

ではでは、早速。

◇まとめ感想
pio00000top.png

今年プレイした新作の中で、今の所一番面白かったかも知んない!
それくらい私的にはすっごーーーーーーーく楽しめた作品でした\( 'ω')/
公式ブログでも言ってましたけど、今までのオトメイト作品とはちょっと毛色の違う作品だったような気がします。

そして、どうしてオトパにピオフィオーレは出ないのだー‼(笑)
焔も良いけどピオフィオーレも見たかったよぅ(:_;)しくしく…しくしく…←

サントラも予約済みだし、限定版を買い直そうと思っているくらいだし、だいぶハマった気がします(笑)
何でこんなにハマったのかは分からないけど、本当に凄く凄く楽しかったです。
制作してくれた方々ありがとうございます~(≧∇≦)

攻略順なんですけど、私は ダンテ→二コラ→楊→オルロック→ギルバート→Final の順番でプレイしましたが、個人的にはこの順番で良かったと思う。
初回に攻略出来るのはダンテ・二コラ、楊やオルロックはダンテか二コラのBESTかGOODをクリアすると√解放されるみたいなので、この辺はわりと好きな順でも問題ないと思います。
ギルバートに関しては制限があるお陰で一番最後に攻略する仕様になっているし、先にこの人やっちゃったー‼という失敗は出来ない仕様なので安心して進められると思います。

ギルバートは彼以外の全員のキャラルートのBESTまたはGOODをクリアで解放らしいんですけど、そもそも皆さんのBESTを順に取り終わると…、最後にカウントする数字が出てきます。
これが一人目が終わると5、次の人が4みたいな感じになっているんですよ。
で、ギルのBESTを見た後にFinalルートと隠しEDの解放がされる仕組みなんですけど、この時の仕掛けもなかなか素晴らしいんですよ!

ここまで見てというかFinalルートをプレイして初めて、あの序盤の始まり方にも意味があったと思えると思いますし、ただブルローネという街を説明しているだけでは無かったー‼と感じると思います(笑)
所々のちょっとした作り方も魅力的になっているので、そうゆう所も注目ですね~!

楊とオルロックはゲームオーバーの多さから言っても、他キャラに比べると内容的に見方によっては苦しい展開も割とありますので…あしからず。(笑)
BADもちゃんと取ろうと思う!という方だったら、BEST EDを最後に回収するのをお勧めしたいと思います。
GOODを残しておけば良いや…は、かなり危険な賭けになる場合もありますので………。

それと、今回はBADにもスチルがついているので、それぞれの道を踏み外してしまうEDだったり、結構仄暗い終わりや悲しい終わり、それぞれのキャラに合った終わり方とういう感じで作られているのがカナリ面白かったなと思います!
なめてかかると放心状態になるエンディングなんかもあるし、そのキャラクターの魅力というかキャラらしさというのが、最後の最後まで貫き通している作りだったなと思う!
私はそれぞれのそういったEDを取る度に楊のSSを見に行ってウフウフしてましたけどね(笑)(*ノωノ)

攻略に関してはアイキャッチが無くてすごーく大変でした…(゚Д゚;)
発売から即攻略を始めた事もあり、今回は横着無しで進めた√も多かったので、とにかく間違うとゲームオーバー、また間違ってゲームオーバーって事もしばしば(笑)
特に楊とオルロックではすぐに終わっていた所がありました…。
もしあの主人公が私と同じ思考だったら、何回も天に召されていますね(;´∀`)アハハ…

順番に色々なお話しをしていきたいと思いますが、まずは物語からいきますね。

ブルローネという街は普通とは違う体制になっていて、3つのマフィアという組織があるからこそ平和に暮らせている部分があるという感じなんですけども…。
各√では攻略する相手がマフィアという事もあって、リリィは深く関りを持っていなかった為、若干畏怖する存在として認識している部分があります。

しかし、各攻略キャラの√をプレイする事で、今まで持っていた“マフィア”という人達に対しての印象とは異なる面を見る事で、彼らにもマフィアとしての想いだったり、ボスとしての誇りだったり…。
そういったものがある事を知っていく事で、リリィの考えも変化していく形になります。

各キャラの個別√は、恐らく皆の事を知るものだと思えば良いかも。
そしてその後のFinalルートでは、今までの個別で起きた事件等の裏側に居た存在を明らかにしていく形になるんですけども…。
ここでは、ブルローネにとってマフィアという存在がどうゆうものか、というのが分かるような内容になっていると思う。
色々と隠された事柄というのがそれ以外にもあるんですけど、その辺は黙っておいた方が良いと思うので、敢えて上記の事にしか触れていません。

Finalルートはギルバートからの派生になっていく形になるんですけど、途中からギルとは別の展開になっていくって感じですね。
その中で隠しのED、大団円、ゲームオーバーが数個存在している作りになっていました。

ギルの感想の時にも言ったんですけど、今回は特に大団円とかがあるので、今までの√には無かった形で展開していきます!
あの人もこの人もその人も、皆が……、うつろい易い星の動きに惑わされる事無く、あの時(各攻略√)のようにはならない形になる…と言えばいぃのかな(笑)
攻略キャラやリリィの事だけでなく、サブキャラ等も含めてという意味でです。
あの時ってどの時だよって感じだと思うんですけど、Finalルートのエミリオの言葉を聞いていると「あぁ、繋がっているんだ」という風に思うんですよね。

そしてリリィが周りにいる人達と信頼関係を築いていくという形になるので、それぞれのキャラ達との距離もある程度まで縮めていく感じになっていますし!
主に序盤ではギル、中盤以降はオルロックと過ごす事が多くなるんですけど、楊以外はわりと頻繁に出てくる気がします( ;∀;)←
と言っても楊の出番が少ない訳で無いのですよ!
楊は彼の√にいないと楊なので(笑)、ニヤニヤ出来る所は全然少なかったんですけどねっ。

そして隠しEDか大団円かで内容が変わってくる部分もあるんですけど、このFinalルートで明かされる真実というものが、所々のBADに通じるものがあるというか何というか…。
私はとある人物のとある台詞の時に、オルロックでのBADをでの事を思い出したんですけど、リリィが感じるであろう感情とどこか通ずる所がある気がしたんです。

全体的にあるようで無い出来事という感じになっているんですけど、完全なるファンタジーかと言われると、そうでもないというか…。
人と人の繋がりの部分だったり、どういった理由で神を信仰しているかだったりむにゃむにゃ(笑)
何を書いているのか何を言いたいのか自分でも分からなくなってきたんですけど、うまく言葉に出来ないけど色々と考え込んでしまう内容だった(笑)

で、全体を通して凄く悲しい出来事が根の部分に隠されていたという事が分かってくるんですけど、今回大きく関係してきている神という存在だったり、リリィが教会で育っているという部分だったりも関係してくると言うかなんというか(笑)
これまたうまく伝えられないんですけど、リリィがあの境遇で教会で育ってきていて、今自分がどんな存在なのかがあるからこそ、相手を救える部分だったり寄り添える所に繋がっているのかなと思いました。

無い脳みそで、色々と必死に考えを巡らせてしまうという内容だったんですけども(笑)
ギルバート・Finalの√ではそれぞれのキャラの台詞とうのが、気になる事を言っていたりするので…。
その度に思考の彼方に沈みそうになりました。すぐに諦めて戻ってくるけど(笑)
そんな感じで、細かい所にも気になってしまう…そうゆうのが散りばめられている形になっているので、最初から最後まで心行くまであの世界観にどっぷりハマる事が出来たなと思う。

恋愛面に関しては、ちょっとテンポが良すぎたかなと思う人もいたけど、どのキャラともピンチを乗り越えつつ結ばれるので、人によっては苦しい展開の末の幸せ…という形もあります。
私としてはそれもまた面白い要素の1つとなったけど、その展開が辛いと感じる人も居るだろうと思います。
ただ、この恋愛の進展の仕方もその相手によって異なるので、その辺は面白いと思います!
皆様一筋縄ではいかない立場の人というのもあるし、その人の性格的なものもあるけど…どいつもこいつもなかなか大変だと思いますしね。
だからこそ、乗り越えた後BEST EDを迎えた時の喜びや幸せ感も倍増するんだと思いますし(●^o^●)

Finalルートでは、真相に迫っていく傍らで距離を縮めていくとある人物がおります。
その彼の過去に何があって何をしようとしているのか、その辺が少しずつ見えてくるようになってくるんですけども…。
彼を救えるのか、何か気付かせる事が出来るのかというのが肝になっているかな。
外側から彼へと辿り着こうとしつつも、別の側からも近づいていく形になるので、じわりじわりと真実に近づいていく感じが何とも面白いんですよ!
それに今まで攻略してきた人達の様な形とは違う感じになっているので、彼に関してはまた特別な感じがありますしね。
なかなか心を開いてもらえないし、目に見えて距離が縮まってる~!というのとも違う感じですし。

それと、彼がリリィに対してとる無意識の行動というのもなかなか興味深いんですけども…。
この辺は最後の方にならないとその真意が分からないんだけど、その意味が分かった時にちょっと切なくなったりしちゃいました(´・ω・`)
そもそもこの人は本当に可哀想な人とうか、そういった立ち位置の人物なので余計かな。

でも、今回の攻略キャラ全ての内容が面白かったと思いますし、それぞれの恋愛の展開も(隠しも含めて)とても楽しめた内容だったなと思います。
私はプレイ前と変わらず、楊推しだけども(笑)
攻略する事によってそのキャラに魅力というのをより感じられるから、Finalではそれぞれのキャラを経て、更にムフッとなってしまう所もあってそれはそれで面白かったなと思う\( 'ω')/
特にオルロックとダンテは素直な気持ちが表情に出たりするので、何だか可愛かったです(笑)

EDに関しては散々キャラ別感想で喋ったし、先ほどもお話ししたのでもう良いよって感じだと思うんですけど(;´∀`)
とりあえずゲームオーバーも面白いものもあったけど、BEST・GOOD・BADの3つは是非見てみて欲しいなと思います。
むしろBADのいきつく先はどうなっているのか気になるやつもあります(笑)

FinalルートのEDに関しては、隠しEDと大団円の2つがメインって感じなっているので、他はザ・BAD EDって感じの作りになっているかな。
選択を間違った末の…って感じだったと思いますし。
なのでBADが無い分、心穏やかに進められると思いますし、内容的にもどこの√よりも安心して進められる過程になっています。
隠しEDについては回収して貰うとして(笑)、大団円は最後に出てくるスチルとかもなんか良いな~(*´ω`)って感じなっていて、私は最後に取ったんですけど「終わってしまった…」という気分にさせられました(笑)

それぞれ攻略し終えるとSSが解放されるんですけど、メイン攻略のみとなっています。
台詞部分には声も付いているし、スチルもあるので最高に楽しかった\(^o^)/
既に各キャラ2回ずつくらい見に行ってるんですけど、楊に関しては5・6回は見ていると思います(笑)
いや、本当についつい見に行ってしまう。

そしてゲーム全体の雰囲気をすっごく醸し出しているのがBGMですね。
初回の時にも言ったんですけど、つい耳を傾けてしまう音楽が多くて凄く良かったです!
これは結構サントラ買う人多いのも頷ける…。
ちなみに私は大人しく密林で予約しちゃいましたよ~(〃´∪`〃)ゞエヘヘヘヘ

私としてはあまりにも楽しすぎたために、余計に落ち着いて感想を喋れない感じになってしまっている気がしますが…。
最後の攻略の時にはメモを取るのをすっかり忘れてしまった為、攻略中に色々と思った事があったのにすっかり覚えていません!笑
結構プレイしながら「これ書こう」とか「こうやって書こう」とか思いついてメモしたりしてるんだけど、今回はその行動すらも忘れて没頭してしまいました(T_T)

とにかく私は凄く凄く面白かったので、何でもいぃから買ってやってみてくれとしか言えないですね!(笑)

ちなみに一番好きなキャラは楊で、他は皆同じくらい好きです。
二位とか三位とか決められない!
ずば抜けて楊を愛していますが、ダンテはマフィアらしくなく可愛い所あるし、二コラは面倒くさい男だけど愛しいし、ギルはとにかくカッコイイ!(斯波さんみたいな感じ)、オルロックは守ってあげたくなるような…でもかっこいい所も可愛い所もある人だったし…。
皆本当にすごく魅力的なキャラクターばっかりだった\( 'ω')/

サブキャラに関しても、双子が可愛いしリーも私嫌いじゃないし(*´ω`)
あれ?私中華系好きなのかな(笑)
ロベルトも最終的には何だかんだと可愛い奴だったりしますしね‼

双子はFinalで謎のゴマ団子を作ってくれるんですけど、是非そのゴマ団子の風貌に注目して欲しいです(笑)
あの下の部分は一体何なのか、凄く気になって気になって凝視しちゃいました(;´∀`)

サブ達との関り方とかも各√とFinal√では異なるので、その辺も楽しかったです♪

初回にもお話ししたんですけど、MSシステムについて少し…。
私、これ出てくるのを取りまくってたらBADに行った√があったのですよ‼(笑)
いや、マジで何も考えて無かった…。
その前の選択肢もしくったと思うんですけど、見るべきでは無い所で見るというのも何か関わってくるのかなぁ…。
どうしてもその後思う所に進まなくて、攻略サイト様を参考にさせて頂いたら、私が見ていた所のMSシステムを見ていなかった…L(゚□゚)」オーマイガ!

最初はコロコロ画面が変わりますし、ものによっては強制的にMSシステムが起こり勝手にゲーム側が選び画面が切り替わる時もあるから、え?え?ってなったりしましたけど(笑)
ある程度慣れてくると個人的には忙しいけど、結構面白い内容だったかなと思う。
まぁ台詞読んでいる時にピコーンって出てきて、勝手に切り替わる時は焦ったけど(;´∀`)

でもだいたいMSシステムが出て来る時は、次の場面に切り替わる前か切り替わった時なので、タイミングさえ覚えてしまえばスキップしてても、その前に止めてちまちま進めれば大丈夫だった!
スキップボタンで放置というのが難しい仕様ではありますけどね。

そして、最後にスチルですね!
どこのイラストもすっごーく美しかった…。
ゆのはな同様にリリィの服装や髪形が変化するのも見ていて楽しいですし、イラストの雰囲気にもキャラの魅力が詰まっていて凄く素敵でした(●^o^●)
え?ビジュアルファンブックが出たらどうするかって?
そりゃ買います!絶対に買う\( 'ω')/
それくらい何度も眺めたくなるイラストだったし、現に終わった後寂しくてSS見たりスチル眺めたりしてから昨日は寝ました(笑)

毎回同じ感じになってますけど、本当に楽しかった…それしか言葉が出てきません…。
とりあえず私も老鼠に入ります°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°←

もう何も言う事はありません!大変大満足の作品でした。
めちゃめちゃ面白かった~…。

9月は1本だけなので、これから積みゲー消化に入ろうと思いますが、まだロミジュリやる気になれないので…。
楊の√をもう一回やってからロミジュリ再開しようと思います(*ノωノ)

という事で、すごーく下手くそな感想になってしまった気しかしませんが…。
ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました(●^o^●)




にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 17:33 )

  2. りな子 | -

    まりも様

    まりもさん\( 'ω')/
    こそっとコメント、凄く嬉しかったです~‼
    ありがとうございますですm(__)m

    そしてステラに清き一票(笑)
    これで私とまりもさんから問い合わせ来たら、2人…(笑)
    是非とも再販して欲しい~(≧∇≦)

    そうそう、ギル以外の√って結構辛い展開もあるので、特に楊・オルロックはだいぶ苦しいかと…(笑)
    まりもさんがファルツォーネが好きだからって言ってた時に『オルロック大丈夫かな…』と思ったんですよw
    でも、内容辛い所もあるけど、どのキャラも本当に素敵ですよね!!!
    なかなか突き抜けている内容だとは思うけど、そこがやっぱり面白さに拍車をかけている気がします。

    隠しは。。。アレですよ!!あの方!!!(笑)
    多分そのこの人かな?って思っている人で合っているかと…多分w
    ちょこちょこ怪しげな所出て来ていると思うので、多分思っている人だと思います。
    もう本当、最後の最後まですっごーく楽しいので!!
    是非、最終周回堪能してきてください\( 'ω')/

    ( 10:55 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言