Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

24

L.G.S~新説 封神演義~初回・姫発感想

こんにちは~(∩´∀`)∩

まずは、前回のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました┏○ペコ
毎日、とっても励みとさせて頂いております!

3連休をこれでもかと謳歌している私です(´ω`)
そして今日から本格的に花粉の症状が始まり、起きてからティッシュ使いまくってゴミ箱をパンパンにしています。

相方が『ヤバい…花粉ヤバい…』というけど、私今日まで何ともなかったんですよね。
なので、もしかして…花粉症何かが原因で軽くなったのかな?うふふふふ…とか思ってたんですけど、とんだ勘違いでした!そんな事あるはずなかった!

今日は引きこもって一歩も出ないつもりだったけど、急遽私の鼻にやさしいティッシュがなくなったため、ドラッグストアへ走りました( ;∀;)

連休中とは言えども夜にちょこっと入力作業だけやらねばならないので、毎日夜3時間くらい仕事してるんですけど…。
それ以外は何もせずこの3連休はゲームとリングフィットをやってました!

リングフィットまだやってるよ!平日はほぼ出来ないので軽くストレッチするくらいだけど、休日はガッツリめにリングフィットを引き続き行っております(゚∀゚)

前のお喋りでも言ってたんですけど、絶賛シャニライでは蘭丸のイベントを駆け抜けているので、連休初日とか結構頑張ってやってたんですけど…。
一生懸命やりすぎて眼球が限界を迎えたので、2日目はほどほどにしてたら順位が下がり危機を感じた……L(゚□゚)」

なので、LGSやりながら片手間でちょこちょことシャニライもやってます(笑)

ものすご~~~く時間がかかってしまったけど、LGSの初回キャラの全EDがやっと取り終わったので感想を喋りにきました!
という事で、お付き合い頂ける方はどうぞ宜しくお願いしますm(__)m




L.G.S~新説 封神演義~初回感想
8tnu010000219e1u.jpg

しれっと持ってきてくれて、しれっと貸して貰ったLGSですが(笑)
最初はちょっとその設定とか状況がうまく飲み込めない部分があったので、"???"って感じで進めていたんですよね。

そして、間に鬼のように挟まってくるOPとEDの数に驚いてました(笑)
借りた時に「いきなり終わってまた始まる…」みたいな事を言われたんだけど、少し進めたらその言葉に意味が分かりました。

例えるなら30分アニメを見ているような感じ?
短く区切られているのが斬新だったな…と思います。

とりあえず、感想の前にストーリーをサクッと。

この物語で舞台となっているのは人間界と仙人界がある世界で、その他にも妖怪とか様々な種類の人物が出てきます!

簡単に説明すると、朝歌という国に「死の雨」と呼ばれているやまない雨が降っているせいで、国が衰退していっております。

永遠に雨が降っているせいで作物が育たず、国がどんどん困窮していってその周りの国にも影響を及ぼしていってしまう。

で、死の雨が降り続いている朝歌では、王の側近として蘇妲己(そだっき)を迎えた事により、蘇妲己の企てで悪政を敷くようになるんですよ。
ちなみにこの蘇妲己というのは、狐の妖怪なんですけど狐らしく掴みどころのない奴です。

この蘇妲己が朝歌の王の近くにいることで、ただでさえ雨が止まずに困窮しているのに、どんどん負の方向へいってしまう…。
国民はもっともっと苦しめられてしまうんですよね。

そんな時に、仙人界で蘇妲己たちの封神計画が始動して、朝歌の雨をやませよう!みたいな作戦が決行され、その作戦の手助けを主人公が命じられて物語が始まる…。
ってな感じでした。

主人公は楊栴(ようせん)という女の子で仙人なんですけど、幼少期に父により妖怪にされているので、ちょっと普通の女の子よりも後ろ向きというか。
進んで前に出てくるような感じでもなく、明るく快活という感じでもない。

だけど、天才と称されるほどの実力を持っているので、強いしかっこいい感じの子かなと思います。

彼女が仙人界の偉い人の命令を受けて人間界に行き、蘇妲己たち悪者妖怪を封神していく…というのが主な流れですね。
そこの中で、どうして朝歌に死の雨が降る事になったのか、攻略キャラ達の想いやサブキャラ達の志?みたいなものが見えてくるかなと思います。

核心の部分では、蘇妲己を迎えた王の気持ちとかも分かるので、その辺が見えてくると面白くなってくるかなと思う。

途中までは何故か私の集中力が続かなくて、何章かやっては休憩し、何章かやっては休憩し…って感じで進めていたんですが(笑)
中盤以降からグッと面白くなって、EDまで駆け抜けました~!

妖怪を封神していく部分が合間に挟まれたり、まだ共通なのに結構な大事が続いたりするので、物語の起伏はなかなか激しいと思います(笑)

何というか、敵勢もなかなか強者なので、手加減無し感があるというのかな。

楽しい日常を過ごしていたと思ったら、いきなり大きな出来事にぶつかり(覚えているだけでも2回くらいは、びっくりする出来事が起きた)、その度に『まだ共通だよね!?』と自分に確認してたくらいには、驚きましたね…うん…。

そんな感じで、仙人としてやらねばならない事と、皆との日常、敵勢との対峙などなど…。
それらが良い感じに起伏となっているので、テンポよくストーリーが進んでいく感じになっていたかな。

あと、出てくるキャラクター(主人公や攻略キャラ)が成長していく、変化していくというのは乙女ゲームにはあるある要素だと思うんですけど…。
今回は、出てくるキャラに王や王候補がいたりする事もあるので、国の変化というのもあるなと思った。

雨が降り続けていたり現王の悪政の事とかもあり、国民自体も心が死んでいる感があるんですけど、物語を通してその辺も変化していきますし。
外野的なサブキャラ達の変化というのもあるので、それぞれが良い方向に変化していくというのが見ていて『優しい物語だな』と思いました。

恋愛面では、主人公がこれまであまり人と関わってくる事を避けていた子でもあるので、自分の恋心に気付いていなくてモヤモヤしたりするのが、なんか切なくもありましたね…。

仙人でも人でもない曖昧な存在だからこそ、前向きに捉える事が出来ない部分がその切ない部分に繋がるかなと思う。

でも、この物語と楊栴のする恋を通して彼女も成長していくので、最初は無機質な感じがする子なんだけど、EDを迎える事には人物像にも変化が見られるのが良かったなと思います!
色んな人と関わる事で、彼女自身が変化していくのが見ていて微笑ましかった~(*´ω`)

あと、一応敵対している人がいるんだけど、完全なる悪とは言い切れない感じなので…。
その辺も物語を進めていくと見えてくる部分なので、色々と見えてくるとどの人の事も憎しみの目では見れなくなりますな(笑)

まぁ仮面つけてる変な奴らはあんまり好きではないが……。(出てくるんです、変なのが)

今回は攻略するキャラの中で、初見で目ぼしいのはいなかったんですけども…。
見た目だけで言うなら聞仲と赤精子が好きですね!(サブキャラだけど)
聞仲は特にお好みですし、顔と雰囲気が好きです。

攻略キャラだと楽しみなのは太公望(梶くん)と蘇妲己(諏訪部さん)かなぁ。
蘇妲己って悪い奴じゃないの?と思うかもしれませんが、そうでもないというかちょっとアルバロっぽい感じというか…。
自分が楽しい事を求めている感のする人って感じかな~と思いました。

そして、初回で攻略したのは姫発(きはつ)というキャラです!
以下からは彼の個別感想となります。

◇姫発/木村良平
4.jpg

↑凄いチャラそう!(笑)
楊栴との出会いからなかなか衝撃的というか、この人が将来王になる人なの?(笑)
って感じがする人物ですね。

町中で女性相手に褒めて褒めて褒めまくり、その商品を買わせてしまうという商売上手な出会いだった…。
だけど、嘘で褒めてる訳ではなく、彼が本当に似合うものを勧めて褒めているので、人たらし的な感じでもあるがめっちゃ良い奴!な感じでした。

凄く真っ直ぐで素直だし、明るくてムードメーカーなんですよ。
だけど、凄く…何と言いますか…公式にはナルシストって書いてあったけど、まさしく。
自信家、自分大好きって感じ(笑)

偉そうとかそうゆうのは全くないんですけど、自分が持てるのを自負していて女の子は自分を好ましく思っているのが当たり前みたいな(笑)
そんなものを感じる所がありました。

色々と自由人というか突拍子もない事をするので、楊栴的にもちょっと目が離せない人という感じがしたんですが…。
実際はよく見ているしちゃんと考えているし、物語が進んでいくと純粋に『この人が王になったら民は幸せになれそうだな』と感じる人だったなと思う。

楊栴との事も、物語も、どちらも先へと進んでいく中でどんどん頼りがいのある人になっていって、かっこよく変化していくタイプだったな~と思いました。

EDが仙人ED・妖怪EDの他にBAD?というかまぁそうゆう部類になるEDが2つで、計4つのEDがあったんですけど。
仙人EDというが所謂BESTエンドかなと思う。

そもそも、楊栴と姫発は身分が違い過ぎるので恋愛関係になっても、楊栴側がちょっとその身分の差という部分で思い悩むんですよね。
だけど、そんなの悩んでたのがバカバカしくなるような方法で解決してくれる?というか、楊栴を手に入れる為に先回りしてたというか(笑)

そんな姫発だからこそ幸せになれるんじゃないかなと思わされるEDだったなと思います。(仙人ED)

ここに来るまでには本当に色々な事があったけど、ある意味で全てが良い方向へと向いてスッキリ解決してるEDかな。

妖怪EDではその名の通り…と言った感じで、仙人EDとは違う終わり方ではあるけど、ハッピーEDの結末ですかね。
どういった意味合いでの妖怪EDなのかは言いませんが、仙人EDみたいに万事スッキリ解決!という形ではないけど、幸せなEDである事は間違いないです。

その他2EDについては、BADというよりももうちょっと違う感じなんですよね…。
楊栴が選択を間違っちゃったな(笑)みたいな感じ。

他ルートでどうなっているかは、まだ分からないので何とも言えませんが、姫発ルートでのこのEDはBADというEDでは無かったですね。
『え、これで終わりなのか(笑)ウケるww』って感じだった。

姫発というキャラ自体が最初はあまり惹かれないキャラクターではあったんですけど、最終的には楊栴にとってはとっても素敵な人だったな~と思った!
あと、本当に色々な危機的状況に陥ったけど、楊栴を助けてくれるキャラが出て来たり、姫発と共に立ち向かったり…。
なかなかドラマな展開もありつつ、姫発だからこその人間ドラマ的なのもあって面白かったです!

とにかく私は、不器用な楊栴が可愛くて仕方がないです(笑)

という事で、初回感想&姫発の感想をサクッと喋りました~(*´ω`)
次は日野さんの黄天化を攻略しようと思いますが、彼もちょっと楽しみです。

そういえば蝶毒届きました~(∩´∀`)∩
土曜日に無事にまとめて受け取ったんですけど、なんか段ボール4つくらい一気に来て吃驚した。
シャニスト通販分とかもまとめて来たので(笑)

そのうち蝶毒の追加シナリオも見たいので、プレイしようと思います♪
ではでは、今日はこの辺で!

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました~♪m(__)m



今日の分の夜ご飯も昨日作ったので
今日はみっちりゲーム出来るんだ~(∩´∀`)∩
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments