Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

04

L.G.S~新説 封神演義~キャラ別感想(黄天化/太公望/蘇妲己)

こんにちは~!

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチなどをありがとうございました~!
本日も、大変励みとさせて頂いております┏○ペコ

私は自宅待機となり早3週間?4週間?となりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか…。
もはや曜日とか日にちの感覚がおかしくなっております。

もう5月になってた~!!!!

何やかんや週に2~3回くらいは会社に行かなきゃいけなかったりして、通勤してる日もあったんですけども。
その他はお家で引きこもりしているので、ほぼ家にいる方が多い感じです!

何事も無ければのほほんとゲームしながら、元気に外出自粛中のはずだったんですけど(・・;)

ここ数週間くらい、直接的な自分の事ではないんですけども…。
アレコレ忙しく?というか、どういえば良いんだろう。
別に隠す必要もないのですけど、相方の家族が入院したり、友達に色々あって話を聞いたり(メールでやり取りなので数時間を何日間も)とかしてたので、意外とゲームしてないな!と思いました。

そんなこんなで、引きこもりながらも元気に過ごしています~。

来週からはうちの会社は通常業務に戻る予定なのだけど、曜日によっては電車が空いてたり混んでたりまちまちなので、今月末くらいまではこんな感じなのかな。

と、雑談はこのくらいにしまして…。

気付いたら5月になってしまっていたし、購入予定とかもお喋りしたい所なのですけど、L.G.Sが進みましたので!
先に感想を喋ろうと思います。忘れちゃうから忘れないうちに残しておこうと思います。

ちなみに、今はFF7はお休みちゅうです。
攻略本届くからと思って中断している間にL.G.S始めちゃったので、とりあえずこっちを終わらせようと思って(;'∀')
あっちこっち手を付けてるけど、どれもちゃんと終わらせる~!

ではでは、この先はプレイ済みの個別感想です。
お付き合い頂ける方はどうぞよろしくお願いします┏○ペコ




◇黄天化/日野聡
3.jpg

めちゃめちゃニヤニヤしたルートでした…。
黄天化にというよりも、黄天化×楊栴というカップルにニヤニヤが止まらなくて、めちゃくちゃ可愛くて最高でした……(*ノωノ)

わりと可もなく不可もなく…って感じのキャラクターかな~って思ってたんですけど、黄天化ルートで起こるとある出来事が、なかなか辛い出来事だったので私的には衝撃だった。

物語の設定自体というか戦いとかは避けられない内容ではあるんですけど、これまでそんなに辛い!!!ってなる出来事がなかったなぁと、黄天化のルートで改めて感じた気がします。

まぁ…物語の展開的な意味でも、黄天化の事を深く知るとか彼が成長するとか…諸々色々な事を踏まえてもですよ。
あの辛かった出来事って、意味のあるものだったとは思うんですけどね。
でも悲しかったなぁ( ;∀;)

こういった事を乗り越えた先に、黄天化と黄天化の父とのわだかまりがとけたり、楊栴が黄天化に対して持つ気持ちに変化が見えてきたりする感じですね。

どこのルートでも楊栴って普通の女の子とはちょっと違う反応をしたりするので、可愛いなぁと思う部分が沢山あるんですけどね。
黄天化も何と言いますか…初々しい反応をするし、楊栴も負けず劣らずだし。

黄天化のために不慣れながらも色々と頑張る楊栴が可愛いな…ってなったり、かと思えば天才と呼ばれるほどの仙人なので、その辺の奴らより強かったりして。
そんな楊栴が黄天化に対しては普通の女の子の反応する時とか、最高に可愛かったです。

気持ちを伝えあうまでは同志としての絆!みたいな、かっこよさのある好意みたいなものが強いんですけど、それが少しずつ変化していくのも良かったし…
気持ち伝えた所とかもめっちゃニヤニヤするし…リアルに(*ノωノ)←こうなりました。

この後蘇妲己に悶える事になるんですけど、この時点では黄天化ルートが好きだった…。


◇太公望/梶裕貴
2.jpg

金の亡者、太公望です。(笑)
沢山かっこいいところがあるのに、どうしても夜な夜な聞こえてくる何かを数える声が…という、怪談みたいな部分を思い出してしまう…。

太公望って天才軍師と呼ばれるお方で、所謂楊栴にとっての上司みたいな感じ。
頭脳明晰!って感じがしますし、非の打ち所がないという印象だったんですけど、お金の事になるとちょっと面白い事になるので好感度が上がりました(笑)

わりとこれまでにプレイしてきたルートの中で、一番山あり谷ありだったように思う。

個別に入りストーリーが進む中で太公望という人が、どんどん謎めいていくんですよね。
これまでのキャラクターには無かった展開だったと思うし、進めば進むほど謎が深まるので、どうゆう事なのか…とハラハラしたルートだったな。

あとは、太公望と楊栴って、今回の封神計画を通してお互いを認め合うところから、上司と部下としての絆が強固なものとなり、恋愛へと発展していく…って感じでこの絆的な部分がめっちゃ強く感じました。

多分、普通に共に戦う仲間としての絆からの恋愛に発展するよりも、この太公望ルートで起こる出来事を経たからより強く感じるのかな~と思いますね。
キャラクターの立ち位置とかを含めても、これまでとは異なる部分があるなと思いますし、展開が面白いシナリオだった!

あと強気な太公望がちょいちょい照れてる立ち絵とかあるんですけど、めっちゃ可愛かったです…。

太公望って多分人気キャラなんですよね?
多くの女子がコロッとやられそうだな…と思う点が数多くあるキャラクターだったと思うんだ…。

いきなりかっこよくなったりするし、謎めいていくし。。。
なんか全体的に狡いなと思ったけど、太公望めっちゃ人気ありそうだなと思う部分がチラホラあったなと感じました。
とにかく楊栴と太公望みてると、見ちゃいけないものを見てる気分になりました(笑)

久々に乙女ゲーで梶くんの声を聞いたら、KLAPやりたくなったのでVita充電して準備してしまったくらいには楽しみました(笑)

◇蘇妲己/諏訪部順一
5.jpg

めっちゃ良かった………最高でした…。

第一印象では、「蘇妲己、キャラの立ち位置は好みだけど、ちょっと違うかな~」って思ってたんですよね。
狡猾で掴めない感じで優男風な感じがしてたので、自分の好みの部類ではなさそうと思ってた。

だけど、これまでのルートの中で一番楽しかったし、最高オブ最高でした。

楊栴にとっては敵となる立場なので、これまでのルートでもジャンジャン出てくるし、何となく楊栴に執着している風?だな~って思ってたんですけど…。
他キャラを攻略していると某作品の鬼さんよりは、あんまり楊栴にガンガンくる感じじゃなかったので、"この人何なんだろう?"くらいにしか思ってなかった。

けど、蘇妲己のルートで楊栴を気に入っている理由、なんで執着している風なのか、蘇妲己が何のためにこれまでの行動をしているのかとか…。
なんか色々見えてくると、好き!!!!!としかならなかったです。

クローゼットにあのモフモフした毛皮、同じのばっかり入ってたりするし、自分の肖像画を部屋に置いてたりするけど、ルートに入るとズブズブハマっていく恐ろしいキャラクターでした。
話が進めば進むほどコイツ可愛いな、、、、ってなっていくキャラだったなと思います。

それと、立場的なものもありますし、楊栴が人間界に来た理由みたいなものを思うと、この2人の恋愛って色々な障害があるんですよね。
楊栴が自分で考えて出す答えという点でも、彼女の成長や変化が感じられるけど、それを黙って見守って待ち続ける蘇妲己が素敵だなと思った。

そんでもって、楊栴から自分を必要としてくれたり、求めてくれないと意味がないと思ているからこそ…
ただ押してくるんじゃなくて、押し引きが絶妙なんですよね…。

楊栴が何を選ぶかという部分が、妖怪EDと仙人EDでの大きな違いかなと思うけど、2人が幸せになってくれれば私は何でも良いです……。

あと、那汰がめっちゃ可愛いんだな~。
子供だと思っていたけど、やっぱり彼も楊栴の同僚ってなだけあって、楊栴よりもしっかりしている部分があるように感じるし、将来有望株なんじゃないかな。

ザックリと今終わっているキャラの感想を喋りましたが、蘇妲己良かったです。
めちゃくちゃ楽しいシナリオだったし、キャラも良かった(*ノωノ)

とりあえずプレイ中からずっと"KLAPで壮介に会いたい"と思い続けてるので、最後の師匠攻略したらKLAPやりに行って来ます。エヘ…
壮介だけやったら次は何やろうかな。

積みが全く減っていないという危機的状況なので、マジで減らさねぇと…もう今年半分が過ぎそうだよ。
しかもてっきり勝手に来月だと思ってたんですけど、ダイロクって今月だったんですね…ヒィ…!!

よくよく見てみたら今月3本も買ってるわい。
やっぱり何かしら積みゲーを減らす方向性で、次のゲーム選別しておこうと思います。

ではでは、喋り続けると"全然減ってない、むしろ増える…!"という思いが増えていくばかりなので、この辺で去ります(笑)
ここまでお付き合い下さいまして、ありがとううございました~(∩´∀`)∩



相方が見ている某アプリの実況に
めっちゃイケボな人がいて…
いつもその声が聞こえてくると"あ、イケボの人だ"と
ボソッと言ってしまいます(*ノωノ)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!m(__)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments