Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

21

カヌチ 白き翼の章 キャラ別感想

こんにちは~。

まずは、前回の記事にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、Twitterでのいいね!等の反応を下さいましてありがとうございます!
毎回とても励みとさせて頂いております┏○ペコ

お元気ですか~!
私は体は元気だけど、精神的にはあんまり元気じゃないです~。
Twitterもあんまり開いてなくて全然追えてないけど、そのうちまた出現します!
悲しくなるので詳しいお話しはしませんが、このままでは8月に一度もお喋りしないまま9月になってしまうと思いまして(-_-;)

本当はクルビとかビズログ買って読みたかったし、感想もお喋りしに来ようと思ってたんですけど、結局どちらも買わずに今に至ります(笑)

実はここ最近相方とジョギングをしはじめましてですね(笑)
何でいきなり始めたのかは謎なんですけど、仕事から帰った後20~30分程度だけど走って、帰ってきて私はリングフィット(走らない筋トレメニューのみ)をやったりしてます。

運動不足すぎて30分走るだけでもゼェハァしてるし、帰り道「もうすぐ家だよ」と言われても、全然遠い事がしばしばあり「き、きつい~~~~」と言いながら走っている運動不足すぎる私です。
これやり始めたら寝つきも良くなったし朝もスッキリ起きれるようになりました~\( 'ω')/

三日坊主で有名なので、とりあえず冬まで続けたいな。
あまりに大きな目標にすると確実に挫折するので、まずは冬…冬も続けてたら夏って感じで伸ばしていきたいです。

さてさて、かなり時間がかかってしまったのですけど、カヌチ白き翼の章が終わりました!
攻略キャラも多かったんですけど、途中で見たいイベントがなかなか見れなかったりして、ちょっと苦戦しましたが…
なんとか白の章が終わりました!

満を持してついに黒の章がプレイ出来る!!!!\( 'ω')/

もう本当、すんごいサラッと感想になりますが、白き翼の章で攻略したキャラの一言感想みたいなものをお喋りしようと思いますので、
お付き合い頂ける方は、どうぞよろしくお願いいたします┏○ペコ





攻略を進めるごとに少しずつ分かってきたのですけど、白き翼の章の中でも対アキのキャラと対カヤナのキャラがいるという事ですよね、きっと…きっとそうだ。
今回の攻略キャラは全員カヤナとのアレコレかな?と思っていたんですけど、後半に攻略したミトシやシン、ウキツは黒の章のチラ見せでアキとの関係が進展する風だった。

個人的にはカヤナは主人公って感じが全然してなかったので変な感じでしたが、アキとの恋愛過程のあるキャラが見れてちょっと安心しました~。
でもハヤノのルートを攻略してたら、だんだんアキもカヤナも主人公だと認識出来るようになってきた…不思議…。

キャラの攻略に合間が空いてしまい、記憶が薄くなっているキャラもいるんですけど…
それぞれのサラッと感想をお喋りしまーす。

◇オウバ/乃村健次
ouba00.jpg

初回に特攻したのですけど、アキが鍛冶師として働く事になるまでや、城の人達と親しくなっていく過程。。。
カヤナが舞い降りたりなんやかんや…と、次々と降りかかる出来事の連続に振り回されていた印象と、とにかくお金を稼ぐ事に必死だった事しか記憶にない初回でした(笑)

最初からオウバは何かと気にかけてくれるオジサマ…というイメージだったんですけど、アキとはだいぶ年齢離れているのでは?と思ったし、オウバ自身もアキに対しては恋愛的な意味というよりも、知り合い(アキの育ての親)が面倒を見ている娘という目線かな~と思ったので、この人を攻略!?と思ってました。

しかしながら攻略進めていくと、話の流れ的にもアキはどちらかと言うと第三者的な感じがしていたし、アキの中に降臨したカヤナとオウバの方が剣を交える事で~とか、戦での出来事を通してや、カヤナやオウバの過去にあった出来事を共有していく事で距離が近づいていくんですよね。

なので、白の方はカヤナが主人公の場合もあるのだというのを、3人くらいプレイしてやっと気づきました。
私の中ではアキが主人公だと思ってプレイしていたので、なんだか変な感じを抱きながらのプレイになりました。

今回プレイした白き翼の章では、オウバに関しての何かが見え隠れしているような程度で、この人が一体何者なのかとか、知りたい部分については全く分からなかった。
ルートシナリオ中に、オウバ自身も自分への違和感に少しずつ気付いていくという流れなので。
けど、むしろ私は「オウバ…何かあるんか!?」って思ったのがかなり後半に差し掛かってからでした(笑)

多分まだまだ彼について全く分かっていない部分や、オウバ自身も自分が何故色々な事を忘れているのか分かっていないので、その辺が次回の黒の章で分かってくるんだろうな。


◇クガミ/梶裕貴
kugami00.jpg

若くして王になったクガミですが、王になった経緯自体が突如王座に就かなくてはいけなくなったという感じの内容なんですよね…。

年齢も若いしまだまだ子供と言っても良い年齢だと思うけど、自分を律している部分があったり父のような王にならなければ…みたいな気持ちもあり、、、
きっと辛かったり話しを聞いて欲しかったりするんだろうな~ってプレイしててちょいちょい感じます。

父に教えて貰いたい事、話したい事沢山あったんだろうと思うけど、自分が王になる=父はもういないという事なので(:_;)
それに、周りに信頼出来る家臣たちはいても、同じような年齢の人や自分の心の内を曝け出せる人はいないというのが寂しい…。
唯一友と呼べる存在とも出会うんですが、その友人とカヤナとの出会いがクガミを変えていくのかな。

戦女神と言われているカヤナが自分の傍にいる事で、色々な話が出来て今まで誰とも出来なかった関係性を築ける相手なのかな~と思いました。
同じ王ではあるけど、カヤナはクガミやクガミの父とは、また違った王だし教えて欲しい事とか沢山あるんだろうなと感じる。

お父さんには聞きたくても聞けないので、カヤナに聞きたい事が沢山あってもっと話したい、って所からカヤナへの好意みたいなものに変化しているのが微笑ましかった~。
まだまだ入口といった具合なので、ここからどう変化していくのか楽しみになりました。

カヤナに凄く懐いているクガミを見ると、姉に甘える弟というのがしっくりくるんだけど…これが恋愛になるのかな…。


◇クラト/三浦祥郎
kurato00.jpg

クラトのルート結構前にプレイしているので、記憶が薄れているんだけども…。

クラトってこの物語の始まりの方で、カヤナとアキよりも一番最初にアキに出会う人物なんですよ。
しかも若干アキの事を意識している風な描写が時々あって、え~なになに~?ってニヤニヤしながら野次馬根性でクラトの反応を楽しんでたんですけど…。
どうやらアキではなく、カヤナに恋愛感情を抱いていくルートだった(笑)

王立警備隊の方々は王を守る立場なんですけど、それとは別で彼らそれぞれに抱えているものというか背負っている何かがあるんですよね。
オウバもそうだったけど、クラトも同じように何かがある…。

それらの背負っているものをカヤナと共有?というか、していく事で距離が縮まっていくのかなと思います。
クラトの場合は敵側のキャラなんかも今までより登場が多かったし、全くチェックしていなかったので緑川さんの声がするキャラが出てきてビックリしました。
すんごく気になるキャラだったので黒の章で攻略できるとイイナ…。

あと、攻略したキャラの中で一番主人公(カヤナやアキ)に恋愛感情抱いてる!って感じがものすごくしたキャラクターでした。
それっぽい感情抱いているのかな?と思ったり、好意的だなとは見えかくれしてても、ガッツリ恋愛感情丸見えな感じは白の章が終わるまでにはあまり感じなかったんですけど。
クラトは割とルート途中から、カヤナに恋愛感情抱いているな~ってのが凄く感じられたなと思います。


◇ミトシ/立花慎之介
mitoshi00.jpg

ミトシは星読師と言われる人物なので、他のキャラのように剣を振るって戦う!という人ではないんですけど、ちょっと不思議な雰囲気の青年です。
拗ねると「ぶぅ」って言ったりするし、基本はちょっと可愛らしい素直な人かな~と思うんですけど、水以外飲むと酔ってしまい人格が変わってしまう(笑)

この酔ったミトシの姿が衝撃的で、忘れられなかったです。
中二病の人がやりそうな感じだったんですよ(笑)
俺に触れるな~!みたいな、とにかく普段とのギャップが凄すぎてちょっと面白い人物だった。

ここに出てきてるキャラはもれなくすべての人に、何からの事情や秘密などがあるんですが、ミトシも何というか危ういんですよね~。
公式の紹介にも出てたけど、姉を殺されているのでその憎しみや悲しみを心にここまで走り続けている感じ。
その感情に飲まれてしまうのでは?という、ちょっとハラハラする展開なんかもあるので、危ういキャラだなと感じました。

白の章でミトシの事はだいぶ知れる内容かなと思うのですけど、じゃぁ黒にいったらどうなるのか…。
ミトシがずっと追い続けている幼馴染とついに対峙するんだろうと思うけど、その行く末を知りたいような知りたくないような。


◇シン/相沢正輝
shin00.jpg

こうゆうチャラ系は私は担当キャラではないんですけど、めっちゃ楽しみになった!

あまり深い付き合いはしないけど、警備隊の仲間ともそこそこ仲は良く……だけど自分の事を何も話さない人。
アキやカヤナと知り合った後も、当たり障りない形でそこそこ付き合いがあるかな~程度なんですけど、少しずつ心を開いていく感じが良かったです。

カヤナは割とどの人とも剣を交える事で分かり合えて行く部分があるんですけど、アキとは何かと関わる事で信頼度が上がっていく感じがしますね。
シンも段階的ではあるけど、何故かアキやカヤナに対しては心を許してるのかな~って感じられるし、アキに対してはどんどん好意的に…(恋愛的な意味も混じる感じで)なっていくので楽しかったですね。

シンに何かがあり、王立警備隊として働いているのか…?とか、彼についての謎がここのルートで一気に明かされていくので本当に面白かったです。
こでまで特に怪しさとか、この人についての疑問みたいなのも持たずにここまで進んできたんですけど、ルートに入ったら色々な事が見えてきて夢中になってプレイしてしまいました。

あと出演キャストに津田さんの名前があって、どこで出てくるんだろう~ってずっと思ってたんですけど、シンのルートでやっと出会えました!

シンの抱えている何かが黒の章でどうなるのか楽しみだけど、ちょっと悲しい思いをしそうな気もするので見るのが怖いかな~。


◇ウキツ/加藤将之
ukitsu00.jpg

見た目的にツンデレさんっぽい感じだったので、プレイするのを楽しみにしてました。

だけど…なんか結構重要人物っぽい感じもしたし、ウキツ…どうなっちゃうの…(:_;)という気持ち一色で白のEDを迎えました。
王立警備隊のキャラ達の中でも、ウキツとシンはちょっとこの後どうなるのか見るのが怖い二人かなと思います。

私の中で凄く印象に残っているのは、アキに対して言い過ぎてしまった後に、少し後悔する場面がちらほらとある事。
もともとアキ(とカヤナ)に対して、変な奴だな という認識なんですけど、カヤナがアキの元に降臨して二人と何かと関わる事が増えていったり、アキが鍛冶師として奮闘しているのを見ていく中でちょっとずつ距離が縮まっていく。

ウキツ自身も背負っているものがあるので、アキに対して少々言い過ぎてしまう所があるんですけど…
その度に「あちゃーやっちまった」ってなってるのが、すごく印象的。
でも、その時は言い合いになったりしても、アキもちゃんと受け止めてるし考えを改めたりして、ウキツの方もなんだかんだ謝ったりしてさ~そんな二人を見守るのが楽しかったです。

その中でウキツの事を知っていく形になるんですけど、アキもウキツも少しずつだけど心を近づけている感!これが凄くニヤニヤしてしまう。
乙女ゲームしてる感って白の章はちょっと薄いかな~って思う事が多かったからなのか、少しの出来事でもニヤニヤしてしまうんですよね(笑)

ウキツがアキの事を気にしたり心配したり、逆にアキがウキツの事を気にしたり心配したりするだけでも十分ニヤけてしまうんですよ(*ノωノ)
まだまだ恋愛と言えるほど気持ちは大きくなっていないけど、予備軍みたいな?そんな感じでもすごく楽しかったです。

ただ…黒の章で迎えることになる審判の刻に、一体どうなってしまうのか…めちゃくちゃ気になる。


◇ハヤノ/鈴村健一

バナーに使えそうなものが配布されていなかった!!

唯一ここの白の章のみで完結するキャラクターだったので、しっかりEDまで楽しめて大満足でした!

ハヤノはウキツがちょくちょく面倒見てあげている人物なんですけど、ウキツとの付き合いを通してアキ達とも知り合いになるって感じですね。

ハヤノは王立警備隊所属ではないので、これまで攻略してきたキャラクターとは全然異なる立ち位置だし、ストーリーの進展もまた別。
だた、アキとの恋愛が進展していき、白の章のみでちゃんとしたED(2種類)を迎えられる人物でもあります。

あと、ハヤノのルートで黒の章に持ち越されている審判の刻を迎えるシーンもあるので、カヤナがアキの中から出ていき、自分のしなくてはいけない事の為にアキのもとを旅立ってしまうシーンなんかもあって、ちょっと切ない気持ちにもなる(:_;)
きっと黒の章ではこの気持ちをまた味わう時が出てくるんだろうな…。

ざっくりお話すると、ウキツのルートとハヤノのルートは同じような道筋で進むところもありつつ、始まりからハヤノ視点の物語といった形になっています。
ウキツのルートの直後にプレイする形になっていて、スタート画面で「ハヤノのシナリオ」みたいな、そもそも別になっているコンテンツを選択して始める物語になっていました。

なので最初からハヤノの物語を追っていきます。
これまでの共通ルートで通ってきた部分やウキツルートで通ってきた部分の、ハヤノVer.を見るって感じかな。

そこを通りながらアキとのもどかしくも、なかなか進展しない恋愛模様を応援しながら見ていき、ハヤノに降りかかる出来事や…
ハヤノと妹の逞しい姿を見ながらニコニコしたり、アキとのやっと動く恋愛を見ながらニマニマして、カヤナがアキ達の背中を押したり見守ったりしてるのに涙したシナリオだった。

めっちゃざっくり。
でもこれまでのシナリオとはまた違った形だったけど、凄く楽しかった~。
最後にハヤノとアキの幸せそうな姿を見れただけで満足。


黒の章までいかないとまだまだ分からない部分も多いなと思うんですけど、なかなか楽しくプレイする事が出来ました!
鍛冶をして資金を稼いで…というのが最初の3周目くらいまではちょっと大変かな~と思うんだけど、3周目ですべての依頼をコンプリートしたので、その後はほぼ依頼は放置してました。

依頼コンプの後は、イベントを見る為に信頼度?信用度?を調節する為に依頼をこなしたり、トウラに薬を届けてパラ上げをしていたくらいです。
途中に品評会が開催されて武器を提出しないといけないんですけど、作っておけば周回の際に引き継がれるので3周目までにある程度作って保管しておきました(笑)

なので4周目以降はほぼイベントやシナリオを見るのみって感じで進めています。

初回と二周目は素材集めが大変だったけど、その後は割と余裕をもってプレイ出来るし、
ランダムのイベントではなく、自分で集めて制作していく作業なので辛くなかった!
私が苦手なのは某魔法学校のゲーム内にあるような、狙ったイベント等の為にリロードしまくらないといけないとかそうゆう仕様ですね。

ここ最近RPGで鍛えられたのか、カヌチの作業はへっちゃらだったので本当安心しました。
黒の方もやってみないことには何とも言えないけど、それぞれのキャラに何があって、そこにアキがどう絡んでくるのかが少し見えてくると凄く面白くなってくるなと思います。

このまま黒の方もすぐに開始しようと思うので、また終わったらお喋りしに来ます!
ではでは、ここまでお付き合い下さいまして、ありがとうございました~(*´ω`)ノシ



久しぶりに乙女ゲームした感じで
凄く楽しかった~\( 'ω')/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments