Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

17

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVEキャラ別感想①(Aクラス)

こんにちは!

まずは、前回のうたプリ初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さり、ありがとうございました~\( 'ω')/
毎日、とっても励みとさせて頂いておりますです┏○ペコ

この前あんなに寒かったのに、昨日も今日も暑い……(=_=)
しかもうちの会社何度も言いますが窓が…一つしかないしガラガラ横にスライドするタイプの窓じゃないから、風入らないから余計に暑いです。うぅぅ。
窓全開にすると虫入って来て戦わないといけなくなるから、全開には出来ないし辛い( ;∀;)

気付いたらもう6月も半分過ぎようとしてますね!
ついこの間オトパに行ったと思ったけど、もうビズログ発売が目前ダヨ。
一ヵ月過ぎるのって本当に早いですね…。
そろそろ7月の購入予定記事の時期かぁ~と今思いました(笑)
忘れないうちに書こうと思います!

だけど今日はうたプリ感想の続きですよ~(*´ω`)
お付き合いして下さる方は、どうぞよろしくお願いします┏○ペコ

◇Aクラスのキャラ別感想
utapri_488x90_a.jpg

まずは、最初に攻略を完了したAクラスの方々から感想を喋りたいと思います!
上のバナーを見てお分かりになると思いますが、Aクラスのメンバーは以下の3人です。

・一十木音也(寺島拓篤)
・聖川真斗(鈴村健一)
・四ノ宮那月(谷山紀章)

何が凄いって、私今使用しているPCでうたプリメンバーのフルネームを入力&変換した事無いのに、候補に勝手に出てくるんですよ。偉大だなうたプリ……(;゚Д゚)

ちなみに、昨日の初回感想ではよく分かって無かったんですけど、どうやらAクラスの一人を攻略することで、同室のSクラスキャラが攻略可能になるみたいです。
なので、音也ならトキヤ、真斗ならレン、那月なら翔って感じで解放されるっぽい!
もう音ゲーに翻弄されまくり、更にはキャラの事が知れるのが楽しくて、それどころではなかった事お察し頂けたらと思います(笑)

昨日、ちょっと息抜きに…とか思って那月の曲のHardをレベル1でやってみたんだけど、私のレベルではHardのレベル1でSを取るのが精いっぱいです(笑)
レベル2になると同時押しとか矢印とか、とにかくすんごい感覚で配置されるので無理!\( 'ω')/
オクターヴの時はすごい何度も超絶技巧に挑戦したけど、無理!出来ない!と早くも諦めるくらいには、頑張れませんでした。
黙ってシャニライで頑張ってようと心に誓いました‼

ではでは、キャラ別の感想へといきたいと思います。

◇一十木音也/寺島拓篤
utapri_180x180_otoya.jpg

皆さん、音也を知ってますか?←(笑)
私の知っている音也は、とーっても真っ直ぐで素直で明るくて、ST☆RISHの中にいるムードメーカー的な存在という人でした。
音楽や歌う事が大好きで、いつも笑顔で楽しそうに歌っている印象の強い子。
アニメの4期ではちょっと驚きの展開なんかもあり、私は実はあの時の音也を見た事によって、彼に対しての印象が変わって好きになった。
恋愛に関してもなんというか、初心な…可愛いなぁ~うふふふって感じの、好きだけどそれを伝えられないいじらしいイメージだったんです。

だが、Repeat LOVEの音也は私が思っていたよりも、もう少し男だったし、いじらしいなんてとんでもない!って感じの人でした…(笑)
とにかく音也は私の中で意外性の塊だった。

音也は入学式の時に電車の中で出会うんですけど、同じAクラスだと知り教室ですぐに友達になります。
友達の居た事がなかった春歌は、友千香という寮で同室の子や音也たちと友達になった時、「友達…なんて甘美なる響き…」みたいな事を言ったりするし(笑)
コメントがいちいち暗っ‼ってなりそうなのに、笑わせてくるのが個人的には凄く好きでした。

音也は最初の印象通り、自分の気持ちにとにかく素直で好意を真っ直ぐに伝えてくる人なんですよね。
それがとっても音也っぽいなと思う部分でもあり、逆にちょっとびっくり部分でもあったかな~と思います。

そもそも入学した日から主人公を助けてくれたりしますし、なんてゆうかこっちの音也は私が思っていたよりもしっかりしている印象だった。
かっこいい感じがするというか、頼りになる部分があるというか…。
もともとここぞという時に皆を引っ張っていくタイプではあったので、そのような印象も持ってはいたんですけど、それとはまた違う男として頼りになる感じ?がこっちでは感じられた。
でもまだ未熟な部分もありーのなので、春歌と一緒に学園生活を通して成長していく部分があったかなと思います。

でも私はそれよりも、音也のびっくりするくらいの真っ直ぐすぎる真っ直ぐさにとにかく驚かされっぱなしだったヨ……。

自分はこう思う!と思った事を貫き通す人なので、春歌の事が好きだという気持ちも貫き通すし、恋愛禁止ってなってるのに全く隠す気がないなコイツ…って感じでした(笑)
そして好きとかそういった気持ちを口にしたり、自分の中で受け入れたり確認したりするよりも先に、思うままに行動をしてしまったり突っ走ってきたりしてたので、音也の行動に驚かされる事が多かったです(笑)
音也落ち着けー!と言いたくなるようなびっくり仰天な事をしでかしてくるし…。
その時にはちゃんと聖川様からお叱りを受けていたけど、音也がどんどん突き進んでくるのでハラハラしちゃいました。
とにかく猪突猛進とはこの事だなとお勉強になるような人でしたね。

春歌に対する気持ちの強さはよく分かるんですえけど、走り出したら止まらないって感じの子なので…。
なんか色んな意味で心臓に悪い気がしました(笑)

音也なりにどうして校則で恋愛を禁止にしているのかという疑問だったり、でも、自分は春歌を好きになった事で成長したし、歌える歌があるからと立ち向かっていく時には、おばさんVita前でハラハラしながら応援しておりました。笑
この辺り、校長に音也達の気持ちを認めてもらう為に一生懸命になっていく中で、2人の気持ちが確固たるものになっていくのと、成長していく部分があるんじゃないかな~と思います。

そんで、ここでちょっとした事実が分かるんですけど、ハッキリとは言ってないけど…そうゆう事だよね?
ネタバレになるだろうから言わないけど、あれってあれなんですよね?|д・) ソォーッ… 
と、ちょっとでも突っ込んで触れるとバレそうなので、この話はもうしません(笑)

恋愛禁止の壁を乗り越えるまでが、一番苦労したルートではないかなぁ~と思うけど、どうしてそこまで厳しい試練があったのか?という点については、あの人の音也を想う気持ちから来ていたのが、最後の方のシーンで分かったので…。
色々と大変だったし沢山厳しい事を言われたけど、そのお陰で2人の変えられない気持ちだったり、この2人ならという結果に繋がったのかな~と思います。

そしてそして~、恋愛禁止と言いながらもなんか常にイチャついているようにしか見えなかった音也と春歌だったので(笑)
わりと春歌にはどの人も刺激が強すぎるんじゃないか?と思うんだけど、私の中での安全圏だったのが音也と翔ちゃんだったんですけど、音也は全然安全圏じゃなかったですね。
翔ちゃんよりちょこっとデンジャーゾーンに入る人でした。

◇聖川真斗/鈴村健一
utapri_180x180_masato.jpg

心のダム‼\( 'ω')/
私の知っている聖川様よりも、ギャグ路線じゃなくてとっても真面目で優しい紳士でした。
きっとあんなギャグ路線になってしまったのは、どこかで何か道がずれてしまったのですね!
どっちも好きですけど(笑)

聖川様は春歌たちと同じAクラスなのですけど、なんと…聖川財閥の嫡男という事で…何かと聖川様がピンチ(?)になると、どこからともなくじいやが現れていました!笑
本当に、本当に、しょっちゅう「ぼっちゃまぁ~!」ってくるもんだから、ついつい突っ込みたい衝動に駆られるんですけど、当の本人は「じいや、そうゆうのはやめれくれ」みたいな感じで、普通に諭してやめさせようとしているので、常に冷静なお方なんだな…という意味の分からない印象を抱いてしまった…。
聖川様が慌てている所を見たことが無い気がします。

それに何か…静かに流れる川の様なお方なので(笑)
レン様が何かと突っかかってくるんですけど、そうゆうのも静か~にかわすんですよね。
でも、「そこまで言われては男として引き下がれないな」とか何とか言って、結局挑発に乗ってしまう所なんかもあるんですけど、そうゆう所が武士って感じがします(笑)
パートナーになってからは、レン様が絡んでくる以外は割と順調に距離を縮めていくし、それと共に恋が芽生えていく感じでした。

ただ、聖川家の嫡男という事で聖川様はお辛い思いをされている所がございますので…。
そうゆう部分の葛藤だったり、レン様と聖川様はお互いがお互いの事を羨ましいと思っている部分があるので、2人の間ではちょびっとバチバチしてる風だけど実は気が合う模様だったり(笑)
それに加えて、パートナーとなって共に歩んでくうちに春歌に恋心を抱いてしまうんですけど、何度も言うけどこの人は聖川財閥の嫡男。
ゆくゆくは親の決めた相手と結婚するお方…なのですよ…。
なのでまぁ、その辺が絡んでくる事で、聖川様と春歌の恋はあまりスムーズにはいかないですし、2人の気持ち的な面でもちょっと躓いたりしちゃうんですよね~。

アニメでもちょっと違う描かれ方ではあったけど、この2人が出会い恋に落ちるのは運命だという形なので、なんか…春歌に出会えて良かったね…マジで(T_T)
という気持ちになります。

なるんだけど、パートナーとして彼女に惹かれていく部分もあるけど、もともと聖川様は春歌の事を少なからず思っていたというか何と言うか…。
ある事実を知る事で、好き度が一気に加速するので(笑)
で、自分が彼女を好きになっても守ってやれないなどと色々悶々としていたら、レン様の登場で聖川様のお心がどす黒いもので覆われてしまうという(笑)

2人の恋愛の事だけでなく、そこに家の事とかも絡んできたりするのでアイドルを目指している聖川様が、無事に卒業ライブに出られるのか…!?
という所でハラハラさせられたりする事もあり、じいやさんにも「ぼっちゃまを誑かすな」みたいな事を言われたりするんですけど、最終的には見守ってくれるようになったり…。
2人の成長や恋愛の事だけではないので、結構ドタバタする展開になっていったかな。

なんか、序盤は色んな事がスムーズで、とにかく聖川様のスマートさが目立つシナリオだったんですけど、後半に差し掛かるとスマートなだけじゃない彼が見えてくるのでとても楽しかったです!
私と友達の中で皆の名前が覚えられなかった時に、分かりやすいあだ名で聖川様の事を「おかっぱ」と呼んでいたのですが、以降そのような事は口が裂けても絶対に言いません。ごめんなさい。

あ、あと、思ったんだけど、この人気持ちを確かめ合ってからというか、両想いになってからのグイグイ加減が凄かったです(笑)
あれ、もっと控えめな人ではなかったでしたっけ!?とビックリ。
最後のスチルとか狡いなぁ~この人狡いな~って感じでした。ごちそうさまでした┏○ペコ

◇四ノ宮那月/谷山紀章
utapri_180x180_natsuki.jpg

全員好きだけど、今那月株が急上昇中です!(●^o^●)
何と言っても、那月が「きえぇぇぇぇ~!」みたいに奇声を発している時とか、「ふしゅぅ~~~~」って言ってる時とか、面白すぎて色んな意味で最高だった。

言いたいけど言えない事が沢山ありすぎて、しかも話したい事も触れてはいけない気がして何を書けばよいのか分かりません(笑)

那月はAクラスメンバーの中でも、わりとホワンホワンしている感じかな。
春歌とイィ勝負だと思う。
だけどちゃんと男の子なので、意外と周りをちゃんと見てたりとかしますし頼りになるし、この子もアニメでの印象とはちょっと違った部分があったかな~。
思っていたよりも、落ち着いている雰囲気を持ち合わせいた感じがします。

でも変わらず小さくて可愛ものが大好きだったり、料理が壊滅的だったりする所は健在なんですけど…(笑)
この「小さくて可愛いもの」には翔や春歌も該当するので、とにかく接してくる距離感が近い!
いつも那月の行動に春歌はアワアワする事になるんですけど、そうゆう所も2人の恋愛には絡んでくるので!
那月が自分が春歌に寄せる"好き"がどうゆう意味で好きなのかに気付くまでが、なんか可愛いなぁ~って感じでした。

個人的にはあらゆる意味で、Aクラスのメンバーの中で一番切なさを感じさせてくるシナリオだったなと思いますし、那月が直面するとある事…。
それに彼が気付き、自分の弱さと向き合って乗り越えるって事は……、って事は……!ってなるので、良い事なんだけど良く無いみたいな(笑)
何言ってるんだこの人はって思うかもしれませんが、本当に↑こうゆう気持ちになるんですよ!w

とにかく那月が乗り越えるべき出来事を乗り越えるというのが、一番ここのシナリオでは大きな部分になってくるかな~と思います。

でも、私、思ったんですけど、那月って見た目とか性格あんな感じだけど、歌っている時だけ全っ然違いますよね。
中の人効果も盛大にあると思いますけど、それにしても全然雰囲気が変わる。
でもそれって、そうゆう事なんだな…と思うと、あれがあれだからあれなんですよね。←言いたいけど言えないのであれで済ませました(笑)

何だか色々と「そうゆう事か~!」と改めて思わされるシナリオだったなと思います。

どのキャラでも同じなんですけど、それぞれのソロ曲には、春歌に対しての気持ちだったり彼らの色々な気持ちが込められているんですよ。
でも那月の歌には春歌に恋するまでと、それに気付いた時、自分の状況というか…とある出来事の事とかが描かれているので、贔屓目もありますがちょっと感慨深いなと思いました。
だって那月が思う春歌の事だけじゃないよね、絶対あの歌詞は……とかとか…。
言いたいけど言えないので、是非うたプリRepeat LOVをプレイしてみると良いと思います!笑

とにかくまだ那月の眼鏡スイッチを押した事が無い人は、一度押してみると良いと思う!

EDでは「は~!良かったよ~~~~~( ;∀;)ブエーン」ってなる様な出来事も用意されていますし、個人的には3人プレイした段階では、ダントツで那月ルートが面白かった。
そして那月というキャラに対しての見方が変わったな~と思います。

皆好きだけど( ;∀;)

という事で、もはや感想になっているのかさえ怪しい所ですが…。
もう私は『面白い』『好き』『楽しい』意外の言葉が言えないので、あんまりというか全然参考にならないと思います!
でも本当に楽しいし、このタイミングでVitaでプレイして良かったな~って思いました(^o^)

早く映画に行きたい…。
でも仕事帰りに行こうかな~とか思ったら、近所の映画館で一番遅い上映は16時台だった…。
無理、絶対間に合わない(´;ω;`)
でも早く見たい!!!!と、最近ずっと1人でどうやっていつ行くか葛藤していますw

ちなみに、既に翔ちゃん・レン様のEDは取り終えていて、Sクラスは残すところトキヤのみとなりました!
あともう一人いるので実質2人攻略したら終わりかな?

それとトロフィーリスト見てみたら、何と……難易度hardで学力試験のSを取るというやつがあったので、それ取らないとダメなのかぁ~…とビクビク。
学力試験と言っても音楽やうたプリに関するクイズで、二択になっているのでどっちが正解が当てれば良いだけなんですけどね。
でも、私ピアノ習ってたけど高校生でやめてるので、もう色々覚えてないし学力試験とか勘で答えてるので絶対無理な気がする!けど頑張ります!

近いうちにコンプ出来るかな~?って感じですけど、最後までしっかり楽しんでプレイしてきます(≧▽≦)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー(●^o^●)




暑くなったり寒くなったり
もう嫌じゃ~!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

せーちゃん  

おお~~~!すごいハイペースだねぇ。w

うた☆プリ、アニメとゲームじゃ
全然違うよね。
ゲームの方が、ちゃんと一人一人クローズアップしてるからなぁ。

オトヤはちょっと苦手なんだよね。
空気読まない感が。
あとゲームのハルちゃんも苦手。イライラする。
アニメのハルちゃんは素直ないい子だけど。
ハルちゃんはゲームごとに性格がぶれるよ。w
多分、過去作の感想とか意見とか参考にして改良していったのかな???
でも、どのはるちゃんにもイライラするのは何故だろう。w

ダムダムは、そうそう、一作目だと結構普通だよね。www
段々とおかしくなっていってる気がする。www
中の人のせいな気もしなくもない。
7人目のルートですでに その才覚を表している。www

なっちゃんは、いいよね。
あれはああだからああなるわけだね。 言えないけど。うん。

  • 2019/06/18 (Tue) 08:59
  • REPLY
りな子

りな子  

せーちゃん

せーちゃんこんにちは~\( 'ω')/

むふふ。土日予定入れて無かったので、ここぞとばかりに進めました!
また止まっちゃっているけど、でも楽しいです(≧∇≦)

本当、アニメとゲームでちょっとした部分が違うのでビックリしました!
でも知りたかったキャラについてが知れるので、やっぱりその辺は楽しい。

せーちゃんは音也苦手なんですね~(笑)
まぁ結構突っ走る感じですしね(-_-;)
でもなんか年相応って感じがしますよw

ゲームのハルちゃん私結構好きです~(笑)
でも、レン様のルートではハルちゃんが壁にぶつかっていたので、乗り越えるまでの過程が大変そうだったし、ハルちゃん諦めるな頑張れ!って感じだったけどw
ゲームに出す時に、色々と意見があったんですかね?
性格が少しずつ違うって事は…。それか相手のキャラ達の変化により変化させたのか…。

とりあえずどのハルちゃんにもイライラするって事は、ハルちゃんが合わないんですね!ww

思ったよりも聖川様が普通でした。というかむっちゃ落ち着いた紳士だったw
あの面白い聖川様のイメージが強かったので、肩透かしを食らった感じでしたがそこも素敵でした!
7人目のルート…楽しみ…(笑)

なっちゃん良いですねー(*´ω`)
やっぱり、あれはあぁだからあれなんですね!!!
言えないけど、その辺とかも凄く良かった…。
なっちゃん株がここで、グイーンと急上昇しました\( 'ω')/

まだトキヤルートに手を出せていないんですけど、引き続き楽しみます♪
コメントありがとうございました~m(__)m

  • 2019/06/18 (Tue) 11:10
  • REPLY