Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

03

きんとうか キャラ別感想

こんにちは。

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいね等の反応を下さいましてありがとうございます!!!
毎回とてもとても励みとさせて頂いております┏○ペコ

きんとうかのキャラ別感想、書こう書こうと思ってたのにまとまった時間が取れずに今になってしまった。
早く書かないと忘れちゃうと思ったり、もう書かなくても良いかなとかも思ったり(笑)
忙しいとは口が裂けても言えない感じなのに、こまごまとした雑用やら何やらが途切れず…
忘れないうちに、と思って喋りにきました。

お昼ごはん食べながら急いで仕上げたのと、あんまり突っ込んだ内容にしたくなかったので色々消したらめっちゃ短くなってしまった(笑)
それでも宜しければお付き合いお願い致しますm(__)m

注)BLゲームになりますので、大丈夫な方はお進みください!


◇渡利恭/須賀紀哉
tw_icon_l4.jpg

序盤や合間等に皆の幼少期のシーンが出てくるのだけど、恭ちゃんの幼少期がどちゃくそ可愛くて…
出てくるたびに顔がニコニコしちゃいました。
よく泣いてすぐ噛んで、颯太の事が大好きな恭ちゃん…可愛かった!

だけど幼少期の言葉だからこそ響く言葉というのもあるので、恭と愁の兄弟はもっと落ち着いて話し合う時間を沢山設けなきゃだめだよ( ;∀;)とお節介を焼きたくなりました。
それだけで解決するわけではないんだけど(笑)

今回の幼馴染たちの中で一番年下になる恭なんですけど、颯太に会っていたのはすごーく小さい頃なので颯太の事を覚えていないんですよね。
年齢的にも覚えていないものなのかなぁって思っていたし、その辺あんまり違和感を抱かなかった。
けど、これが後々、何故恭は颯太の事を覚えていなかったのか…が分かると「そういう事か!」と納得できると同時に、何とも言えない気持ちになりました。

彼自身が乗り越えるべき出来事がすごく苦しい内容だったなと。

とにかくすごーく真っ直ぐで素直で優しい、恋愛面においても若さ溢れる真っ直ぐさというか、猪突猛進型かなと思います。
すごいグイグイいくし、彼の中で颯太を好きになった事への葛藤もあったんだろうけど、その後の押しが攻略キャライチなので(笑)
あまりその葛藤を感じさせなかったし、この真っ直ぐさが眩しかったです。

ただ、素直・真っ直ぐというのはとても良い子に育ったな、色々と複雑な家庭で育った割に擦れていない良い子だ…と思う反面…
この素直さ・真っ直ぐさが怖いというか、良くない方向へも素直に真っ直ぐに向き合ってしまうのでは?という脆さみたいなものにも感じました。

真っ直ぐだからこそ兄の愁と向き合えないというか、兄弟の関係性があまりうまくいっているように見えずすれ違ってしまうのかなとも思います。
これに関しては颯太の不思議な体験を通して、良い方向にいくのでまぁ良いのだけど…
思い出しても泣ける( ;∀;)

二人の恋愛展開自体、颯太が自分自身の中にある気持ちと向き合えない事で不安になってしまったり、恭が颯太を信じ切れていないというか、
颯太が今にも消えてしまいそうだったり、ちょっと不安定な時期を傍で見ているので、どこか安心出来ていない・不安になってしまっている時があったり。

そういったものを二人で話し合ったり、心の距離を近づけながら良い方向へと進んでいくんですけどね。
精神的な意味での距離を近づけるというのも結構大変だったのに、ここで乗り越えるべき大きな出来事が他にもある。
これが、二人の未来を左右するくらいまでいってしまうので、もう、なんか苦しいんですよね。

恭ちゃんが優しい素直な子だからこそ、これほど悩んで苦しんでいるんだと思うんだけど、彼がこの出来事を乗り越える事でまた一つ強くなれると思うし、颯太の方も恭を支える事で大きく変化したなと思う。
だけどそれを見ている側からすると、もう~苦しくて恭ちゃん……うぐぐぐ…となりながらハラハラしながら見守っていました。

一番最初に攻略したけど、最初からこのハラハラ感で大丈夫かなと不安になった。

あと、そう颯太の身に起こる出来事は全てのルート通して起こっているんだけど、この真相が分かるのが最後のルートなので…
それまで色々なルートを通るたびに頭を悩ませる出来事となりました(笑)

◇渡利愁/やじまのぼる
tw_icon_l3.jpg

すごい分かりにくいタイプ……
颯太の事をどう思っているかという部分でも、愁自身に関係する事でも、色々な所含めて謎が多い人物でした。
あと色気がすごいというか何だか妖艶な人だなと。

愁ルート中盤以降になってくると、一つ一つの分かりにくいなと思ってたり謎だなと思っていた事の真実や本当の気持ちとかが見えてくる。
この人も颯太同様幼少期に色々とあった為、このような人物像になったんだろうなと思います。
それに、普段本当の気持ちというか、颯太をどう思っているのかとかそういった部分に関しても、すんごいモヤ~っとした感じで言ってくるんですよね。
だけどそこに隠れている、愁の求めているものを知ると…モヤっとした言葉も違った色に見えてきます。

彼の本当の気持ちみたいなものが分かると、すごく可愛らしい人というか、見せないだけで情に厚い人なのかなと思うし。
最初に彼から受けた印象とはだんだんと違って見えてくるのも魅力かな!
あと、真顔で冗談を言うので分かりにくいけど、発言がかなり面白い人だなと(笑)

きんとうかの物語を通して、それぞれの日常的な会話がすごく面白いなと思ったんですよね。
特に宗定や愁の分かりにくい冗談や、大真面目な返答で笑ってしまう所が多かったです。

愁が当主を務める渡利家は島の葬祭を司るんですけど、これまた宗定の逢己家とは色々あるんだな~。
神事を司る逢己と葬祭を司る渡利…島ではこの二つの家は特別な家柄とされているんだけど、真逆のものを扱うのでその分島独特の仕来りがこの二つの家には多い。
それにこの家柄の事で、愁と宗定の関係性が颯太の思っていたのと違ってたりしますしね。

愁自身は当主でもあるけど宗定よりは位に縛られてい、だけど…家柄とかの面で縛られている部分が少なからずある。
愁や宗定あたりになってくると、当主として、島の風習故に…という縛られている苦しさ、葛藤みたいなものが増えるのが苦しみでした。

代々続いている島にとっては重要な家柄でもあるので、家を代表する愁の立場としてや、彼自身が考えて皆と円滑にいく付き合い方とか。
あとは弟である恭との関係とかもだけど、なかなか言葉では語らず自分の中で、相手を想って考えた結果の行動をしているので何とも対人関係がへたくそ!
そこがまた良い所でもあるのかもしれないけど、彼のそういった部分を緩和させたりカバーする人物が颯太というのがまた良かったですね。

◇逢己宗定/波夏至岩亜鉈
tw_icon_l2.jpg

どうでもいぃけどキャストさんの名前、何て読むの?(笑)
変換するの大変だったw

もう~なんだろう~キャラ的にも中身的にもすごく好きなタイプではあるんだけどさ…
初めて宗定と颯太が心を通わせてそうゆうことするシーン、全然楽しくなかった!!!!
その後に何が起こるのか分かっちゃうので、早く終われ!そうゆう事してる時じゃないよ!とハラハラしただけだった(笑)

宗定の事を島の王と颯太が言うんだけど、まさにそんな位置づけの宗定。
逢己家の当主なのだけど、この逢己という家は島の神事や政治などなど様々な事に関わる家なんですよね。
で、島の人達からも神のような…彼が歩いてたら拝んじゃうような扱いを受けているので、島にとってもとっても重要な存在。

宗定自身にも色々と事情があるので、自分の立場や行動に制限がかかっていてもそれを苦だとも思っていないような所があります。
真面目と言えばそうなんだけど、彼の生い立ち等様々な理由から"立派な当主に"みたいなものから来てるんだろうなと思う…なんか辛い。

唯一最初から颯太の事が大好きなんだろうな~というのを隠しもしない人物かなと思うんだけど、だけど…島の王ゆえに…そんなうまくいかないんだよね。
とにかくずーっとすんごい苦しい恋路になるし、これちゃんと幸せになれるのか?とずーっと思いながら進めました。
ハッピーエンドを迎える為に進んでいるはずだけど、大丈夫に思えないんですよ(笑)

すごく苦しいし悲しい思いをしたりもしたけど、だけど、本当にとても良いルートシナリオだったなと…思います。
宗定がさ…初めて恋をして好きとか愛という感情を知るから、周りが見えなくなっちゃう所とか、自分の思い通りにしようとしたり押し付けちゃうのとかさ。
そうゆう失敗をしながらも最終的にはめっちゃ良い男になってくので…マジ…宗定ルートやって欲しいです。

BADも想像出来るキャラクターだなと思ったけど、なかなか面白かったです。

◇司/ワッショイ太郎
tw_icon_l5.jpg

司自身の感想は書かないと自分の中で決めていたので、個別で詳しくは書きません。
一応、全員のGOOD EDを見ていないのルート解放されないキャラクターなんだけど、きんとうかという物語の真相みたいな部分ももりもり。

司という人がすごーく謎な人物ではあるんだけど、颯太の事を何も言わずともよく分かっている人だなと思う。
颯太が発する言葉って独特なんだけど、その裏にどんな感情があるのか、何を求めているのかを見抜いてしまう人…
そんな人がいたらずっと傍にいて欲しい、この人しかいないって思いますよね。

ちょっと依存っぽい雰囲気があるような気もしなくはなかったんですけど、それらを含め司という人の事、颯太の事、二人の事。
総じて真相などがよく分かるルートではないかな。

これまでのルートで色々な側面から島の事、島の人の事、しきたりの事を見てきて、様々な思いを感じると思うんですよね。
それらの見方・感じ方を少しずつ変えていってくれるルートだったなと思います。
この島でこの風習で、その風習の中生きてきた島の人達で良かったなと思えて、一番心が温かくなるルートが司ルートだと思います。

ここに来るまでは、こなくそー!と思ったり、島の人たちやしきたりに縛られてる人達にムカムカした事もあったけど。
最終的には全てにおいてすごく良い所を感じて終われると思う。
というか、私が最後は『色々思ったけど、この島の人達だったから良かったのかもな』と思えたのと、そう思えるシーンがで号泣したので(笑)

そこに必要不可欠なのが司という存在になるんだけど、司だったから…という前提はありきだけど、本当にすごく素敵な人達に囲まれている。
色々な人が登場人物として出てくるけど、メインのキャラ達以外の心情とかも垣間見えるので、その辺も含め楽しめる部分かなと思います。

皆それぞれが人との付き合い方、打ち解け方、気持ちの伝え方に問題があったりするけど、心通わせて笑ってる皆が見られて私は幸せでした( ;∀;)
司との恋もなんか、すっごく甘酸っぱいけど切なくもあるけどめちゃくちゃ幸せな恋!なので(:_;)
マジできんとうかやってくれ…。と思います。

夏頃にプレイすると良いですよ~と言われていたのに、結局冬真っ只中にプレイしてしまったけど(笑)
とても楽しめた作品でした!

という事できんとうかはこれにて終わりです。

今月はスロダメ待ちをするので、それまで特に何かをプレイする予定はなしです!
一本フリーゲームをプレイする予定なので、それの感想はお喋りしに来ようと思いますので…
次回はそれかな。

あとはFF15ですが、何とかセーブデータ消える前に近いくらいまで進めました!
と言っても章で言うと、わざと進めていないので3章くらいなんだけど(;'∀')
いける場所とかやってるクエストとかは、消える前に近い所まで進めています!!!
ちなみにまだプレイ時間50時間くらいだった(笑)今回は2週目だから効率よく進めているんだろうか。
レベルはやっと65くらいまできたので、ここからじっくり進めていこうと思います~。

ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました~!┏○ペコ


最近また断捨離してます。
もう、なんか、どんどん物減らしてやろうと思って!
今の家に来てから年に2回くらい断捨離してる気がする。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments