Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

05

Vergunty ヴァーガンティー感想

こんにちは!

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいね等の反応を下さいましてありがとうございました~。
毎回とっても励みとさせて頂いております!┏○ペコ

この前の休みに皮膚科に行ったんですけど、体(主に胴体前側)に症状が出てるので、食べ物等のアレルギーは考えにくい・心因性のものだと思うけど環境変わったりしましたか?
と言われ、何も変わってないので、原因が不明との事で飲み薬・塗薬で様子見ましょうと言われ帰ってきました(:_;)

薬のお陰で痒みはなく、快適ではあるんだけど…(病院いく前の日から痒くなった)
治っているのか治っていないのか、まだちょっとよく分からないです(-_-;)

引っ越ししてきた時にも肌荒れみたいになったのだけど、今回はFFのセーブデータが消えた事以外特に何もないので…
あれ、まって、もしかしてセーブデータ消えたショックのあまり、湿疹が出たんだろうか(笑)
そんな事ある?(笑)

今書いてて「これくらいしか最近の心労ないな~」って思ってたんだけど、まさかそれなのかな。
実母には「今コロナとかもあるし、自分が思ってるよりも気にしたりして疲れてるんじゃないの?」とか言われて、そっかぁ~…そうなのかなぁ…とか言ってたんだけど。

ゲームのセーブデータ消えたショックで心に負担がかかり、湿疹出てたらちょっと笑えますね。

さてさて、私の湿疹の話はこれくらいにしまして!
本日はVergunty ヴァーガンティーの感想をお喋りしに来ました~。

ヴァーガンティーとは個人サークルALKERDさんが制作しているノベルゲームです。
OP動画があるのを教えてもらいましたので、ペタリしておきます(^o^)



これが…プレイし終わってからこの動画見るとさ…
またなんかプレイ前とは違った気持ちで見ちゃうんですよね。

今回は真相がどうのこうのというよりは、出てくる人達の恋模様という感じなので…
その恋に関わる人達や、ちょっと突っ込んだ部分などは伏せに伏せてお喋りしています。
なのでよく分からないなと思う部分が沢山あるかと思いますが、それでも宜しければ!
お付き合い頂ける方は、どうぞよろしくお願いします~!┏○ペコ



◇Vergunty ヴァーガンティー感想
thumbnail_1.jpg
(今回の記事に使用している画像・動画は全て、制作者様に掲載許可を頂いております。)

ALKERD様公式(公式内からDLページに飛べます)

今回はVergunty ヴァーガンティーというフリーゲームをプレイさせて頂きました~!
これ…プレイするとすんごく感じるんですけど、このゲーム制作者様がお一人で作っているとは思えない…
本当に凄い、凄いなと思いました。
しかも全編ボイス付きなんですよ…豪華すぎる。

ゲーム内容も至ってシンプルで、ファーストルート→セカンドルート→ED×3ってな感じなので、サクサクと読み進められてしまう。
ちなみに、私は先が気になって気になって、一気にプレイしてしまいました(笑)

thumbnail_2.jpg

物語はこの作品 登場人物全員の、様々な形の恋が描かれています。
上記画像のキャラ達が主人公と様々な形で関わっていく人々ですが、この中の全員が攻略対象ではないのだ。
彼らのうち誰かが攻略対象で、誰かがまた違う関わり方をしてきます。ドキドキ。

一応主人公として綿貫こころ(名前だけ変更可)というヒロインがいるのだけど、進めていくと感じるのは、こころちゃん以外も全員主人公なのでは?と思えてくる。

使用させてもらった画像は、ヒロインに関わる人達の画像なのですけど…
彼らも含め全員が主人公だよ・・・・・・。

この作品に登場する人物全員が(ヒロインも含め)、〇〇SIDEって形でそれぞれの視点でその人が感じている事とかその人が見ているシーンというのでしょうか。
そういったものも見ながら進んでいくので、だんだんと全員に感情移入しちゃうんですよね(笑)

いつもは主人公見守り隊として覗き込んでいる感じなのだけど、今回は『今この時あの人はどういう気持ちなんだろう…』とかその時出てきていない人の事ばっかり考えてしまいました。
あと常に感じていたのは、身体的なものだけどずーっと胃がギュってなってました(´ω`)

ヒロインのこころちゃんはOLさんで大人の女性です。
IT企業に勤めていて仕事にも一生懸命で、女子が憧れる女子なんじゃないかなと思う。
仕事もプライベートも楽しんでいるんだろうな~って感じが伝わってくるキャラクターだった!
だけどBLが好きという…ちょっと親近感も沸くようなヒロインです(笑)

そんな彼女を中心に、彼女に関わる人達の恋や、その恋する気持ちが大きく動いていく…ってな感じで、良い感じに皆さまの恋心というか愛?が絡まり合って常に胃がギュってなってました。
昼ドラ並みの絡まり具合だと思います(笑)

ドロドロ…という程愛憎!って感じではないんだけど、人を好きになる事で感じる強い嫉妬とか憎悪とまではいかなくても、それに似た感情とかさ。
そうゆう心情が色々な方の視点で描かているんですけど、そういった気持ちが先に来ることで相手をどれだけ想っているか気付いてしまうというのがね~何とも言えないですよね。
まぁドロドロですね、色々な意味でドロドロだった。

後はその気持ちが恋だと気づいていないのに、嫉妬などの感情に振り回されて荒れてしまっていたりとかとか。
そういった感情をそれぞれが感じたり、悲しい思いをしたり、好きという感情で幸せになったり、恋愛に関するいろーんな"感情"を詰め込んだ物語だなと思います。

それにヒロインの恋する気持ちや攻略対象の恋する気持ちがメインという訳ではなくて…
もちろんこころちゃんの恋模様もあるし、こころちゃんに恋する人の恋模様もあるんだけど、こころちゃんに恋してる人への恋模様もあって…

すごく複雑じゃないですか?(笑)

これがこの作品の面白い所だと思ったんですけど、誰かがこころちゃんを好きになる事で、その誰かの事を好きな人は悲しかったり焦ったり、マイナス方面の思いをする訳ですよ。
好きな人同士が結ばれれば幸せってだけでなく、その恋を成就させるには必ずその裏で悲しむ人がいて全員が幸せになる事はないという…。

どちらかを選ぶのか、それともどっちも選ばないで自分以外の人の幸福を選ぶのかという言葉が公式にも書いてあったけど、
プレイした後これをもう一度見ると、何とも言えない気持ちになる…けどめちゃくちゃ面白い内容です!

序盤のメインはこころちゃんと美月くんという二人の恋、プラスもう一人も出てくるって感じなんですけども。
こころちゃんは大人の女性なので、美月から見た大人の女性の素敵さも感じるし、こころちゃん自身はちょっと大人の狡さみたいなのもありつつ子供っぽい可愛さもあって、彼女の魅力がすごく感じられるな~と思いました。

あと、美月くんね……
美月くんがこころちゃんという大人の女性に憧れ、好きになっていく過程が何とも言えず甘酸っぱい!
対してヒロイン側から見ると、歳の差があるので色んな障害というか"彼の事をどう思っているのか?"に気付くまでやその後も、年齢の事での色々があったりしますし。

彼はまだまだ高校生で、初めて人を好きになる・恋をするのですごく盲目的なんだ~。
なんかこの好き好き大好きな感じ、初めて付き合った特別感みたいなのめり込む感じが、すごく危うくもあるので違う意味でドキドキしました(笑)
この盲目的な恋というか、好きという感情に真っ直ぐ突き進んでいってしまう感じがさ、胃がギュってなるんですよ。
あと彼を傍で見ている人物の事を見てても胃が…(笑)

人を好きになる事ってすごく楽しい事が増えたり、今まで見えてたものだけでなく新たに知るものとかもあって良い事だと思うんだけど、
その反面、そっちにばかり気がいってしまって、大切なものが見えなくなってしまう事もあったりするというのが、ここでの恋では感じられるかなと。

これは、《誰か一人が》という訳ではなく、この最初の恋に関わる(主に3人)に言える事なんじゃないかな。
話の流れだけに注目していると、何とも言えない気持ちに振り回されてのめり込んでしまうんだけど、後々、ここでの経験を当人が思い出し・振り返ってその人の成長を感じられるシーンとかあるので、そのキャラの見せ方?というのですかね。すごく上手だな~って感じました。

あと、この前半部分でヒロインがした選択を、彼女がどんな気持ちで・誰の事(幸せ)を考えてこの選択をしたのか?というのをね、ちゃんと後からある人が理解してくれるシーンがあるんだけど…思わずホロリとしてしまった…。
それを理解出来る=その人が成長しているというものもあるし、ヒロインが誰よりも相手の事(この場合一人の人ではない)を考えているのが何とも言えないんですよね。

このヒロインの選択により、悲しむ人もいれば、喜ぶと言ったらおかしいけど救われる(?)人もいて、ヒロイン自身も苦渋の決断をする訳ですよ。
こころちゃん自身も考えに考え抜いた結果、この選択をするんだけどさ~。

なんだろう、"大人"とか"子供"って、子供側にとっては「そんなの関係ねぇ!」って感じだけど、大人側にとってはもっと色々な他の事というかさ、
広い視点で沢山の物事を見て考えているから、自分が辛くても「大人だから」その決断をしなくちゃ…ってなる感じ…
どういえば良いのか分からないけど、なんかなぁ~って思っちゃうよね。(笑)

ジェットコースターのように上がったり下がったりした後に、また新たな恋の動きがあり後半戦に繋がる…って流れでした。
前半戦だけでもけっこう私の胃は疲労困憊でしたが、後半戦もあるとは。

後半戦はある意味ヒロインはボロボロ状態からのスタートになっていて、そこに寄り添ってくれる人が現れ……ってな形になっております。
とりあえず後半戦の始まり辺りは、こころちゃんが子供みたいにワンワン泣いてるの見ると、こっちも泣きそうになりました。

だが、これまでとこれからの流れを見ていく中で、こころちゃんがある時にこぼす「自分の存在が誰かを云々かんぬん」って泣いているシーンなんか、めちゃくちゃグッときました。

読んでいる人からしたらいきなりそんな話されても、何が何だか…と思うかもしれませんが、とにかく彼女に好意を抱く人が現れると、必ず誰かが我慢したり辛い思いをしているという流れがあって。
これについては話の最中だけ見ていると、なんでこんな事に……と思う気持ちがあるんですよ。

だけど、誰かがヒロインの事を好きになる事で、その人の人生にとってプラスになる出来事もある訳で。
今回こころちゃんの事を好きになった二人は、ある部分では悲しくて辛い思いもしているんだけど、彼女を好きになった事でプラスに変化している部分もあるんですよね。
これってこころちゃんに恋をして、彼女と関わらなければなかった変化でもあるんです。

一番強く感じたのは後半にこころちゃんに寄り添ってくれる人は、彼女の存在で大きく変わった部分があったなと思った。
最終的には美月くんもこころちゃんとの恋があった事で、見落としていたものにちゃんと気付けたり、見つめなおせた部分があったなと思う。

だけど色々な人の想いや感情を向けられるこころちゃんからすると、自分の存在で周りの人達の形が変わっていってしまっている…と悲しくなってしまう気持ちも分かる。
だけどそれだけじゃない事も気付いて欲しい、けど他の人の事を考えると‥‥ウガ―!!!って感じになります。

後半についてはあまり深く触れないようにしていますので、是非ご自分の目で確かめてみてください。
前半同様に、こころの新しい恋!?とドキドキしちゃう反面、それをうまくいってほしくないと願う人が出てきたり…
前半よりも大荒れになりつつ、ちょっと感動的な流れになっているかな~と思います。

EDは3パターン用意されているんだけど、それによりヒロインの相手となる(EDを迎える人物)は2人に固定されていて、迎えるEDはAとくっつく/Bとくっつく/C(その他)といった具合。
プレイする道は最初にも言った通り、1本道になっています。

EDでは二人の内どちらかと幸せに過ごす模様が見られるので、幸せそうで良かった…と思う反面、
やっぱりそこに選ばれなかった方やその他の人の事を考えてしまうと、ちょっと切ない気持ちもありつつ…。

それらとはまた異なるED(先ほどのCにあたる)が一つ用意されているんですけど、それを見る事でこれが一番平和なのでは!?と思いながらも、この場合こころちゃんの心がちょっと気になっちゃう。
だけど、このCのEDの流れを見ていると、片方と幸せになっていたとしても残された方は新たに進んでいるのかもな~と思えて救われた気がしました。

途中に選択肢もあるんですが、これは好きに選んで大丈夫って紹介ページに書いてあったので好きなように進めていきました。
ED分岐は一番最後に出てくる3つの選択肢どれを選ぶかで、ヒロインのこころちゃんの迎えるEDが3つの内どれなのか…?って形になっています。
なので途中の選択肢は分岐に影響しないので、何選んでもOKって事なようですね。

伝えたい事が沢山ありすぎて、うまくまとまっていない気がします…
本当は登場人物全ての事をお喋りしたい所なのですけど、あんまりお喋りしてしまうと全て喋ってしまうので我慢しました(笑)

DLページには色々な方のレビューとかもあったので、それらを参考にしてみると良いかも。
皆さん要点をうまく伝えていらっしゃる。。。。
(私は感想書くの実は向いていないのでは…w)

とにかく面白かったです。
仕事の合間にちまちま進めてたんですけど、じっくり読みこんで進めてたので時間がかかってしまった(笑)
どうにかこうにかEDを全部見てから帰宅したくて、仕事終わったのに「あと1個最後のED見てから…!」と会社に残ってプレイしてましたw

私はPCにDLしてプレイしたのですが、ブラウザでも出来る?ようなので、気になった方は是非プレイしてみてください~。

終わった後も作品ページ見てたら続編とか諸々、他にも楽しめそうなものもあったのでやってようと思います(^^♪

色々と忘れないうちに書き上げないと!と思って、急いで書き上げました(笑)

同人作品いくつかプレイしたりするけど、制作する皆さん本当凄いなと思います。
仕事しながら作ってて、物語を生み出せて絵を描けるなんて同じ人間とは思えないですね…
私はなんて平々凡々なんだろうかと(笑)

あと、今日クルビ持ってきて読んで、感想も書こうとか思ってたのに、、、
玄関の棚の上にクルビを置いてきてしまった(笑)
(ちなみに丸出しじゃなく、袋に入ったままなので大丈夫です)

近々クルビ感想もお喋りしに来ようと思いますし、2月の購入予定もほったらかしにしてましたのでその時にザックリお喋りしまーす。
ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました~\( 'ω')/



今日はブログ触っている以外はバタバタしてて
昼ごはん食べる気力もなくなってしまった…
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments