Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

17

監禁婚‐選択の日々‐凍時編感想

こんばんは!

まずは、前回の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいねなど様々な反応を下さいまして、ありがとうございました~!
本日もとーっても励みとさせて頂いております┏○ペコ

めっちゃ寒くないですか!?
まだ10月なのに結構耐えられないくらい寒いんですけど…、出勤する時ホッカイロ買ってくればよかったなと後悔するくらいには寒いです助けて。

暖房つけちゃおっかな…でも今付けたら真冬耐えられなくなるな…というのを繰り返してたら、退勤時間が近づいておりました。
うちの会社、夏は暑いけど冬は寒いという全然私に優しくない構造です。

電話対応で喉がガラガラになってしまうので、加湿器買って!!と強請り加湿器は買ってもらったんだけど…。
寒くて死んじゃうかもしれないからヒーター買ってと次はヒーターでもお願いしようかな(笑)
とりあえず家からヤクルトの何かで貰ったモフモフのかけるやつ、持ってこようと思います…。

さてさて、なんちゃらナンバーまで削ってしまった監禁婚、買い直してプレイし終わったのでお喋りしに来ました\( 'ω')/
総プレイ時間も短く、サクッと楽しめる内容だったので感想もサクッと終わってしまいますが…
お付き合い頂ける方は、どうぞよろしくお願いします┏○ペコ



◇監禁婚‐選択の日々‐凍時編
tw_touji.png

まず、ゲームを始めると主人公の名前を入力しなければならなかったので、私は最初から入力されていた「ヒロイン」で始めています。
なので感想内でも"ヒロイン"と書いていきます(笑)

遙か昔に監禁婚のCDを聞いた気がするんですけど…、
内容的にも「コイツマジでやばぁ!」が爆発するような人物だったよな凍時って、、、という印象しかなくて、内容もそんなにハッキリ覚えてなかった。
覚えているのは始まりから"この人は危険だ"と強く思うくらい、デンジャーな雰囲気が伝わってくるめちゃくちゃやばい人だなって思った事。

今回は、そのドラマCDのゲーム化って事だったので、楽しみにしていた!
だけど、なんか最後までプレイするとさ、ちょっと最後はえぇ話しやないか(T_T)ってなっちゃった部分がありました(笑)

この凍時編まるまる1本を通して、ヒロインと凍時のおかしな出会いから二人の不思議な愛の形?を見るのと、二人の一生のうちの一幕を垣間見るような感じですね!

EDはリストは1~10まであるんだけど、ED1以外はBADの枠に入るものも多いですね。
唯一一つだけBADでもエンドロールついているものもあったけど、どれも個人的にオイシイBADという感じではなかったかな。
選択を間違えた故のBAD ED!って感じでした。

総プレイ時間は3~4時間程なので、サクッとプレイできます。

ED1は所謂BEST EDの部類になると思うんですけど、始まりこそ最悪な奴に捕まった…というか見染められてしまった?みたいな始まりではあるものの、少しずつ凍時が本当はどうゆう人なのか?ってのが見えてくると、ヒロインが抱く感情と同じで、凍時に対して不思議な気持ちになってきます。

最初は変態だし、全然会話のキャッチボールが出来ないし(斜め上の受け答えしてくるし)、コイツ狂ってるなぁ~って毎度思うし、ヒロインに性欲の権化と呼ばれる程だし(笑)、
なんですかね、もう途中とか凍時があまりにもぶっ飛びすぎてて、笑いがこみあげてくるくらい変態だったんですよ!

変態という一言で片づけては、凍時という人物についてあまり伝わらないとは思うんですけど。
思うんですけど!究極の捻じ曲げプラス思考とか、何回も見ていると「変態だ…」としか言えなくなってくるというんでしょうか…。

あまりにも逸脱した返答が返ってきたり、なんかもう、様々な行動から笑えてくるんだ。
変態っぷりが突き抜けすぎててさ。
最初は"ひえ~"って思う時もあったんですけど、だんだんなんか面白くなってきてしまうので凍時という人は本当不思議な人です(笑)

だけど、そんな凍時がチラチラと見せてくる弱い部分というんでしょうか。
ヒロインには憎まれても良いけど傍にいて欲しいとか、死んで欲しくないとか、そういった所からちょいちょい変態凍時とは違う顔が見え始める。
恐らく、このチラチラと見えてくる部分が、本当の凍時という人の姿の鍵となる部分でもあるんだと思う。

ヒロインも自分をこんな目に合わせて赦さない…とか思っていたはずなのに、本来の凍時の姿とかそうゆうのを察していく中で、色々と気付いていってしまうんですよね。

そうゆうのを見ていると、変態っぷりに笑っていたのがどこかへいき、凍時という人がなんか違う生き物に見えてくるんですよ。
なんだ、この人も普通の人間だな…って思うところから、ちょっと可愛い人なんじゃないかとさえ思うから不思議です。

めちゃくちゃ歪んでいると思うし、「普通」ではないですけどね(笑)

中盤くらいまでは、凍時の狂いっぷりに「この人凄いな」ってなってたのに、中盤~後半はなんか…めっちゃ凍時のある意味での素敵度が上がるだけだった気がします。
ただ、ここで言う「素敵度」は、普段の乙女ゲーのキャラに素敵~!(*ノωノ)ってなる素敵度とはちょっと意味が違うんですよね。
何があっても凍時はヒロインたちを守ってくれるし、実際狂ってる所もあるんだけど、それがヒロインを守る事に繋がるのは確か。
究極、自分がどんな目に合っても絶対に守り抜いてくれる人だと思うんですよね。

何があっても、ヒロインを危険にさらすことはないし、彼女を危険に晒した人物を確実に葬る…くらいの人です。
なので凍時の傍にいれば色々な意味で安心…なのではないかな…多分w

そうゆう所が少しずつ見えてくるのと、凍時の過去や彼についてを理解していく事でヒロインの中での凍時に対しての新たな感情が生まれる…みたいな!

純粋に恋愛ゲームとは言い難い形ではあるけど、ある意味ではこの二人の愛の形なんだろうな~って思うし、最後はちょっと感動的な終わり方までするんですよ!
最後の方とかさ、あんな始まりから色々な事があったけど、"あぁ、幸せなんだな"って感じるんですよね。

最終的にはちょっと感動しちゃうくらい、「あれ、なんか素敵な話だったな」ってなってました。
終わり方が個人的には結構好きでした。

あと、ヒロインの変化という点でも、私的には楽しかった所かな~と思います。
最初こそ、本当に物静かで優し気な雰囲気の子なのかな?ってイメージを持ってたんですけど、凍時と出会いアレコレの苦しんでいく中で
どす黒い感情とか、ドロドロした決して綺麗とは言い難い感情が生まれたり、本人からしたらすごく辛い事だと思う。

けど、そうゆう経験を経ていく中で、凍時と向き合おうとしたり、心の中で凍時に対して辛辣に突っ込んだり罵ったりしてる逞しさが見えてきたりするし(笑)
最終的には女王様になって凍時を変化させたと思いますし、どんどん逞しくなっていく過程がちょっと楽しかったです。

時折某蝶ホニャの執事さんを思わせるようなやり取りもあったりしたけど…(笑)
あっちもこっちも女性の方が逞しいな~と思いますねw

短いけど面白かった…。
自分のミスでプラス2000円支払った形になってしまったけど、面白かったです(笑)

内容もわりとサクッとしていますし、終始凍時がどうにかヒロインを手籠めにしようとしている為、そうゆうシーンが多いなって感じではあるんですけど。
序盤こそちょっとした理由から、そうゆうシーンのオンパレードではあるけど、合間に入るヒロインが凍時を理解しようとする心の動きみたいなのがあって、最後まで楽しめたかな~と思います。

ちなみに、続編には…ヒロインの子供の光(ヒカル)のお話もあるんだよね…ドキドキ。
あの父にしてこの子ありみたいな感じになるんだろうか(笑)
凍時編以外はCDも聞いていないので、ちょっとドキドキしながら発売を待ちます。

パリカが終わった後、何しようかな~どれにしようかな~と悩んでいる合間にクリアしました!
次は…ピオフィまでまだ時間あるし、何かしら始めようと思います。

せっかくPCを持ってきているので、遅くなってしまったけどきんとうかでもやろうかな!

ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(^o^)




0Comments