Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

11

FINAL FANTASY XVクリアしました!

こんばんは。

まずは、前回のジャックジャンヌ感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいね!等の反応を下さいましてありがとうございます!
毎回とてもとても励みとさせて頂いております。

今日はジャックジャンヌではないです(笑)
それよりも前にクリアしていたFF15の感想とういうかお喋りというか、ぶちまけに来た感じなんですけど…。
ずーっと書いては保存していたものがやっと出来上がった…再度書き始めてから4時間たってやっと出来上がりました(笑)

という事で、長いです。
そして感想ではない、作文みたいな…なんかよく分からんものになりました。
ネタバレとか気にせず書いているので、もしこれからプレイするとか出来たら読まないでください!
それでも大丈夫よという方はお付き合いお願い致します!m(__)m

(この旅で私は私ではなく、ノクトたちと共に旅する見えない5人目の仲間と化しています。)




◇FINAL FANTASY XVのお喋り
ExE0GCtUUAU6vgy.jpg

FF15クリアしました~!!!!!!\( 'ω')/
何度でも言うけど、途中セーブデータ消えたりとか色々ありましたが、無時に…無事にクリアする事が出来ました(:_;)ウゥ…

メインストーリーを終えた後の自分の感情爆発状態のまま、DLCコンテンツのEpisodeグラディオラス・プロンプト・イグニス・アーデンと全てプレイしてきた……。
終わった後は『やっぱFFおもしれ~~~~!!』って気持ちと、『終わっちまったぜ…(抜け殻)』って気持ちが混ざって渦巻いてました。

丁度クリアに向かっている時・DLCやってる時辺りにジャックジャンヌやりだしているので、どっちをやっても『仲間っていいよな』という気持ちになるんですよね。
いいよね、仲間って。

最後の方はあれよあれよという間にストーリーが進んでいくので、『あれ?もあしやこのままラスボス戦!?』となったくらい、最後は本当にサクサクっと進んでしまった。
殆どのサブクエはクリアしていたけど、まだ出来ていないものとかも残したまま…最後の戦いの場所に行く羽目になってしまいました(笑)

ずーっと滞在して駆けずり回っていた地域…国?からやっとこさ船出をしたのが前回の感想だったと思う。
その後、オルティシエ(海の向こう)に行ったら、そこでもサブクエ受けながらあっちこっちかけてたんですけども!
国を巻き込むドンパチが起こったりしてまぁ大変でした……。

リヴァイアサン(水神で龍みたいなやつ)の啓示を受けに行ったんだけど、まぁその時にかなり大規模な戦いになってしまうんだけどね。
ルーナ(ノクトの婚約者)に会えるのめちゃくちゃ楽しみしてたのに、多分ルーナはこの後何が起こるか分かってたんだろうな…
そして愛するものを持った女性は強いなと何度も思わされました( ;∀;)

帝国が邪魔してきたりリヴァイアサン応じてくれなかったり、あっちこっちからドンパチ攻撃されてるとズモモモモモ…とノクトたちを守るように出てくるタイタン(中盤位いに戦ったデカい奴)が出てきて…
なんかもう、人の戦争というよりも神の戦争になってきました。

国同士の争いから物語が発展していたはずなのに、神の啓示を受けたりなんやかんやしているうちに、戦争に神様まで関わってきた!みたいな。

外国の女性大統領みたいな…そんな人との交渉とかもするんだけど、ノクトが王として初めてする外交みたいな感じでドキドキしてしまった。
私のせいでノクトを使えない王認定なんてさせたくないジャン。

ここのオルティシエで起きた出来事って、プレイヤーはノクトを操作しているのでノクト側の物語しか見れていないんですけど、
仲間たちとは別行動をとっているので、Episodeイグニスでここでのイグニスの行動が見られるというかそんな感じになってました!(DLCについてはまた後でお話します)

個人的にはこのオルティシエも、広大な土地が広がっているのかなと思っていたんですけど、ここはオルティシエのみ…
この後また船出前の所に戻るんですけど、ここからの記憶が超曖昧です(笑)

この戦いでは失うものが多すぎた。
ここに来るまでにも失っているものがあるんだけど、追い打ちをかけるように…って感じでさ、めちゃくちゃ泣きながら戦闘したりしてましたよ。
(ちなみに、この時の自分は全く予想もしてなかったけど、ここから常に号泣しながら戦闘していく事が増えていきます(笑))

ノクトはこの戦いを経て、もう塞ぎ込むくらいの感じになるし、『王ならしっかりしろ!』と言われてしまうような…
ノクトの気持ちもめちゃくちゃ分かる!分かるんだけど、『王なら…』という気持ちも分かる…。
大きな喪失を抱えているノクトに追い打ちをかけるように、先の戦いでイグニスが…イグニスが…目が見えなくなっちゃった~~~~(T_T)ぶえーん

ここから、めちゃくちゃギスギス旅になり、私の精神もすり減りました(笑)

ノクトは若干やる気を失っているというか、やらなきゃいけないんだろ…ならやるよ…みたいな、そんな感じになってしまっているし、
イグニスは目が見えないので杖を使いながらの行動なので、そっちに気遣いながらちまちま進まないと『おい、一人で旅してんじゃねーんだぞ』的な事を言われるしサ…
そんなつもりはないんだよ…今までの癖でついついピョンピョン飛びながら進んじゃうだけで、置いていこうとか思ってないし…ってなる。

せっかくここまで4人で旅してきて、沢山共に戦って、王子から王になる為に頑張ってきたはずなのに…
ここに来て名目だけでなく、全てにおいて【王として】というのを求められ始めているんですよね。

なかなか王としての自覚や覚悟を持てないノクトと、それをよしとしない周り(外野)から色んな攻撃を受けて無理やりそこ(自覚と覚悟)を持つように向かわされている感じもするし…
王になるノクトに支える為盾になる為にずっとついてきた仲間としては、待ってあげたいけどそうも言ってられないもどかしさもあるんだろうしね。

皆のそれぞれの想いがすれ違ったり、なかなか交わらなくてギスギスしながら進んでいくのが結構キツかったっス。
この後イグニスの言葉をきっかけに、和解というかそんな感じにはなってるんだけどこの時点で私はまだちょっと完全には立ち直れてないですw

で、列車に乗ってニフルハイム~ルーナの故郷~帝都突入とあれよあれよという間に進むんだけど、途中にルーナの故郷とか寄り道したりするんですが、
この辺からルーナや兄上(声が中村さんの…名前忘れた)が何を思い・願っていたかとかが垣間見えてくる。

とりあえずルーナめっちゃいぃ女すぎて女神。
兄上も今まで『何故敵なの?』と思ってたけど、彼の中にある理由が分かるとそこでも泣けてきます。(:_;)
ルーナの兄についてはまだこの時点ではちょっと疑問に思う部分が多いんだけど、この先進んでいくと小出しに見えてくるの+Episodeイグニスでしっかり分かるかなと。

そしてここで見計らったように出てくるアーデン……アーデン…。
喋り方からして凄い惑わすような人だし、怪しい…怪しい以外に何もないくらい怪しいんですよ。
ちょこちょこ出てくるんだけど、ノクトたちが大きな一歩を踏み出そうとする所で必ず出てくるからなぁ。

まぁ今回もというか、今回はいつもの"何考えてるか分からん"ではなく、確実に何かしようとしているよねお前って感じでした。
アーデンがプロンプトになりすましてて、ノクトがアーデンコナクソ~!って突き落としたら、突き落としたのが本物のプロンプトだったという仕打ち。

ここ最近ずっとギスギスしててグラディオと言い合いとかしちゃってへこんで、やっと空気よくなったかも~って所でノクト(と私)の精神が回復しそうになってるのに、またベコベコにへこまされました( ゚Д゚)
(ちなみに、このプロンプトと離れ離れになっている間のプロンプト側のお話が、DLCのEpisodeプロンプトにて見れる形になってます!)

その後敵からの襲撃?というかシガイだったかな、とにかくなんか列車の上で戦闘になったりしながら進むと、シヴァの啓示を受ける事になるんだけど…。
シヴァって…シヴァって…あなただったのね!!!!!となります。
ルーナの傍にいつもいたゲンティアナ、ノクトたちの写真にたまにいきなり写り込んでるゲンティアナがシヴァだった。
この啓示の時にゲンティアナがシヴァだった時、神同士で起こった戦争の話を聞いたり、ルーナの想いなんかを始めて知ることができました。

でもここで既に、国同士の戦いなんてちっちぇーもんじゃない事が、だんだん本当に理解出来てくる感じですね。

この辺~最後の方はストーリー自体が道なりに進むしかないといった感じの作りで、ラスボス戦に向かって一本道って形だったなと思います。
ただ、途中で主人公のノクティス側と仲間のグラディオ側で選んで進めるんですけど私はノクティス側しかやっていないです!

今まで必死に集めた武器なんて全部取り上げられちゃうし、魔法も使えないんですよ(T_T)
もちろん大好きなシフトブレイクも使えません。
初期装備よりもやばい状態で敵地に放り込まれる感じ…マジかよ…。

王の指輪をルーナから受けとったものの、なかなかそれを嵌める勇気が出てなかったノクトがやっと指に嵌める決心をするのもこの辺なんですけど。王として戦うと決める瞬間なんですよね~。
でも武器全部取り上げなくてもよくないか…?指輪だけで戦うの結構きつかった。
帝都突入なので途中シガイとかも出てくるし、最初は指輪でも一つの攻撃しか出来ないし。

頑張って進んでいくと要塞に入るんですけど、ここに行く頃には指輪魔法も増えてます!
でも私にはきつかったです(笑)
要塞の中で出てくる…なんだっけ…黒いセルみたいなやつが…倒すのに時間かかるし、続けざまに何体も出てくるしコイツと壁に挟まれてリンチみたいになったりして…自分の戦闘下手くそさを呪いたくなりましたマジで。

やっぱ武器ないってきちーなと何度も思わされた。
あと、仲間と一緒に戦わないってすっごい寂しいし、皆と一緒に戦ってたから頑張れたんだなという気持ちになりますね。
一人ってなんでこんなに寂しいんだろう…しょぼん…。

要塞内を頑張って戦い抜いていくと、その中でグラディオやイグニスと再会出来て心底ホッとしました。武器はまだなくても皆と一緒なら怖くない。
ノクトが超絶ピンチに見舞われたときに、必死に助けてくれようとするグラディオやイグニスを見てたら、なんかホッとしちゃいました。良かった…俺ら仲間なんだ…みたいな(笑)
別に喧嘩別れしたとかではないんですよ、事故で別々の道を歩む形になってたんだけど、一人で戦い続けてたのが結構孤独感じてたんだな自分と思いましたね。

その後ルーナの兄レイヴス!(思い出した)のカットシーンに切り替わって、まぁ彼殺されちゃってるんですけど…父の剣をノクトに託してくれる。
ここでやっと武器と呼べるものが一つゲット出来ました!
そしてファントムソードが本当の意味で全て揃った瞬間でもあります!ワーイ!
引き続き要塞の中を進んで戦闘していくと、プロンプトをやっと救出出来ます!

ここで選択肢が出てくるプロンプトとノクトの会話になるんだけど、『俺の事ちょっとは心配してくれた?』みたいな事言われて、泣けるんですわ…。
しかもこの時は色々と謎のまま進んでいくんだけど、要塞で今まで開けられかった扉をプロンプト…開けられちゃうんだよ…なんで?なんで開けられるの?(T_T)と思いながら進むことになります。

ちょっとだけ4人のやり取りがあるんだけど、プロンプトは自分がまだ仲間で居て良いのかとか色々悩んでるんですよね。
さっきも言ったけど、この離れている間プロンプトは要塞内である事実を知ってしまっている。
けど、他の3人(とDLC未プレイの私)は知らない。
要塞内で落ちている手記みたいなのを拾ったり見たりしてるので、何となくこうなのかな?って気付く部分もあったんですけど、あまり分かっていないわたし。

自分の出生とか色々とプロンプトは自分の事なのによく分かってなかったけど、本当の事を知ってしまって生まれがノクトたちとは敵となる国なのに一緒にいても良いのかな…って。
だけど3人はそんなのカンケね~!つって4人の絆がさらに強固なものになりますた。
仲間最高。

その後シガイ化したレイヴスとか色々なシガイとか帝国兵とかと戦いながら進むんだけど、大量のシガイに囲まれてしまいます。
倒しても倒しても沸いてきて、4人で戦っても全然終わらない
目的地を目指すためノクトは先に行けと…3人を置いていかねばならなくなるのが辛かったです。

ここってノクトの王としての大きな決断の一つなのかな。目的の為なら立ち止まるなみたいなそんな感じの。
皆に死ぬなよ…とその場を託して進むと、こっからもうハイスピードでした。

こなくそアーデンのいる所に行くと、クリスタルにノクトが取り込まれてしまい、そこで初めてすべての事を知らされます。
もうさ、本当、クリスタルに選ばれた王=ノクトなんですけど、物語の最初から父の心情を知る所でもこの事何度も言われてたんだよね。
だけど、ノクト(私も)はクリスタルに選ばれたから何なの?何があるの?特別な王って何?って感じだったんだけど…
選ばれた王の宿命みたいなものを知ると…あぁ…そうゆう事なのか…ってなる。

今まで4人で楽しく過ごしてきた事、ノクトの父の事、ルーナの事、レイヴスの事とか色んな事がよみがえってきちゃうんですよね。
クリスタルに選ばれた王 真の王が何を意味するのか、ここでノクトは一大決心をしなければならないというかもう一つしか道が無い…きちぃ…。

そして仲間たちとはぐれて精神と時の部屋みたいな所に閉じ込められていたらば、やっと外に出れる~!ってなったらノクトダンディになってました。
FF15を一番最初に始めた時に出てくるノクトの姿です。

十年ぶりに目覚めたノクトが外に出ると、最初の方に足しげく通ったガーディナから見える神影島だったっけ?そこでした。
船に乗ってガーディナに向かうんだけど、世界が様変わりしてしまっていて、
常に夜、シガイがその辺をうろつき、綺麗だったガーディナも荒れ果ててしまっていました…。

10年の眠りから目覚めたばかりなのに速攻シガイに襲われて戦闘になり、渡船場を出るまでに何回も戦闘する羽目になる拷問(笑)
武器はもう取り戻しているので戦闘自体は、要塞の時より全然楽勝なんですけど数が多かった。
荒れ果てた土地なのでその辺をシガイがウロウロしていました。

この時アンブラという可愛いワンコもいるんだけど、ノクトが歩いて進むとアンブラもついてきてめっちゃ可愛かった…唯一の癒しでした~(*´ω`)

ここからハンマーヘッド、一番最初の拠点だった所を目指すため徒歩で向かっていると、途中で大人になったタルコットに出会い涙。
ノクトが旅をしていた時に出会っていた彼は、まだ子供だったんですけど青年になっていたんですよ~その姿を見ただけでちょっと泣ける。皆生きてるんだなという希望にもなりました。

タルコットの車に乗せてもらい、今の世界の現状や簡単な近況を教えて貰いながらハンマーヘッドに到着すると…
うぉぉぉぉん(T_T)ノクトと同様に渋かっこよくなっている仲間3人の姿が……
これ男同士の仲間だからちょっとあっさりした再会に見えるけど、内心飛びついてハグしまくる状態だよね。

だって、クリスタルに取り込まれたまま戻ってこない仲間(王)が、10年もの間全く姿も見せず声も聞けなかったノクトが戻ってきたんですよ!生きて!
しかも王の顔になって戻ってきた…あんなにもがき苦しんでいたのに(T_T)
『やっと戻ってきたな、フッ』みたいな、信用度5000%の軽い言葉だったけど号泣する程嬉しいだろ!!と思いました。
10年ぶりの仲間との再会にむしろ私が泣いた。

もうここからはある程度準備したらすぐ最後の戦いに向け、帰郷…ノクトの故郷に戻ります。
もうお分かりかと思いますが、ラスボスはアーデン様。
アーデン様を倒す為にノクトの故郷であるインソムニアに向かいます!

ちなみにこのインソムニア、物語の序盤で調印式の時に襲撃を受けているので荒れ果て三昧です。
ここでコル将軍(ノクト父に忠義を尽くす将軍)と感動の再会をしつつ、コル将軍が率いている部隊の人達もここで戦っているんだよね。
この場所で、王としてノクトが皆にここまでよくやってくれたという感謝の気持ちと、この世界の闇を必ず晴らし終わらせる!って…将軍の部隊の人達に言うシーンが…
あぁ、ノクト王様になったんだって感慨深くるのと、グラディオやイグニス、プロンプトが王になったノクトの姿を見て、なんか良い事言った(台詞忘れちゃった)瞬間ガン泣きでした。

もう王じゃん、王様になってるじゃん、めっちゃかっこいいじゃん、わたしインソムニアに住みたい。

この一つの物語を通して、王子だった青年が王になるまでの苦悩を描いているなと思うので、
4人で楽しく駆けずり回って旅してた時は何も思ってなかったけど、大人になった皆を見た時に「あの時はまだ若かったんだな…子供だったんだな…」って思う部分が出てくるんですよね。

インソムニアではすぐにラスボスの所へという形ではなく、ここでの最後のサブクエみたいなものをいくつか終わらせてから向かいました。
結構広い土地なのであっちこっちウロウロするのに、時間がかかった…。
出発前にコル将軍や部隊の人達、仲間3人に話しかけてお話出来るんだけど、将軍は父ちゃんの事をよく知ってるので
父の息子に対する想いみたいなのも聞けるんだ…感動だよ…。

いざ、ラスボス戦は炎神イフリートや歴代の王と戦う事になってました!
全員レベル99で挑んだのでそんなに苦戦しなかったけど、歴代の王と戦う場面ではグラディオ・イグニス・プロンプトの見せ場があって、それぞれがノクトは俺が守る!みたいなムネアツシーンも用意されてました。
ちなみに、この時既にずーっと泣きながら戦ってます。涙ポロポロではなく皆が何か言うたびに『う、うわ~~~ん』ってなってます。本気泣きです!

そろそろ作文も長くなってきているので割愛タイムに入りますが…
様々な戦闘を経てついにアーデンとの戦いになるんだけど、ノクト一人で挑むんですよね。
アーデン戦は3回とか立て続けにあったかなと思うんだけど、これまで集めたファントムソードをノクトの中に取り込んでアーデンに最後の攻撃みたいなのをするんだけど。
一番最後までノクトの傍にいた人って…父ちゃんだよね……。

父ちゃん含め歴代の王の力が宿るファントムソードを取り込み、アーデンに最後の一撃を精神世界みたいな所で喰らわしてエンド。

この辺もう泣きすぎ&クリアしたのが前すぎて記憶が曖昧なんですけど、エンドロールがさ…自分の残してきた写真で構成されるんですよ!やばくない?
キャンプとか宿泊とかすると、プロンプトがそれまでに撮影した写真の中から気に入ったのを保存できるんだけど、保存してたやつがエンドロールで出てくる…

しかもラスボス戦前に皆で最後のキャンプしたんだけど、そこってプレイ中はサラッとしてた感じだったのに…この終わりの時にキャンプの時何があったか見れる形になっててね。
ノクト世界を救うために自分が犠牲になるしかないんだけど、それを仲間に…そのキャンプで伝えてたんだよね。(今思い出しても泣きそう)

目覚めてから気丈に王として…と振舞ってたけど、本当の気持ちを3人にだけ零すんですよ。
『つれぇよ…』みたいな、俺もつれぇ(T_T)
ノクトのその言葉でイグニスが静かに泣いてるの見たら、なんかもうダメでした。
数分後には頭痛がしてきて次の日目が赤くなるくらいには泣いた。
これまでの4人の旅が死ぬほど楽しかったけど、もっともっと楽しいキラキラしたものに思えちゃう。

私ネタバレは踏んでないけど、あの楽しそうな4人のやり取りとか、始まりがガス欠で車押してたりする青春風味と、写真残せる仕組み的に無意識に、
これこの旅がめちゃくちゃ大事なやつなんでしょどうせ…!!!って思ってたんですよ。
だから4人で映ってたり、皆が必ず数人で映ってる写真ばっかり残してたんですよね。
それが流れてくるもんだから、涙が止まらず泣きまくってました。

わんわん泣きながらエンドロール見て、終わるころには収まってたんだけど、
この時には『うぅ…(:_;)チャプター15から始めて残りのクエストやらねば…』と思ってたのに、ノクトとルーナの結婚式映像でまた泣き、タイトル画面に戻ってタイトルのイラストが変わってまた泣きました。

最後、マジで泣いてばっかりだった!
帰ってきた相方に『目、赤っwwwww』って言われるくらいには泣きまくりました。
ヤバくない?FF15ってこんなストーリーだったの…?

世では色々と酷評とかもある模様ですが…
まぁDLCが後からでた事を考えると、確かに最後のサクサク具合とかだと物足りねぇ!ってなるのかもなと思う。
けど、私はめちゃくちゃ楽しかったし、すごく好きだった。
この流れでDLCも話したかったけど、作文長くなっちゃったのでやめておきますが、全て含めて本当に楽しかったです。

クリア後の世界でまた旅しようと思って少し進めたんだけど、そろそろニーア来ちゃうのでまた時間あけて再開するかなと思います。

めっちゃ長くなっちゃったし、感想というより作文…お喋りというより時系列での出来事の整理みたいになってしまったよ…すまぬ…。
えーもう何~本当に楽しかったし苦しかったし辛かったし悲しかったけど、すごく面白かったよ~!!!
FF15やりましょうよってお勧めしてくれた方が数人ほどいたんですけど、マジで感謝。
クソ面白かったです。16も絶対買うしPS5も絶対手に入れる。

結局クリアまで消えるまでも含め最初から数えると、半年くらいやってたけど(爆)
頑張ってクリアまで来れて良かったです。
もうシフトブレイク無しでは生きていけない体になりました。

歩いたり走ったりチョコボ乗ってる時に何気なく交わされる仲間との会話とか、4人で色んな所旅したのとか…めっちゃ良い思い出…。
同じことしか言ってないけど、仲間っていいよな。(笑)
本当にすんごく楽しかったです(:_;)
まだ見てないやつとかもあるので、それも見ないといけないんですけど!

とりあえずはまず、クリアまで辿り着けて良かった!
という事で、作文、ここまで付き合ってくれた方…いたら…本当に感謝ですありがとうございます┏○ペコ

また次はDLCのお話もしたいので、忘れないうちに来ようと思います。👋


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


1Comments

りな子

りな子  

あにゆさん

あにゆさんこんにちは!
お返事がものすごく遅くなり、ごめんなさい!(:_;)

最後の方、怒涛の展開すぎてついていくのに必死でした!
プロンプトを探しに行き、グラディオ達とはぐれたあたりから「あれ、もしかしてクライマックス…?」と思い始めて
そこからの怒涛の展開…結構ボリュームありましたけど、目が離せない展開ですよね。
あと目が腫れるほど泣く。

最後のED迎えるまでと迎えてから、何段階で泣かせに来るのかと思いました。

ルーナめちゃくちゃ素敵女子すぎて、もうなんか…
健気…かわいい…好き…となりましたよ~。
ゲンティアナとルーナの関係があったから、彼女から聞けるルーナの気持ちとかも知られざる一面といった感じがしますし。
ゲンティアナ自身の事も色々とあったけど、FF15に出ている様々なキャラがそれぞれの人生の主人公って感じがすごくしました。

DLCの感想書いちゃ保存の繰り返しで、まだ下書き状態ですが(笑)
早めにアップしたいです!

本当にすごく楽しかった。
あにゆさんのレポ読んだときは、あの戦闘苦手だから自分には出来ないなぁ…って思ってたけど、改めてプレイして良かったです\( 'ω')/

  • 2021/05/09 (Sun) 10:55
  • REPLY