Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

18

片恋コントラスト―way of parting―第三巻感想

こんにちは~\( 'ω')/

まずは、昨日の独り言にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントを下さりありがとうございました~\( 'ω')/
お財布ガバガバ仲間や沼仲間などなど…、あと超絶技巧に立ち向かう仲間!(←勝手に仲間にした)達とお話し出来て嬉しかったですぅ~(*´з`)
本日も大変励みとさせて頂いております‼(^o^)

今日はちょこっと用事があったのでそもそもの出社時間が凄く遅くなってしまった…。
仕事をサクッと終わらせて、さて!片恋の感想書くぞ!(仕事中だけどな)とかやってたらこんな時間になってしまいました(笑)

昨日ね!遂にね!ライラを始めたんですよ~(*ノωノ)
ヴィンスってば超絶チョロいんだけど素敵だし、ロランはちょっと危ない奴っぽいし(笑)
何と言ってもやっぱり褐色筋肉国王!声がチャーリーだけどこの人がやっぱり素敵なので、早く褐色攻略したい!って感じになりました。
何というかユウヤさんのイラストがもう素敵で…((ノェ`*)っ))タシタシ
初回はロランからにしてヴィンスはお楽しみにとってあるんですけど、なかなか序盤から妖艶さ満載で凄く楽しいです(笑)

感想は終わってから改めて書きますけど、各個別意外にも二重スパイルートがあるし…所々で相手視点とかが入り込むので、楽しいです凄く…。
続きは週末になってしまうと思うんですけども、堪能したいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、今日は片恋第三巻の感想を喋りますので、お付き合い頂ける方はどうぞ宜しくお願いします♪┏○ペコ

◇まとめ感想
twi_icon_heroine1.jpg
せっかくなので、最後は主人公の顔にしてみました!

終わってしまった片恋コントラスト…。
最後は主人公×先生×転校生というもの凄く面白い初恋・傷心・三角関係となっていきまして、キャラ的には桐阪先輩も捨てがたいけど先生と凪くんも良い味出してたし…、でも内容的には第三巻はすっごく面白かったなと思います!
でも、どれも捨てがたいし、一つだけお勧めしてと言われると選べない……。
という事でプレイする時には是非三巻まとめてプレイしてくださいな(笑)

今回は攻略対象に先生という、禁断の恋とも呼べるお相手がおりますので、もう~プレイしていく中でついつい突っ込んでしまったり、大人な先生に翻弄され振り回されて(泣)
でも、大人なのに大人げない所とかも見れるし、前回の二巻での桐阪先輩以上に面白いお方だったように思います!
転校生と冴子が自然と友達になっていく感じとかもすっごく良かったですし、それがいつしか恋に変わる…!?みたいな流れも自然で、すっごく良いな~って思いました。
この二人は同級生で隣の席、そして更にとある繋がりなんかも発覚するので、仲良くなっていくのは空気を吸うように当たり前の事のように…というか、そんな感じで距離を近づけていくんですよ。

なので、恋の始まり方も今までのキャラ達とはちょこっと違う感じ?に思える雰囲気だし、凪と冴子が似ている部分があるからこそ、この恋愛の進展の仕方も一歩一歩進むのか進まないのかって所が何か好きでした(笑)

三角関係編になると片方が勝手に敵意むき出しって感じに見えるんですけど、実際はそこでもう一人も揺さぶられたりしているし、全体を通してなかなか面白い内容だったなと思う!
本当にこの三巻が面白かったので、どこだろう~何でなのかなぁ~って分からないんですけど、初恋の始まり方もその玉砕の仕方も、そこからまた前向きになるのも…。
今回は冴子自身で悩みながらも前に進んで選び取って、自然と変化していっているからなのかなぁ。
今までは第三者の介入により、傍に居たり話しを聞いてくれる事とか、もう一人のアタックで傷心から抜け出すって感じだったんですけど、今回はもう一人の存在というのもあるけど、その人からのアタックが切っ掛けで…って感じじゃないので、その辺もちょっと今までとは違う感じで面白いなと思いました。

それに、先生と転校生のバトルも……(笑)
これがすごく面白くて、今までよりも終始明るい気持ちで進められたような気がします。
勿論傷心編があるので切なくなったりする場面もあるんですけど、今までに比べるともう少し前向きになれる傷心の仕方?って感じだったのですよね。

後は全巻通して友人のいないというかいらないと思っていた冴子に、同級生の女子と友達になっていく様子が描かれているんですけど、ここがまた良いんですよね~。
今回は第一印象こそ最悪なイメージから出会った転校生の凪くんと、冴子、そして友人である眞泉さんの3人での友人関係なんかも出てきますし、どことなく凪と冴子と眞泉さんって似ている所があったりするので、何かこの3人の関係性も好きだなーって素直に思ってしまった。

変わり者として認識されている冴子と転校してきて、周りと群れない凪が親しくなっていくと…まぁ色々とあるんですけど、この辺りもお互いの変化に繋がっていたりするし、先生の方も何とビックリ…冴子の存在で先生に心境の変化があったりするし…。
このそれぞれの"恋"を通して皆変わっていくのとか、何か良いよね~って思えました!

どれもそれほどボリューミーではないんですよ。
集中したら一日で終われるくらいのボリュームなんですけど、その中にも恋をする楽しさ、切なさ、自分が変われる切っ掛けだったり、心の動きとか様々な要素が詰まっているので凄く面白かったです!

それと、第三巻には初回が終わってもう一度最初からやり直すと、先生視点・凪視点が合間に追加されて行く仕様になっているので、初回では相手の台詞とかでしか分かっていなかった部分。
あの時どんな事が起きていたか?とかが分かるようになりつつ進むので、その辺りも楽しめたポイントかな~って思います。
最初の方はあまりにも惰性で生きている先生の実態を、先生側の視点で見ていくだけなので「この人大丈夫なのかな?」って気持ちでいっぱいになりますけどね…(笑)
それがとある事が切っ掛けで落ち込み、冴子の存在でまた変化していくという部分は、ニヤニヤ出来ちゃうんじゃないかな~と思います。
凪君視点も冴子への自分の気持ちと向き合いながら答えを出していくので、そうゆうのも面白かったんですよね~(*´ω`)

第一巻も第二巻もそれを付けてくれても良かったのに…と思ったけど、先生と凪の心の動きとかそういった部分が分かるように追加してくれたんだろうか?

先生も凪も冴子の事を特別に思っているのは確かなんですけど、お互いそれを認識するのに時間がかかるというか、それぞれに事情があるのでスムーズにいかないんですよね。
その辺を垣間見れたのも楽しかったと思うし、二周目でどう思ってたかとか悩んでたかとか見れるとニヤニヤ度がアップしたように思います。
まぁ第二巻同様にどっちかのEDに分かれないと見れないから、選びたくない気持ちになりつつ泣く泣く各EDを取ってきたんですけどねっ(笑)

とにかく三角関係はどこのシリーズも面白いと思うんですが、第三巻では楠見先生のいつもの怠そうな喋りでは無い「早く食え!」という台詞が耳に残っております(笑)
一体どんなシーンで出てくる台詞なのか…是非プレイして見てみてね‼←笑

◇楠見清孝/鳥海浩輔
twi_icon_kiyotaka1.jpg

怠そう…もう忍恋のダルダル先輩に匹敵するくらい…いや、台車で運ばないし自分で歩くからこっちの方が千倍マシなんだけど、そんな感じで怠惰・惰性そんな言葉しか出てこないような様子人物です。
教師とは思えない考え方をお持ちなので、クジで一攫千金!教師の仕事を辞めるぜみたいな人。
学校で当選確認したりとかするし、今の仕事を辞めたいけど辞められない、でも…みたいな、ちょっと色々と適当にしたまま考えてないって感じですかね。

そんな楠見先生なんですけど、これまた自然と…生徒である冴子に惹かれていく様子があって、おいおいおいおいおいおい~~~~‼と、ついつい、突っ込みたくなってしまう所も多々あります。
楠見先生が教師になろうと思った切っ掛けの憧れている先生がいて、その先生絡みの出来事でやる気も気力も何もかも無くなっているんですけども…。
昔の自分に似ているなぁと思っていた冴子と関わるようになり、彼女と距離を縮めていく中で多分好ましく思っていくのだ!
でも、自分の中でも"まさか…"と思っている所があるので、無意識からの行動というやつに踊らされる冴子とりな子(笑)

この人の1つの行動で「ギャー‼(*ノωノ)」ってなったり「ギャー(゚Д゚;)」ってなったり、とにかく忙しかった恋でした(笑)
天にも昇る様なウハウハにさせられたと思ったら、崖から突き落とされますしねっ。

とにかく、凄く振り回されるので…しかも最後まで‼
最後の方に差し掛からないとこの人がどう思っているのか、とかその辺を見せてくれないんだけど、合間でちょこちょこ特別感があるように見せてくるのも狡い。
これだから嫌だよね~大人ってやつわ…と言ってしまいたくなるような展開です。

おいおいと突っ込みたくなる時に、楠見先生が自分の気持ちを分かっててやっているならまだしも、分かっていないのに無意識にその行動に出ていると言う所が問題なんですよー‼
高校生の淡い恋心を弄ぶなんて酷いわ…しくしく…みたいな気持ちにさせられたりもするし、楠見先生の心情というか…その辺りがとある出来事にも関わってくるので、余計に自分の気持ちと向き合っていない感じ?
そうゆうのがあるので、予防線張られたりもするし…なんかものすっごくモヤモヤしながらニヤニヤしてしまう恋だったな~と思います。

そして高校生相手に大人げなく張り合う楠見先生も必見です(^O^)

大人げないというのはこの先生の事を言うんだな!桐阪先輩なんてまだまだ高校生だし可愛いもんだったのかもしれないと思えるくらい、楠見先生は大人げないです(笑)
途中までは多分モヤモヤしつつも大人なので「・・・・・」って処理されているんですけど、後半戦になると隠そうともしないので(;・∀・)
対抗しているという訳では無いという名目付きなんだろうけど、でも言葉のチョイスに引っかかりがあるような言い方してきたりするし~!凪に負けないように張り合ってきたりするし~!なんかそうゆうのも含めて狡い人だった。
自分でも狡いって分かっているとか言ってたけど、狡いよ!これだから大人…以下略。

最後に答えを出す前かな?先生の気持ちが分かる場面なんて、狡すぎるよ…と思いますしね。
でもそこがまた高校生と大人の歳の差の恋なんだろうか(笑)

全体を通して楠見先生の存在から始まった今回の恋物語って感じがするけど、二周目で先生視点とか入ってくると一回目とは違う気持ちで見れるので楽しかったです(∩´∀`)∩
色文句を言ってやりたくなる人ではあったけど、好き、素敵、大人最高(^o^)

◇楡居凪/吉野裕行
twi_icon_nagi1.jpg

見た目的にはどんな子なのかな~?明るい系かな?って思ってたんですけど、結構落ち着いた感じの子で、思っていた印象とは異なり素敵な子でした!
出会いはあまり印象が良く無いんですけど、冴子と似ている所がある事と共通の趣味?みたいなものがあるので、自然と2人は仲良くなっていきます。

第一巻の時に椎葉や樫永くんと仲良くなっていくのとはまた違う感じで、本当に自然と友達になっていくし、それが特別な友達に…更に恋のお相手に…ってなっていくんですよね~。
でもでも、これがまた凄く個人的には好きなポイントだったんですけどね…。
冴子は過去の出来事から人と関わる事が怖くなってしまって友達いなくても良いって思ってたんですけど、凪の方もとある事情で同じように思っているんです。
だけど、冴子は眞泉さんと友人になった事で少しそこの部分が解れているし、凪は冴子と距離を近づけていく中で彼女の事を大事な友人に思っていくんですよ。
そんでもって、初めてで来た友達という枠に入るので、好きなのかどうなのかがよく分からない…でも特別に思っているというのが最初なの‼

だから最初は冴子が誰を好きでとかそうゆう部分も冷静に見ているんですけど、冴子の事を特別に思うようになってくると…多分ヤキモチ?みたいな部分とか見え隠れし始めるし!
でも凪くんも自分が冴子の事を好きなのか?付き合いたいと思っているのか?というのと少しずつ向き合っていくので、最初は友達という関係を崩したくないって思っているんですよね~。
この部分の自分の気持ちと向き合いながらも、冴子とすれ違ったりするんですけど、それを2人で話し合ったりしながら関係を変化させていく感じがすっごく好きだったんです!笑

なので好きです!みたいな大仰な告白って感じでは無いんだけど、凪が自分の気持ちと向き合いながらそれを冴子にも伝えていて、そこから恋心が形になっていく感じが…何か凄く良かったです。

まとめ感想にも書いたんですけど、冴子・凪・眞泉さんの3人の友人関係というのも凄く良かったし、文中で凪が2人の事を友達って読んでたり、眞泉さんも普通に「今日は3人で帰るから」とか言うんだけど、なんかホッコリした~。

しかも友達関係から始まる恋なので、今まで同様に甘酸っぱいしね!
めちゃめちゃ楽しかったです(*ノωノ)

という感じで、ライラとは全く正反対!
言うならコルダのもうちょっと一歩進んだVer.な爽やかさのある内容だったんですけど、切ない失恋からの新しい恋という流れがあるので、すっごくっすっごく面白かったです(∩´∀`)∩

どの攻略対象相手でも初恋から傷心、そして三角関係という流れがあるのでそれぞれの進展の仕方も異なって面白いですしね♪
大満足の片恋コントラストでした~(^o^)

明日発売のビズログは購入予定なので‼
だってだってレンドの事とか載るんですよね~♪
ベタ移植っぽいけど宵良いの良いの…本当は特典欲しいけどすっごく欲しいけど…(´;ω;`)
今日はお友達がお泊りに来るので、いつ頃喋りに来れるか分からないけどビズログの感想を喋りに来ようと思いますので(≧▽≦)

あ、そういえば私クルビは年間購読にしたんだ~(笑)
買いに行くの面倒なので届けて貰おうという安易な考えです…。
でもラキドの特典にしたよ!w

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました~♪┏○ペコ


今日は北海道土産のワインが…‼
今ハマっているやつをお願いしたので
楽しみで今からウハウハです(∩´∀`)∩
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/08/29 (Thu) 15:18
  • REPLY
りな子

りな子  

ikeさん

こんにちは!
これよりikeさんがくれたコメントに順に返信していきますww

永遠に読み続けてくれる程、楽しんでもらえて…
頑張って書いた甲斐がありました!
きっとそんなにループしながら感想読んでくれる人、なかなかいないと思いますけど(笑)

予想通り、凄く好きな作品になったようで、そしてとても楽しめたようで良かった!
1巻から3巻まで全文同意って程に、同じ形で楽しめたんだというのも嬉しく思います。
いやはや、本当にすっごく楽しめたんだなというのが伝わって来て、私が作った訳じゃないけど、嬉しいです凄く!w

全巻通して淡い恋心、失恋新しい恋に行けるかどうか…みたいな部分が、もうなんか楽しかったな~と思います。
短い中でも心の動きが描かれていると思いますしね。
あのシナリオの作り方も、ある意味斬新というか、必ず初恋して失恋、そこから立ち直る…って流れなので、共通部分が多いから周回すると早い感じがしちゃうんだけど、それも新鮮な流れだったなと思います。
全体の設定というか、内気で友達を作らなかった子が初めて恋をして、失恋もして、そこから立ち直るまでの体験もだけど、そこに今まで関わるのを避けてた周りの人、色んな人が関わっているという冴子の世界の変化も良いですよね~。

PC版も内容は同じだけど、おまけシナリオが見れないのなら是非。
そこまで気に行ったのなら買って損はなさそうです(笑)

では、次のコメントにいきます\( 'ω')/

  • 2019/08/30 (Fri) 11:22
  • REPLY