FC2ブログ


こんにちはです~\( 'ω')/

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~!┏○ペコ
本日も大変励みとさせて頂いておりますです♪(^^)

朝からエイプリルフールネタを見ながら、電車でニヤニヤしていた私ですご無沙汰してます(ΦωΦ)

私はこの休日、本当に何もしていませんでした!
何もしていなかったというとちょっと語弊があるけど、最低限の事しかせずゲームゲームゲームゲーム‼
殆どゲームしかしていなかった。(合間にちょこちょこ仕事もしたけど)
死神稼業も無事に終わり、真相エンドを最後に取ろうと残していたの忘れて回収しに行ったんですが、終わった後は借りているうたプリライブのBlu-rayの3枚目を見てたらまた最初から見たくなって、見直すというね。
日曜日の後半はアレコレしながらライブBDをもう一度見直しておりました(笑)

とりあえずバリバリ前に終わらないだろうなぁ~と思っていた死神稼業が終わって良かった~♪って感じですが、最後までプレイしたら真相も明かされたのに…気になる所がちょっとあるので、早めに所業の方をやらねばと思いました。
まだフィルム剥がさず大事に保管してあるけど(;´・ω・)

バリバリ発売までは微妙な期間空いてしまったので、インストして中断しているマジェマジョの続きをやろうと思いまーす♪
ではでは、死神稼業残りのキャラ別感想を一気に喋っちゃおうと思いますので、お付き合い頂ける方はどうぞ宜しくお願いします┏○ペコ

◇サクッとまとめ感想(ネタバレしないけど真相エンドについてです)
uljm06259_banner.png

初回攻略した蓮司ルートから派生する真相エンド…。
これを見る事によって、今回の各ルート内でしばしば気になる~‼とさせられていた主人公である澄に関しての部分が…分かるようになっていました。

プレイしていく中で"きっとこうゆう理由なんだろうな"というのは、なんとなぁく気付くと思うんですけど、それが当たっていたのか違うのかが真相エンド部分で分かる。
ただ、何と言いますか、この真相エンドというのもいくつかエンディングが用意されていまして、全部で4つくらいあるのかな~?
結構辛い終わり方をさせてくるなぁー‼って思うのもあったので、ちょっとビックリしました。

わりとロゼのゲームって、どれもあんまりしんどいエンディングが無い印象だったし、モノによっては"恋愛要素は薄いけど主人公にとっては前向きなエンディング"があるだけで、あんまりBAD風なものがないやつとかもあるイメージ。
BADっぽいのがあっても、『うわ、しんどい…』って感じる印象が薄いんですよね。

でも、今回の澄に関する事というのがこの真相に関わってくるんだけど、それをどうすれば解決になるのか?ってのが真相EDそれぞれに繋がっていくので、このしんどいのも分かるっちゃ分かる。
澄の事をものすんご~く深く愛したから、彼女を守るために選んだ答えなんだろうけど、ドボンと沼に落とされた気持ちになりました…。
なんか、想像出来る終わりかではあるけど、まさかこんな終わり方が用意されているとは‼というのが素直な感想です。
でも嫌いじゃないです。

ちょいちょい過去にプレイした怪談ロマンスシリーズに出てくるキャラ達が、存在しているというのがチラチラ見え隠れするのも面白いです!
恐らく親戚なんだろうな~この天狗…とか、某怪談ロマンスで出て来た最強死神二人組の事とかも出てくるし、深く関わってくるという訳ではないけども台詞の中で登場してくる感じですかね。
そういった部分も、プレイしていると「おっ!」と思える所があるので、なかなか楽しかったな~と思いました。

あまりこの真相については多くを語らない方が良いと思いますけど、これ攻略順すっごい難しいなぁ~。
私は蓮司を初回にプレイしてますけど、蓮司ルート内で取れる真相は全キャラ攻略後になるので…。
最後の方に蓮司を回しても良いと思う…良いと思うけど、蓮司ルートをプレイしてたから他ルートで誰かと澄がくっつく時に、なんであんなに蓮司が澄に対して距離を測りかねているのかとか、やたらと「・・・・・・。」が多いのかとか、そうゆうので色々と感じる部分があったんだろうなと思えるんですよね。
なので一概に個の攻略順が良い!とは言えない…言えないけど、個人的には蓮司推しなのでどこのルートでも蓮司可哀想‼ってなるのが嫌だったら、蓮司は最後の方にした方でが良いんでない?としか言えないですね。

私的には、先にプレイした事で、所々「れ…蓮司ぃぃぃぃ~( ;∀;)」となりつつも、彼の言葉とか台詞の間合い?とか色々、楽しめた部分もあるのでこれで良かったなとは思うけど…。

でも東海林さんも好きなので、次回の死神所業で攻略出来るらしいのが楽しみです。
今回はサブ的な立ち位置だし、一応東海林の絡むEDもあるけどガッツリ恋愛って感じではないので、すっごいオイシイ立ち位置のキャラでした!
全体的に早く死神所業がやりたくなる…そんな形になっているんだけど、謎めいている部分がとにかく気になるぅ~!って作りになっているので、そういった意味では怪談ロマンスの中では先が気になって進めたくなる作りになっているかなと思います。

ではでは、これより残りのキャラ別感想にいこうと思います。

◇藤代巧実/石田彰
a1361419710628.png 

今回唯一の人間として登場してくる巧実なんですけど、なんか…色々闇を抱えていそうなというか、実際抱えているというか…。
妖である主人公よりも、考え方とか諸々とにかく変わっている人です。

澄とのやり取りの中でも"コイツ変わってんな~"って思う所が沢山あるんだけど、巧実はもともと澄の標的だった人間で、一度殺したのに生きていた!という所から関わるようになるのですよ。
なので、普段普通にやり取りしていても、「君は俺を殺したんだよね」みたいな事を普通に言ってくるし、2人の距離が近づいてくると、巧実は澄に殺して貰う事が夢になったりするので、いちいち怪しいというか危険な奴というか…。
なんか人間?っぽくない人間という感じがすごーくする人でした。
澄と対峙していると、澄の方が普通の人の思考みたいに感じるし、むしろ巧実の方がなんかヤバい奴みたいな感じ(笑)

種族も違うし、澄にとっては殺さなければならない相手である巧実に恋愛感情を抱く事になるので、2人には色んな障害がある事になるんですけども!
でも、途中までは若干モダついている感じもするけど、巧実にとっては唯一の友人みたいに思ってたり、澄にとっても謎めいている標的から知り合いに変化して、2人の距離がちょっとずつ近づいていくのは、なんか楽しかったです。

好きかも…って気付くのも、澄はわりと流れ的にはスムーズかな。
巧実に対しての気持ちを自分の中で処理しきれなくて、「まさかね…」って所から始まって、好きだと自覚していくんだけども、逆に巧実はその気持ちすら分かっていない感じですかね。

巧実は澄の事を"好きになる"って所から、普通の人が持つ感情とかどう感じるのかとか、そういった部分を知っていく形になるので、ある意味蓮司と似ている所がある気がする。
澄を好きになって深くか関わっていく事で、人が感じる気持ち的な部分を知っていって、変化していくというか人間らしくなっていくというか(笑)
人間なのにちょっと変わっているからこそ、澄との付き合いにより少しずつだけど大きく変わっていく巧実が良いな~って思いました。

ここのルートも「えっ…!」ってビックリする事が起こるんですけど、そのまま終わってしまうEDなんかもあって、ちょっと切ない終わりもあるんですよね~。

両想いになった後も、種族が違うからこそ気にしてしまう部分とかもあったりするし、それによってまた巧実がマイナスの思考になったりもするんだけど、そうゆうのも含めてちょっと感傷的になりやすい流れだったけど面白いルートだったなと思います。
他のルートでは感じられない部分が盛り込まれている感じかな!

◇雨水潤/保志総一朗
a1361420355222.png 

別会社の死神で、いつも澄の仕事の邪魔をしてくる後輩くん。
雨水は雨降り小僧の妖なんですけど、名前が雨とか水とか潤とかなので…巧実のルートで「びしょびしょさん」っておかしなあだ名をつけられそうになっていました(笑)

とにかく可愛い。
雨水が他ルートでも恐らく澄の事を好きなんだろうな…ムフフ…っていうのが垣間見える所が多いんですよね!
死神ではあるんですけど、他者の死神の仕事を邪魔する事が多い菊鹿者(きくじんしゃ)という死神会社に属していて、澄の属している黄泉社とは敵対関係にある会社なのです。
なので、ちょいちょい澄が仕事をしようとしている所に現れては邪魔してくる奴です。

雨水自身、妖としてはちょっと変わった奴なので、無駄な殺生は好まないという平和主義者っぽい所があります。
でも強い。
澄の仕事を邪魔してくる時に、何度も戦う事になるんですけど澄が勝った事はないんじゃないかな~?それくらいの実力の持ち主だし、何とかして命を削って仕事をする澄に、死神をやめさせようとしてくる人でもあります。

仕事以外で会うとお互い「仕事ではないから」という理由で、普通に接するんですけど、そこから恋愛が少しずつ動き出していくって感じかな。
雨水の方はもともと澄に好意を抱いているので、見ているこっちからしたらだだ漏れなんだけど(笑)
澄は中盤までは全く気付いていないので、普通に接している澄にうろたえまくりの雨水がとにかく可愛い…です…。

そんでもって、ちょっと今回のキャラの中では異例の夢だと思って告白しちゃうという出来事からので、お2人の恋愛が進展していく形になるので何か新しい感じでした!w
澄も恋愛初心者なので、2人ともすっごい初々しい感じなんだけど、少しずつ気持ちと距離を近づけていく感じなので、なかなかうまくいかなかったりするのもまた面白かった。
澄の事を心配して、何が何でも死神をやめて欲しい雨水と、どうしても辞めるとは言えない澄のちょっとしたすれ違いとかもありつつ…。
2人がどうゆう形で一緒にいる事を選ぶのか?って所なんですけど、少しずつ澄の考え方も変わっていくので、蓮司可哀想…( ;∀;)って思う気持ちもあるけど、澄の事を考えたら蓮司以外のキャラである事がある意味では、また1つの幸せなんですよね~。

ちなみに、蓮司は雨水が怪我している時に家で遭遇して、刀を出して殺そうとする場面が…というか、蓮司は澄に近づく男は全て殺そうとします。
お約束なシーンも盛り沢山でとても楽しいルートでした(笑)

そして、焔の時と同様に雨水についての事もここでは分かるので、何故彼が無駄な殺生はしない主義なのか~とか、どうして澄の事を好きになったのか~とか。
そうゆうのが分かってくると、彼が澄に対して持つ気持ちがどうしてそんなに真っ直ぐなのかが納得出来るかな。

◇織瀬秋人/小杉十郎太
a1361419847384.png 

私織瀬さん結構好きです!
蓮司に次いで妖らしい人って感じがしますね。
この方も雨水と同じ菊鹿社の死神なんですけど、澄の仕事を雨水と共にちょいちょい邪魔してくる人です。
そして、女で死神をしている稀な存在である澄に非常に強い興味を抱いている人。
何てゆうか、この人自身性格が悪い奴というか、捻くれている感じの人なので…興味を持っているというのも素直な興味な感じがしないというか、なんか黒いものを感じます(笑)

でもこの人もなかなか強いので、澄は毎回やり込められてしまうんですけど~。
敵対しているから戦ったりしていくうちに、好きになっちゃうって感じですかね。
雨水みたいに頻繁に外で会う機会はあんまりないんですけど、ルート内ではちょこちょこ遭遇して織瀬さんが澄に無駄に構ってくる感じかな(笑)
そんな事をしているうちにある条件を提示させられて、距離が縮まっていく形になっています。

織瀬さん相手だと、敵対会社の死神なのに好きになってしまった…という気持ちや、織瀬がもともと澄に興味を持ったのは、蓮司が澄を拾ったからなんですよ。
それがどうゆう形で興味を持ったのかはプレイして貰うとして(笑)
織瀬さんと蓮司は(蓮司の方は忘れてるけど)ちょっとした知り合いでもあるし、織瀬にとっては蓮司という存在は忌々しいもの?みたいな。
まぁそんな所から澄の存在を知り、興味を持ち近づいてきているので、澄の中では織瀬を意識し始めると「蓮司が拾った自分だから近寄ってくるんだ」みたいな気持ちが出てきたりするので、なんか恋している感があって可愛かった~。澄が!!(笑)

織瀬さんの方は、だんだん澄に惹かれている感じが出ているし、なんてゆうかこの人大人なのでいちいち狡いし、若干手が早いので楽しいです(笑)
今回の攻略キャラの中では一番、恋愛面で澄を翻弄している人じゃないかな~って思うので、両想いになるまでがなんか一番楽しいルートだった気がします。

織瀬バーサス蓮司みたいなシーンもあるし、敵対している死神でもあるので色々とあるにはあるんですけど…。
織瀬も素敵だけど、その事を認める蓮司が…澄の事を一番に考えてる蓮司が…素敵に思えるシーンなんかもあって…。
それまで「織瀬めぇ~!」とか「織瀬いいね!」と思っていた気持ちが、全て蓮司に逆戻りしてしまった気もしますが、ここもまた他と違った展開で面白かった\( 'ω')/

嘘ばっかりつく織瀬が、本気の言葉を伝える時はとにかく狡いです。
大人ってコワイ(/ω\)

◇東海林和真/諏訪部順一(サブなのでちょこっと感想)
a1361418905018.png 

東海林さんいいんですよね~。
蓮司の大事に想っている澄だから…って感じで、元々澄の事を親の様な目線で可愛がっている感じなんだけど、この人も澄に強く惹かれている一人でもある(笑)

今回の東海林さんはサブ的な感じなので、東海林のエンディングが1つあるだけで終わってしまったんですけど、もう~素敵なんですぅ~(n*´ω`*n)

ちょいちょい蓮司をからかおうと澄に手を出すふりをしたりするんだけど、本気で…無意識に距離を詰めちゃったり、ちょっと、ちょっとだけ甘い雰囲気になりそうかなぁ~~~~~~?って時に、丁度よく蓮司が登場しちゃったりすると、速攻で刀を抜かれズルズルと引きずられて行く東海林さんが、最高に可愛かったです(笑)
ある意味いつ蓮司に殺されてもおかしくない立ち位置にいる人でしたw

そして常に澄を気にかけてくれている兄的存在なんですけど、それが異性として意識し始めちゃう~⁉ってゆう微妙な所で終わるのも、また良い!

キャラ的にもカッコイイ人なので、早く攻略させてくださいm(__)mって感じでした。
いや~もうなんか存在がかっこいいんだよね…。

という事で、それぞれサクサクっとした感想になってしまいましたが、面白かった!
怪談ロマンスシリーズの中では、内容が個人的に面白いな~と思いました。
始まりから小さな謎が所々に散りばめられているんだけど、決定的な事が真相までいかないと分からないので、そうゆう部分が面白いと感じたのかな~と思います。

それぞれキャラクターも変わった人多いし(笑)
今までも死神とか色々いましたけど、今回は殆どが死神なのでね!
死神の仕事のシーンも多いんだけど、ちょっと感動的な仕事シーンとかもあるし、その仕事を通して相手の事が見えてきたりもするので!
今までとはちょっと違う怪談ロマンスなんじゃないかな~と思います。

私は、蓮司が好きです(笑)
抑揚のない喋りもそうだけど、澄の事が好きすぎて大事すぎて色々と踏み外すので、こうゆうの好きな人は蓮司はたまらないんじゃないかなぁ~。
とあるEDでは辛いけど、それもまた彼の魅力かなと思えるし、とにかく素敵でした。
とはいっても、皆さんそれぞれ思考がちょっとヤバいので、どのキャラもなかなか楽しい展開が用意されていて面白かったです(*´ω`)

次はバリバリが来たらプレイ予定です!
それまではマジェマジョしつつ、お借りしているやつと自分の円盤消化をして~、今月もちょいちょい忙しい予定なので(泣)
それをやり終える為に一生懸命頑張ろうと思います…しくしく…。
オタ活だけして生きてゆきたい所ですが、それは無理な話しなので、ありんこせっせと頑張ろうと思います。

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/





行きたい!と予定していたイベント等が
軒並み行けそうなのでルンルンです。
全力で楽しめるように、色々と頑張ります!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\(^o^)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. りな子 | -

    ikeさん

    ikeさんこんにちは~(*´ω`)

    あれれ…もしかして、また村の送信うまくいってないんですかね(;´・ω・)
    二個も更新してました!(笑)

    蓮司良いデスネ!
    しかし、これは蓮司×澄のお話しって感じなので、他ルートでは蓮司がちょっと可哀想な感じがしてしまうんだけど…。
    巧実の云々についてはここでは言えないので、個別で言いますねw
    彼は唯一の人間なのに、一番思考がヤバめの人でしたね!
    なんか恐ろしい考え方をする人だった…。

    きっと乙女ゲームやる数も多いから、前のやつって忘れてしまいやすいのかな~?
    でも何となくその気持ち分かりますw
    私も誰かが感想あげたりして、覚えてない所とかあると自分の感想読みに行きますし(笑)
    そこで「あ~!」って思い出しますもの!
    確実に数をやりすぎているせいですねw

    コメントありがとうございました♪

    ( 10:44 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新の独り言