Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

03

参千世界遊戯 ~Re Multi Universe Myself~キャラ別感想

こんばんは~\( 'ω')/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ
本日もとっても励み&私の活力とさせて頂いておりますです\( 'ω')/

さてさて、いつものごとく私の雑談から入りますが、興味の無い方はスルーでお願いします(笑)

この前のお休み中に、野球のクライマックスシリーズの観戦の抽選応募しなきゃ!って思ってて、そこと共にスワローズのファンクラブも継続登録しないと…と思ってたんです。
でも、CSの応募はしておいたんだけど、FCの方は「FF~FFの続き~……」と目が血走っていたので、完全に忘れてたんですよね。
で、これ、FCってランクがあってですね…。
そのランクによってユニフォームが貰えるとか、カテゴリーBの枠内の商品が貰えるとか、Aの枠内とBの枠内が貰えるとかそのランクによって異なるんです。
更にランクによってチケットが購入出来る順番が違うのだ!←どうでもいぃですよね(笑)

なので、私は一番早く買えるやつにしているんだけども、まぁ年会費もちゃんとかかってるんですけどね(;´∀`)
今年も一番上のランクで継続しよう~って思ってたんです。
ちなみに、今年の入会記念品は某アパレルメーカーとコラボしたものとか、色んなのがあったんですけど、狙うものは決めていたのです!
Aの枠からはつば九郎の目覚まし時計!これは数名の選手の声で起きれる仕様で、絶対欲しい確実に欲しいと決めていた。
Bの枠では特にそそられるものは無かったんだけど、アパレルメーカーコラボのボディバッグで良いかな~って。
私がなんとしても欲しいのは目覚まし時計だったので、絶対これにするんだー♪って発表された時から心に決め公言していたのですよ。

で、この前の土曜日…だったかな?受付開始してたんですけど、去年も結構早めに申し込んだんだけど、一か月位はどれも残ってたしと思って余裕ブッこいてたんです。
そう、私は余裕ぶっこいてたんですよ‼
んで昨日の休憩中に「あ、継続入会しなくちゃ~♪ルンルン」ってマイページに行き、継続入会ボタンをポチっとして、入会記念品を選ぼうとしたら!!!!
もう皆さんお分かりかと思いますが、目覚まし時計が終わってたんだよ―――――――!!!!!
ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!! ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

しかも第二候補のリュックにもトートにもなるやつもなくなっててね!
もうしょうがなく、凄く泣く泣く…、タンブラーにしたのですよ………(´・ω・`)

目覚まし時計欲しかったな…。
なんであの時余裕ぶっこいたのか、土曜日の自分に往復びんたしてやりたくらい後悔の嵐ですよ本当にマジで……(=_=)
あぁぁぁぁぁぁぁぁ…目覚まし時計…。←
ちなみにBの方はこれにしようと思ってたものが普通に残ってたので、それにしたんだけど…嬉しいとかそんな感情よりもショボボボボーンな感じなので、特に何も思わないという(笑)
至極残念でした(笑)

という本当にどうでもいぃ私のションボリな出来事でした(;´∀`)

さて、気を取り直して参千世界遊戯トロコンしてきたよ~(^O^)
どうしても最後にフェリクスのBADが埋まらなかったんですけど、助言を頂いたりアレコレと試した見たら最後まで見てないだけだったYO!(笑)

2018-10-02-105630.jpg

私が朝、会社でサボってるのがバレる(笑)
一応言っておきますけど、仕事サボってるわけじゃないですからね!
朝のブレイクタイムにちょっとフェリクスのED4を取ろうとやってみたら、トロコン出来たって事なので、何もしないでゲームしている訳では無い事をお伝えしておきます!笑

と言う事で、結構なスピードでトロンまで漕ぎつけましたが、最後の最後まで楽しめました!

それぞれの各EDを取ると攻略キャラ4人分の後日談、ライコウのEDを取るとプラスで追加エンドが出現します。
後日談はEDのそのすぐ後…って感じの内容だと思うんですけど、相手キャラとトモエの仲良しなやり取りがやっぱり楽しい内容だと思います(*´ω`)
個人的にはオライオンとトモエの関係性が凄く好きなんですけど、エプロン姿のオライオンも見れるのでお勧めです(笑)

追加エンドの方は、ネタバレもあるのであまり深くは触れないけど、ある人にとって"あったかも知れない未来"風な感じ……かな…?
でもちょっと色々な意味で、そのある人が発する一言にゾワッとして面白かったー(*ノωノ)
多分これは「えっ……」って思う人も居ると思うけど、これが幸せなのかそうじゃないのかは受け取る側によって違うんじゃないかな(笑)

全体的には結構サクッと進められる長さではあるんですけど、ライコウの√が独立したルートというのもあるので、なかなか面白い展開になっていったなと思いますね。
何というか、ライコウの√に進んで始めて「こんなに歪んだ内容だったのね…(笑)」って思う感じの物語だったというか、他のキャラをプレイしている時はそんな要素を感じなかったので、そのギャップも面白かったなと思います。
でも、この感想を読んでくださった方がプレイする時にその驚きを味わってほしいので、これを読んだら記憶消去をお願いします!(笑)

内容的には昨日の初回感想でもお話ししたんですけど、並行世界を行ったり来たりする部分も出てくるので、その辺の会話になると若干小難しい気もします。
でも、これを色々考えてるシナリオライターさん達がマジで凄いと思いました…。
かなり前にローザさん&松竹梅さんから調べたら、この作品が出てきたので当初はPCしかなかったし、やりたいなぁ~やりたいなぁ~って思ってたんだけど。
やってみるとおぉ…と思う所が多々あって、一番凄いなと思ってしまったのがこの並行世界の云々の部分でした…。
あっち行ったりこっち行ったりはするんですけど、どっちに居るか分からなくなる…とかも無かったですし、その世界観も含め個人的には面白かった部分です。

並行世界が存在している事で結果として幸せになれるEDというものもあるんですけど、主人公のトモエを含むそれぞれのキャラクターが、この物語を通じて追われる立場になったり追う立場になったり…という所もあるので、2つの地球がある事がうまい事活用されている感じがする…と言えば良いでしょうか。
一番はライコウの√を進めていく中で、そもそもこの世界が2つあるという事は……という自分の中で疑念も出てきたりするんですけど、そうゆう所も怖いながらも面白かったです!

それに加えて、もう一つの世界に存在する自分とトモエの絆という部分でも、全√を通る事で深まっていく感じに描かれているので、これもまた面白い部分でしたね。
全てはライコウに辿り着いた時に、トモエと静(並行世界のトモエ)がお互いの事をどんな風に思っているかが分かる形になっています。
最初こそ、トモエとは全然違うタイプだし、「この人が…!?」って思うんですけど(笑)
でも、色々な出来事を通して2人が同じ存在である共通点なんかも出てきますし、だからこそこの2人にしか分からない絆の深まり方?をすると思いますし。
その辺も私としては楽しめた要因かもしれません!
まぁ一番は思いがけない事が原因で、こんな大事になっていたという所なんだけど(;'∀')

とにかく最後まで楽しみながらプレイする事が出来ました(^o^)
興味があるわ…という方にはお勧めしたいなと思いますが、人によっては地雷要素なのかも…某√とかとかとか…。
けっこう独特なEDを迎える√とかもありますしね(笑)

と言う事で、予定通り今回はキャラ別をざっと喋りたいと思います♪
ちなみに、私が一番好きなのはオライオン。
久々に順番つけちゃいますけど、一個人の好みなので(;'∀')

1 オライオン
2 誠士郎
3 ライコウ
4 フェリクス

って感じですかね。
プレイ前はライコウが一番気になっていたんだけど、ある意味では凄く美味しいキャラ。
でも、私の求めているものとはちょっと違ったキャラだったかな~って感じですね!
言うならば今回の作品の中で、一番ヤバかった奴はあの人だと思うよ…。
考えてる事が恐ろしい奴が一人いたので、まぁその辺はプレイして確かめてみてください(笑)

初回感想でも言いましたが、基本的にはどのキャラ相手でもトモエが相手の為に、自ら動き引っ張って行くというか…。
彼らがとある出来事に直面している時に、傍でそれを支えつつもトモエ自身がそれを排除してあげるとする感じなんですが(*_*)
その関係性が凄く良かったというか好きだったというか(笑)
君の相手はトモエ以外じゃつとまらないよねって所が個人的には好きだったかな。

ではでは、順番にいきまーすヽ(^o^)丿

◇吉良誠士郎/樋口智透(Vita追加パート/北山恭祐)
tw_icon02seishirou.png

見て下さいこの堅物っぷり!(笑)
この方は並行世界との移動を管理している、移転管理局に努めている堅物誠士郎です。
バウンティハンターがどの案件を受けたかとか、成敗した後の現場で諸々回収したりとかそんな事をする公安に期間限定で来ているので、仕事を通じてトモエと知り合うって感じですね!

見た目通り正義感が強くて、しっかり者って感じの誠士郎なんですけども…。
何と言っても私が好きなのは、何度も言うけど誠士郎の顎のラインです(笑)
でも上のアイコンの様な通常時の顎には興味はありませんけどね!

もう何というか…この人融通が利かないし堅物なので、恋愛方面ももどかしい感じでですね!
不器用な誠士郎とトモエだからこそ、なかなかちゃんとした形でお互いの行動の意味とか言動を理解していなくて、すれ違っているのがキャー‼(*ノωノ)って感じで楽しかったです(笑)
大人の癖に少女漫画みたいななんだYO!って思ったよ私は…。

誠士郎もトモエによって心を動かされているんだけど、トモエも誠士郎に対して信頼を置いていく中で好意を抱いて行くので、多分展開的にはスムーズな流れなんですよ。
だけど、不器用同士なのでそこがまた面白い所でもあったんですけど、何度「あぁ~あ…」って思った事か(笑)
でもそんな「あぁ~あ」な出来事を繰り返しながらも、今まで公安や警察などを信頼なんて出来ないと思っていたトモエが、誠士郎の事は…と思っていく感じが凄く良かった~(*´ω`)
誠士郎の方も頭は良いのにちょっとアホなので、色々と間違えた事を言ったりしちゃうんだけど、トモエに対して若干必死になっている所がすごく好きでした(笑)

誠士郎もトモエに"公安"とかそういった括りだけではなく、自分自身を信用して欲しいとか彼女を悲しませたくないとか、そんな所から色々と行動を起こしていくんですけどね!
それがトモエの笑顔を見たいという一心だったりして、もう何だよ~!誠士郎めぇ~‼と思いながら進めていました(笑)キモイな私(笑)
とりあえず一番ニヤニヤした√は間違いなく誠士郎√ですね。

だけども!
誠士郎って正義感が強いので、やっぱり自分の職務というか立場に誇りをもっている部分が強いというか…。
そこに対しての想いが人一倍強い人でもあるんですよね。
だからこそ、情報が漏れているかもしれない…とかそういった所から色々不審に思ったりもする反面、どこかで見てみぬふりをするというか"そんなはずない"と思っている所もあって…。
さらにトモエがそこを突くと、やっぱりまだ迷いがあってどこか煮え切らない所があったりすんですよ( ;∀;)
でもトモエに信じて貰いたい彼女に嫌われたくないという想いと、その立場云々の事での悩んでいるのが…恋愛面とプラスでものすごくもどかしい所でした~。
でも、そうゆうのを乗り越えた後の誠士郎は凄くカッコよくなっていたな~と思います。

あと、一番誠士郎のどこが好きかと聞かれたら、普段は堅物でシャイな癖にいきなり雄になる所です(笑)
いや、これは、本当プレイして見て欲しいんですけど‼
出だしはトモエが下着姿で誠士郎の前に現れたら「は…はしたない‼」って言う人なんですよ(笑)
早く服を着て下さい‼みたいな感じで、見た目通りの人だな~って。
でも、トモエに惹かれていくうちにどんどん他の面が見えてきて、魅力が増していく人物だったなと思います(^◇^)

物語的には、トモエが誠士郎と出会いトモエが追う事件が公安というか移転管理局にも関係のある事で、2人が協力して動くようになる…。
って感じなんですけど、その事件を通して2人の距離が縮まり、更に誠士郎がとある真実に近づく事でうにゃうにゃって感じの展開になっております。
そこに並行世界の事やもう一人のトモエの事が絡んでくるんですけど、序盤ではそこまで…だった大きさの事件が、後半に進むにつ入れてどんどん大きな事件へと発展していく感じですね。

メインは誠士郎がこの事件に対してどうするか…って感じになっていて、そこが彼の葛藤として描かれているんですけど、それを近くで見ているトモエが自ら動いて誠士郎の為にと活路を開いて行く。
誠士郎自身もそんなトモエに度肝を抜かれながらも、だんだんと彼女に感化されていく様子だったり、見失いそうだった自分をトモエとすれ違いながらまた正す?というか向き合っていく様子だったり。
短い中にも色んな要素が詰め込まれているので、トモエも魅力的だけど誠士郎も凄く魅力的な人物だったなと思います。

とにかく誠士郎…謎の色気があるので(笑)
トモエとのそうゆうシーンの時には、普段は見られない誠士郎って感じが凄くするので、見てはいけない物をみている感じがしてドキドキです。
某シーンのトモエとキスしようとしているスチルの顎が……なんかエロかったぁ~\(^o^)/←

◇フェリクス・ジョフロワ/小田久史
tw_icon04ferix.png

この子は見た目は美少年ですがものすごく天才のテロリスト…です。
並行世界を移動できる技術を駆使している子なんですけど、そもそもそれ自体を発見したジョフロワ一族の一人。
なので、次元の話しとか移転装置の話しとか、小難しい‼となったのはフェリクスとその妹との会話のせいですね殆どは(笑)

今回の攻略キャラ達の中ではちょっと異色な、可愛い年下の男の子枠なので…、トモエ特有の大人の色気的には控えめな√だったかな~と思うんですけども…。
ちゃんと成長したフェリクスも見られるので、乞うご期待!です。
でも、やっぱり可愛い枠は可愛い枠なので、誠士郎のような顎の(以下略…)とかは無かったんですけど、"トモエの知りたがっている真実"には少し近づける情報を持っている人物でもあるかな。

恋愛面は最初からトモエにカッコイイとか綺麗とか、そういった印象を抱いている子なので、早い段階でトモエの事を好きになっています。
しかも子供っぽい所もうまいこと出ていて、遠回しにトモエに恋人がいるか・好きな人が居るかという情報をバレバレだけど探っているのとか、そうゆう所が何だか可愛かったです(笑)
誠士郎に嫉妬したりとかもするんだけど、めっちゃ分かりやすいんですよね( *´艸`)プププ…
それを第三者的立場から見ている静とか、ヴィヴィアンヌ(フェリクスの血縁者で妹じゃないけど妹として共に居る)に応援されているのとか面白かった。

トモエの方も、フェリクスが自分に抱く好意は純粋な恋愛感情では無い…と思って、自分が惹かれている所も気付いているんだけど、それを素直に受け取らないんですよ。
で、フェリクスが好意を見せてくる度に『それは勘違いだ』と思いつつ自分に言い聞かせている感じ?
新鮮なもどかしさのある√だった(笑)

フェリクスはわりと早い段階でトモエに気持ちを伝えるんですけど、どこかで聞いたことがあるけど男として見て貰えるように頑張る系の展開です。
実際歳はそんなに変わらないってフェリクスが連呼してたけど、どう考えても見た目が…(笑)
そしてトモエに言われて「童〇だ!」と開き直るフェリクスも面白かったですが、そんな彼が一生懸命気持ちを認めて貰おうとしているのがまたいじらしかったです(。-∀-)

ここはなかなか驚きの真相を持っているシナリオになっているので、その辺が面白い所でもあったんですよ~!
フェリクスが何故テロリストなのか、トモエはそんなテロリストに何故手を貸すのか…って所から始まるんですけど、フェリクス達と行動を共にしていく中で、どこかトモエ自身に起きた事と重なって見てしまう部分とかもありますし…。
真相を追う中で実は……と判明する内容も、全√に共通している部分だったりもしますし。
なかなか驚きの展開となっていたかなと思います。

そんでもって、その真相を追う中でトモエを頼りにしているフェリクスなんですけども、トモエに対して恋愛感情を持った事で、危険を承知で彼女に頼るしかない…でも危険な目に遭わせるのは嫌だと思うこの感じ!
好きですれ違うというのとはまた違う葛藤になっているんですけど、自分の願いである、とある事を実行したいと思う反面で、トモエに頼るしかないという事も彼にとっては辛い事なんですよね。
やはりトモエは強いし先陣切って引っ張って行く感じなので、凄く頼りになる訳ですよ。
でもフェリクスからしたら好きな人なので、危険な目に合わせているのが嫌なわけです…。
そういった所で、自分を肯定してくれた人でもあるし、一つの目的の為だけにここまで来ているんだけど、トモエの存在がある事で葛藤しているのも大人の階段上ってる感じが、なんか素敵だったな~と思います。
トモエ自身もフェリクスのしようとしている事に、自分の事を重ねている部分もあるからこそ、どんな事をしても手助けするって感じなんですどね。

あと、フェリクスも可愛いんだけど、何よりも可愛いのはヴィヴィアンヌですよ!
小さい子供…って最初は思うんですけど、女性特有の強さを既に持っていたりとか、その反面トモエに甘えている可愛らしい姿があったりとか…めちゃくちゃ可愛い子なんですよね~(*´ω`)
鼻の下が伸びるとはこの事かと思ったんだけど、もう本当可愛くて可愛くて…。
フェリクスの√なのに、ヴィヴィアンヌの事が印象に残りすぎております(笑)

最後に…。トモエと誠士郎はフェリクス√では大人の応酬が多いんですけど、仕事のお礼にキスをするってシーンがあったんですけどね…。
フェリクスが「だめぇぇぇぇ‼」って言って、間に入ってくる所…残念と思いながらもやっぱり可愛いなぁ~って思っちゃいました( ^ω^ )残念だけど‥‥w

◇オライオン・ドレッドノート/川原慶久
tw_icon03oraion.png

素敵‼オライオンというキャラもお声も、全てが素敵でした‼(*ノωノ)キャーキャー

オライオンはトモエと同様のハンターをしている人物なんですけど、そもそも出会いは二ホンから日本に転移している最中に通る、次元の狭間?みたいなところでいきなり戦いを挑まれるのです(笑)
いきなり出てきて戦闘になるので、なんじゃコイツはー!って感じでした。
しかもトモエよりも強そうだし、実際強いし…。
トモエの事を殺す依頼を受けて狭間で戦闘する事になるんですけど、後日オライオンに会うとその依頼などからここの√での出来事へと発展していく流れになります。

とにかくオライオンがすっごく面白い…?可愛い…?というか(笑)
見た目的にはいかつくて男!むさくるしい男‼って感じしかしませんけど、結構謎めいている部分とかもあるし、そうゆう所からトモエが惹かれていく部分でもあるんですけどね…。
でも、大家さんのばあちゃんに頭が上がら無い感じとか、この人だからこその間の悪さとか(笑)もう色々と最高すぎる人物だと思いました!(^o^)

しかも何人だったかな…イギリス?だったかなんかその辺の人なので、外国人的なノリで女性に対してというか軽そうな感じもあるんですけどね(笑)
トモエにもこうグイグイ近づいてく感じとかもありますし、オライオンは誠士郎とはまた違った色気的なモノがムンムンしている人だと思います。

でも……(笑)
トモエに迫ってそうゆう雰囲気というか、取引にもっていっていざ…ってなったら、ピンポーンですよ(笑)
鬼の様にインターホン連打されて、しまいには勝手にドア開けて入ってきて…。
それが大家さんであるばあちゃんだったんですけど、本当に孫に構う祖母と祖母にお節介されているけど文句の言えない孫って感じで、なんか可愛い一面がある人だな~って(笑)
ちなみに、このばあちゃん、クローゼットにしまっていたオライオンのエロ本をわざわざ出して雑誌と一緒に片付けておく人です。
それをオライオンが「隠してあるんだよ!」と言ったら、「変な性癖じゃないんだから良いだろ!」とか言ってて、いちいち面白い場面が多すぎました(笑)

こんな面白くて穏やかな日常のやり取りもあるんですけど、オライオンに関係してくるとある出来事…というのが、その穏やかさをぶち壊してきます!

オライオンにはいくつか謎な部分があるんですけど、トモエが追う事件を通じてその辺が明らかになっていく形になっているんですよ。
で、その出来事がオライオンにも関わる事だったりするので、その危険度を良く知っているオライオンがトモエが動く事に反対してきたり、オライオンがいつもとは違う様子になったり…していくのです。
で、その事件を追うアレコレの間にトモエとオライオンがお互い惹かれていくんですけどね!
このとある事件でオライオンがふとした時に、辛そうな表情をするわけです。
それを見たトモエが「オライオンにこんな顔は似合わない」って思うんですけど、それよりも「この人にこんな表情をさせてるやつが許せない」って言うの!
カッチョイィ~~~~(●^o^●)

見た目的には無敵に見えるオライオンが、唯一関わりたくないとしている人達がいるんですけど、それらが今回追う事件で関わってくるので、なかなか一歩踏み切れないでいるんです。
そうすると、オライオンがピンチに追い込まれてしまうのです!
もう、この時に起こる出来事とか敵側の人物とか、このクソ野郎めぇ~!って感じなんですけど、トモエが居れば無敵ですよ!うんうん。
ってな感じで、オライオンも自分の過去の出来事とか家族の事とか、色んな事がここには関わってきつつ、トモエへの気持ちが強くなっていくのが、もうすっごーくすっごーく楽しい所でした!

後日談でもそうなんですけど、見た目と中身とのギャップとしては、誠士郎と張り合えるくらい可愛さのある男性って感じですし!
すっごく適当そう…というか粗野な感じ?なのに、実はトモエよりもしっかりしてるというか…一番トモエとの未来をしっかり見ているというか(笑)
なんか意外な面が多い人だったなと思いますね…。

とりあえずオライオンとのそういったシーンは、中の人の声効果もあって素晴らしかったです。
オライオンは顎がどうとかそんなの関係なく、脱げばエロくなる人だと思います!(笑)
脱いでなくても何か色気的なもののある人ではあるんだけどね。

◇ライコウ・ナカハラ/子安武人
tw_icon06raiko.png

ライコウはトモエの3歳年上の兄で、ナカハラ家の後継ぎとされて居た人です!
そもそも、この人殆ど姿を見せなかったので、今までの√ではちょこちょこライコウに繋がりそうな情報はあったけど、全く謎すぎる人物って感じになっていました。

トモエの過去にあった出来事として、ライコウがどうゆう人物かというのは出て来ていたんですけど、剣術の天才と言われていてトモエも憧れの存在だった兄 ライコウ。
数年前に惨殺された両親を残し、姿を消してしまって行方不明になっているという所までしか分からない形になっていました。
で、トモエは兄が両親を殺したと思い込んでいて、いつか仇を討ってやるという思いを胸に、ハンターとして強くなっていって今に至る…みたいな。

まぁ何というか、この人は一番最後に攻略するべき人ですね。

行方不明だった兄が突如トモエの前に姿を現す所から動いて行くんですけど、何故行方不明になっていたのか、両親を殺したのは誰かなどなど、トモエが知りたいと思っていた事がここですべてわかる形になっています。
そこに加えて、並行世界の存在だったり、もう一人の自分……とかとか、色々言えないから口を噤んじゃったけど、今までの√では分からなかった所が詰め込まれている感じですかね。
まぁ、なんというか、参千世界遊戯で壊れている人ランキングをしたら、確実にライコウは2位に君臨しますね。
そんな内容だと思います(笑)

ちなみに1位は誰かって?
ふふふふふ・・・・あの人ですよあの人・・・・。
これは教えてあげたいけど絶対に教えちゃだめなやつなので、ネタバレ感想とかもしくは自分でプレイするかして確認してみてください(笑)
とにかく、某人物の思考はマジでヤバいです\(^o^)/

この某人物が絡んでくる事で、ライコウの想いとか世界とか諸々が歪んで歪んで捻じれていく感じになっているんですけど、この人の想いの気持ちの強さというのは、誰も絶対に敵わないんじゃないかとさえ思います。
あの時こうしていたら、今が違っていたんじゃないか…というのが、ライコウもトモエも思ってしまう所があるんですけど、"もし"なんてないんですよね。
なるべくしてなったとう言うのかな…。
どんな道を選んだとしても、今の様にはなっていないにしてもハッピーエンドにはなりえない所なのかなとも思うんです。

だから、ライコウの√は他の√とは全然違った感じもあるんですけど、そこがちょっと現実的な感じで面白かった部分でもありますね。
EDが3つくらいあったんですけど、ライコウED・BAD・ハッピーEDで、このハッピーEDは普通の乙女ゲーのハッピーEDと思われるものとは視点の違う形です。
これもまた言えないのでふんわりとした感じでしかお伝え出来ないんですけど…。
ライコウEDはその名の通り、ライコウにとってのある意味でハッピーEDかなと思います。
でも、この終わり方、結構切ない感じというか何というか(笑)
凄く言葉にしづらい終わり方かな~と思いますね。
どこの世界にいってもライコウの求める結末になるのは難しいと思うんですけど、それでも求め続けるライコウが可哀想というか何というか……。

EDもそうだけど√的にもなかなか興味深い展開をしていったので、個人的には「そうゆう事か!」と思う事が多くてなかなか面白かったです。
この手の歪んでる系のキャラって個人的には好きな事多いんですけど、ライコウはまたちょっと違う感じだったんですよね~。
とりあえず、最後に解放されるもう一つのエンディングで、最後にライコウがいう一言にゾワッとしました(笑)

この人可哀想な人でもあるけど、一歩間違えれば危険度の高い人物かなと思います(笑)

と言う事で、参千世界遊戯が無事に終わったのですけど、面白かった~(^O^)
最後の最後に「おぉ……。」と驚く展開になっていたのもそうなんですけど、キャラ達もなかなか魅力的だし、トモエにも声がついているので!
後日談が甘いものから悍ましい?ものまで揃えてあって、それぞれのキャラに合ったお話しになっていたかなと思います。

これからVitaの方では積みのロゼを崩していこうかな~と思っているんですけど、並行してFFもすすめないとなので(笑)
まぁ時間をかけて崩していこうと思います\( 'ω')/
ここで遂にクリエン再開かな……。

たまーにFFの進捗も喋りに来ちゃうと思いますが、そんなの興味ないわい!って方にも分かりやすく、表題に書こうと思いますのでご安心を(笑)
ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



そういえば、昨日の満員電車のせいで
私のおにぎりがびっくりするくらい
ぺちゃんこの刑に処されれていました。
食べる時ちょっと煎餅みたいになってたんだ…
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!( `ー´)ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

4Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/10/03 (Wed) 20:05
  • REPLY
りな子

りな子  

まりも様

まりもさんおはようございます!┏○ペコ

参千世界の元の方も、そうゆうシーン事態は一回とか?しかなかったみたいなのを他の方の感想で読んだんですけど…。
恐らくもともとそんなにそこをガッツリ作っている訳じゃなさそうなんですよ。
なので、違和感とかはあんまりないかな~と思います!
全体的なボリュームとしてサクッとしている感じはするけど、面白かったですよ!

オライオンのエプロン姿、ちょっと素敵だった((ノェ`*)っ))タシタシ
ってかオライオンが素敵です!
でも、誠一郎も捨てがたいくらい素敵なんですよねー(^◇^)
ミサキの割烹着姿と共通する所はあるかも(笑)
あれの洋風Verって感じかなぁ(笑)

ライコウはまりもさんの言った通りのキャラ設定なので、色々とあるんですけども…。
何というか、思考がこうゆう属性ならではって感じですよ(笑)
某会社の某人物(まりもさんがこのコメントに書いた人w)よりは、ヤバくないと思うけどヤバいのジャンルが違うというか…アレとはまた違う意味でヤバいというか(笑)
うまく言えないけど、もしプレイしたら言ってる意味が分かってもらえると思います。
ちなみにライコウよりもヤバい思考のやつがいるので、是非www
出てくるとすぐに分かると思う‼

まりもさんも楽しめると良いな~(*´ω`)
コメントいつもありがとうございます!

  • 2018/10/04 (Thu) 10:12
  • REPLY

No name  

すみません、トロフィーのVoice Collection
ボイスコレクションに音声を登録しました
ってどうやってるとるんでしょうか?

  • 2019/05/03 (Fri) 03:09
  • REPLY
りな子

りな子  

5/3にコメント下さった方へ

初めまして!
コメント下さっていたのに、遅くなってしまいすみません( ;∀;)
そして今更…かも知れませんが…。

ヴォイスコレクションの登録、台詞中にどこかのボタン操作で出来るはずですよ!
私も今手元で起動できないで、はっきりした事が言えず申し訳ないです。
他メーカーの作品でも、お気に入りの台詞を残して置けるシステムがあるので、それと同じでボイス登録が出来るはずです~。

と、数日たってしまっているので解決しているかもですが、遅くなってしまい本当にすみませんでした。

  • 2019/05/05 (Sun) 15:44
  • REPLY