Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

21

DRAMAtical Murder re:connect感想その①

こーんばーんはー\( 'ω')/

最近感想おさぼりしてたというか、感想書けるようなゲームをやっていなかったんですけど…。
今日は突如『あ、ドラマダのFDやりたい』と思い、自分の気持ちに素直に行動してプレイしてきました!

もう記事アップするの連投だし、前置きはなしにします。
お付き合い頂ける方はどうぞ宜しくお願いします┏○ペコ






◇DRAMAtical Murder re:connect感想
doramada_fd_top.jpg

ちなみに、まだ3人目のGOODまでしか終わってません…。
ビーズログの感想を書き終えて、買い物行って夕食の準備して夕方頃に思い立ってはじめまして。
気付いたら19:30でした(笑)

「( ゚д゚)ハッ!相方が帰ってくる…もう続きは明日にしよう…」
と思ったのと、ホットなうちにこの気持ちを喋ってしまいたい!!と思ったので、慌ててプレイしている手を止めてFC2に来ました(・・;)

ドラマダFDに関しては、このFDで完結するキャラルートもあるというのを本編のプレイ中に教えてもらいまして。
本編プレイ中に即座に購入したんですけど、なんかいざやるとなると勿体なくて手を付けられなかったんですよね。

だけど、ミンクルートのあの後どうなったのか?とか、そうゆうのがぶわっと私の中に溢れて気になってしまったので、いきなりやり始めてみました。
わたしはB型、気分屋さんで自分の心のままに自分の心に正直に生きてます。

さて、今回のFDではですね…。
本編のGOOD EDのその後の物語と、もう1つ、BADの方も見れるようになっておりました…!

ちなみに、GOODの後日談では、一か所だけ選択肢が出てくるんですけど、両方とも選んでおくべきな流れですね。
まぁ致している時の選択肢になるので、どっちを選んだかで流れとか異なってくるし両方見ておいた方が絶対良いやつだった…!

甘いだけの後日談って感じでは無いのがまた良い所かな~と思います。
あの時買っておいて本当に良かったと思います。

本編で主人公の蒼葉含め、攻略キャラである彼らの色々な面が見られたんですけど、この後日談を経て、本当意味で解放されていたり幸せに向かっている感じがしたりするので…。
大変大満足でございました( ;∀;)

それと、BADの方に関しては、まだ2キャラ分しかやってないんですけども。
記憶がちょっと曖昧になっているんですけど、本編でスチルがあったBAD EDのそこを迎えるまでの過程が見えるって感じかなぁ…。

本編で出て来たスチルが出てくるまでのやり取りとか、シーンとかが出てきて、そこを踏まえた状態であのBADのスチルが出てきて…。
どうしてそのEDに辿り着いたのかとかが分かる形になっていました。

細かい描写とかがプラスされていて、そのEDの意味?というか…そうゆうのが見えてくるので、あの時感じた気持ちに奥行きが出てくると思います……多分……。
うまく言えないけど、個人的には結構楽しみました。

メインは各キャラのGOOD後日談+BADのストーリーかなと思うんですけど、その他にも何やらカウントダウンとか、おまけ的なのが沢山ある模様です!
まだその辺は手を付けていませんが(;・∀・)

スタート画面なんかもドラマダらしく作り込まれているので、始めるまでもワクワクしました!
あと絶対ウイルス&トリップとの後日談もあると信じて疑っていないです早く見たいマジで見たい今すぐ見たいけど我慢してます。(早口)

今回は最初にも書きましたが、ミンクと蒼葉の結末を知りたかったというのが、購入の決め手になってはいますが…。
やっぱり楽しみは蒼葉きゅんとノイズを拝みたいという、不埒な気持ちからなので…クッソ楽しみだけど最後に回そうと大事にエンジン温めてます。

とりあえず終わっている2人分の感想を喋っておいて心を落ち着けようと思いやって参りましたので、ここからは個別感想その①とさせて頂きますね~。


◇ミンク/早川凛太
dmmd-re_w160_mink.jpg

↑この風貌を見慣れているせいか、リコネクトを始めてすぐに見たミンクへの感想は
『あれ?ミンクってこんなスタイリッシュだったっけ…?』でした。

☆GOOD ED後日談の感想

だけどやっぱり一番はやっと…やっと『ミンク』という人を見る事が出来た!というのと、蒼葉の幸せが実った~!って感じで、最高に感動しました( ;∀;)

本編の時は蒼葉自身も言っているけど、ミンクがどんな人で何を思ってあの冷酷非道?な行動を取っているのか。
その辺の本質が見えてきて、理解出来るのって終わりの方なんですよね。

蒼葉も、それに気付くのは全てが終わってからですし。
でもそれに気付いた時には、EDを迎えていて…この2人どうなったの?って所で終わる。

さらに終わった時に蒼葉がミンクの行動の意味や、何を思ってそうしたのかに気付いた時、蒼葉という人が成長している一つの証でもあるのかなと思った。

今回のFDでは、ミンクと蒼葉の関係の結末が一番知りたかったし、そこの続きが見られるってのがかなり大きいと思います。
あと変化した蒼葉の姿が見られる部分と、やっぱり変わってない部分もあって…何か何とも言えない気持ちになるんですよ~~~!

ん~~~~~蒼葉がわいいーーーーーー(/ω\)ってなった。凄く自分がキモイと思いました。
PC前でなんか悶えました。マジで最高だった……

本編の物語中でもミンクについて、垣間見える所はちょこちょことあったけど、やっぱり色々と終わった今(FD)だからこそ本当のミンクの姿が見られると思うし。
あの時はデカくてこえ~って感じだったのが、今回"あれ?こんなにスタイリッシュだったけ?"とか"こんなにイケメンだったかしら?"ってなる所ばかりで…(笑)

私は初めて[ミンクってこうゆう人]、ってゆうのをここで知った気がします。

とにかく本編の時とは違う、本当のミンクが見られる事でプレイヤーのミンク像がガラッと変わるんじゃないかなと思いますね。

後は蒼葉の事を受け入れようと葛藤している時とか、ミンクに会いたい一心でここまで来たけど、拒絶される事を怖がってる蒼葉とかとかとか…。
なんか悶えポイントが満載に詰まっているシナリオだと思いますよ、マジで…。

★BADの感想

BADの方は、最初にも言いましたが後日談というよりも、本編のBADをハッキリと思えてないんですけど…
1つのBADを迎える時の過程というか、出来事を見られるって感じでしょうか。
あの時のBADは、こうゆう事を経て迎えたんですよみたいな。

まぁ言ってもBADなので、幸せ!とか素敵!とかではなんだけど。

でも、GOODの方を見た後だと、既にこの時のミンクにとって蒼葉は特別な存在だったんだろうな…とか、このBADでミンクが蒼葉に向けていう言葉と、GOODの後日談中に言う言葉、形や色は違えど同じ重さ、同じ意味のものだな~と思いました。

起こっている出来事とか、プレイヤーが目の当たりにしている出来事は一ミリも幸せと言えるものではないんだけど。
だけど、この中でもちゃんと、ミンクが蒼葉に寄せている何かしらの気持ちが感じ取れると思う。

そのシチュエーションや、ミンクの境遇や気持ちの在り方で、同じような意味の言葉でも全く違うモノというのを感じましたね。

でもネタバレしたくないのでうまく言えないんだけど、蒼葉を求めてこのBADのEDに繋がっているんですけど…。
そこにいくまでの過程での出来事の中で、ミンクが蒼葉に対して抱いている気持ちというか、そうゆうものが見えてくるんですよ…って自分でも何が言いたいか分からなくなってきました(笑)

このBADを迎えた時のスチルが出てくるまでの合間を描いているんだけど、そこに至るまでに蒼葉が蒼葉じゃなくなる時があって。。。

その時蒼葉に対してミンクがしようとしている事の意味って、彼の中で蒼葉という存在がとても特別だからその行動に繋がってるのかな?という気持ちが出てくると、何とも言えない気持ちになりましてですね。

BADで出て来たスチルを、ここで改めて見ると、あの時とはまた違う気持ちにさせられるなと思いました。
ダメだ、うまく言えないです。(笑)


◇クリア/佐和真中
dmmd-re_w160_clear.jpg

覚えてますか…クリアのルートシナリオを…
(本編プレイ済みでFD未プレイのあなたに向けて言ってます)

あのシナリオからの後日談…感動すぎて心があらわれますよ(T_T)
エロがエロじゃなくとても神聖なものに感じました…エロいけど…。

☆GOOD ED後日談の感想

愛だね…。
なんか優しくて、でも切ない部分もある2人の幸せを見せて貰ったって感じでした( ;∀;)

そもそもクリアルートは、他とは決定的に違うモノがあるんですけど。
それが何かはネタバレなので言えませんが、その部分がある事で本編のルートの最後の方は本当に悲しくて辛い部分もあったりしたんですよね。

だけど、最後の最後にミンクのルートの時みたいに、希望の光が見えて終わったんだ…。

終わり方は"良かったね…!!!!(泣)"という気持ちを持ちながらも、"この先どうなったのー!?"って激しく気になる部分でもあった。
その感動的なその後をここで見る事が出来たというのが1つ。

もう1つは、あの出来事があって、お互いに色々な事を感じて考えて、今を迎えたからこそお互いを想う気持ちがより強く、はっきりとしたものになったって感じがしました。
後は自分たちがどうしたいかってのが、明確になった部分もあったのかな。

なんか本当にすごく温かい気持ちになるんですよね、この2人。
クリアの生い立ちとかその辺も関係しているのもあって、好きと思う気持ちとかそうゆう"感情"の部分が本当に特別なものとして描かれてますし。

蒼葉に対して抱くクリアの感情が、イレギュラーみたいな?そんな感じだからこその特別感みたいなものがあるんですよ。

クリアの純粋すぎる真っ直ぐで真っ白な心があるからこそ何だと思うんだけど、蒼葉に対しての気持ちとかも真っ直ぐすぎるくらい真っ直ぐですしね。

それと、蒼葉もクリアの事を本当に大切に思ってるし、クリアも蒼葉を大切に思っているんだけど、クリアの蒼葉に対しての気持ちって彼の人生の中で本当に特別な存在って部分が強いので…。
蒼葉に対しての気持ち?みたいなものの重みが違うってゆうか。

ちょっと状況とか諸々は違うけど、大メビのミサキと京一郎みたいな切なさのある関係なんですよね。
だからこそ、温かさが際立つ気がします。

はぁ~幸せになってくれて良かったよ( ;∀;)グスングスン

とりあえずクリアの真っ直ぐさが色々暴走に繋がっている…大人シーンもあるけど(笑)
なんか本当良かったね、幸せになってくれよって感じでした!

★BADの感想

どうやって言葉にすればいいか分からない…です。

ハピエンも切なさがあるって言ったんですけど、それとは違う切なさ?悲しさ?というか、そうゆう感情が出ているかな~。

そもそも、本編でこのBADを見た時には「ひぃ!」ってなったんだけど、そのひぃ!に行くまでの過程がここでは見れます。

クリアが何を望んで、何を手に入れたくて何をしたのか…。
彼は本当に純粋で、あまりにも色々な事を知らない子なので、だからこそ蒼葉への気持ちも真っ直ぐだった。

そんな人が、もし道を間違ったまま走り続けたらどうなるのか…。
純粋だからこそ、「こうしたい、こうするんだ、これを求めてるんだ」って思ったそのままを受け止めて突き進んでいくんだろうな~と思いましたね。

それに、まさにその部分が描かれているというか、そうなっているというか。

なんてゆうか、思ったよりもエグい過程が描かれてると思う。
だけど、それもある意味ではこのクリアだからこそなのかなと思うし、この過程を見る事でクリアがどれくらい強くクリアの欲しいものを求めてるかが分かるのかなと思います。

衝撃的だけど…w

だけど、欲しかったものが自分が欲しかった形で手に入るその時に…
彼の心は気付いてしまう・・・・・

みたいな!なんか!言葉には出来ないけど!
ちょっと悲しさみたいなものが残るBADでした。

見たくないってなったけど、面白かったし見れてヨカッタ。

どのキャラでもそうだけど、BADだからこそ見えてくる気持ちの重さとか、その気持ちの本質?みたいな部分ってありますよね。

って事で、ザっとすんごい喋りたい事殴り書きした感想になったけど!
面白いので是非‥‥。

もと色々書きたかったんですけど、相方が帰ってくるというのが急いで仕上げました(笑)

きっとお目当てのキャラのルートになったら、もっともっと興奮するんだろうなと思うんですけど。
今から楽しみです(n*´ω`*n)

明日は相方が家にいて出来ないので…また感想までに日が空くと思いますが、続きプレイ次第叫びに来ますね…うふふふ…。

では、これにて失礼いたします!(*´ω`)ノシ




0Comments