Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

28

仲間って素晴らしい![ROOT∞REXX]

こんにちはヽ(*´∀`)ノ

いつもいつも同じ言葉から始めておりますが、昨日の独り言へと足を運んで頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをして頂きましてありがとうございました(*´∀`*)
今日もそれを励みに…も・萌えを叫びに来ました~!!|д・)

どうでもいい話題から入りますが、私一人だとご飯とか結構どうでもいいんですよ。
休みの日とかゲームしたい時とかやりたい事があるときなんかは特に。休日はコーヒーとチョコレートだけで一日過ごしたりとかしますし、仕事から帰ってきても昨日みたいな進めたいいゲームがあるときなんか特にそうなんですけど、お腹に入ればいいと思っているのです(笑)

あれ食べたいこれ食べたいとか特になくてですね…
なので昨日はシュンの続きをやり、早々にに進むためにとりあえず胃に入れば何でもいいやー!!って事でご飯と納豆でいいや!!と…またこれ偏った食事を用意しました。
(納豆嫌いな方がいたらすみませんw┏○ペコ)

んで納豆のご飯と里芋の煮たやつをつつきながらシュンの続きをスタート!!

最後の方のシュンの√は今までプレイした2人とは違った流れで進んでいったので面白かったです♪
クライマックスが過ぎて後は終わりか…?と思ったときにまた新たな障害とか出てくるし、先にプレイした二人とは全く違った感じになっていったので『え?えーーーーー!?』ってなりました…。

最後の最後まで安心して進められるということはなく…ハラハラしながら進めることとなったシュン√でした(笑)

しかもここではMADLipsの、というか黒瀬さんとシュンとの仲が深いものだからなのかシュンが自分自身のぶち当たっていた壁を乗り越える時も、乗り越えたあとも黒瀬さんとの絡みが多くてとっても楽しかったです( *´艸`)
黒瀬さん素敵~REXXとは違った大人な感じというかなんというか(´∀`*)

黒瀬さんはシュンが気にするようにわざと主人公と仲良くしてみたりするんですけど、もっともっとー!!となってしまったね。
黒瀬さんと…もっと色々とあれやこれやとしたかったけど…我慢我慢。

でもまぁその甲斐あってかシュンが色々と悩みながらも主人公とめでたしめでたしなんですけど、ここからですよ。
私は納豆ご飯を食べながら( ´艸`)ムフ(*´ー`*)へへへと一人楽しむことができましたのは。

部屋で独り言ムフムフ言いながら進めておりました!笑

主人公がベリーベリー鈍感なのでストレートに物を言わないとダメなんですけど、その時の言葉とか言い方とか…枯れ果てたおばはんにはおかずとなるわけですよ(笑)
このウハウハをおかずにご飯を食べたと言っても過言ではない!!

それほどまでに楽しい√でした!!!
あんまり言うといつかREXXプレイした時に楽しめなくなるのでこの辺にしておきます…。

んでここまできてやっとわかったんだけど玲・瞬・のこの3人は、主人公との意外な繋がりが同じなんですねー!!
そして皆主人公に…うむ、黙っておきましょう。

最後までシュンとのウハウハを堪能して、そのままこの3人衆の最後を飾るに突入いたしました~(*´∀`*)

rexx_mikado

もはや共通√がサクサク飛ばせるお陰で個別まで行くのが早い早い(笑)
洗い物をしながらちょちょいと洗濯しながら共通√を終わらせて個別√へいざ!!

は最初わりとそっけないです…というかメンバーで唯一?いや、シュンもわりとそれに近かったけどは特に最初は警戒しているというか心を開いてくれていません。
しかしこちらが頑張って帝に近づいていくと優しさが垣間見られるようになり、笑顔を見せてくれたりとか面倒見の良い所を主人公にも発揮してくれたりとか…帝のいろいろな部分が見えてきます。

初めは優しいお兄ちゃんみたいな感じですね~。
メンバーのまとめ役であるリーダーということもあって頼りになる優しいお兄ちゃん的な!

そんな中距離がちょっと近づいててきたかな~?って時にドキっとスチルが登場します。
別に特別騒ぐようなスチルじゃないんですよ?じゃないんですけど、何か(*ノェノ)キャーってなっちゃっただけです(笑)
いつもよりも至近距離の帝がかっこよかっただけです。←

そして…帝の場合は他のメンバーとは違った問題が出てくるんですけど、彼の場合家庭の事情というやつが絡んでくるのでまたこれ厄介な問題ですよね。
可愛い弟や妹のため音楽で食っていくなんて出来ない…。というなんとも現実的な母である、帝。

しかしそれでもドラムを、REXXでみんなと一緒に音楽をやることを諦められない…けど妹や弟のためにそんな事を言っていられないというモヤモヤが。
帝は妹や弟だけのためではなく親の事とかもあるのでシリアスまではいかないけど、今までの√とは違った問題でしたし彼や周りのメンバーも色々と思うところはあるのかな~って感じでの内容でした。

でも、皆同じように仲間っていいなって思う内容になってはいるんだけど、帝√はよりそれを強く感じる√になっていましたね。
皆帝がいないREXXではやりたくないとか、ドラムの代役は立てないと言って帝以外のドラムはREXXじゃないからと…。

もうね、このメンバーたちの言葉だけでも感動的なのに、帝の弟や妹までもが『お兄ちゃんが大好きなドラムをやめちゃうのは絶対嫌!!』と言ってくるわけですよ。
素敵な仲間と優しい兄弟たちに囲まれた帝は幸せもんやねぇ~(´ー`*)
そして帝がREXXに戻ることを決めて行ったライブではなんとも感動的なライブだったようですよ~ヽ(*´∀`)ノ
帝が泣いてるところ見たかったなw

あ、ちなみにこの√帝の妹が大活躍するんですけど『お姉ちゃんとお兄ちゃんはいつから付き合ってるの?』って(笑)
これまたべたな展開なんだがこの時のアワアワしている帝には注目でして、『いつから付き合ってるの?』→帝狼狽える→りな子の顔が緩む、これは鉄板ですね(`・∀・´)

しかも帝√は展開が早いんですよ!
帝はストレートに想いを伝えてくるし、言葉にもしてくるので他の誰よりも展開が早かったです…。結構早い段階で告白してきますしね。

だからこそスチル的にもちょっと楽しい展開のスチルが早い時から多いので楽しかったです(°∀°)グフフ

しかしそのまま終わるわけがありません…ちゃんと問題が出てきてよりウハウハできたんだけど、ここではMADLipsの平助じゃなかった…和泉さんが絡んできますヽ(*´∀`)ノ

和泉さんはチャラチャラチャラ男で普段からわりと望月ちゃ~んと絡んでくるんだけども、帝√ではそれが結構頻繁なんですよ。
んで、帝のために行動を起こした主人公を朝霧さんが上手く使い、更にはそこで和泉さんに無理矢理お茶に付き合わされた時には『俺望月ちゃん本気で好きになっちゃった』って言われました(゚д゚)エヘ…エヘヘ

私も和泉さんが…ぐぬ…。←

そしてここで和泉さんといるところを帝に発見されます…というか鉢合わせますΣ(゚д゚lll)
ある意味、お・お・乙女展開…?
でもちゃんとこの場で解決するのがこのタイトルのお決まりなので、そのまま引きずったりせずにモヤモヤ進むことはありません。

この先の展開を言ったらネタバレ(?)になりそうだから控えますが、とりあえず和泉さんは帝にドラムやめて欲しくないんですよね、でも望月ちゃんの事もMADLipsのマネに欲しい気もしていたり…対バンで勝ったら望月ちゃんを貰う!!ってな感じで対バンライブへの意気込みが強いものへとなります。
そこでどうなることやら…|緊張|ョ゚Д゚;))))ドキドキ

ちなみにこの和泉さんの最後の反応というか、わりとアッサリだったのでもうちょっと色々欲しかったなぁとも思ったり…。

んでどこの√でも最後の山場はこの対バンなので各々自分と向き合って答えを出してからこの対バンに挑むんだけど、√攻略しているキャラが最後に歌うl曲が流れるんだけど…帝が喋っている声と歌っている声があまりにも違いすぎてフリーズしちゃいました…。
帝こんな高い声出るんですね…と(笑)
言いたいことは喋っている時と曲を聴き比べててもらえれば分かると思うんですけど、差が激しいんですよ(笑)

私この声のお方の歌を歌っているのを初めて聞いたもんだから驚きだったんですよね。

なんだかんだと帝までやっとこさこぎつけることができました!!そして帝√面白かった~ヽ(*´∀`)ノ
わりとちょいキュン出来るスチルもあって良かったです(*゚ェ゚*)

とりあえずMADLipsの√のタイトル作ってもらってもいいですか?←

REXXメンバーももちろん面白いけど、うまこと出来てるんですよね~。
MADLipsなんてサブキャラの集まりのはずなのに…全員気になるように作られているのからお上手ですわ。

お次は、なんと!!
お待ちかね第一弾の柿原さ…じゃなかったアキですー!ヽ(≧∀≦)ノ
休憩中にアキの個別が出来るようにと朝一で共通の早送りしながら用意していたんだけど、まだ個別までは行けてないので休憩中に続きからプレイします。

共通の合間にある攻略対象との一幕だけでももはや(萌´д`)モエェーとなっておりますので先が思いやられますが、とりあえずすんごく楽しめることは確実なのでアキで萌え死に、仁サンで更に死亡してこようと思います!

それでは本日も最後までりな子の萌え独り言にお付き合い頂きましてありがとうございました( ^_^)ノシ



アキに突入してから朝からキャッキャウフフ
しているりな子に応援ポチお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments