Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

01

【感想】KLAP!! ~Kind Love And Punish~感想

立て続けに失礼いたしますm(_ _)m

たった今残りの攻略キャラを全て終わらせてまいりました♪
あまりにも面白かったので早く書きたくって急いで来てしまいました(笑)

まずはカミルのトゥルーED( *`ω´)
なんというか、見た目のイメージとは裏腹なヌボーっとしたカミル・・・この人との会話すらままならない感じなのに恋愛とか大丈夫なのかししら・・・?ととっても気になっていたんですけど・・・

そこは天下のオトメイト様(笑)
終始ヌボーっとしたのは変わないけどさすがは吸血鬼のカミル!
乙女を虜にする一瞬が隠されていました~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
ネタバレしたらアレなんでなるべく我慢致しますが、とにかくウホー┏( ^о^)┛ってなるシーンがあるって事だけお伝えしておきましょう。

カミル氏はとにかく自分の欲に(主に睡眠欲とか食欲とかww)正直なお方でございます。
自分が感じることとかにも常に正直だし、自分が抱く自分でもわからない感情なんかにも素直に表に出してくるので普段から素直な子供のような感じ。
ちなみに年齢は300歳とかそんなんらしいんですけど、そんな子供のようなカミルがですねスチルになるとぐーんと大人っぽく見えるわけですよ!!
それがもーたまらないんですね~(;゚∀゚)=3ハァハァ

ちなみに調教中の声が・・・(笑)
他のキャラに比べてカミル感満載って感じで、艶っぽさはございませんがキャラ的に可愛いのですごく可愛く感じます(笑)
たまーにその声がなんかの動物みたいに思えてくるのは私だけでしょうか・・・。初めて調教になったときはなかなかの衝撃でしたが、まぁこれはこれで彼にぴったりだったのでヨシとしましょう。

カミルは吸血鬼なのに血が苦手というレア吸血鬼なんですが、まぁそのレア吸血鬼の彼が初めて恋心を抱くわけです。
自分のこの気持ちってなんだろう?と悩みながもその気持ちにはやはり素直なカミル。
ヤキモチをやくシーンがあるんですけど、それがすごく可愛いのでキュンキュンすること間違いなしです(`・∀・´)

そんでカミルのBADは悲しいとか寂しいってゆうよりもなんか、あぁ・・・って感じ。
もちろんさみしい終わり方なんですけどね、ほかの人たちと違った感じの感情を抱きましたね。

ちなみに話は戻るんですが奏のBAD EDですね。
想像していたような終わり方ではあったんですね、おそらくトゥルーEDをやった方なら『やっぱそうだよね』って思うと思うんですが、そこは裏切らないしなんだかショボーンってなっちゃいました(ノω;)
でもなんだろう、EDのエンドロールの後のエピローグ的なところで意外と明るい感じで終わってたのがすっごく良かった!

奏は幸せんだろうなと勝手に想像して、悲しいけど良かったね!!と思うような終わり方でしたね。

私はストーリー的には完全に今のところは奏推しなので、大満足のEDでした~!!

そして最後はお待ちかねの紫苑先生でございます!!
この人最後にとっておいてよかった!是非一番最後にプレイしていただきたい!!そう思ってしまいました。

なんといっても同じ調教師として学校にいる紫苑ですが、皆さんがオトメイトさんのKLAPの公式ページで公開されているイベントCGを見たことがあれば、紫苑とのあるCGを見てどうしてこのシーンになるんだろう?と思うはずです。
ちなみに私は思ってました。ハイ。

で、他のキャラを攻略していたら、ある考えが出てくると思うんですね!紫苑もアレなのかな?と・・・
しかし、しかし!!紫苑は・・・

(;゚Д゚)<あなたは〇〇〇だったのかーーーーーーーーーい!!

ってなります。
紫苑が何なのか気になる人は今すぐKLAPを買ってプレイしましょう!←回し者じゃないですよ

とにかく紫苑は他のキャラとは違い大人ですし、背負っているものもなかなか重いものです。ストーリーも進めていく事にどうなるのか気になって早く次!次!となるんですけど、どうにも堪能してしまってかなりの時間をかけてプレイしてしまいました。

ほかキャラの攻略の時に出てくるドSさは健在ですし、じっくりたっぷり堪能できるのは紫苑ルートだけ!(笑)
なんですけど、そんな紫苑が心を開いて、更には背負っているものや色々な表情が見られるのはかなりのポイントです。

で、他のキャラを攻略していた時にはすっかりさっぱり忘れていた暦の事とかも紫苑ルートには関係してくるんですね。
その時には完全に (´・ω・`)<あ。そんなこと初めに言ってたような言ってなかったような・・・ ってなりますが。
まぁその辺は私だけではないはずなので、そうゆう関わりがあるのか!と納得できると思います。

紫苑ルートは本当に何か、何て言ったらいいのか・・・他のキャラとは違った感じです。もちろん〇〇〇だったのかーいってのも関係しますが、とにかくトゥルーEDの終わり方が半端じゃなくいい!!
周りのサブキャラや登場人物たちも素晴らしい(;_;)
紫苑ルートには楓以外の生徒たちはあまり登場しないんですけど、 かわりに日向先生がなにかと出てきますしこの辺も注目ポイントかと( *`ω´)

このままでは全て話したくなってしまいますのであまり語らないようにしたいと思いますが、とにかく紫苑ルートは一番最後にやって良かったし、いい感じに締めくくられている感じです。

BADは勝手にいろいろ想像していたので意外とあっさり終わったなぁというのが正直な感想です。でもまぁ言ってもBADなので切ない終わり方ではありました。

今回の紫苑先生で全てのキャラを攻略してKLAPが終了となりましたが、これは買ってよかったー!!と思えるタイトルでした。
スチルも綺麗でしたしストーリーもなかなか面白かったです。
ボリュームも薄いと感じませんでしたし、個人的には大満足です♪

なんだか終わってしまったのがちょっと淋しいですが・・・
まだプレイしていない方は是非とも!!プレイしてみてください(*´∀`*)


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

0Comments