Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

04

死神所業~怪談ロマンス~初回+渋澤焔感想

こんにちは!

まずは、前回のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいねなど様々な反応を下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ
本日もとっても励みとさせていただいております。

Twitterではお知らせさせて貰ったのですけど、5歳記事用のマシュマロとコメントは、7月5日の日曜日でしめます~!
マシュマロもコメントも送って下さった方、本当にありがとうございました!!

仕事が暇な時にコソコソブログ開いては、ちまちまと記事にしています。
日曜で締め切った後、完成させ次第アップしようと思います(^o^)
皆さまのネタ提供に激しく感謝しておりますm(__)m

そしてそして、雑談続きますが…昨日色々予約しまくっておきました。

ビルシャナ・監禁婚全3巻・グランオダリスク・ブラスタのアルバム
思ったよりも毎月いくつか家に届くような仕様になりそうで、ビックリしています。

最近色々と発売バラけてたし、こんなもりもり予約する事なかったので…ちょっとドキドキしちゃいますね(笑)

色々悩んだんですけど、うたプリの散財も待ち構えているので、ハイカラ流星組は見送ることにしようかな…と( ;∀;)
ギリギリまで悩むとは思うんですけど、ドラマCDやら何やらと結構予約しまくっているので。

ビルシャナと同じ月に発売ってなるとは思わなかった。
せめて別の月だったらなぁと思ってしまいますよね…大人の事情とか色々あるのかもしれませんけど!

あと、今書いてて思い出したんですけど、ジャックジャンヌの発売12月じゃね?
JJで約2諭吉は飛ぶので、スロダメと被るから12月もう増やせないことが判明しました。コワ…

オトメイトの配信も発表されてたけど、そこで新作とか諸々の情報が出てくるんですかね。
私残念ながら、曜日的にも21時~は見れないので、皆のツイート情報を頼りにしていますよろしくお願いします!

雑談はここまでにしまして、
今日の本題はこっそり死神所業始めてるので、初回感想と焔の感想をお喋りしようと思いやってきました~。
サクッと感想になりますが、お付き合いいただける方はよろしくです┏○ペコ




◇死神所業-怪談ロマンス‐初回感想
uljm06334_banner.png

死神稼業からめちゃくちゃ間をあけてしまったので、どんな感じの物語だったっけ?
と、最初は進めていく中で思い出していくという形でした(;・∀・)

そうそう、主人公の澄ちゃんが女性だけど死神という、珍しい子なんですよね!

前回の死神稼業では澄ちゃんと、相手のキャラの恋愛過程を描いている内容だったんですけども…。
今回の死神所業では、初回攻略した焔とはすでに恋人同士というスタートでした。

今回の大筋のストーリーは、
この物語内では死神の会社がいくつもあるんですけど、澄のいる会社である黄泉社と敵対している菊塵社が手を組むことになるというストーリーですね。
ちなみに、前にも言いましたが他シリーズに出てきたキャラも、他社の死神として名前だけ出てきたりします。

で、その手を組むことになる発端が、新たに出現してよからぬ行動をしている葬頭社という組織をどうにかするためなんですけど(笑)
この葬頭社のボスみたいなやつが、見た目は蓮司程ではないがまぁ悪くないのに、なんか嫌な奴なんだよな。

ちょいちょい言ってくることが"嫌な奴感"を出していました(笑)

黄泉社と菊塵社で葬頭社にどう対応していくか?という部分から、いざ葬頭社に大きな動きがありそうなので対抗しようという感じになる…。
内容としては思いもよらぬハラハラ展開があって面白かったです!

何も考えずに進めていたので、「え!!」と驚くような展開が待ち構えていたので、ここの部分がちょっと意外な方向に進んだと感じた所かなと思いました。
個人的には死神稼業より死神所業の方が、物語の内容的に色々なものが詰まっているんじゃないかな~と!

前回の時にも少し見え隠れしていた澄についての秘密(?)みたいな部分も、まだ焔しかプレイしていないけど、焔のルートでもしっかり語られているし。
何が原因で澄にどんな影響が出るのか、言葉にしてハッキリと伝えてました。

更に、それをじゃぁどうしていくのか…って所まで描かれているので、自分の中の想像や妄想で完結するような感じではなかった!
EDの分岐が澄自身がどうしたいのかって所から分岐していく形なのも、ちょっと新鮮に感じました。

死神稼業では"多分こうゆう事なんだよね…?"と自分の中で補完する部分があったので、今回の死神所業でその辺がはっきりと示されたのはすごくスッキリした部分かなと思います。
わりとロゼの作品って、遠回しに伝えてる風味多いなと感じるんですけど…。
今回は、ふんわり遠回しではかった!

◇渋澤焔/浅沼晋太郎
homura_sibusawa_syog.png

焔との云々よりも、ここのルートの「守られる幸せ」というEDが衝撃的すぎて、
なんかルート内の色々が吹っ飛んでいきました(笑)

どこのルートでもそれなりに幸せな方向に進んで終わる…という感じだと思っていたので、上で言っているEDに関しては、
見方を変えれば幸せとも取れると思うんですけど、澄自身が「どこで間違えたんだろう」と言っているので、純粋な幸せではないのは明らかだった。

一番最後にこのEDを取ったんですけど、あまりにも驚きすぐに次のルートに行けませんでした(笑)

だって、EDの途中までは「おぉ…ちょっとメリバちっく…」とか思ってたんですけど、最後の方で焔が澄に言う言葉で、「あれ、めっちゃBAD EDっぽくね!?」と…なるんですよ…

あの優しくておバカな焔から、そんな言葉が出るとは(*_*)
って感じになりますし、焔的にも『自分がいないと何もできない澄』の面倒を見ている事に優越感みたいなものがあるんだろうなと思う。
思うけど、焔が発する最後の発言がなかなか衝撃的でした(笑)

さすが妖同士の恋愛だな……(笑)レベルが高い。

初回感想でも言いましたが、焔と澄は恋人関係からのスタートです!
既に前回の死神稼業で恋心に気づき、そこから付き合っているという形で始まるんですけども、とりあえず焔がすごく…その…正直というかですね。

澄に対して可愛いとか好きとか、全く隠さないし普通に言っているので、ちょっとおバカな感じでもあり微笑ましかった(笑)
バカップルという感じなんだろうな。

前半はそんなバカップルぷりを見せられながらも、千歳含んだ3人の学園生活や死神のお仕事云々、澄の身に起こっている出来事を見ている感じだった。
この中で敵対組織同士手を組むってなって、その合間に組織間交流みたいなのが描かれていくので、前回のシリーズ同様に、どちらかというと平和だな~って思ってたんですが…。

まず敵対している組織と手を組んで、目障りな動きをしている葬頭社がどんな風に動いてくるか探るんですけど。
その動きが分かった時に、とある仕掛け(?)みたいなのをするんだけど、そこから大きく物語が動いたかな。

ネタバレ回避のため、何が起きたのかなどは言いませんけど…
これが自分的には全然想像していなかった展開だったので、ちょっとびっくりしました(笑)

EDは3種類で、焔とのハッピーエンドと、蓮司&焔のワチャワチャED、もう一つが最初にお話ししたEDでした。

今回は蓮司と澄に関してもルート内で描かれているんですけど、蓮司の気持ちみたいなのを焔にだけ打ち明けるシーンとかもあったりするし!!
これを見ると、蓮司ルートやりたくなるけど、やっぱり最後に…と葛藤してしまう(笑)

その流れもあったせいか、焔と澄が恋人同士ではあるけど、家族として澄の傍に蓮司がいて、焔とバチバチしているEDなんかもあるので賑やかな所も多かったなと思います。
でもどこのルートプレイしても思うけど、家族として澄の傍にいる蓮司…なんかすごく酷だなと思ってしまいますね。

家族としてでも傍にいたいけど、あまり傍にいられない理由なんかもありますし……。

焔のルートなのに蓮司の事ばかり考えてしまった(笑)

まだ焔しか終わっていないので、ここまでです!
今織瀬さんという方のルートに入ったばかりなんですけど、なかなか進まず序盤中の序盤で止まっています(笑)

忘れてたけど、何気に攻略キャラ多いんですよねこのゲーム。
コンプするまでに時間かかりそうな気もしますが、私積みゲー崩すって言ったので…。
少しずつでも実行していこうと思います!!!!!!

では、今日はこの辺で。
ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました\( 'ω')/



この前カービィカフェに行ってきた!
お目当てのものがまだ始まってなくて…
普通にご飯食べてすぐに出てきてしまった(´;ω;`)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments