Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

06

キューピット・パラサイト キャラ別感想

こんにちは~!

今日は私にとっての週初めなのですけど、朝からやる事がてんこ盛りでやっと喋りに来れました。
本当はお昼休憩の時に…と思っていたんですけど、なかなか休憩も取れなくて…(T_T)

まずは、前回のお喋りにお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいね等の反応を下さいましてありがとうございました~\( 'ω')/
本日もとってもとっても励みとさせて頂いております┏○ペコ

今、絶賛シャニライで蘭ちゃんのイベント中なんですけど、久々過ぎて「こんなにやってもやってもランキングって上がらなかったっけ?」と…驚いております…。
夜の帰宅後じゃないとプレイ出来ないので仕事しながらオートでぶん回してたんですけど、思ったよりも永遠に同じ順位近辺をウロウロしているだけ。

最近早寝早起きなので寝ている間にガクンと下がるし(T_T)
お目当ての1000位以内はちょっと厳しそうな気もしなくない。
皆さまどういった生活リズムなんですかね?イベ走っている時の生活ぶりを見せて頂きたいです(笑)

さて、今日は長らく未完成のまま熟成させてしまったキュピパラのキャラ別感想です!

終わりました!!!!!(^o^)
終わりましたというか、先週の中頃?だったかな…その辺には終わってたんですけど、ちまちま書いては保存してを繰り返していました。
かなりサクサク感想にはなりますが、やっとこさ書き終わったのでお付き合い頂けたらと思います!



◇シェルビー・スネイル/KENN
CP_TwitterS.png

見た目から得られる情報とはギャップのあるお方でした(笑)

この人、キューピットコーポレーションの社長でもあるんですけど、自社に入会しているという謎の設定(笑)
愛妻家で有名だけど独身なのを言い出せず、早く結婚しないと…となって結婚しようとしている人です。

ちなみに、恋愛云々とかはどうでもよくて、とにかく「結婚している」という事の為に結婚しようとしているんだけど、
そんな彼がリネットの事を好きになっていく様子や、自分の気持ちに振り回されている様子が見られる。
だけど、なんか、なんだろ…二人とも遠回りしすぎだ!!!!って思わず突っ込みたくなる展開だったなと思います。

プレイヤー側はシェルビーがパラサイト5の1人ってわかっているけど、主人公が担当する時は自分だという事は伏せているので…特殊な?進み方をしていくかな~。
SSでいる事が大事な人だから匿名時の呼び名が[S氏]だったのかな?
とにかく面談にも模擬デートにも参加せず、代理で秘書に行かせているという(笑)
ある意味問題児の一人なのが納得です。

なんか真面目でストイックな見た目と中身なんですけど、ちょいちょい面白い部分もある人でした!
この真面目さが時には面白さにもなる部分や、可愛さとして出てくる部分もあるかなと。

後はどこのルートでも同様に、リネット自身は自分が恋愛の相手とか、自分自身に向けられる感情があるとは微塵も思っていないので…
誰が相手でも序盤はスルーしているので、シェルビー相手だと彼が空回りしている風になるのもちょっと面白かったです。

でも、社長であるシェルビーと縁結びがしたくて仕事に燃えているリネットって、仕事人間になってしまう部分でもお互い理解し合えて、恋愛方面にはちょっと疎い…みたいな所もぴったりだと思う。
思うんだけど、シェルビーの早とちり?先走り?大人だなと思っていた部分と、そうでない所の差がすごい人だったなと。

ちょっとシーツに丸まって号泣していた某キャラクターを彷彿とさせる気がしました。全然似てないし違うんだけど…。
でも社長という地位も持っていて立派な大人なので、大人ならではの臆病さというかさ!
そのせいでなかなか素直にぶつかっていけない、無駄に考えてしまい遠回りする感じがすごくしたかなと思いますね。

最初こそこの人見た目も堅いし、恋愛とか…大丈夫なのか?と思ったけど、最終的には色々すれ違いとか起こりながらも、自分の恋愛感情に振り回されながら奮闘している姿は面白かったです~(^o^)

◇螢彩院・F・琉輝/榎木淳弥
CP_TwitterK.png

ツンデレさん…可愛かったです!
他人を顔面偏差値で判断し、偏差値低いとモヤとかゴミみたいな認識しかしないような人なんですけどね…。

人を色で例えてくるんですけど、リネットはくすんだピンクっぽい色だったけど、他の人はもっとなんか…例えられたくない色だった(笑)
そんなこんなで、S氏もすごかったけど、それよりもパラサイト度がすごい人来たなと思いました。

だけど、いざ攻略してみると意外と可愛いなと思える所も多かったし、年相応というか。
そういった面でも可愛いじゃん…にやにや…って感じで進められました!
慣れてくると素直な面もどんどん見えてくるので、そういった所が"可愛い"と思う部分に繋がっていったかなと思います。

S氏も螢彩院くんも自分の中に芽生えた恋愛感情に振り回されるという点では同じかなと思うんだけど、螢彩院くんの場合は結構分かりやすく真っ直ぐにリネットに向かっていっている気がするんですよね。
これはやはり初めての恋という部分と、彼の若さというエネルギッシュさと考えるよりも行動に…という事なのかな。

最初こそ、自分のデザイナーとしての足りない部分を補う為に恋を知りたいと思っていたんですけど…
実際にリネットと一緒に過ごすうちにリネットと一緒に居るのが楽しいと思ったり、離れるのが寂しいと思ったりと…
今まで知らなかった小さな感情たちを芽生えさせながら変化していくのがさ…可愛いんですよね。

しかも「好き」という感情が分からないから、戸惑ってなかなかその気持ちと向き合えなかったりするんだけど、その変化も自分がリネットに見える色で例えるのがまた良い!
リネットの事を好きになると、なんちゃらとなんちゃらのグラデーションに見える(忘れたけど綺麗な色)って言った時に「お!!!」と思いました(笑)

そこからは結構ストレートにリネットに向かっていったので、彼の素直さが垣間見えて可愛いな~のオンパレードでした。
S氏よりは遠回りしない恋愛模様だったと思うし、、、

初回のルートのすれ違いがあったので、螢彩院くんのとあるシーンでも「またすれ違いか?」と思った部分があったんですけど、螢彩院くんはすれ違いをさせずにぶつかっていってたので、ちょっとかっこいいじゃん!と思った!
何となく螢彩院くんはまだ若いのと、大人の狡さみたいなのが無いというか…そういった所もあったのかなと。

あとは、螢彩院くん自身のお家事情とかで、デザイナーとして認めてもらう云々の部分でも、彼の勘違いだった事とか判明したりするんだけど、
恋愛的な意味でも螢彩院くん自身の事の部分でも、スッキリ爽快に終わる感じがします。
とにかく螢彩院くんがかっこ可愛い。

◇ギル・ラヴクラフト/木村良平
CP_TwitterG.png

激重くん…!ギルがあまりにも一途すぎて…
こんなんじゃ疲れちゃうよ~ダメ人間(神)になっちゃうよ~と不安しかなかった(笑)
ちゃんとその危険さを象徴するようなEDもありましたし…。

ギルの場合はリネットに失恋をしていて、未だその失恋から立ち直れていないという事でのパラサイト5の仲間入りをしているんですよね。
リネットへの恋愛感情は数年越しの強固な恋心といった感じでしょうか。

リネット自身はギルの好きな人は自分ではないと思い込んでいるので、その気持ちが自分に向けられているものだと気づくまで結構時間がかかるんですけど。
でも、ギルがリネットを好きな事での自分の恋の在り方?というか、ものすんごい尽くしちゃう部分が彼にとって良い方向に変化していくのが良かったかなと。

あのままでは、リネット以外が相手でも大変だと思う(笑)

リネットにおいてもギルに恋心を抱いていくことで、変化していきますし。
なんというか、ギルとリネットはお互いへの恋を通して、色々な部分が大きく変化していく内容だったな~って思います。

あと、ギル辺りから凄いファンタジー化していったかな(笑)
後半の攻略キャラは結構ファンタジーだと聞いていたけど、まさかギルのルートから徐々に突入していくとは!と思いました。

だって、ギルの愛車の声……(笑)あれだよね?
全部攻略してこの事を考えると、これもまたギルだけではなく車(笑)にとってもハッピーエンドなのかな~って改めて思いました。

恋愛だけじゃなく、ギルに関わる全てにおいてすごくすごく遠回りしている感じがしたんですけど、リネットの助言があったりでギルがどんどん変わっていくのはすごく楽しかったです!

個人的にはギル辺りから恋愛色がより濃くなった気がします。

◇ラウル・アコニット/八代拓
CP_TwitterR.png

シナリオの展開的にというか、序盤の出来事が衝撃すぎて(笑)
え、そんな風に展開していくの!?と少々驚いてしまいました。
でも、そのちょっとビックリした出来事があったからこそ、ラウルもリネットの発する言葉を真剣に受け止めるようになったのかな~とも思う。

あと、終始ラウルが尻尾をぶんぶん降っている大型犬に見えてしまった…(笑)

出演する映画で、恋の演技がどうしてもうまく出来ないラウルが、本当にその気持ちを体験する事で演技を良くしていく…という形なんですけども!
本当にリネットに対して恋する人の感じるであろう感情を、一つ一つ経験していくんですよ。
それがまた、最初のラウルからは想像出来ないくらい、その感情に振り回されながらも結構激しめの感情を抱いているな~って思った。

その先生としてリネットがラウルに色々な経験をさせて、ラウルに少しずつ変化が見えていく…って感じですかね。
日常的なやり取りの部分が、序盤とはラウルの態度が違う部分が結構多くて、とにかく大きな犬って感じがどんどん強くなっていった気がします(笑)

リネットが先生としてラウルに何かアドバイスすると「はい!先生!」ってすごいニコニコしてたりして、ちょっと可愛かったですし。
何かというと先生先生と、リネットにくっついて回るような印象になるのが可愛かった。
かと思えば、男性的なかっこよさを出してきたりしますし。

恋愛面でのハラハラドキドキを見守っていた私でしたが、終盤ものすごい展開になっていって、ついていくのがやっとでした(笑)
ギルよりもファンタジー度が増し、新たにここで分かる事なんかも出てきて、とにかく恋愛だけでなく他の方面でも忙しいルートシナリオだったかなと思います。

それに、ギルでは初恋みたいな初々しさもありつつ、愛も感じられると思いましたが…
ラウルとこの後の人物は、もっと愛だね~!!!って感じが強くなった気がしました。

ラウルの言っているサタン…私も苦手というか嫌いなので、激しく同意します。
でも死にかけたわけではなく、あのモッコリした中に色々入っていると思うと、、、、無理なだけです。

◇アラン・メルヴィル/古川慎
CP_TwitterA.png

もうアラン優勝じゃない?
このメイン攻略キャラの中では、アランがめちゃくちゃ面白かったよ‥‥。
アランの深すぎる愛が、、、すごく良かったです。

他ルートでもチラチラとアランに関しての事柄が見え隠れしているんですけど、ついに満を持して登場した~!って感じでした。

ラウルも意外な展開で進展していったなと思いますが、アランはもっとこう…ひねりが効いているストーリーじゃないかな。
確実に、他のルートとは別物な展開だったなと思います。

アランとリネットの恋愛という点では、ちゃんと恋愛している感みたいなものもあるし、感じられるんですけど…
始まりが事故のような?もの?(笑)なので、その辺もちょっと面白い始まりだったなと。
ただこれについては、この事故のような始まりで本当の気持ちを刺激している感じなので、無理やりその事故により始めさせたって形ではないかな。

ストーリー全体で見ると、他キャラ達のように二人の恋愛や心動きがメインって感じではなく、もっと色々な二人の出来事が関わってくるので…
二人の関係性もその出来事により、全然スムーズにいかないしさ~。
ちゃんと二人がくっつけるのか心配になってしまう程でした(T_T)

でもそのなかなかスムーズにいかないんだけど、そのうまくいかない度に、アランがリネットに対して持っている気持ちの深さがめちゃくちゃ感じられるというか。
リネットも同じなんですけど、でもでも、これまでの各ルートありきで考えるとさ…
アランのリネットを想う気持ちがギルよりも遙かの大きな愛なのでは?と思ってしまう。
もっとでっかい愛!って感じがしたんですよね~。

略奪パラサイトだけど、そことのギャップがすんごいキャラだったなと思います!
めちゃくちゃ面白い内容だった!

で、隠しがいることを私は全然知らなかったんですけど、隠しキャラは天にも昇る気持ちでプレイさせてもらいました~(^o^)
楽しかった…すごく…楽しかったです…。

色々とネタバレ満載だと思うので、個別感想はあえて書くのをやめましたが、これまでのメインキャラ達の中での小さな気になる部分とかが隠しキャラとアランのルートで明かされる感じかな~。
でも、物語の始まり方が隠しルートは別ものの始まり方&進み方なので一本で二度美味しい的な感じですね。

各EDもハピエン以外もBADみたいなものはないので、終始心が平和なままプレイ出来ます。
数個程、ちょっと切ないな…と感じるEDはあるものの、殆どが明るい雰囲気で終われるものかなと思いますし。

全体のボリュームも思ったよりもボリューミーで時間がかかってしまった(;´∀`)
もっとサクサク進むのかなと思ってたというのもあるんですけど、隠しも入れると6人いるしそれぞれのルートも結構ボリュームある方じゃないかなと思うので。
大変満足です!ちなみに私の推しは最初から変わらずピーターさんで、メイン攻略だとアランかな~。
ラウルさんも結構好きでした~(^o^)

という事で、キュピパラの個別感想はこれにて終わりです!

何とかキュピパラが終わりましたので、ピオフィが届いたら始めようと思います♪
宅配ボックスいつも空きが無いので受け取れるかが問題ですが…(;'∀')

ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(*´ω`)ノシ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments