Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

30

paradise極キャラ別感想その②(タカラ・シマダ・ナンジョウ+4)

こんにちは!

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さりありがとうございました~♪
本日も大変励みとさせて頂いておりますm(__)m

涼しくなったなぁ秋が来るのかなぁと思いきやまた暑いし…、龍角散ダイレクトとのど飴が手放せない私です(=_=)
昨日、この感想をアップするぞ~!と意気込み、(仕事終わらせてコソコソ)せっせと書いていたんですけども。
何と、午後にいきなり「これから会社に行くね」と電話が来て、結局夜まで会議してたので続きが書けなくなりアップ出来なかった(:_;)

途中までは良い感じに書いていて、筆?ものっていたのに…中断してから書けるタイミングなくて、結局やっと出来上がったのが今になりました(=_=)
仕事シテマス、ダイジョウブデス!

さてさて、今週末は待ちに待ったアストラルチェイン発売だよ!って事で、早い所paradise極の感想を終わらせないと…。
またどんどん忘れていってしまうと思ったので、覚えている今のうちに感想書き留めておきます。

シャニライが二周年おめでとー‼なので、新曲も追加されてそっちも忙しいんですけど、指がもつれそうになって動かない(笑)
爪が伸びててやりにくいので、今日ガッツリ短くして貰って来ます(●^o^●)
ゲームの為に短くするけどゲームの為にとは言いませんよ。

ちなみに、新しいカードの蘭丸が出なさ過ぎて泣いてたんですけど、今日何気なく回したら出ました!奇跡…。
11人いるから難しいとは思うけど、音也と真斗は2枚ずつ出たのに他は全然なので、恥ずかしがってるのかと思いました。
自分の持ってるカード見ても、聖川様率が凄く高いんですよね。
一番最初、うたプリのキャラの事全く分かってない時に、シャニライやり始めて最初に貰えるカードを聖川様にしたんだけど、だからかな?
とにかく聖川様のカード、イベントだろうがなんだろうが、凄い出る。
有難い…有難いけど、蘭丸が欲しいんじゃー( ;∀;)

とりあえずまた石をちまちま溜めて、次の機会に蘭丸狙いでガチャ回そうと思います。

では、前回の時に喋れなかった残りのキャラ別感想へといきます!
BLゲーでも大丈夫よという方はお付き合いお願い致しますm(__)m

◇タカラ/湯町駆
icon4.png

見た目はこんなに可愛い系で、体格とかも大きい人ではないんですけど…体の一部が化け物級なんだそうです…(゜-゜)
どこかは言わないけど、まぁあれです。

タカラの場合は他キャラとは違う意味で、最初からアヅマ大好きですし、出会いから割と距離感が近いかな~と思います。
年が近いとか絡みやすいとか、そうゆうのもあると思うんだけど、元々とある理由からアヅマの事を知っているし、特別な目線で見ているからというのも1つの理由なのかもですね。

そんでもって、無印には全く無かった描写が、今回の極でタカラに関しては多く描かれています。
こうゆう時のこうゆうシーン…とか色々言いたいけど、その辺は言わないようにしますが‼
旅行前、タカラがものすんごい重そうに荷物を運んでいるので、アヅマが手伝ってあげるシーンがあったんですよね~。
それが今回も描かれているんだけど、アヅマが荷物をぶちまけちゃって、そこでとある物が目に入るのと、ぶちまけた荷物からあるものが転がっていってしまう…。

目に入ったあるものに関しては、「なんでこんな物持ってきてるんだろう…」ってアヅマも思ってるんだけど、まぁ無人島だしな!って感じでその時は深く気にしないんですよ。
そして転がっていってしまったのは、タカラのお弁当なんだけど、コロコロと転がっていってしまい海に?流されてしまいます…。
このお弁当に関しては無人島でのツアー中に、違う形で弊害が生まれてくるって感じです(笑)

細かい部分ではあるんですけど、あの時(無印の時)そういった点は描かれておらず、「ん?」とか「あれ?」と思ったり引っかかりを覚えたりもしなかったので、疑心暗鬼になって事が大きくなっていってたと思うんですけど…。
今回は、小さな部分ではあるけど引っかかる出来事が散りばめられているので、そうゆうのがある事によって団結していくって所があるので、そうゆう小さな引っかかりになる部分が沢山描かれていました。

無印をプレイしているから、アヅマの感じている引っかかりにも「もっとそこ気にしろよ~!」とか「それは○○に使うんだよ~!」とか、心の中で色々思いながらプレイしてしまったんですけど(笑)
今回のタカラの動きや言動、色々な部分が最初の時とは違う視点で見れるので、なかなか楽しかったです。

タカラとアヅマの恋愛模様…は…、恋愛模様ってゆうかタカラって凄くチグハグな気持ちを抱くので、彼自身が自分の気持ちに戸惑ってしまう苦悩?みたいな部分の方が大きいかなと思います。
元々アヅマの事は好きなんですけど、これが普通の"好き"とは違くて、恋愛感情ではない所から始まっているんだけども。
アヅマと一緒に居る事で、それが変化していくという感じですかね。

だけど、タカラの考え方とアヅマの考え方って相容れない部分があって、これがBADの分岐にもなってるんですけど、ネタバレになるのでうまく伝えられるか分からないのですが…。
タカラやタカラ一族は、とある理由から普通の人達よりも退屈な時を過ごしているんですよ。
なので、タカラ自身も無人島ツアーで仲良くなった人達の事を、アヅマが皆に抱くみたいな"仲間"とかそうゆう風には見られない部分があるんです。
自分にとっては皆、世の中全ての人が〇〇な存在でしかない、というのが彼の中にはあって、それがある事で仲間だとかそうゆう風には見れない…。

うん、何言ってるか分からないと思うんですけど、このままいきます(笑)

そうゆう思いというか、自分の中で「こう」というのがあるんだけど、無人島から脱出してアヅマと距離を縮めていく事で、アヅマと一緒にいるのは楽しいと思うようになるんです。
まず一つ、これがタカラの中で今まで感じた事の無い感情なんですよね。
そこから少しずつ、アヅマだけでなくマツダやミツギ達の事も、タカラがずっと思っていた存在としてだけでなく、違う風に認識していくようになる。
でも、長い間自分にとって他の人達がどうゆう存在であったか、一族以外の人は皆同じようにしか見て無かったので、その気持ちに凄く戸惑ってしまう…みたいな。

それに加えて、アヅマに対して抱く気持ちが何なのかという所も出てくるんですけど、これが凄く子供っぽいってゆうか、素直な気持ちなんだろうし理解出来てないから、子供っぽく見えるのもチグハグで可愛いなと思いました。

今まではアヅマの事を"こうしたい"という、1つの理由からアヅマに対して執着していたんですけど…。
もし、その望みが叶えられてしまったら、今みたいにアヅマと一緒にはいられないんだよな…と思ったりして、それが好きという感情なのかどうなのかも分からない感じ…?

タカラがアヅマに対して抱いていた1つの感情が軸としてある事で、単純に好きには繋がらない理由があるんですけど…。
それがある事で余計に、普通なら[いいな・可愛いな→好き]ってなる所が、そうゆう恋愛の好きにスムーズにいかない部分があるかな~と思いますし、その辺のタカラの苦悩がよく描かれている気がします。
こうゆうのがある事で、アヅマに対しての感情の変化が良く分かるなと思うし。

そして反対に、アヅマの方もタカラに対して気持ちを近づけていくんだけど、こっちはこっちで逆に…、タカラの考えが自分だったらどうなんだろうって考えるようになるんです。
これがまた、感情的な部分でもあるし、タカラが好きとかどうこうだけでは対処出来ない内容でもあるのだけど。

もし自分がタカラ達の立場だったら、同じように思うんだろうか?って考えてみたり、タカラの事をもっとよく知ろう、もっと見ようと思って向き合おうとしていくんですよ。
タカラの方も、アヅマに見て欲しい知って欲しいと思って、ある場面を見せたりするんだけど…。
これがアヅマ的に受け入れられるか、受け入れられないかでED分岐にもなっていました。

何と言いますか…、実際こんな場面絶対見たくない‼(笑)
見たいと思う場面ではないんだけど、タカラにとっては割と大事な部分でもあると思うし、自分がどうゆう風なのかをちゃんと見て欲しいという気持ちもあったんだろうなと思うんですよね。
その後のアヅマも、かなりきつかったとは思うけど、やっぱりタカラの事を大事に思っているからこそ、受け入れる…という言葉が合っているかは分からないけど、それも含めてのタカラという存在と向き合っているので。
お互いの事をちゃんと知って、見て、向き合って初めて、その気持ちに気付いたって感じがした。

無印の時よりも、精神的に深い繋がりになってたように感じました。

物語の方の終息という面でも、他ルートでもちゃんと終わりを迎えているし、解決しているんですけど、タカラやナンジョウルートが一番しっかり終わっている感がありますね。
タカラの一族が関係しているってのも1つだと思うんですけど、タカラ自身がどうしていきたいかって部分も絡んでくるので、「本当に終わったんだな」という気持ちに一番なったルートだった。

シナリオ部分が面白くて、タカラに関してはBL的な部分よりもそっちの印象の方がかなり強く残ってしまった気がします(笑)
兄であるナンジョウが絡んでくるシーンなんかもあるんだけど、paradiseで涙ぐんだのはこのシーンが唯一でしたよ!
なんか、めっちゃグッとくるシーンだった。

個人的には無印のタカラルートよりも、極のタカラルートの方が好きかな!


◇シマダ/機知通
icon5.png

シマダさんは…えーっと、この人も変わってるというかちょっと独特な性癖をお持ちの方です。
ちょっと考え方がマツダっぽい感じの所があって、「普通って何」という考え方というか、人にはそれぞれの趣向や好みがあるし、それの何がいけないの?みたいな。
そんな考え方をする人なんだけど、だからこそ、他キャラとは違う意味でアヅマを受け入れてくれる人かな。

ホンゴウさんと同じで、無印の時には別でシマダEDがあったという立ち位置の人なんですが、ルート的にはわりとメインキャラに比べるとあっさりめ。
なんだけど、ホンゴウさんよりもグイグイ来るので、ちょっとまた違った感じではありました。
でも、将来的に恋人になるのかなぁ~?みたいな終わり方ですね。

基本的にはあまり深入りはしないけど、冷静に周りを見ているタイプ…って感じの人なんですけど、マツダやミツギとかまた違うタイプなんですよね~。
どういえば良いのか分からないんだけど、輪の中にはいないで外から静観しているタイプってゆうか…。
あと情とかなさそう(笑)
自分が得たい情報の為に、自分のアシスタントを売るような?奴ですww

本当、どうやって言えばこのシマダという人物へ抱く、この気持ちが伝わるのか分からないんだけど、ちょっと怖いタイプの人なんですよね。
常にあのバナーみたいな表情で何考えてるか分からないし、感情とかなさそうってゆうか…。

無人島に居る時とかは、結構冷静に周りを見ている感じだな~って思うんだけど、蓋を開けてみたらどうでもいぃというのとはちょっと違うんだけど、どこか必死さがない感じがするというか。
こうゆう人が1人いる事で助かる部分もあると思うんですけど、そこが逆に場面によっては怖い存在になりそうだなと思いました。

シマダさんとのアレコレが動き出すのは島を出てからなんですけど、ちょいちょいこの合間にシマダさんがどんな人か?ってのが見え隠れする場面なんかもあります。
タカラに対して自分達の不信感をバッサリいう役を買って出たり、自分がどんな立ち位置かを分かってて立ち回るような部分もあるんだけど、何といっても…怪しげなプロデューサー?みたいな…!
何かヤバそうな奴のヤバそうなというか、確実にヤバいパーティーに、その人が気に入っていた自分のアシスタントを行かせるから、自分のお願いを聞いてもらうというシーンがあってですね…。

そこには何の感情も無いって感じなんですよね。
アヅマがそこに対してすごくモヤモヤして違和感を覚えるんだけど、でも、そのシマダさんの叶えたいお願いは、自分たちの命もかかっているから凄く大切な事でもある…。
けど、ヤバいパーティーにアシスタントを行かせるのもモヤモヤ…みたいな。
そこからシマダさんの性癖だとか、そのパーティーでは色んな趣向の人がいるとかの話しにもなるんだけども…。

うーん、シマダさんの性癖もだいぶやべーなと思った記憶があるけど、これを理解するのは私には難しそうだなと思いました(笑)

とりあえずシマダさんルートでは、このヤバいパーティーのプロデューサーはだいぶ軸になるキャラでもあります(笑)
BADにも関わってくる人でもあるし、この人の存在があった事でシマダさんも、アヅマに対してちょっと守ってくれるみたいな?そんな部分が出てくるし…。

でも一番は、アヅマが過去にあった出来事の関係で錯乱しちゃうんだけど、その時のアヅマを見てシマダさんが一気に興味を持つ!
無印の時にはちょっと違う感じだったので、極でシマダさんがアヅマに興味を持つ切っ掛けみたいなのが明確にあったので、気持ちの動きみたいなのもあって面白かった。
それに、どうして錯乱した時のアヅマに興味を持ったのかって部分も、逆視点でも分かるんですけど、シマダさんの性癖的にこの部分が納得というか、過去に色々あったこのアヅマだから興味を持ったんだって感じがするんですよね。

そこからはとにかく、シマダさんの……アタック?が凄くて面白かったです(笑)
猛烈にアピールしてくるので、今までとのギャップがありすぎて、この人ってこうゆう人だったんだ!みたいな。
いざ、アヅマに迫る時も「熱出た時に座薬入れるようなもんだよぉ~」とか言うのもだし、もうなんか色々この人が面白すぎて楽しかったです(笑)

タカラの時みたいな感情面での複雑さみたいなのは、あるにはあるけど、シマダさんの場合はまたちょっと違うので…。
シマダさんがもっとフランクな感じというのもあるし、軽くはないけど軽く感じられるかなと思います。

◇ナンジョウ/冬ノ熊肉

残念ながらナンジョウのバナーを見つけられなかったんですけど、このキャラクターは無印のFD第一弾に当たる結から出てきているキャラクターです。
タカラの兄であもある人なんですけど、インテリ眼鏡って感じだけど、パッと見性格悪そうだな…嫌な奴そうだな…という印象を受けます。

今回のナンジョウルートは、4ぴールートからの派生になるので、サブ的なルートっぽい感じでもあるけど…。
一応ナンジョウの心情や、アヅマのナンジョウに対しての気持ちの変化なんかもちゃんと見られるルートになっているかな。

そもそも、4ぴールートになるのにも、ナンジョウの指示があったからなので(笑)
ナンジョウという人が居なければそのルートにも入らないし、4ぴーをする事もなかっただろうと思います。
どっちの事もまとめてナンジョウルートの感想で喋っちゃおうと思いますが、とりあえずまずはナンジョウの事から。

全ての事にナンジョウという人も関係してきているし、無人島から脱出する時にも邪魔してくる人物でもあるんだけど…。
ちょいちょい物語の動きの中で、「どうしてナンジョウはそうしたのか?」という違和感が付き纏ってくる行動をするんですよね。
多分一番の大ボスはタカラ父だと思うし、この人はどうやっても分かり合えないし、何も理解して貰えない気がする。
人の持つ「情」という感情?が、シマダさんよりも皆無な人だと思います。

でも、それに比べるとナンジョウはもっとこっち側な感じというか、ちょっとした時にイラつきとかで感情を露わにしてくるタイプの人かな。
その辺はナンジョウルートを進めてこの人がどうゆう人なのかが見えてくると、色々と納得出来る部分があるんですけど、ナンジョウはタカラやタカラ父たちの一族とは決定的に違う部分というのがあるので…。
彼のしてきた行動や何がしたかったのかが分かると、そうゆう事だったのか!と思えるようになりました。

この言い方で合ってるか分からないけど、可哀想な人というか、子供は生まれる家を選べないからね…みたいな気持ちに少しなります。
ナンジョウがタカラ家に生まれなかったらアヅマに出会う事もなかったけど、もし違う家に生まれてたら違う形で幸せになれてたのかな…とか、意味の無い事を考えてしまう(笑)

そしてタカラとはまた違った意味で、ナンジョウとアヅマは精神的に深く繋がれる2人だと思いました。
うーん、何か似てるんですよねこの2人。
ルート中でもアヅマがちょいちょい"自分と同じだ"みたいな表現をしてみたりするし、アヅマに気持ちを寄せてくる前のナンジョウは、アヅマに対してある事をしていた人に似ていると思っているんだけど…。
この辺の事をといういか、ナンジョウという人を見ていると、アヅマの過去に色々あった時のあの人達の事もナンジョウを通して見ている気になるというか何と言うか…。

う~……どうやって言えば良いのか難しい。

アヅマにとってナンジョウに心を寄せるって事は、凄く大きなことの様に思えるんですよね。
これはアヅマの過去の出来事が重なる部分があったり、そこが深く関わっているからなんだけど、彼に対して救いの手を伸ばすというか、そういった事をするのは過去に自分の望んでいた事だったんだと感じたりもしますし。
似ているからこそ惹かれる部分もあるし、自分と重ねながらもナンジョウという人に寄り添おうとするアヅマと、そこに安らぎを求めるというか、多分今まで感じた事の無い場所をくれたのがナンジョウにとってのアヅマなのかなと思えたり。

あれ、何か何が言いたいか分からなくなって来たぞ(笑)

今までで一番苦戦して感想を書いている気がするんですけど、自分の敵として認識していた相手が、実は敵じゃなくて過去の自分と同じようにもがいている人だった…みたいな!
そんなのが分かっていくまでと、お互いが何故か相手に惹かれるというか気になってしまう部分が描かれている感じです!(笑)

いきなりすごい投げやりになったな~と思うかも知れませんが、私の技量ではやっぱり面白さを伝えられる自信が全くない(笑)
小難しく考え過ぎているのか、この2人の微妙な関係をうまく伝えられないよ~( ;∀;)

最初はとにかく【ただの嫌な奴】なので、何だコイツ…キー‼って感じなんですけど、アヅマに愛犬の首輪をつけた事で、可愛く思えちゃったのか何なのか…。
ちょいちょい情けをかけるというか、アヅマの事を気遣う?というかそんな感じの事をしてくるし、調子に乗ると落とされるけど(笑)
垣間見える"実は可愛いんじゃ…"みたいな部分が、ちょっと面白く思えてくるキャラクターですかね。

ナンジョウとの結末は、ホンゴウさんやシマダさんみたいな、これから何かあるかも!?的な終わり方ではあるんですけど、決定的にナンジョウという人物が変わっているので‼
EDを迎える時のナンジョウなんか、可愛い以外の何ものでもないと思います。
それ、もう少ししたら絶対堕ちるよね、アヅマに‼ぐふふふってなる終わり方だった。
そして出来るならこの先がどうしても見たい\( 'ω')/と思ったので、ドラマCDをいそいそと予約してしまうくらいには、とても楽しかったです。

シナリオの事件的な部分の面でも、ナンジョウが望んでいた結果が迎えられたと思いますし、タカラルート程壮絶では…ないかなと思いますけど、それでもやっぱり1つの出来事がやっと終わりを迎えられそう…って感じになっています。
タカラのシナリオ展開とはまた違う進み方ではありますけど、何を望んでそれをどうやって手に入れるかって部分のちょっとした違いだけで、向かう先は同じなんですけどね。
タカラルートではタカラの、ナンジョウルートではナンジョウの信念みたいなものが感じられて、どっちも面白かったなと思います。

そんでもって最後に4ぴールートの事ですが、その最中とかってある意味"生きる為にはやるしかない"って感じなので(笑)
別にそれが楽しいからやってる訳でも、やり始めた訳でもない。
だが、まず3ぴーしないといけなくなった時に、必然的にアヅマが入れられる側になってるのが笑えました(笑)

というよりも、この辺の話しをサッサカ進めていくのは1人しかいません!
そう、マツダです(笑)
「自分は女性とのあっちの経験者なので、よって傷つけずに出来ると思う」と、あたかも凄く正しい事を言っているかのように言ってくるし…。
しまいには、傷つけずに出来ると思うの後に、「どうだ」って聞いてくるんですよ(笑)

最終的に「自分は入れられる趣味は一ミリもねぇ。けどアヅマには入れてみてぇ気持ちがある」とかなんとか言って、ミツギは怪我人で動けないのでアヅマとマツダの会議で、結果アヅマが受ける側になってました。
しかも、これ、やらされてる感じで始まるんだけど、場を盛り上げようとしてるのか何なのか、マツダがやる気満々でアレしろコレしろって指示するのも笑えるし、「盛り上げていこうぜ‼」みたいな事を言ってて、いちいち面白かったです…(笑)

なんか…自分達の身を守るためにやってるんだけど、この後の展開がどうだとか何とかよりも、EDを迎えた時に全員が味を占めてるのが笑えました(笑)
4ぴーはしたくないけど、アヅマとは全員したいと思ってる感じ?
それを全く隠さないのがマツダなんですけど、解決して脱出した後に、「どうだった」みたいな事を皆に聞いてたりするし、マツダって…マツダって…wwwって思いつつも、そうゆう所が最高だなこの人と改めて思った。

ちなみにミツギは思ってても言葉では言わないけど反応で丸わかりな人で、タカラは「アヅマは俺だけのアヅマだよ!」と言う子です。

皆それぞれ濃いけど、なんか一番大団円っぽい感じで、微笑ましい終わり方でした!

終わった……。
凄く面白かったけど、面白かった感想書くのも難しいデスネ(笑)
シリアスなシーン?なはずなのに、皆の言葉のチョイスでちょっと笑っちゃったりする部分もあるし、大人なシーンなはずなのに笑ってしまったり…。
なんかとにかく面白かった、凄く楽しかったです\( 'ω')/

これで終わってしまうのか~と思うと寂しい気持ちもありますけど…。
解決して終わりを迎えられて、良かったなとホッとする部分もあります(笑)

実はまだ特典開けれてないし、CDも聞けてないので…私のお楽しみはまだまだあるんですけどね!
せっかく2つも特典ゲットしたので、隅々まで楽しもうと思います~。

ではでは、何だか何が言いたいのか分からない感想になってしまった気がしますけど、これにてparadise極の感想は終わります‼
ここまでお付き合い頂きまして、ありがとうございました~m(__)m



明日は港北まで、遠征映画してきます!
端っこでひっそり応援しながら
また泣いて来ようと思います。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

3Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/08/30 (Fri) 16:36
  • REPLY

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/08/30 (Fri) 16:43
  • REPLY
りな子

りな子  

ikeさん

> 本当に投稿できちゃったよ(笑)。えー、不正って何が不正なのー(笑)。私の心の問題だろうか(爆)。ちょっと変えてみたけど、またはねられたので、えー、もう何なのって感じです。さすがにこんなこと初めてです。どの辺が不正なんだろう?不穏とか、隠微とかそういう言葉が使われてるからなのでしょうか。うーん、どこをいじって良いやら。
>
ikeさんこんにちは!
お返事が遅くなりまして、すみません┏○ペコ

FC2の投稿でき無いやつ…私もよく引っかかってたので謎なんですよね~。
何がいけないのか、全く分からないです(笑)
でもどこかのワードが引っかかってると思うんだけど…4ぴーは前回のコメントにも入ってたので問題ないと思うんだけどな‥。

改めまして、頂いたメッセージの方の返答をここでします!
まずシャニライのカード、どうしても「欲しい!」と思ったものって出ないんですよね…。
運が無いと思うとムカッとするけど、カードのキャラが恥ずかしがってるのかなムフフと思うとイラっとしないなと思ってw
恥ずかしがらないで出でおいで~みたいな(笑)

爪長いと凄くやりにくいですね‥。
何かタップしにくい感じがするので、PC打つ時もだけど短い方がやりやすいです!
バッチリ短くして貰って来たので、とってもやりやすくなりました\( 'ω')/

paradiseですが、タカラはね~何か見た目通り中身も可愛い部分あるんですよ。
普通の人とは違う環境で過ごしてきてるので、ズレてる部分ももちろんあるし、たまに子供みたいな部分を出してくるんですけど…。
その部分と例の部分のギャップがうまく描かれたキャラだなーと思います。
荷物にあるものとか、転がったお弁当とかは詳しく言えないけど…あれに使うものとアレですwww

シマダさんはパッと見というか、普段接していると優しいし、一番害がなさそうなんだけどそんな事ないというか…。
うまく言えないんだけど、あの説明の通りの人です(笑)
あんまり関わりたくないタイプの人ですねw
性癖については多分、共感できる人の方が少なそうだけど、こうゆう人いるんだろうなって感じです!
またこれも知りたければこっそり言いますw

ナンジョウは、タカラとは違うタイプである意味ホウライ一族(タカラの一族)とは、決定的に違う部分があるんですよ。
そういった部分でも、アヅマと似たような境遇というか、そうゆう部分があるんですよね。
なので、お互いに似ている部分がどこかにあって、惹かれていく感じかな~。
アヅマの方が、ナンジョウに対して「同じだ」って思う事の方が多いんだけど…。

ナンジョウが4ぴーの分岐なんですよw
なので、あれも快楽とかそうしたくてとか、流れで…とかではなく、それぞれが生きる為にした選択ではありますw
でもikeさんが思ってた、やらないとホニャホニャとはまた違うので、そこまで暗い感じでは無いです(笑)
一応4ぴーでのベストエンド?みたいなのもありましたw
マツダは本当、いちいち面白い所があって良いんですよ~(*ノωノ)

何度も書き直して仕上げたので、楽しんでもらえたのなら良かった。
頑張って書いて良かったです(^○^)
コメントありがとうございました♪

  • 2019/09/02 (Mon) 13:23
  • REPLY