Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

04

蛇香のライラ~Allure of musk~第三夜感想

こんにちは~(^O^)
いよいよ花粉に反応し始めたりな子です…。

まずは、前回の記事に拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~\( 'ω')/
本日もとーっても励みとさせて頂いております‼┏○ペコ

今日は、凄く珍しく…朝から猛烈に甘いものが食べたくなって、お昼ごはんの調達にファミマに寄ったんですけど、そこで見つけた「プリンのふんわりケーキサンド」なるものを買ってしまった…。
生クリームもちょこっと入っていたんだけど、サンドイッチ風にケーキにプリンが挟まれているやつ!
これを朝からもぐもぐ食べました。満足。
もうお昼ごはんまでお腹空かないんじゃないかってくらい甘かったけど(笑)

積みゲー崩ししますとか言いながら、この休日はここ最近の恒例のドラクエ&オクターヴしかしていませんでした…。
しかも今更だけど、ヘッドフォンとかしながらオクターヴやれば良いんじゃない!?とか、本当今更思ってやってみたら、凄いやりやすかったという。
普段使っているイヤフォン&ヘッドフォンはBluetoothのやつなので、Vitaでは差し込み式のを使っているんだけど、引越しの時にしまい込んだままにしていた!
で、イヤフォン見つけたけど調子が良く無いのでVitaには繋いでいなかったんですけど、差し込めるヘッドフォンを発見し昨日使ってみたらめっちゃ良かった(≧▽≦)
って事で、新たなプレイ方を見つけこれでまた終われなくなった。

でも3月14日の配信まではちゃんと積みゲーにも手を付けようと思います…本当です。

さてさて、本日の本題はやっと!ライラの三夜の感想です~♪
お付き合い頂ける方はどうぞよろしくお願いします┏○ペコ
なお、いつもの事ですがネタバレを避けている為…いつも以上に伝わりにくい部分があるかもしれませんが、頑張ってお喋りしますのでよろしくです。

◇蛇香のライラ 第三夜まとめ感想
lyra.jpg

遂にライラが第三夜まで到達しました!
恐らくそれぞれ一本ずつでも楽しめる内容になってはいると思うんですけど、ここに来て今までの第一夜・第二夜にも関わる真相部分が分かるようになっているので、三巻通してプレイした方がより楽しめる内容になっているんじゃないかなと思います。

これまでの二巻をプレイしていても、色々と怪しく見える部分が出てくるんですけど、その怪しく思っていた所と更にもっと踏み込んだ真相が分かる時には…。
えっ⁉(@_@) ってなれる面白さがあるんじゃないかな~ニヤニヤ。

今回の第三夜のお相手は個人的に楽しみにしていた、シリーンの暮らす国の国王様とシリーンの弟的存在であるジェミルのお二方です。
第三夜では繰り広げられる物語自体、真相を追う形へとなっていくのでボリュームも何だかちょっと今までよりももりもりだった気がしました。
実際は変わらないのかも知れないけど、序盤から色々飛ばしているので凄く面白い内容だったな~と思います。

物語の始まりは、シリーンにライザール王との婚約者として入れ替わって欲しいという依頼が舞い込み、他国の王子達の前で婚約者として発表される所から始まります。
ライザールは国を繁栄させていくために強引な手段で政策を進めている節があるので、中には反発心を持つ貴族もいるんですよね。
で、彼らを黙らせる手段として有力者の娘と結婚しようとするんですが、その娘には愛する人が居る為ライザールと結婚はしたくない…。駆け落ちをするからその間入れ替わって欲しいと依頼をしてくるのです。

依頼主が自国から逃げ出す間、シリーンは婚約者のふりをする事になるんですけど、この依頼にはもう一つの依頼が絡んできます。
それが、暗殺です。
あの人が…あの人を暗殺しようと暗躍しているんですけど、その事はシリーンすらも知らないという…。
ここから今回の物語が動いていきます。

とりあえず、今までのターゲット&クライアントは、もうちょっと簡単な人達だったなぁ~と思ってしまうくらい、今回のターゲットは隙が一切ない‼
一国の王たるもの、こうゆうものなのかな…と思えばそうなんですけど、それにしてもシリーンがやり込められそうになるシーンが多くてですね…。
シリーン頑張れ!と何故か応援したくなるくらい、ライザールが凄いやり手なんですよね(笑)
今までのチョロい男どもとは全然違かった。

対してジェミルの方はシリーンに弟扱いしかされていない事に不満を覚えているんですけど、どうにかこうにか異性として意識して貰おうとしている感じとか、何か色んな所がすっごく可愛かったです。
ツンデレさんなんですけど、舌打ちばっかりしている子ですし、トトロのカンタ式のツンデレ具合なので、まぁ~可愛い所が多いです。
でも、この人もそれだけじゃないので…、今回の攻略を通してジェミルについて色々と知っていく事になるんですけど、なんだかこの子もシリーンも凄く可哀想な過去のある子なんだな~というのが見えてくると、ちょっと悲しくなりますね。

そんでもって‼
今回はこの2人の事に加えて、シリーンについても追及していく内容となっているので、中身が今まで以上に濃い内容となっているかなと思います。
今までは作中でシリーンについて触れていた部分、そこに関しての詳しい内容?というかそういった所が明らかになっていくんだけど、そこにジェミルやライザールも関係してくるので!
シリーンについて色々と分かってくると、今までの第一夜・第二夜を振り返ってしまい、その都度恋をしてきた彼女に対して、幸せだけど……みたいな凄く複雑な感情を抱いてしまう事になりました(笑)

それと、どんなミッションをこなしていても、彼女が常に綺麗な心を持ち続けて目を引く存在だった部分の意味というか、なんでそんな風に居られたのか?という部分も、今回明らかになる所で納得出来る部分があるんじゃないかな~。

とにかく過去二作以上に面白い内容となっているので、目が離せないシーンが多すぎる。

ライザールはこっちの思惑に気付きそうで何かハラハラするし、ジェミルはジェミルで色々と動いているしで…、ザ・ターゲット&クライアントって感じで色々ハラハラドキドキ展開が多かった気がしますね。
ライザールルートとジェミルルートでは、こっちを不安させてくるやり方がまた違う趣向となっているので、その辺も面白かったかな~と思います。

今回はライザール→ジェミル→二重スパイの順で攻略していったんですけど、個人的にはこれで正解だったかなと思います。
ライザールルートでライザールの事、シリーンの事が明かされてから、ジェミルでジェミルの事ともう少し踏み込んだ内容が見える感じだったかな。
そして、今回の二重スパイはただただ背徳感のあるルートでは無かった‼

今までの二重スパイって、どう言えば良いのかなぁ…。
うーんと、二人を好きになってしまっていけない事だと思いながらも止められない選べない…というシリーンの気持ちの部分と、相手側もシリーンを諦める気がないので取り合いになったり、だったらどっちもで良いじゃんってなったりするんですけど、危険な遊び的な妖艶さとか背徳感とかがガッツリ盛り込まれている感じだったんですよ。
おまけ的な要素が感じられるエンドというか、そんな感じがしていたんですよね。
でも、今回の二重スパイルートは、ある意味で"真相"という形の内容になっていると思いますし、各攻略ルートよりも突っ込んだ内容になっている部分があるので、今までの二重スパイとは全く違う形になっているんじゃないかなと思います。
最後に攻略するルートとしてはピッタリな内容だったかなと思う。

でもちゃんと、ジェミルの事もライザールの事も好きで、選べない心の動きみたいなのはあるので、今まで同様に妖しげな雰囲気の三角関係も楽しめます!
今回に関してはこの三角関係の方が、大団円な感じがして個人的には良い感じに収まっている気がしてしまう…(笑)
ライザールにとってもジェミルとっても、シリーンという存在は何にも変えられない存在なので、もう三人が良いと思うし、シリーンにとっても同様。
とても特別な2人なので、選べなくてももういいんじゃないかと思ってしまいますね(笑)

そして今回は今まで攻略してきた王子たちが、ライザールの婚約者としてシリーンと知り合うんですけど、それぞれと絡む場面もちょいちょいあるので、その辺も面白いかなと思います。
特に、特に皇驪とロラン&ヴィンスコンビですかね。
皇驪の方は人の婚約者なのに「白娘子の生き写し……はわわ…」みたいになってますし、ロランも人の婚約者なのに庭に連れ込んで何かしようとしたりして、その度にヴィンスに「人のものに手を出すな」と教育されています(笑)

わりと他国の王子たちとのやり取りもちょこちょこ出てくるんだけど、今までの内容があったお陰かどの人も、まんま彼らの部分が出ているので賑やかなやり取りが多い気がしました!
色々と面白い場面も多いんだけど、ロランの面倒を見るヴィンスが定着しているのが、面白いなと思います(笑)

そしてEDに関してなのですけど、今回もハピエンとBADがそれぞれのルートに用意されているんですけど、BADに関しては一言でバッドエンドとは言えない形かな~と思います。
見方によってはバッドではないと言いますか、ある意味これも幸せの形とも取れなくもないけどでも…みたいな。
そんな終わり方もあるので、その辺りも個人的には楽しめた部分かな。

ではでは、順番に個別の感想をお話ししていこうと思います!

◇ライザール・シャナーサ/森川智之
Lyla_Lizaru.jpg

カッチョいい…。
何か色々素敵すぎて完璧でした…。

王としては国を繁栄させた敏腕ぶりを発揮していますし、シリーンに対しても今までのキャラ達とは違う意味で、一筋縄ではいかない隙の無さを見せますし!
なんかとにかく凄い人でした(笑)

今まで同様にシリーンは自分の仕事道具で一番の武器であるタトゥーを使ってライザールを誘惑しようとしたり、彼から情報を引き出そうとするんですけど、ことごとく阻止されます…。
というか特集にも載っていたので、言ってしまうと早々にタトゥーを消されます(笑)
ライザールの方が一枚も二枚も上手なんですよね。

そもそも、シリーンの事を本当に婚約者の貴族の娘なのか疑っているんですよ。
あまりにも美人過ぎるので、こんなに美人な娘がいたらあの貴族はもっと吹聴して回っていただろうし、聞いたこともないし…って所からシリーンの事を怪しんでいる。
で、シリーンはシリーンで入れ替わり中に、ライザールに関してのとある噂を耳にし、そっちの調査もしていくのでライザールの事を調べようとしている。
お互いそのような状態なので、誘惑しても逆にやり込められて吐かせようとしてくる事が多々あります。

なので、途中まではとにかくお互い相手の腹の探り合い的な攻防が続くんですけど、シリーンが誘惑すると逆にライザールの手によってアレコレされてしまう…みたいな。
この辺が視覚的には刺激的なシーンとなるんだけど、ライザールが素敵!(/ω\)でもシリーン負けないで!みたいな心境になります(笑)
包み隠さず言うとエロいです。やっている事はエロいけど心がないし、お互いどうにか相手から情報を引き出そうとしている1つの行動なので、スパイとターゲット感が凄く出ていたと思う。

しかもライザールもシリーンも、どうしたら相手がグラつくかとかのツボを抑えているので…。
ライザールの方が余裕かましている感じするけど、恐らくシリーン同様にこのままではあかん!みたいな感じで耐えている部分もあるんだろうな~と思うとウフフフフ…ってなりますね(笑)

で、ですよ。
この攻防が続いていく中で、少しずつ真実へと近づいていくんだけど、もうこの辺が小出しに出てくると気になって気になって仕方がなくなる。
ライザールの事に関して、彼の傍に居る事で彼が本当はどんな人なのか?というのが見えてくるようになるんですけど、そこに至るまでにはお互いを怪しむだけじゃなく、少しずつ心の距離が縮まっていく様子なんかもあるので、彼の良さを知っていく頃にはシリーンの心はライザールに傾いているんですよね。

で、色々な面を知っていくと好きになってしまう…。
だけど……。
シリーンは密偵として依頼を受けてライザールの傍にいるので、本当の婚約者ではないのです。
好きになればなる程、本当の婚約者ではない自分というのが浮き彫りになっていくし、かつて自分か経験した過去の出来事から「こんな王だったら良いな」と思っていた王がまさにライザールであると気付き彼を尊敬するんだけど、そうする事によって余計に騙している事、裏切る事が嫌になっていく感じ!
とにかくこのシリーンの心の動きみたいな所が辛かったです。

あれだけ始まりは危険な香りが常にする感じでハラハラしていたのに、この辺から切なさみたいなものが出てくるので、気持ち的にも大忙しでした…。

対してライザールの方もとある事に気付いてから、婚約者であるシリーン(婚約者に扮しているのでシリーンではないんだけど)に心を許すようになってくるんですよね。
誰にも心を開かず信頼もしていなかった人が、唯一心を開いているカルゥ(黒い豹みたいな子)以外にシリーンにも同じように心を許すようになっていくんです。
これくらいから喋り方とか接し方、多分シリーンに向ける眼差しにも変化が出ている感じなので、もう最高に悶えます。
そこからはとにかくもう素敵!素敵すぎるよこの人…泣
って感じになっていくんですけど、色々とスムーズにはいかない事柄が絡まっているので、両想い風なのになかなかうまくいかない感じがもどかしいけど凄い面白かったです。

色々言えない事が多いので伝えるのが難しいんですけど、すんなり「好き」に至らない過程も、実は………な結果も全てが面白いライザールルートでした。
ライザールはとにかく一途な男なので、全てが分かった後の彼は愛しか溢れていないですし、とにかく素敵な人でしたよ…。なんか…今までの王子たちが霞んじゃったよね(笑)

後、ここでの見所はカルゥだよ~!
元々他のシリーズでもカルゥの会話してる風なライザールが出てくるんだけど、このカルゥが可愛いしシリーンにも懐くので!
ライザールとカルゥの絆もだけど、そこにシリーンも含めての…ってなるのがまた凄く良かった!

◇ジェミル/村瀬歩
Lyla_Jemiru.jpg

ジェミルは何とも「チッ」の多い子です。
今回は彼を攻略するという事もあり、言葉を発している事が多かったけど、今まではとにかく舌打ちのオンパレードなので(笑)
そのうちこっちが覚えれば「チッ」で会話出来るようになるんじゃないかってくらい、舌打ちの多い子なのだ。

ショーサロンカマルで密偵として働くシリーンと同じく、ジェミルもカマルで働いているんだけど、シリーンは彼を弟のような存在として大切にしています。
ジェミルの方は不服そうにしているんだけど、とにかくシリーンの事が大好きなので、その辺はちょこちょこ彼の行動に現れていると思いますね!
ツンデレ具合がとにかく可愛いのです。

今回はシリーン託された依頼と、ジェミルに託された依頼、この2つがジェミルルートでは関係してくるんだけど……。
この2つの依頼がライザールにも気付かれそうになったり、ちょっとハラハラ展開になっていくというか何というか。
ネタバレしないで言おうと思うとうまく伝えられないんですけど、とにかくライザールルートの方がマシだった‼と思うような事態も中には起こります(笑)

この2人はというか、シリーンがジェミルの事を異性として意識していくには、何かしらの大きな切っ掛けがないとなかなか難しいんだろうな~とは思うんですけど、ここではその切っ掛けがちゃんとあるし、それこそがなかなか…こう…思い切った切っ掛けだな!と思いますし…。
シリーンにとってキスをする事と、初めてを無くす事というのはすご~く重大な意味を持っているので、そのどちらもジェミルに奪われるというか捧げる?というのは、かなり大きな意味を持つんじゃないかなと思います。
それに、そこに至ってから改めてジェミルという存在が自分にとってどうゆうものなのか考えているけど、それまでも彼女にとってジェミルは特別だったんだと思いますしね。

そして、ここではジェミルの事とシリーンの事が分かるようになっているんですけど、もう怒涛の展開でした(笑)
ちょっと進めていくと"もしや……"と思う考えが浮かぶんですけど、その真実が分かるまではとにかくハラハラするし、この2人が凄く凄く可哀想に思えてしまうんですよね。

今回は敵となる人物が出てきているんですけど、それに対峙する時に明らかになる部分が思ったよりも凝っているというかですね。
今までの第一夜・第二夜での色んな部分が思いだされて、『あぁ、そうゆう事だったのか』と思う所が多いので、全てが繋がっているんだというのがより強く感じられた部分じゃないかな~と思います。

おのれ!と敵に対して思う気持ちもあるんだけど、それよりもシリーンとの気持ちの繋がりを得たジェミルが、彼女を守るために1人で全てを終わらせようとする所は、悲しいけど彼の深い愛を感じますし、そうゆう所が強く感じられるようになっている気がします。
でも、どう言えば良いのか分からないけど、一緒に…と手伝おうとするシリーンに薬を飲ませ、眠らせている間に一人で去ってしまう事が多い子なので、もう~もどかしいし待たされる方の身にもなってくれよ~‼と思うんだけど(笑)
自分とは違う綺麗すぎる存在だから、汚したくない守りたいという気持ちが強すぎる故の行動なんだろうなぁと思いつつ…。でもでも(笑)

こっちもこっちでお互い両想いになっているのに、全然前進出来ない関係性なので他人に頼るのが苦手な2人が、なんだか可愛く見えてきます。
そこにうまく介入してくれるのがライザールなんですけど、ライザールをプレイしてからこっちをプレイすると、ライザール…うぅぅ…(´;ω;`)という気持ちも捨て切れないです。

ジェミルルートはライザールの時とは、ちょこっと違う真実として明かされる部分もあるんですけど、また違う感じでの怒涛の展開かな。
どちらのルートもとにかく内容が詰まっていると思うので、違う色の面白さを感じられるんじゃないかな。

こっちはこっちで気持ちを自覚した後に、なかなかその気持ちが伝わらないもどかしさだったりとか、ジェミルが一人で何かしている…自分には何もさせてくれない…っていうシリーンの気持ちの部分だったり、シリーンをとにかく守りたいというジェミルの気持ちだったりがハラハラしちゃいますしね。
ライザールはとにかくこっちでは王としてすんごく頼りになる人なので、どこに居てもかっこいいんだけど(笑)


◇二重スパイルート
Lyla_Shirien.jpg 

ここでは真相の真相…全てが明かされるルートでもありました。
まとめ感想でも言ったんですけど、2人を選べない背徳感というよりも、シリーンにとって特別な2人だからこその揺れ動く感情みたいな方が強く描かれていたかな~と思います。

今までの攻略対象以上に、彼らにとってのシリーンというのもまた特別な存在なんですけど、ジェミルルートからの派生みたいな感じで描かれていくので、途中でジェミルとシリーンがお互いを想い合っていると分かっていても、シリーンを手放したくないと思ってしまうライザールがすんごく良かったんですよね~(*ノωノ)うふ…
その時にライザールが『人の物を欲しがるなんて』みたいな事を心の中で思うんだけど、たまらん…是非奪って下さいシリーンを!と思いました(笑)

そして、ライザール・ジェミルのルートで明かされてきた事に、もっと突っ込んだ形になっていく二重スパイのシナリオ…。
最後の方にはあまりにも驚きの展開が用意されているので、これからプレイする人には是非無心になってプレイして貰いたいなと思います。
私は今回、シャレマニの時ほど色々と考えないでプレイしていたので、『え~~~~~‼』と驚きながら終わりを迎える事になりました(笑)

第一夜、第二夜でも出て来たし気になっていた部分が、第三夜の二重スパイで出てくる形になるんだけど、この物語の真相というかですね。
まぁ色々な部分、色々な意味での"真相"が明かされていく内容じゃないかな。
とある人の存在についてもかなり深く切り込んでいるので、『そうゆう事だったのか』と思う部分がかなり多く散りばめられている内容になっていると思います。

あんまりこの辺は色々言えないので、触れないようにしようと思います(笑)

メインであるライザールとジェミルの間で揺れ動く感情ですが、とにかくもう2人ともシリーンを手放す気がないのでグイグイ来ます(笑)
途中まではジェミルに傾いている感じがあるんだけど、ある時にとある真実を知ると…ライザールへの気持ちもぶわ~っと…出てきてしまうのですよね~。
そのお陰でジェミルとライザール、2人の事を大切に想う気持ちがせめぎ合います。

今までの三角関係に比べると、イケない事をしている…という背徳感はちょっと薄い気もしてたんですけど、2人と関係を持った時には今まで同様の感じが出てきますし、あららら…と思うんですけど、そもそものシリーンとライザール&ジェミルの関係がちょっと特殊というかですね。
3人においてそれぞれが凄く特別な存在なので、今までとはちょっと違う形に思えたかなと思います。個人的にだけど。

そんでもって、2人の間に居る事でなんとも子供っぽい…、今までに見る事の出来なかった2人のやり取りを見る事が出来るんですけども(笑)
元々ライザールの婚約者として発表されていたシリーンなので、周りからも"婚約者"として認識されているのですよ。
なので、二重スパイルートの最後の方では、それを巡り子供のような言い争いをしている2人を見る事が出来るので、面白いし平和だし良い形で幸せな雰囲気が出ていたんじゃないと思います(笑)

ちなみに、ここにもBADが存在するんですけど、これはある人にとっては最高のエンディングであり、ある人にとってはBADだけどそれだけじゃない…といいうエンディングでもあるのかな~。
まぁ仄暗いエンディングである事には変わりないんですけどね。

☆おまけシナリオ☆

全巻購入のおまけシナリオがめっちゃ面白かったです(笑)

ライラメンバーが異国の「おとめゲェム」なるものに触れる内容となっているんですけど、それがトリアイと片恋の二作品。
シリーンの夢の中でトリアイ世界でのライラメンバー、片恋世界でのライラメンバーが物語を繰り広げるというものなんですけど、めっちゃ面白かったです。(≧∇≦)

トリアイワールドではとにかく皇驪が凄く光っている…。
おきつん…結局こうゆう三枚目的なキャラ凄くハッスルするよね(笑)と思いながらも、最高に面白いキャラへと変貌している皇驪が凄く良かった‼
それぞれのトリコリティーモードも見られるし、いちいち皆裸なのが笑えたけど(笑)
ちょっぴりシリアスめな内容が多かった彼らだからこそ、あの賑やかな感じが光っていたように思います。

対して片恋の方では、ライザール先生とか…ジェミルくんが後輩とか…皆が幼馴染とか後輩とかになっていて、こっちも凄く新鮮でした!
何故か告白大会みたいになっていて、最後の方とかてんやわんやだったけど、純粋に彼らが恋をしていたらこうなっていたのかな?と思うと、なんか新しい感じがしますね(笑)
絶対にありえないけど、だからこそ面白い部分があったように思います。

とにかくKOREI・RINが最高なので、3巻プレイする方はマジで最後に見て欲しいです(笑)

長くなってしまった(笑)
もっともっと色々触れて喋りたい所なんですけど、ネタバレしない事を考えると言えない事が多くて、難しかったです…(;´Д`)

でもでも、本当に面白かった!
3巻連続での発売だったけど全部買って良かった~と思いました。
凄く楽しかったです♪(^^)

今日はいよいよ部下達が我が家に来る日なんですけど、私は餌を与えたら早々に寝室に籠り…今日はドラクエ出来ないので大人しくPSPでも始めようかと思います(=_=)
そんで休憩してから遙か3かな……。←ビビって後回しにしている

ではでは、本日もここまでお付き合い下さいましてありがとうございました(^o^)





昨日ニーアオーケストラのBDを見た!
初めてテレビ台のスピーカー使用したけど
音が半端なかった……。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪ヽ(^o^)丿
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments