Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

27

Pigeon Bloodちょい感想

こんにちは~\( 'ω')/

まずは、前回の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!
本日も、とっても励みとさせて頂いておりますヽ(^o^)丿

やっと仕事納め……。
皆の者はもう、まさかまさか、今日から連休の者もいるのだろうか、羨ましいぜコンチクショウーー!

なんか今週凄く長く感じたんですけど、どうしてだろう(=_=)
前半に仕事終わらせて後半会社通うだけにするって言ってたのに、通うだけにしてたはずが合間にちょいちょい仕事投げられ、消化してとかしてたので長かった。

昨日金曜だと思ってたら『まだ2日あった』という事実に愕然としました( ;∀;)

しかも今日はおめでたい仕事納めなのに、いつもよりも遅くまで会社に残っていないといけないとうう仕打ち(=_=)
会社の中で一番ノリで仕事納めをして、一番遅くまで休むから文句は言えないんだけどさっ。

さてさて、ずーっとずーっと楽しみにしていた、劇場版うたプリ円盤が届きました~\( 'ω')/
が、アニメイトの入荷自体が遅れただかなんだかで、ヘヴンズVer.は発売日の一日前に来たが…カルナイVer.はやっと昨日出荷されたらしい。
DVDを予約しておいたあみあみでは、発売日当日に無事に来ました(∩´∀`)∩

IMG_2685.jpg

とりあえずアニメイト特装版の箱がむっちゃ大きいので、夢と幸せが詰まっています。
私はこのために11月頑張って働いたんだ!!

3本分まとめて写真撮りたかったが、特装版が1つ待てど暮らせど来ないので(笑)
DVDは早々にお友達に貸す約束をしてたので、とりあえず手元にある分の撮影となってしまった。

だけどウケる事に円盤はまだ見れていない…一度も…(笑)
ゆっくり時間取れてないので仲間たちとの忘年会で初めて見る事になりそうです(;_:)

今月買おうとしてたものはもう全部来たかな…と思ったんですけど、実はこっそりパウダーグレイというBLゲーを予約したのでまだ届くんですよね~。
マジで今月お金使いすぎ問題なので、1月は購入予定ないので大人しくしておこうと思います。

さて、今日はちまちまと進めている、八墓…じゃなかった、ピジョンブラッドのちょこっと感想でも喋ろうかなと思いやってきました。
ガッツリBLゲーです…そしてちょっとホラーっぽい要素があるというかサスペンスというか…。
そんな感じなので、OKな方はお付き合い宜しくお願いします。





※ちなみに今回は感想内の言葉が少々悪いですので、お嬢様方は見ない方がよろしいかと思います(笑)
汚い言葉でも全然気にしないわという方だけ進んでください。

◇Pigeon Bloodちょい感想
pigeonblood_top.jpg

どこからどう話せばよいのか…(笑)
最初にあらすじ話しておこうと思うんだけど、公式でも結構長く書いてあるのですよね…。
超絶割愛して書くので、詳しい事は公式を見てみてくださいませ。


主人公は桐島家の次男である桐島和樹という男の子なんですけど、地方財閥に連なる様な旧家なのでそこそこ金持ちなんだと思う。
で、両親が既にいないので唯一の肉親が兄だけだったんですけど、その兄もが亡くなってしまった…という所から物語がスタートします。

もうこんな始まりなので最初から陰鬱な感じ(笑)

仲の良かった兄だったので、和樹はかなり落ち込んでいるんですが…。
当主として兄の弔いをしなければならず、その儀式のために桐島家のゆかりの地に建つ別荘に滞在しています。
そこでは最小限の家政婦や執事?などと生活しているのですが、一番傍で支えてくれているのが執事見習いの馨です。

元は兄の執事だったんだけど、兄が亡くなって和樹が後を継がなくてはいけなくなったので、色々と出来るようになるまでは馨が変わりに当主を務めてくれるって感じですね。
常に和樹に寄り添い支えてくれるし、ちょっと心配性だけど今の現状で頼りに出来る人なのですが、元々兄と和樹と馨は小さい頃からの幼馴染的な存在でもある様子。

馨の家では代々桐島家を支えている家系らしいので、代々当主に仕えているという形になっております。
共に説明してしまうと、家政婦なんかも同様で代々桐島家に仕えている人という形になっていて、桐島家に深く関わっている人達は昔から仕える事が決まっているという感じの人ばかりです。

昔から共に居るような人達との静かな生活を別荘で送っていると、ある日突然別荘に客人の来訪が…。

車が壊れたと言って4人の男性が訪ねてくるんですが、この4人が今回の攻略とは呼べない攻略対象たちで、4人とも日本を代表する大財閥の息子です。
この突然の来訪が出会いとなり、和樹の運命は大きな渦へと飲み込まれます…。

とにかくゲスなボンボンたちの遊びにつき合わされ、理不尽なゲームを持ちかけられるんですが、それと共に"桐島"の家に隠された真実も見え隠れするみたいな感じかな。

中盤くらい、誰を攻略するか決める分岐に行くまではまぁ~色んな方面にイライラする胸糞の悪いゲームなんですよ!(笑)
私こんなにイラつきながらゲームしたの、生まれて初めてかもしれない…。
オールマイティりな子で通ってる(勝手に思ってるだけ)のに、マジでコイツだけは攻略出来る気がしないと思うキャラが1名+もう1名います。

2名と言わず+1名にしたのは、+1の方のキャラは攻略した際にどう変わるかによって好きになる可能性も無きにしもあらず…って感じだから。
まぁでも攻略してない時はクソ野郎ですけどね!
最初に言った方は、どんな風に登場しても怒りと殺意しかないです(笑)
結構物語が進むにつれて色々と見えてくると、イライラも無くなってくるから不思議だ。

主にイラっとしたり、モヤモヤしながら進めた原因を挙げると

・主人公の和樹が無知すぎて真っ白すぎる←迂闊すぎて突っ込みたくなる
・クソ野郎代表がクソすぎる←殺意
・クソ野郎副代表が暴力的←暴力振るえばどうにでもなると思ってる
・取り巻き1号と2号が感じ悪い←何故そんな対応をされないといけないのか、あまりの冷たさにムカついてくる
・何が起こっているか全く分からない状況で、和樹が謎のゲームをさせられる←意味が分からない
・家政婦の依子がある出来事をきっかけにヒステリーを起こす←マジで怖い

以上の点で、序盤~中盤までは何か気分がよろしくない始まりでした。

だけど、和樹に対してのイライラというのは、彼の生い立ちというか守られ方に関係しているのと、そうゆうキャラ設定じゃないと話として出来上がらないなというのが見えてくると、気にならなくなったかな。

何も知らなくてそれが罪だと言われたりするんだけど、それも自業自得なんですよ。
本当に不思議なくらい世の中の汚い部分を全く知らないで育っているので、その辺が和樹の対応でチラチラと見えてくると、おいおいおい…と言いたくなるんだけど(笑)

だけど、シナリオが進んでいくと和樹はその事に気付いて知ろうとするし、この性格じゃないと理不尽なゲームが成り立たないし物語が進まないなと思うし、謎を疑問と思うようになっていくという点では、和樹のその綺麗さというのは必須なのではないかと思う。

真っ白すぎる和樹だからこそ、物語の真相部分にも関係してきて疑問が少しずつ湧き上がってくる感じになっていると思いますしね!
更に、そんな彼が初めての恋やそういった行為をする…というのも、重要なポイントなんじゃないかなと思いました。

で、家政婦の依子は、普段は優しそうな感じなんだけど…。
物語の途中で金切り声を上げるシーンがいくつかありましてですね。
マジで怖いんだ…鬼婆だよ本当に( ;∀;)

原因がちゃんとあるんだけど、『そんなに怒る事なの?』って思うし、あの怒り様を見てると"何かあるな桐島家…"ってなる。
でもめちゃくちゃ怖いので最後まで声聞かないで、速攻で読んで次!次!ってクリックしまくってました。マジ怖かった。

オバケとかキモいスチルも恐怖だけど、生きてる人間が一番怖いなと思う部分でもある…。
意味の分からないヒステリーって、憑りつかれてるみたいで怖いんですよね(;_:)

そして問題なのは攻略対象達ですね。
これって誰が一番のクソ野郎かとか言って良いのか分からないので、敢えてここでは名前をあげていないんですけども。
4人いるうちの一人が大ボスみたいな感じで、その下に小ボス、取り巻き1号の無関心だけど参加してる仲間と、取り巻き2号の安全そうな奴がいるんですね。

↑この説明も面倒なので、今回は名前をあげませんが次回から名前を出します(笑)

一番のクソ野郎は何か、どういえば良いのか分からないけど凄い。
自分が楽しい事がないから楽しい事をする為に、和樹をレ○プしようとしたりするような奴です。
しかも、嫌がったりたてついてきたり、和樹が怒れば怒る程楽しみを見出すので、従順になると興味がなくなるというね。

彼も大財閥の次男という立場上、色々な背景があるんだろうとは思うんだけど…。
それでもゲスな事には変わりないので、今の所同情の余地は1ミクロンも無いですね!フンッ

そして小ボスも大財閥の次男なんですけど、この人は何か…歩く性欲と暴力って感じ?(笑)
この人自体家では邪魔者扱いされてるとかなんとか…、他のキャラから聞いた情報では厄介者的に扱われているっぽかった。

暴力的というか、暴力で従わせる感のある人なので、いつ事件を起こすかと思われてるような人らしい。
そして何かというと和樹を襲ってくるし、暴力も振るうし常にとてつもなく威圧的だし…今の所一番和樹にとっての危険人物でレ○プ魔にあたる人かな。

初回で攻略しているのが、無関心そうにしながらも3人とつるんでる人物。
常に冷静な感じで和樹に対しても最初はすんごい冷たいんだけど、彼の事を知り、彼が和樹の事を知っていくと惹かれ合うって感じで、意外にも普通に恋愛してた(笑)

上にあげた他2人の様に、この人も家の中での立場みたいなものがあったり、色々と大変な背景があったりしました。
それを知ると、何で最初あんなに冷めてたのか、和樹に対してきつく当たってたのかとか見えてくると、ちょっと納得出来たかな。

もう一人の一番安全そうな人も、どうやら普通に恋愛的な色のあるキャラらしいです。
この子は4人の中で一番"普通"っぽい感じかな~と思うんだけど…。
この人だけ長男という立ち位置なので、他の3人とは違う意味で家のアレコレがありそうな感じかなと思います。

攻略順を調べた時にですね、〇〇(クソ野郎代表)は胸糞悪いルートなので、間に挟む事をお勧めしますって書いてあったので(笑)
安全1→代表→安全2→副代表って感じの順番で進めようと思ってるんだけど、副代表は真相も関わってくる部分があるらしいので、最後に回したんですが不安しかないです。

とにかく彼らとのやり取りで、最初はゴリゴリと精神が削られて行くし、和樹が危機的状況になって馨と言い合いしても精神が削られる(笑)
序盤は「私全部攻略出来るかな…」と不安な気持ちしか無かったです。

でも、中盤進めてくると真相が気になってくるし、うまい事作られててちょっと面白くなって来たと思えるから不思議ですね。
後半に差し掛かると怪しげに見えてくる人が出てきたり、襲われるかもとかの心配してる場合じゃなくなってくるので、続きが気になる…けど画面みたくないビクビク…みたいになってきます。

あと、八墓村っぽいって言ったのは、多分BGMのせいですきっと。
ここぞという所でかかかるBGMが、サスペンスさを醸し出しているというか、昼の時間帯にやってるサスペンスの再放送みたいな感じ(笑)
あの音のせいで不穏さが増すしドキドキしながら進める羽目になる。

更に、内容的にも怖い部分があるので…!!
ガラスにいきなりムンクみたいなのが映った時には「ギャッ!」ってなりました(´;ω;`)コワッ
グロもあるので…まだそこまでじゃないけど、動物のそうゆう姿とか?スチルで出てきたりしてるから、BADとか結構ヤバそうな予感がしております。

paradiseの時もちょっと宗教的ではないけど、無人島に隠された真相…みたいな部分があったので、それと同じように桐島家という点がどんどん怪し気になっていく感じがちょっと面白くなってきた部分かな。
怖いけど頑張って進めようと思います。

次は2人目くらいまで攻略したら、感想書きにきたいなと思うんですけど年内に来れるか分からないので、期待しないでおいて下さい。
とにかくこのゲームのシナリオを思いついた方々が、凄いと思います(笑)

何だかんだ楽しめる?楽しんでいるのかはいささか謎ですが、先が気になって進めているのは確かなので。
怖いけど頑張ります(笑)

そして今年は多くて後2回くらいは更新しに来る予定なのですけど、予定が変更したらその辺変わるかもしれないです!
年末年始はこんな私でも嫁業頑張らねばいけないので、ゆっくり挨拶しに来れるのは結構経ってからになるかな~と思います。

明日は楽しみにしていた忘年会なので、まずはめいっぱい楽しんで来まーす\( 'ω')/

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪┏○ペコ



劇場版エヴァのグッズ付き前売り券
思いのほか高くてびっくりした(笑)
2枚程買おうかと思ってたけど…
とりあえず1枚に止めておきました。
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/12/27 (Fri) 16:32
  • REPLY
りな子

りな子  

ikeさん

ikeさんこんばんは~(*´ω`)
何と、汚い言葉遣いの感想を読んで下さったのですね(笑)

怖いんですよ、よくサスペンスとかホラーであるような感じの、"何か来そう…"ってのが音でも表現されてるので、ビクビクしながら進めちゃう感じ。
でも、何か面白い気もするんだけど、でも怖いしクソ野郎にムカムカするしみたいな(笑)
不思議なゲームでしたww

物語の作り方は凄く面白いと思います。
まず最初はクソ野郎にしか意識がいかないから、他の事なんて"あれ?"と思っても、消えちゃうんですよね。
で、後半になってくると、どんどん疑問が浮かんでくるみたいな感じです。

私のあげたポイントなんて、私の感じた言葉だからまだ良いけど
実際にクソ野郎たちを見て欲しいくらい、ムカつくんですよ~!
途中までは、何でコイツらを攻略しないといけないんだとさえ思いました(笑)

でも、初回終わったら何だかんだ面白かったですw
BADも取りに行ったけど、まぁ吐く程ではなかったし夢にも出てきそうな程ではなかったかな!ヽ(^o^)丿
執事は…まぁコッソリその辺今度話しますね。(笑)

ゲス野郎代表は恐らく性根も腐りきってると思いますので、どうなる事やら…。
恋愛っぽい感じではないような風に書かれてましたよ、順番推奨の所ではw

なかなか胸糞悪いゲームですが、攻略対象に対してここまで殺意を覚えたのは初めてでした(笑)
面白かったけどムカつく(笑)

コメントありがとうございました!
また次回…次回はクソ野郎の感想も載せたいなと思います\( 'ω')/

  • 2019/12/27 (Fri) 16:55
  • REPLY