Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

17

スチームプリズン-七つの美徳-全体感想

こんにちは~\( 'ω')/

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました~♪
毎日、大変励みとさせて頂いておりますですm(__)m

12月に入ってから忙しいようなそうでもないような…、その日によって忙しくなったり時間が空いたりと差が激しくちょっと疲れます(笑)
この時期になると集荷をお願いしたくとも、当日に来てもらう事が出来ないので…その辺もちょっとバタバタする原因なのかも(;´∀`)

本当はもっとサクッと感想書いて、華アワセガンガン進めて~とか予定してたんですけども…。

実は私、人付き合いは悪い方ではないと思うが、今の会社では極力全ての集まりを断ってこの数年間生きてきた(笑)
相方が同じ会社にいた時はしゃちょーと飲みに行ったり遊びに行ったりしてたし、今も個人的に仲は良いのでしゃちょーには付き合います。

が、その他は別に…なので基本行かないというよりは、「来なくても良いよ」と言われるから行かなくて良いと思って生きてきました。
だが今日は珍しく「どうしても来てほしい」と言われたので行かなければならず、朝からむちゃくちゃ気が重いです(笑)

普段自由にさせて貰ってる分、これくらい頑張れやって思うんだけど。気が重いものは重い…。
しかもこんな週始まったばっかりの時とか行きたくない!!でも頑張る(=_=)

どうでもいい私の決意表明をしてしまいましたが…

さて、この土日で華アワセを終わらせる予定だったのですけど、セーブデータの移行がうまくいかなかった関係でスチプリをはじめまして、終わりました(笑)
なので、全体感想とキャラ別を2回に分けて喋ろうと思うんですけど…。

何せ面白くて止められず、途中でキャラが終わるごとに感想書こうかな…とも思ったんですけど、続きが気になるという欲に負けて突き進んでしまったのだ。
いつも感想はホットなうちに書かないとダメだと言いながらも、結局後回しにしてしまった( ;∀;)
所々思い出しながらという感じになると思いますが、お付き合い頂けたらと思います!






◇スチームプリズン全体感想
steamprisontop.jpg

めっちゃ面白かったです!
これは本当に面白かった、楽しかったという言葉しか出てこない感想になりそうだなと思いますが、本当にどのルートも楽しめました。

最初に物語に触れておきますが、主人公は上の画像にもある通りピンクの髪色の女の子。
18歳という若さですがとてもしっかりしているし、下級警察官で正義感に溢れ、とても真っ直ぐな性格の子です。(警察官は下級から上級?まであるらしいです)

凄い武士みたいな子っていうか…、この真っ直ぐさとか純粋さが恋愛をした時の彼女の良さを発揮していると思います(笑)
すごく好ましくて可愛い子だったし、強くてカッコイイんですよ~(*ノωノ)
この例えもどうかなと思うけど、薄桜鬼の一くんの女版みたいな子だと思いましたw

最初に軽く説明しておくと、舞台となるのは2つ(厳密には3つだと思っている)の世界が存在する場所。
上界と呼ばれる天空に浮かんでいる世界と、下界と呼ばれる地上の世界。
3つだと思っていると言ったのは、下界もそこから大きく2つに分かれているからです。

統治の仕方なんかも異なる上界と下界なのですけど、下界には保護地区と呼ばれる上界で罪を犯した者たちが住まわされる場所と、その外側があります。

街の作りや暮らし方なんかもそれぞれには違いがありますし、文明にも違いがあります。
最も大きな違いは上界と外側の文明かな。

上界に住んでいる者達からすれば、下界は恐ろしく行きたくない場所住みたくない場所とされている。
下界の人々は過去の出来事がきかっけになっているんだけど、上界の人々を憎んでいたり良く思っていない人が多い。

上界・下界の人々がお互いにそれぞれの理由があり、よく思っていないという状態になっています。

公式を見てきたのですけど、全然物語の序盤にも触れてないのでどこまで書いて良いのか分からないんですけど…。

主人公のキルスは上界で生まれ育ち、そこまで上層の貴族ではないものの貴族の出なので、何不自由なく生きてきた女の子です。
父親が政治家なんですけど、性格的なものもあり政治家には向かないと思い、幼少の時に憧れた警察官になるんですよね~。

正義感が強く常に真っ直ぐと前を向いているキルスには、すごくぴったりな職業だと思う。

そこで中級警察官を目指し、パートナーであるフィンと共に試験に挑みいざ、中級警察官になれる…ってな時に事件が起こります。
この事件がきっかけとなり、キルスは冤罪をかけられ下界に送られる事になります。

下界でキルスは何を見て知り、どうなってしまうのか…
って感じの内容なんだけど、ものすごーく簡単にしています(笑)

本当はもっと色々詰まってるし、もっと色々な思惑が関係してくるんだけど、そこはプレイして知った方が楽しいと思います。

上界って色々な事が制限されているので、スチームプリズンという物語の中で起こる出来事は、起こるべくして起こった事だと思うんですよね。
グランドエンドを迎えると、よりそう思えますしね。

そもそも、私たちが日ごろ普通に行っているような事が制限されている国なんですよ。

自由に人を愛せない。
人口の調整をする為に、結婚相手や結婚の時期を政府(作中では神官院)が決めて、子供の人数なんかも決められる。
なので上界では恋愛をする事は罪とされている訳です。

そのせいで、キルスは恋愛には無頓着だし、人を愛する・好きになるというのがどうゆう事か全く分からない。
物語の中でキルスは初めて愛を知り、幸せを掴むという流れにもなってくるんだけども…。
もちろんそれだけではないし、物語の真相みたいなものもあります。

ルートによってはキルスにかけられた冤罪が、すっきりと解決しないルートなんかもありますし、どの人を攻略するかによってキルスの暮らし方というか…その変も変わってきます。
あるルートでは罪人の暮らす保護地区で暮らし、あるルートでは保護地区の外側の世界で暮らしたり。
だけど、どこにいても彼女の知らない世界で、彼女の視野が広がるので成長に繋がっていると形になっているかな。

今まで知らなかった世界や真実を知っていく…みたいな。

そして攻略対象に関してなんですけど、彼らがそれぞれ暮らしてきた場所が違うからこそ、どの人に関わるかでキルスのいる場所も変わるって事になるんですが‥。
皆それぞれが個性的で、面白い人たちばかりでした!

ちなみに、皆色々な事情があって下界にやってきていたり、元々下界で暮らしていたりするので、最初から好意的な人もいればそうじゃない人もいる。
プラスで、キルスとそりが合わないサブとかもいたりするし…、彼女の関わる様々な人達がまぁ何と言いますか濃いですね(笑)

それと、下界に送られるという必ず起こるイベントのせいで、キルスが辛い生活を強いられる状況が必ずあるのですよ。
上界出身というだけで目の敵にされたりするし、命を狙われたり痛めつけられたりもする事もある。

なのでプレイし始めた時は思っていたよりもバイオレンスなゲームだな…(笑)と思ったのが、率直な感想でした。
だけど、この出来事自体、キルスに降りかかる様々な出来事があるお陰で、キルスという人物がどうゆう人かをより理解出来るというか、より分かり易くしているかなと私は思いました。

決して折れない、屈しない強い光を持っている人だと思うし、この子だからこそ良い意味でも悪い意味でも皆が惹かれてしまうんじゃないだろうか。

話しが逸れてしまいましたが、とにかくキルスにとっては結構辛い環境だったり、辛い出来事なんかも多かったなぁという印象ですね。
この辺でちょっと耐えられない…みたいな人も出てくるんじゃないかな。

個人的にはキルスの性格的にも自分の信念を曲げない強さとか、何にでも負けず立ち向かう所があったから、しんどいとかは思わなかったけど。
この辺の出来事がBADにも繋がったりするので、BADは久々に見たいものと見たくないものが分かれたかな~と思います。

とにかく出てくるキャラ達がなかなか濃い。
攻略対象だけに限らず、どの人も物語に欠かせないキャラクターになっていたんじゃないかと思います。

中にはすっごいゲスな奴が出てくるんだけど、私は好きだったんですよね…。
そうゆう人たちにも色々な出来事があって、どこかで道を間違ってしまっているんだけど、それも人間らしさみたいなものなのかな~と思うし。

上界で制限されていた事での結果…みたいな部分もあるので、良かれと思って国が行ってきた事が原因となり、様々な出来事を引き起こしたという形になっているかなと思う。

あと、どこにでも出て来たフィンというキャラクターが最高でした。

そもそも、最初に一通りキャラクターを見た状態で、気になるなと思ったのがフィンとそのゲスなお方であるザクセンだった。
ザクセンは攻略出来ないとの事だったので密かに楽しむ事にし、フィンは後からルートが作られたキャラだという事だったので一番最後に回したのです。

その他の攻略キャラも攻略してみたら、皆素敵だったんですけど既存キャラで言うなら中の人効果もあるが、アダージュとかイネス当たりかなぁ。
でも全てのルートを終えると、どこのルートも本当に楽しかったんですよね!
そしてどのキャラクターも素敵だったなぁって思う。

私は今回以下の攻略順で進めていきました。

エルトクリード・ヴァーレンティン→ウルリク・フェリエ→アダージュ→イネス・ハインリヒ・ハイネ→ユネ・セキエイ→フィン・ユークレース→グランドエンド

個別ルート内でのBADによっては、他キャラが多く関わって来たりするので、そのキャラを攻略する前に先に取っても良いのかなぁと悩ましい所もあったのですけど(-_-;)
特に問題は無かったかな~と思いますが、ウルリクルートにエルトのBADがあったりもするので、エルト・ウルリクのBADは2人のBESTやGOODを回収した後にまとめて回収しても良いかも。

各キャラルートにはBEST・GOOD・BAD×3個くらいってな感じになっています。
私が素晴らしいなと思ったのは、このBADへの道筋や作り方ですね。
あっさり終わるものもあるんだけど、基本は途中から別分岐するものが多いですし、そこへ向かう過程なんかもそれ仕様になっているものもありました。

そして、スチル有りとかもあるので、辛い・切ないものもあるんだけど、どこのEDを迎えても楽しめる設計になっていたんじゃないかなと思います。
普段BADは見ませんという人達からしたら、あまり…だと思いますが(;・∀・)
でもでも、このBADを迎えたからこそ、お互いがどう思っていたのか気付けたりする事もあるし、感情変化だったり、失くして初めて気付くみたいな部分は色濃くなっていたんじゃなかなと思う。

恋愛面では唐突に距離を縮めてきたりする所もあって、「えっ(;゚Д゚)」って思った事もあったんですけど(笑)
考えてみると、恋愛というものを全く知らない主人公キルスに、異性として意識してもらうには必要な行動なんだろうな~と思った。

それと、相手にもよるけど相手側も上界出身者の場合、人を好きになるという事がどうゆう事か分からないという事もあるので(笑)
それを思うと自分の気持ちに正直に行動してみたんだろう…。
なので唐突感にビックリする事もあったけど、自分の中ではその行動の意味は納得出来たかな。

気持ちの動きみたいな部分は、徐々に異性として意識していく過程になっているし、置かれた状況的に平和に恋を育むのは程遠いんですけど(;'∀')
それでも少しずつ相手の事を大切に思うようになっていくって感じがして楽しかった!

そしてキルスが思い悩む部分も勿論あるんですけど、相手側、攻略対象の方にも色々と事情があるのでね~。
キルスがそれを支えたりする場面の方が多かったかなと思いますね。

これは性格的なものもあると思うんだけど、キルスはウジウジ悩むというよりはとにかく前を向いて進むという子。
だからこそ、今の状況を打破する為とにかく行動するって感じ。
思う通りに行動してしまうので、それが仇となる部分もあるんですけど(笑)

自分でもよく分からない状況に陥っている中で、腐らずにいられるってなんて素敵なんだ~と、攻略対象の目線になってしまった部分があります…(笑)

この"どのルートに入るか"で真相の見えてくるルート、全くそこに関わらずに進むルートという違いがあるので、攻略順は真相を最後の方に知りたいか先に知りたいかで違いが出てくるかな~。

それと合間に相手側目線のシーンが入ってくるのも楽しめた(●^o^●)
私好きなんです…相手側目線挟むの(笑)
キルスの事をどう思っているのかの心の動きが見えたりするので、これがある事でニヤニヤが5割増しくらいになった気がします。

後日談もキルス目線・攻略キャラ目線と選べたんですけど、全て攻略キャラ目線を先に見るという(笑)
そしてキルスの立ち絵を登場させて楽しみました。どのカップルも可愛いし素敵なんだよなー。

このままだとダラダラと喋り続けてしまうので、そろそろ終わりにしようと思いますが…。
公式でもうたっている【不条理な世界】という言葉。
国の在り方そのものだったり、国を支える人々だったり、様々な部分で感じる所があると思います。

各ルートを進めてそれらを目にして、最後にグランドエンドでその世界が変わる所を是非見て欲しい。
久々に一気プレイをした気がするけど、それほど面白い内容だったと思います!

主人公であるキルスがちょっと辛い渦の中に放り込まれる事もありますが、それも含めてとても面白い内容だったと思うし、作り込まれているなぁと感じました。
本当に楽しかった(^o^)大変満足です!

思いのほか、喋りたかったことがまとめられなかった気がしますが…。
このまま放置して思い出しながら書くと、忘れてしまう事も多くなりそうなので( ;∀;)
空いた時間を使って思いつくままに喋りました(笑)

本当に久しぶりに、勝手にゲームを持っていって押し付けよう!と思うくらいには楽しかったです。
そして我儘を言うならば、サブキャラだったゲスな人物、ザクセンを攻略とまではいかなくても良いので、彼の事をもっと知りたかった(´;ω;`)

でも本当にキルスに対してしてくる事とか、その他の人たちにしている事って普通に考えたら許される事ではないんだけど…。
そこにも彼なりの理由があるという部分だったり、この人も何だか可哀想な人なんだとなきっと…とか思うとですね(笑)
逆に「コイツがキルスにおちた時どうなるのか見たい…ぐへへ…」という気持ちが湧き上がってくるんですよね~。
あ~あ、見たかったなぁ~。←

次回は忘れないうちに、各キャラの感想を!と思っております。
年末の締め記事もちまちま書きながら日々の仕事に励んでいるんですが(笑)
これがまた全然進まないんだなぁ。

毎年積み晒ししたりダラダラ喋ったりしてるだけだから、これと言って何か企画して記事をあげている訳ではないので(;'∀')
それも主な原因なんだとは思うんですけど、何書こうかな…。
何かいい案があれば絶賛募集中です(=_=)

ではでは、ちょっと長くなってしまいましたが、ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~\( 'ω')/




飲みかい行きたくない…
行きたくないよう~(´;ω;`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


4Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/12/17 (Tue) 13:45
  • REPLY
りな子

りな子  

ikeさん

ikeさんこんにちは!
丁度休憩してたらコメントメール来たのでやって参りました。

飲み会頑張ります( ;∀;)
とりあえず飲んで食べてサクッと帰って来ようと思います。

ちまちまと書いては保存して…を繰り返してたので、催促ではないですよ~(笑)
むしろ催促されてないと思いますw

とても面白かったです。
思ったよりもバイオレンスな内容だったので、ちょっとビックリしたけど(笑)
でもこれがあったからこそ、キルスの良さが光っていたようにもおもいますしね。
とにかくキルス、カッコ良い可愛い最高でした。
子供が神官院からくるくだりは、声を出して笑ったwww

最近相手から見たシーンなんかも増えてきたけど、やっぱりハニビブラックとかのイメージ。
CSのゲームだとまだ少ないですよね~。
でもそうゆうのがあった方が、相手の変化にもニヤつけるので是非増やして欲しいなと思います。

終わった時「あー面白かったー!!!」って思えるゲームをやると、気分も上がりますよね~。
本当に楽しみました!
キャラ別は少し時間がかかりそうですが、忘れないうちに書きます\( 'ω')/

コメントありがとうございました~♪┏○ペコ

  • 2019/12/17 (Tue) 13:57
  • REPLY

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/12/17 (Tue) 20:33
  • REPLY
りな子

りな子  

まりもさん

まりもさんこんにちは~\( 'ω')/
今頃…飲み(笑)
昨日は結局夜中の3時頃まで飲んでましたよ…楽しかったけど疲れた(笑)

今回はうちの会社だけじゃなくて、取引先の会社の人もいたので断れず(;O;)
皆行くというから2軒…3軒と行く事になり結局最後まで行った…。
普段全く顔出さないので、凄いレアキャラ扱いされ帰るに帰れなかったというか帰したもらえなかったです(笑)
取引先の会社が地方から来てるので、昨日しか出来なかったんですよね~(;´・ω・)

今日はゆっくり来て良いって言われてので、助かりました(´▽`) ホッ

スチプリめちゃめちゃ楽しかったです(∩´∀`)∩
内容的にも意外な内容だったなと思うんだけど、最後まで凄く楽しめました!
そういえば…まりもさん、何だかで追いスチプリしたって言ってましたもんね!
それがサントラのやつだったんですね~(*´ω`)
つぎ込めるくらい、楽しいと思える作品に出会えるって素敵だと思います~♪

アダージュとフィンはめちゃくちゃ良かった…けど、敢えて既存で言うならイネスも良かった(笑)
キルスもイネスも2人共お堅いので、なんか微笑ましくて結構あのカップル好きだったんですよね。
ザクセンはもう好きになってくれと言っているようなキャラクターだったので、出てきてからずっと釘付けでした!
キルスに対して凄く当たり強いので、なんじゃコイツ~とも思ったが好きなものは好き。しょうがないw

まりもさんはエルトなんですね~\( 'ω')/
エルト素敵ですよね!そしてあの…なんか一人でめっちゃ暴走する所、面白かったw
ユーモアのあるイケメンって感じがしましたww
しかしウルリクが一位なんだ!

フィンは何とも言えない終わり方が多いので、ちょっと悲しい気もしましたが…
一応グランドエンドでは各ルートとは違う歩みをしていたので、これで終わっていたのか~と思いました。
でもでも、個人的にはやっぱり他ルートでのフィンn所業…あそこに彼の色々な想いが詰まっていたと思うので、幸せになって良かった反面、あのフィンからのEDも欲しかった所(笑)

キャラ別は改めて書くつもりですが、今週中には…って所です!٩( ''ω'' )و

やっぱり○○部門のBESTなんちゃらって興味そそられるモノなんですね!
私毎回絶対迷うし、書き終わった後も「でもやっぱり…」ってなるからいつもやらないんですけどwww
振り返り記事にちょこっと入れ込むか、検討してみます!ありがとうございます~(*´ω`)

  • 2019/12/18 (Wed) 12:15
  • REPLY