Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

08

神凪ノ杜 龍神奇譚 旭感想

こんばんはです(/・ω・)/

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
本日もとーっても励みとさせて頂いております(*´ω`)ノシ

今日は「わーいゲームだゲームだぁ(●^o^●)」と思っていたんですけども…。
テレビが来たのと同時に注文していたチェスト×2も来てしまったので、朝ごはんもお昼ごはんも食べずに一日中片付けを…していました(=_=)
チェストが届いたのが朝の10:30だったので、それから夕方18:00くらいまでぶっ通しでやっていたんですよ~!

いや、片づけをしていましたってゆうか、移し替えたり色々としてたらだんだんとあらゆる部屋が散らかっていき、順に片付けていったら気付いたら夕方だった…みたいな(笑)

相方の前の家から持ってきたプラスチック製の引き出しを全て捨てるつもりでいたので、中身を移動したり…更に自分の荷物を見直して捨てて捨てて捨てまくったり(;´・ω・)
あれこれと色々してたら一日が終わってしまったよ( ;∀;)
しかもめっちゃ腰が痛いー‼
細かい所が全然うまい事しまい込めていないのと、うちの掃除機では布団圧縮袋の圧縮っぷりが発揮されない事が分かったのです…。
お友達や母が泊りに来ても良いように、お布団を圧縮してしまっておこうと思ってたんだけど…。
何度やっても袋部分が掃除機の吸ってる所に張り付いて全然空気が抜けない(;・∀・)
という事で…とりあえず圧縮は諦めて片付けたクローゼットの中にぶち込んでおきました!

そんでそんで、雑談ばっかりで申し訳ないんですけど、一昨日0120からお昼前に電話が来たんですけどね…。
最近業者さん系から電話来るの多いので、誰かな?と思って出たら自動音声で『緑の神の~』って聞こえたので、『え…!?遂にそうゆう系の勧誘の電話!?』と思ってすぐに切ったんですよ。
で、その数時間後にまた0120から電話が来たので、出たら『緑の神の~…』って言ったので、ヒィッ‼と思って切りました…。
その時友達に『緑の神から電話が来て‼』とか言ってたんですけども、何か二回も電話来たから無性に気になったので、ネットで検索してみたんです。

そしたら、楽天を通じてニトリで通販した場合に、設置とか運び込みの荷物の時はお届け時間の確認?とかそうゆうので電話がかかってくるらしく、“緑の神”の怪しい電話ではなく“ニトリの家具”の確認のお電話だったようです(笑)

なんかあの自動音声スムーズじゃないのと、イントネーションが機械的なので…凄く怪しんでしまったよ…(;´∀`)
結局そのまた数時間後に電話がかかってきたので、プッシュ通知で確認OKにして電話は無事に終了しました~。

いやぁ~緑の神事件にはビビったけど全然違いましたという…どうでもいぃお話しでした(笑)

今日は全然ゲームする元気が…無くなってしまったので、既に終わっている旭の感想だけ喋ろうと思います~♪


ky160x300_05.jpg 

あ…旭ぃぃぃぃぃぃぃ~( ;∀;)ウォーーーン…
旭ルート最高に面白かったです。
凄く切なくて凄く悲しい出来事も沢山起こるんだけど、とにかく旭も瑞樹も頑張って前に進もうとしている感じがしたり、2人の気持ちをサクッと両想いのハッピーな感じにしてくれない出来事なんかも立ちはだかるんですけど、そうゆうのも含めてすっごく優しい恋!って感じがしました。
とにかくここのルートはプレイしてくれって感じです(;_:)

旭は瑞樹の祖父の式妖なんですけども、瑞樹の元に出向き雨月村で暮らしませんか…と迎えに行った張本人でもあります。
雨月村に初めて来て新しい場所で生活する瑞樹を何かと気遣ってくれたりしますし、妖狐奇譚の頃から優しい人?妖?って感じなんですけども‥。
ちょっと表情というか感情表現が乏しいので、何を考えているのか分からない感じだったりしますね。

今回の龍神奇譚では瑞樹が記憶を失くしてしまっているので、旭が瑞樹のお世話をしてくれるという始まりになっております。
よろず妖屋のお仕事をする時も、日向ルートの時は途中から日向と2人だったんですけど、今回は旭ルートなので旭も最後まで一緒に依頼をこなしてくれます。
どうでもいぃけど日向は瑞樹の事が好きで瑞樹が全てなので、旭と幸せになって欲しいんだけど日向が可哀想に思えてしまう…(笑)
しょうがないんですけど、しょうがないけどしょうがなくなれないというか…(笑)

そんな中で旭と瑞樹の距離が近づいていくという形になっているんですが、ちょいちょい旭が瑞樹に見せる悲しそうな笑顔が凄く気になるのですよ。
普段見せてくれる笑顔は無意識に瑞樹を見ていて出てしまった笑顔って感じで、そっちは優しそうに笑ってて素敵なんですけど、恐らく意識的に笑っている時は全て寂しそうな笑顔…。
この人絶対に何かある……。
というのを感じさせてくるやり方だった!(笑)

そして瑞樹もその辺を気にしているので、そういった部分から旭の事を気にしていく感じになっています。

瑞樹の方もいつも傍にいてくれる旭に段々心許していくんですけど、どうしてか旭といると安心するみたいなので、その辺の感情も相まってテンポよく恋愛感情へと変化していったかな~と思います。

ただ、日向とはまた別の意味で、なかなかうまく進展する事が出来ないのですよ…ここでは。
これをどうやって説明すれば良いか分からないのですけど、瑞樹に関わるとある事についての真相がここで示されます。
そして旭に関する事もここで分かるんですけど、これらがどうゆう風に関係しているのかという部分がメインになっていて、その事が原因でというかですね…。
その事があるから単純に好きだからその先に進むという展開にならないというか!
このとある事が関係していて、単純な恋愛の進展には繋がらないって感じになっていましたね。

しかも、少しずつ物語が進んでいくと“こうゆう事かな…”と思うんですけど、そこにプラスして…私は気付いてしまった(゚Д゚;)
もしかして……東雲って……(笑)
言わない言わないけど、きっとそうゆう事なんだよね…?

ってな感じで、道筋を示してくるのもお上手で、思い当たる節がいくつか出てくると思うんです。
だけど、そんな中でも結構衝撃的な出来事とかも起こったりしますし、実際の所どうだったのか…というのを見ていくと、結局切なくて悲しいよ~( ;∀;)ってなってしまうんだけど、やっとここにきて色々と繋がり始めた~!って感じになってきますね。

旭も日向に負けず、瑞樹が大好きで瑞樹が全てという部分があるので、もう何かどっちも他の人のルートの時にはどんな気持ちだったのかと…ちょっと気になってしまった。

そしてここのルートの途中で、旭の事を守るために瑞樹がある行動を取ろうとするんですけど、是非ともその続きでBADを描いて欲しかった…という最低な提案をしてみる(笑)
そのシーンの時、すっっっごく胸が苦しくなったんですよ‼
ここのルートで瑞樹の同級生の紬ちゃんについての恋が、よろず妖屋の依頼を受けると分かる形になっているんですけども…。
そもそも妖狐奇譚の時に紬が好きな人の事っぽいのをポロッという言葉があって、その時『まさか、紬の好きな人って市丸じゃないよね!?』って疑った時があったんですけども(;・∀・)
実際誰だったのかが今回のルートで分かるという感じになっていました。

で、その紬ちゃんの恋が彼女の進路とか将来の事に関わってくる形になっているんですけど、そこのエピソードの中で、好きな人の幸せの為に(ここでは紬の為に相手が)、ある事をしようとするんですよ。
この時の瑞樹にとっては、これが自分だったら同じことを思えるか…と考えてしまうんだけど、いざ旭の事を好きだと自覚して彼の事、彼の幸せをを守りたいと思った時には、同じような選択をしようとするんです。
それが私としては凄く苦しくて切なかったので、嫌だけどその先を見てみたかったという気持ちにもなってしまいました~。

話しが逸れてしまいましたが、ここのルートでは妖狐奇譚の時の様に一歩ずつでも前に進んでいる…という感じよりも、進んで下がって的な感じもあるので余計に入り込んでプレイしてしまったように思います。

日向ルートでもそうだったんですけど、旭と瑞樹に関する事という点では、なかなか良い解決方法が出て来なかったりしますし…。
お互いの気持ちが同じだと思うのに、なかなかそれがうまく重ならなかったりしますし(T_T)
だけどその分幸せという方向に向き始めると、『本当に良かったね~( ;∀;)』って感じに思えるので、ハピエンは最高に幸せそうでした\( 'ω')/

あ、あと最後になってしまいましたけど、ここでは雨月村の事や今まで嫌味ばかり言って来ていた高耶について、その他にも盛り沢山の真実が見えてくる内容となっています。
短いシナリオの中に沢山の事が詰まっているので、どれも見逃せない内容になっていますよ~!

と、触れられない部分も多いので短くなってしまいましたが、この辺までにしておきます!
明日は、テレビ設置が済んだらFF12をやろうと思っているので、感想はお休みしまーす♪
そろそろ終わりに向けて進めないと、私一章クリアしないままになりそうだ(;'∀')

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪(●^o^●)





朝から晩まで頑張ったので
既に眠んですが、まだもうちょっと起きていたいw
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/12/09 (Sun) 11:57
  • REPLY
りな子

りな子  

まりもさん

まりもさんこんにちは(●^o^●)
お返事が遅くなってしまってごめんさい~‼

緑の神…今は笑い事なんだけど、その時は本当にビビりましたからね!w
自動音声って人が喋るのと、全然違う機械的な喋りのやつとかあるじゃないですか…。
まさにそれだったのですよ(笑)
お陰で先入観により聞き間違いをしてしまいました(-_-;)

布団圧縮、私も実家でダウンを圧縮されてまして…。
( ゚д゚)ハッ!私の財産を投げ打って買ったダウンを圧縮するなんて…!
ぺちゃんこのままだったらマジコロス…とか思ったんですけど、ふわっふわに戻りました(笑)
なので多分お布団も大丈夫だと思うんですけど、何しろ…かさばるので…。
この際布団は戻らなくても小さくしたい( ;∀;)グスン

それがね、神凪…残念な事に、昨日テレビが設置されたことによって…
FF12をしてしまったので全然やってないんですよー!
今週中には終われると思いますが…←時間かかり過ぎ
東雲さんの正体は途中で分かってしまいますよね(;´・ω・)
でもでも、内容的にも面白そうなので、まりもさん私が禊してあげますよ!w
ゲーム以外の記憶も無くなっちゃうけど( 一一)

だって日向も旭もすっごく面白かったんですよー!
勿体ない( ;∀;)
ってゆうか、もうネタバレ見ないように細心の注意を払って下さいwwwww

ラキドやっぱりその辺のキャラ好きそうですよね~♪
何てゆうか、見た目的にもだし、中身も主人公の面倒みる系?が好きかなと思って(笑)
その辺の2人かな~って思いました(/・ω・)/
全然いつでもどれでも絶賛貸し出し中なので、言って下さい♪
でもラキドは面白いと思うので、是非プレイして見て欲しいです(∩´∀`)∩

そうそう、体験版から入ってると、そっちが始めだから…本編では逆に声に違和感があるのかもですねw
まぁ…その辺りは…海の様な広い心でお楽しみ下さい(笑)
有名な方ばかりで、声聞いておぉ…ってなるのが楽しかったですw

またプレイしたらどうだったか感想聞かせて下さいね~\(^o^)/

  • 2018/12/10 (Mon) 11:30
  • REPLY