Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

21

B's-LOG11月号の感想です!

こんばんはです~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~♪
毎日大変励みとさせて頂いておりますです┏○ペコ

実は……、昨日帰宅したら予めDLしてあったFFの続きをプレイしようかな~とか思ってたんですけど、PSストアで使えるカードをラッキーな事に頂く出来事がありましてですね‼
どうしようかな~どうしようかな~って凄く悩んだ結果、乙女ゲーはDL版で買うのをやめたので…、switch移植したら買おうかなと思っていたFinalFantasyXII THE ZODIAC AGEを買ってしまったのです(*ノωノ)ギャー←(笑)

いつぞやのニーアの二の舞になりそうになったんですけど、昨日は早めに帰れたのでお掃除・洗濯等を済ませてから、その間にDLしておいて…いざ!と思って始めたらば、気付いたら22時とかになってて恐ろしくなりました(゚Д゚;)
見張りが沢山いる王宮で、見張りの人を呼び寄せて移動させ、動いた隙を狙って先に進まないといけないんですけど…。
そんな所で苦戦して何回も見張りに見つかり入口に戻される自分(笑)
ムキ―‼ってなって結局はふて寝したのだけど、やっぱり一度やり出すとダメですねRPG系のものは。
早く帰って続きをしたい…‼

でも、何というか…昔からわりと気になってはいたけど、台詞が棒っぽい人がちらほらいたりいなかったりしてですね(笑)
すんごい気になる…‼
それを思うと15なんか豪華すぎるキャスティングだったから…(笑)

とりあえず参千世界遊戯が来るまではゾディアックエイジをやりつつ、何かやろうかな~どうしようかな~って感じです(笑)いや~面白いヽ(^o^)丿

さてさて、今日はビズログ11月号の感想なのですけど、オトパの時にも書いた内容が重複しますのでご了承くださいまし(^◇^)
-発売日未定-

前回はいろはみたいな女子が…ってお話ししてたんですけど、何と!今回は五光全員が女装?している立ち絵的なものが掲載されていましたー(笑)
それに加えて、一部のシナリオも出ていたんですけど、ちょっと面白いです(笑)

五光である彼女達(?)は、今までと変わらず学園では騒がれている対象なんですけど、女子という事になっています。
なのでシナリオの中では彼らは彼女達という感じ…。
そこにみことが遭遇すると「ちょっと待って!どう考えてもあの人達はオカマ…」みたいな台詞があるんですよ~(笑)

何故五光の彼らが女子になっているのか…というのは、みことが通う開闢高校に鬼が湧いてしまい、泉姫であるみことが狙われる事になってしまったんだとか。
それで、みことを守るために双子の片割れである金時花の案で、みことの護衛の為に女装をして女子高に忍び込むという奇策をする事になったんだとか。

とりあえず全員あの顔で女子の制服を着ているし、勿論スカート姿なので…(笑)
いろははロングのスカートで、蛟は膝丈、姫空木と唐紅といめは割と短めのスカート姿なので、違和感満載です。
しかも全員ちゃんと胸のふくらみが……(笑)

始まりはちょっとギャグっぽい感じだけど、何故か今までとは全然違う感じに面白そうな予感がしてしまいますね!
女装姿早く見て欲しいです(笑)

◇オランピアソワレ[switch]
-発売日未定-

ニルアドのスタッフさん達が再集結した新たな作品です~(*´ω`)
今回のテーマは「色」となっていて、「白」を巡る色彩ファンタジーと書いてありました!

主人公が「白」の色なんですけど、舞台となる天供島(てんぐうとう)では主人公しか存在しない稀少な色なんだそう。
その「白」を途絶えさせない為に、主人公は18歳を迎えた事で交配相手を探さなければならないんだそうです。
過去の出来事から外界との交流を拒んでいた主人公が、亡き母の言葉を信じて自分を愛してくれる者を見つける為に、自分が求める魂の半身と出会うために一歩踏み出す…。というお話しみたいですね。

それと、【主人公は自らを『オランピア』と名乗り、人形の様に微笑む事も無く人形の様に舞い続ける彼女を人々は敬い恐れていた】とあるので、誰かと恋愛をしていく過程で主人公にも変化が現れそうな感じなんですかね。
その辺もちょっと気になるし面白そう…。

今回は主人公のオランピアと赤砂と玄葉の立ち絵だけ掲載されていたんですけど、次号で他キャラも掲載されるみたいでした!

◇薄桜鬼 銀星の抄・月影の抄[switch]
-発売日未定-

色々な意見が出ている薄桜鬼だけど、私は楽しみだよー( ;∀;)
真改のFD出るかな~とか期待していたけど、今回のがそんな感じなのかなと思います。
随想録みたいな本編を補完する物語として描かれているみたいだし、真改だけだとどうしても薄く感じる部分もあったので、出てくれて良かったと思うよ…。

今回の銀星・月影では大きく分けて4つのエピソードがあるそうです。
・本編では描かれなかった「想いや絆の物語」
・斬り合いや羅刹だけではない「夜や季節の物語」
・本編の事件の「裏事情を描く物語」
・時代や彼らを良く知る為の「補完的な物語」

本編では戦いた羅刹、鬼の事などなど殺伐とした雰囲気が主になっていたけど、あの時のあの夜…他の出来事もあった…みたいな感じで描かれていくっぽいですね。
それこそ随想録の内容を思い起こさせる感じですけど、個人的には事件の裏事情なんかもちょっと楽しみだったりします♪

で、オトパの感想にも書きましたが、攻略キャラが12人もおりますので…それぞれ二作に分かれて攻略出来るキャラが異なる形になっています。
あの時も書いたけど、今回も一応記しておきますね!

【月影の抄】
土方歳三・沖田総司・風間千景・伊庭八郎・山崎丞・山南敬助

【銀星の抄】
斎藤一・藤堂平助・原田左之助・永倉新八・相馬主計・坂本龍馬

私個人的にはチー様と坂本くんが分かれててくれて良かったです(笑)
でも2つのグループに分ける事で、本編よりも密に描かれている事を願っているのですけど、これを足してやっと満足できる感じになるのかな?

どうでもいぃ話しですが、昨日ゾディアックエイジをやってて山南さん(飛田さん)のお声が聞こえてきて、ちょっと笑ってしまいました(笑)
全然山南さんとは異なるキャラの声だったので、『あれ⁉』と耳を澄まして聞いてしまった…。

◇幻想喫茶アンシャンテ[switch]
-2019年発売予定-

ジョーさんとユウヤさんの初タッグ作品です\( 'ω')/
ジョーさんのコメントがちょっと面白かったんですけど、最初はふんわりとしていた今作についての気持ちが少しず~つ形になっていく内容が書かれていまして…。
その一部に、絵のイメージを持たずにオトメイトの原画さんたちの過去イラストを見ながらぐるぐるしていた時に、ユウヤさんがTwitterにあげているイラストを見て「うお、良い絵描くなあ。一緒にやってくんねーかなぁ」って思って声をかけたんですって(笑)
こうゆうのを見るとどうやって形になっていくのかが見えて、読んでいるこっちもちょっとワクワクしてきちゃいますね~(*´ω`)

今作のテーマは「人外」「喫茶店」「ようこそ」「いらっしゃいませ」…冗談ですって書いてあった(笑)
とりあえず人外と喫茶店というのがキーワードで、日常とファンタジーの取り合わせた雰囲気みたいです!
だって恋のお相手は魔王さま…!?って書いてありましたし、キャラ達も見た目も中身も一癖も二癖もあるような方々なんだそうですので、その辺りの期待も高まりますね(*´▽`*)
キャラの服装の一部などにも、現代とファンタジーの要素を取り入れているそうですよ~。

◇Lover Pretend[switch]
-2019年発売予定-

こっちはジョーさんがプロデューサー、ディレクターは椎名あとりさん、原画がライクロの藤理トさんの新作です。

テーマは[夢を追う若者]と[恋人ごっこ]だそうで、女優になるという夢をかなえる為に奔走する主人公が、とある事情から同じ目標を持つ仲間達と恋人ごっこをする事になるというお話しなんだとか。
現代物の内容でキービジュアルに出てきている2人の男の子は、主人公と同じ養成所に通う俳優志望の青年だそうですよ!
ちなみに…夢を掴むために恋人ごっこをするんですけど、バレたら炎上間違いなしの秘密の恋模様……だそうです(笑)

彼らの思い描く目標が何なのか、差し伸べられた手を取る主人公は演技なのか、恋心なのか…とか、気になるキーワードも出てきているので、続報がちょこっと気になりますね。


ビルシャナ戦姫~源平飛花夢想~[switch]
-発売日未定-

既に主題歌が決まって居る事に驚いたんですけど(笑)
今回の戦うヒロインは義経‼と大きく書かれていたんですが、悲劇の武将 源義経を女性主人公としてドラマティックで数奇な運命が描かれるそうです\( 'ω')/

源平合戦をテーマとして悲劇の英雄として有名な義経を、乙女ゲーだからこそ違う運命が見られるのではと思ってこの題材にしたんだそうです。
主人公は源氏の遺児・男として育てられていて、とても凛々しい所がありつつも静かに暮らしたい、兄を差し置いて自儘な事はしたくないという健気な一面もあるんだとか。
そんな主人公がどのように覚悟を決めていくのか、どんな運命に飲み込まれて行くのかを見て頂きたいとな…。
雰囲気的にも殺伐としそうな感じの印象ですね。

今回は各キャラのラフイラストとコメントが掲載されていました!
キャラのに対してのイメージコメントもつけて一応書いておこうかな(笑)

・源 頼朝/冷酷非道×源氏の嫡子←この人だけ大きく掲載されてたw
・遮那王 源義経/主人公×男として生きる源氏の未子
・平 知盛/冷静沈着×敵総大将
・平 教経/勇猛果敢×宿敵
・武蔵坊弁慶/絶対的忠誠×家来
・春玄/共生共死×幼馴染

何か…春玄とか共生共死とか…凄く悲しい感じしかしないんですけど(笑)
メインキャラの中に宿敵とかもいるので、その辺どのような感じになるのか凄く楽しみ!
敵も味方も魅力的な人物が沢山いるそうなので、どんな人物が出てくるのかというのも楽しみですね\(^o^)/

◇CLOCK ZERO~終焉の一秒~Devote[switch]
-2019年発売予定-

クロゼロは、完全新作エピソードの【中学生編】が追加となってswitch移植されますね~!
この年齢だからこその甘酸っぱい恋愛模様や友情が描かれるみたいですよ。
各キャラの関係性も小学生の時にはない変化が現れたり、以前のドラマCDで描かれたエピソード以外にも新たなイベントを収録予定だそうです!

これなぁ…すごぉぉぉぉく悩んでいるんですよね(笑)
Vita版で一度プレイしているんですけど、乙女ゲーを始めたばかりの頃だったと思うんです。
なので、これを機に改めてプレイするのもアリかなぁって思っているんですけど、まだまだ気になるな枠から抜け出せていません。

中学生スタイルの理一郎はかっこいいけど‼(笑)


◇Cafe and Bar Dante´s Peak[V Tuberプロジェクト]

これ、すっごい謎なプロジェクトだったんですけど、未だにV Tuberなるものがよく分からん(笑)
このプロジェクトのテーマは「癒し×エロス」だそうで(笑)
リアルな時間や距離感を届ける番組配信?らしいです。アモンという褐色キャラが今の所バーの店員さんという事みたいですけど…。
そこに通う設定って事かな(笑)

とりあえず、アモンと濃密な時間が過ごす事が出来るらしいです‼

おばはんにはイマイチよく分かりませんが…(゚Д゚;)
とりあえず乙女向けの新たなものが投入されるって事なんですよね!笑

◇オトメイト作品 switch移植 その他

オトメイトの紹介で最後にズラリと並んでいたのも記載しておきます(^o^)
これらが全てswitch版として移植発売される物達みたいです。

・華ヤカ哉、我ガ一族-モダンノスタルジィ-
・華ヤカ哉、我ガ一族-幻燈ノスタルジィ-
・ゆのはなSpRING!-Mellow Times-
・猛獣使いと王子様~Flower&Snow~
・AMNESIA
・レンドフルール

これらは一応2019年予定!
移植だからそんなに遅くなりはしないんだろうけど、追加要素的なものは特になしのベタ移植って感じなんですかね?
レンド……2019年に発売されるのかなぁ( ;∀;)グスン…

もともとゲーム化のお話しは立ち上げの初期からあったんですね!
それが今回形になったって感じだそうです。

私作品名しか知らないので全然詳しくないんですけど、とりあえず各キャラのイラスト等が掲載されていました!
で、アプリの内容はリズムゲームで、主人公との恋愛要素は無し。
ヒプノシスマイクが持つ独特の世界観を活かした、胸が熱くなるようなゲーム内容にしたいと考えているそうです。
イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュクのメンバー全員が登場するのと、ゲームならではの完全新作シナリオを用意しているとの事。
更にゲーム発の新曲も制作を進めてると掲載していました~。

って書いてるけど、とりあえずキャラの名前が絶対読めない名前ばっかりなんですよ‼(笑)
ヨコハマの人達なんて、普通に読める人絶対いないでしょ!って感じだし、イケブクロは山田一郎・次郎・三郎とかだし(笑)
ちょっと面白いキャラ設定だなと思いました…(笑)


◇私立ベルばら学園~ベルサイユのばらRe*imagination~[switch]
-2019年発売予定-

やっぱりコミカルテイストなんだ!と改めて思いました(笑)
そもそも見開きのイラストに、なんか上で飛んでるっぽいアクリルキーホルダーになっているキャラとかいたんですよ‼笑

漫画のベルばらのキャラ達がモチーフになっていて、熱く切なくちょっとコミカルな青春物語となっているみたいですね!
主人公である山田 凰寿華瑠にも声がついていて、千本彩花さんが演じられるそうです。
恋愛EDだけでなく友情エンドもあるそうで、主人公が恋愛をする以外にもキャラ同士の恋愛を応援するストーリーなんかもあるんだそうですよ♪
これは原作のキャラの関係性に配慮した組み合わせになっているんだとか。

物語のおおまかな内容としては…
主人公が入学した学園で、立ち上げたばかりの新劇団ルミエールでのコンクール優勝を目指し、奮闘したり、転部を迫られたり大事件が起きたりと波乱万丈な学園生活…。そこに恋の行方なんかも描かれているみたいなので、ドタバタしそうな感じですね(笑)

ちなみにもう一人のオスカルとして登場する女子は、主人公の憧れの人物でもあるみたいです!

◇DiABOLiK LOVERS-CHAOS LINEGE-[switch]
-2019年発売予定-

通常版のパッケージビジュアルがもう載っていた(笑)
という事は早い段階で発売されそうな感じですね、こちらは…。

えーっと、13人のヴァンパイアとあなたしかいない世界で、魔の血を引く兄弟達は覇王の座を求め3つの家に分かれて伝承のイブを求めて奪い合う運命にある。
貴方は覇王の手によって教会で眠りにつかされていたが、彼の死をきっかけに目を覚ましある一家へと連れ去られてしまう。
そして、このどこか歪んだ世界で普段とは違う関係の兄弟に血を狙われ、キバを突き立てられ争いに巻き込まれて行く…とな。

とりあえず、兄弟関係自体がいつもとは違う状態が、普通の状態になってるって事なのかな?(笑)
スカーレットではレイジ・シュウ・ユーマ・キノが出てくるんですけど、レイジがシュウの兄となっているそうで、キャラ同士もおかしな関係性になっている模様ですねw
ちなみにレイジが長男、シュウが次男、ユーマが三男でキノは天然我儘王子しか書いてなかったけど末っ子とかそうゆう括りでは無いのかな…。
いや、兄弟だから一応末っ子なんだろうか?

ヴィオレでは5人兄弟で、長男のカルラを中心にまとまっているんだそうで、次男のアズサと三男のコウはとても仲良しなんだとか…。
長男カルラ、次男アズサ、三男コウ、四男ライト、末っ子スバルという、謎な5人兄弟(笑)
スバルはどこに行っても末っ子なんですね…(笑)

オランジュでは長男と次男が慎重派で、三男と末っ子が過激派という形だそう。
長男がルキ、次男がシン、三男がアヤトで末っ子のカナト……。
ルキとアヤトが兄弟とか斬新すぎる(笑)
しかもシンは兄であるルキを崇拝している模様なので、カルラからルキになったってだけな感じがしますね。

それぞれのグループ?兄弟?でも1シーンだけ掲載されていたんですけど、異色の兄弟って感じがしました(笑)
見慣れない並びに変な感じがしました…。

◇喧嘩番長乙女2ndRumble!![PS Vita]

二年生になった主人公たちに、新たな嵐の予感だそうですよー!(笑)
ひかるの代わりに獅子吼学園に通っていたひなこが、二年生に進級して獅子吼のトップとして新入生から追われる立場で新学期を迎えるのですが、獅子吼が廃校になるらしいという噂が……。

嫌だ!(笑)馬鹿ばっかりの面白い学園が廃校になるのは嫌だ―( ;∀;)笑

という事で、既存のキャラに加えて、獅子吼のトップを目指す一年生の年下後輩ヤンキーという新キャラも登場するみたいです\( 'ω')/
しかも、石川界人くんのヤンキーですよ‼(笑)
これは、楽しみですな…。

2nd Rumbleでは、前作の喧嘩番長乙女の共通ルートでの出来事を引き継ぎながら、新入生を迎えての物語なんだそうなので、どのキャラとも恋愛EDなどを迎えていない事になっているんですかね。
各キャラルートであった事は前作のものって事で、今回新たに恋が始まる感じになるんでしょうか?
またあの喧嘩のミニゲームみたいなものがあるのかな…(笑)
-第一夜/2018年12月21日-
-第二夜/2019年1月25日-
-第三夜/2019年2月22日-

いやはや、これは今年最後のお楽しみとなっているんですけど、今回は第一夜を特集しておりましたですよー\( 'ω')/
ちなみに、第一夜はヴィンス・ルーガン(きーやん)と、ロラン・クライデル(立花さん)なんですけど、ヴィンスは女を愛した事が無い王子で彼とのテーマは戸惑いの愛。
ロラン方はキャストさんがぴったりやな~って思ったんだけど、歪んだ愛を抱えている亡国の王子なんだそうです(笑)

このロランは主人公に依頼するクライアントでもあるんですけど、ヴィンスの国であるルーガン王国によって滅ぼされたクライデル帝國の第三王子なんですって!
女たちが支配する国で鳥籠の鳥の様に隔離されて育ったロランですが、女の扱いは生きる知恵として身に着けているんだそう…。
一族は惨殺されていて妹を連れ去られているという境遇の人物なので、気弱そうだけどちょっと狂っていそうな部分もありそうななさそうな(笑)

対してヴィンスの方は主人公が狙うターゲットで、女を政治の道具としか見ない残忍な性格だけど策士!\( 'ω')/←
目で見た物しか信じないけれども、その分信頼した相手との約束は守る誠実な一面もあるそうです。
しかもこのヴィンスさんは、主人公のヘナタトゥーにより蜜愛の罠に絡め取られると意外な一面も見えてくるそうですよ~(*ノωノ)ウフフフフ

なんというか、今回は主人公も妖艶な感じなのでそれがまた凄く良い!(^o^)
ユウヤさんの描いている主人公って子供っぽい子が多い印象だったので、こういった大人な感じは新鮮でもあり、もっと大人っぽい主人公も描いてほしいな~と思いますね。

あ、そうそう今回の目玉はなんといっても三角関係ルートですね!
さすが官能というだけあって、凄く大人な雰囲気の三角関係でした…(笑)
より主人公を悦ばせる事が出来た方が、彼女を手に入れる事が出来るんだそうですよ!!!w
ロランの名前ばかりを呼ぶ主人公に、『コイツの名前ばかり呼ぶな!』と怒っているヴィンスとのシーンが描かれていたけど、なかなか…アレですね(笑)
いや、面白そうだ(笑)←

これは全部を限定版で予約しておいて良かったなと、改めて思いました(^o^)

という事で、とりあえずはこんな感じかな?
バリバリとかもあったんですけど、今回は主人公のヒバリに関しての謎をチラリって感じでした( ^ω^ )
各キャラにも色々ありそうだけど、ヒバリにも何かありそうな感じでしたよっ‼

それと、吉原彼岸花の追加要素だけ凄くみたい(笑)
Vita版の特典CDだった異聞・桜華屋学園がビジュアルノベルになっているそうなんですけど…、あのキャラ達が制服着たりしているのですよ…。
CDもバッチリ聞いているんですけど、ちょっと面白くて終わりはちょっぴり寂しい気持ちになったんですけど、立ち絵がついてるのが見てみたい\( 'ω')/
でも、さすがに3回目はお腹がいっぱいだよぉ~って事で、購入予定には入れてないんですけど(笑)

今回はオトパで発表された作品なんかもあったので、だいぶ読む所が多かったです。
iPadを置いてきてしまったので、PCで読みながらせっせと書いてたんですけど、抜けている所があるかもしれません(;´Д`)

けど、毎年言っているけど来年も忙しくなりそうだな~ヽ(^o^)丿
まだまだ続報待ち…な感じもありますけど、今後の情報次第で買おうかどうしようかと決めるのも、また楽しい所ではありますね~。
来年も引き続き、ゲーム代稼ぐために頑張り続けます\( 'ω')/笑

という事で、今日はここまでにします(´ω`)
もしかしたらFFに憑りつかれて数日消えるかもしれませんが、週末はFF三昧にしようと思っております(笑)
携帯機では何かしらやろうかな~と思っているけど、カヌチをやるかどうかはまだ悩み中です!

ではでは、長くなってしまいましたが、最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪┏○ペコ




ピオフィオーレの店舗特典が
無事に買えますように!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(○ `人´ ○) タノンマスー!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/09/21 (Fri) 07:12
  • REPLY
りな子

りな子  

まりも様

まりもさんこんにちはー(^◇^)

昨日雨結構降ってたんですね!
こちらも夕方から降り始めて、ずーっと降り続けていました(゚Д゚;)
雨の中寄り道する気には、なかなかなれませんね…。

ビルシャナ、曲が既に…なんてひっそりと動いていたのか何なのかw
イラストもラフイラストなのに、驚きましたよ~(笑)
バルバラはキャストさん出てましたね~!
どれもこれも微妙にいつ頃出てくるのか分からないけど、今の段階だとベルばらが早そうかなwww

薄桜鬼は買わねばですよ!←回し者
でもこれが二つどうやって発売されるのか…まとめてなのか時間を空けるのか…。
出来ればまとめてが良いな…セット売りとか(笑)

ディアラバは本当、人気があるんでしょうねー!
自分の周りにプレイしている人を見かけないので、分からない所なんですけど…。
オトパでキャー!って凄かったし、人気作品なんだな~と思います。

ピオフィオーレゲット頑張ります\( 'ω')/
今日は11:50から張り付きますよ!www
Vita本体は皆さんこぞって買いそうですね~!
まぁでも来年まで出荷されるのならば、大丈夫でしょう。
なんだかんだとPSPも未だに売っていますし、全く無くなる事は無いですしね\(^o^)/

  • 2018/09/21 (Fri) 10:46
  • REPLY