Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

17

思ったよりも大人な男?[大神 虎丸]

こんばんは~ヽ(・∀・)ノ

昨日は耐え切れずに2回もこの場へと喋りに来てしまいましたが、足を運んでくださった方、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチをくださいましてありがとうございました~!!
今日も励みに…また来ました(笑)

さてさてヴァルプルガをプレイ開始してからというもの、毎日毎日かなり夜更しをしているりな子です(ノ∀`)テヘ…

いやぁ~眠い!!
とっても眠たいです…起きる時もその後も、特にお昼ご飯を食べた後なんて最高に眠たいので耐え切るのが大変です。←自業自得w
でもでも眠くなってきたなぁ…と思っても最後の辺りに面白いのが詰まってるから寝るに寝られないんですよー!!
しかも最後に近づけば近づくほどめちゃくちゃ面白くなっちゃうしさ~(笑)

と、言うことでヴァルプルガ2周目トラの感想に行きたいと思いますが、その前に…。

ワンドRの公式でプロモーションムービーが公開されたとツイートされてたので見に行ってきちゃいました~ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ



あぁイラストがやはりお美しいですね(´ー`*)
まだ予約するか迷っているワタクシ…。
いや、でも赤い砂予約しちゃったしなぁ(´ε`;)ウーン…(´ε`;)ウーン…こんなのを繰り返しております(笑)

あぁどうしよう…(笑)

でも柿原さんがなんかとても言葉遣いの悪いキャラでめっちゃ気になるし、なによりもあの髪の黒い子とか色の黒い子とか気になる気になる~(*ノェノ)

悩んでいたらいつまでも唸ってしまうので、気持ちを切り替えますがこりゃ買うことになりますな(笑)

さてさて!!
ヴァルプルガ2周目であるトラの感想へと行きたいと思いますが、まずは2周目なので感じた事というか気付いた事というかを挙げますと…。

最後の選択肢がある部分までは共通√って感じの進み方でした。
トラとのイベントシナリオっぽいところ以外はわりと1周目と同じように進んでいくので、もしや殆ど共通で終わっちゃう系なのか!?と、とてつもない不安を抱きながらプレイしていました((((;゚Д゚))))

確かに共通は長いです…(笑)
だけど後半の個別っぽいところもそこまで短いという訳でもないです。ただ…一周目に比べると、プレイ時間はかなり短くなりますね。

そもそも初回が多分6,7時間位だったと思うんですけど、2周目ははその半分位の3時間で終わっちゃいます。
あ、短い!!(笑)
しかも今までストラバという長くてあっちへこっちへ行くプレイ方法をしてたり、この前は下天に片足突っ込んだので…ただ読むだけ選ぶだけで2周目以降の早送りでサクサク行く感じがなんか不思議な感じでした(笑)

ほとんどゆっくり見る所といえば最終の個別部分くらいなのでそこまでは早送りでサクサクなんですよ…。
あ、でも何でか不思議なんですけど、途中まではほとんど共通だったことに不安があったんですけどEDを迎えた今、何故か不満はありません。

何でだろう…。
不思議ですよね(笑)

あ、それとなかなかEDリストが埋まらないので攻略サイト様のお世話になってみたらば…
なんと!!
トラとリュウのEDを迎えていないと見られないやつとかあって…め・・・メンドクゲホゴホ…早送り使えばすぐだからいいんだけどさ~終わった√に戻るということはSAVEデータがわんさかになっちゃうわけですよ!!
あぁぁぁぁぁーーーーーー(笑)頑張ります(笑)

とりあえずトラ√の感想へと行きたいと思います!
いつものごとく長くなると思いますが…お付き合い頂ける方は宜しくお願いいたします(∩´∀`@)⊃

200x200_03トラ.jpg

トラ√も蘇芳と同じく恋愛色というのは中盤まであんまりないんですよ。
あっても「ん?もしかしてちょっと好きなのかな??」程度です(笑)

ちょいちょい主人公の事を気にかけていたり、好意を持ってるっぽいのは見え隠れしてるんだけど決定的なものがなかったりで恋なのか、恋になりそうなのかという微妙な感じのまま進みます。

ちなみにトラ・リュウ、謎の青年それぞれと主人公は物語の始まり部分では一気に知り合いになってシナリオが動いてくので始めはすごく違和感です。
だって通っている高校にもともと在学していたトラとリュウですらこの時から喋るようになっていて、更にちょうど転校してきた謎の青年のとも同じ時期に関わるようになるんですよ。

そりゃ目まぐるしくも感じわ!!と思いますし、このお互いの仲というものに何か引っかかりつつも進んで行くんですよね。
でもこの小さな引っかかりは話が進むにつれて解消されていくので何も問題はないのですし、この知り合って関わっていく流れとかそこに秘められている事とかも…わんさか色々出てきます(笑)

ちなみに目まぐるしさも慣れる…というかもはやそんなの気にしてられなくなります!!(・∀・)

そしてね、この√の最後の方の進み方は蘇芳の一番最後に回収したバッドと同様の流れだったからトラ√でもわりと始めは早送りで進んでたので、それが進みを早く感じた理由でもあるかもしれません。

で、全体的な話の流れ的には蘇芳√と同様なのですが、トラ側からの視点で話が流れていくのでトラ・リュウの一族の問題にも巻き込まれていきます。
そして私はこの√でのちょっとずつ詩生が成長していく感じとかが結構好きでした。

兄である蘇芳での√でももちろん主人公に変化はあるんだけど、トラの√だとその成長する感じがもっとしっかりしていく感じというか…その成長ぶりとかがすごく個人的に好ましかったです!
最初ははっきり言って強くもないし潔い感じとかもないのでちょっと苦手だったんですけど、話を進めていくと意外と嫌いじゃないわ!!ってなっていきましたね(笑)

トラ達一族の問題に巻き込まれつつも自分が役に立てる事をしていこうとする姿とか、理不尽な事でもしっかり受け止めて進もうとしている姿とかこの子成長してるんだなって思える部分がいくつも出てくるんですよ。
最後は何だかんだとても頼りになるし、ちょっといい女になってますし!!

そしてトラと詩生の恋愛について叫びたいんだけど、その前にトラという人についてを喋ろうと思います。

トラとリュウと聞くと私は双子という事とキャラ設定とかもあって、あやかしごはんの謡と詠を思い浮かべてたんですよ。
となると、トラ=謡・リュウ=詠 なんだけど…。

当たり前だけど全然あの二人とは違います(笑)
何が言いたいのかというと、私の想像していた二人とはちょっと違う性格でそこにも二人の特殊な家柄とかも関係しているのかなって思えるんですよね。

トラは猪突猛進で明るくて元気で子供っぽいまさに謡みたいなのを想像していたんですよね。
でも実際は猪突猛進は当てはまるけど、明るいという部分ではちょっと違うというか…
声音とかもあるけど明るく振舞うというよりは、わりと落ち着いていて内に秘めつつ子供っぽい反応とかをたまに見せるタイプ。
でも基本我慢してる感じで、更に誰かの上に立って引張ていくって感じで長としての力がある感じ。

だからこの子は大人なのか子供なのかすごく不思議なタイプだったんですよね。
プレイしてても思った事をあーだこーだと言いそうなのに実は言わなかったり、すごく優しかったり…更には嫉妬してることにも気付かない程自分の事に鈍感…なーのーにー!!その気持ちを隠さないで出すし言葉で伝えてきます。萌えます(笑)

一方トラ√で感じたリュウですが…
リュウ=詠というのも似ているようでまた異なるところがあって、リュウはちょっと賢い頭の回転の速い子って感じで、策士とまではいかないけどそんな雰囲気を持っているんですよ。
そして優しさから伝える言葉がとても…何と言うか…辛辣まではいかないけど結構ズバズバ言ってくるんだな。

でもその言葉の裏には必ず優しさがあります。

そして素直になれないトラの為とか、トラの気持ちを気づかせるためとかに常に自分が動くんだけど…これまたトラ√でのこの子は本当良い子だし更に切ねえんですよ!!(´;ω;`)

そしてこちらはトラとはまた打って変わって、一見大人っぽい対応をするのに実は子供っぽい反応を出してきたりします。
ちなみにどちらもとても可愛いです(  ̄▽ ̄)

そんな二人と関わっていく中で主人公はトラと共に行動をしていく事で、徐々にトラに惹かれていきます。
そこからだんだん恋愛になっていくんだけど、これがさぁ~すんごいすんごいもどかしいし切ないしもうマジで少女漫画なんですよ!!

蘇芳√もそうだったけどなかなか恋愛方向が強く描かれないくせに、そっち方面に行くともう何とも言えない展開なんだな…。
トラと詩生の関係が友達からの恋愛というよりは、守る対象→友達→○○→友達…?って感じで進んでいくんですけど、ネタバレだと言われたら困るので○○はあえて伏せますがちょっと複雑な関係です。

そんな複雑な関係が挟まるからこそ詩生がとてもモヤモヤしながら過ごす時期があって、しかもその時やっと気付いた自分の恋心に対して気付かないふりをしたするんだけど…もぅとりあえず最後の友達?って所が一番もどかしいかも…。
もどかしすぎてちょっとトラに喝を入れてやりたくなる程でしたよ(笑)

この何ともシンプルに進まない恋愛は本当にりな子の胸をギューっと締め付けてくるけど、そのお陰でグッドEDは何か心の底から「あぁ良かったな」って思えたシナリオでした。

でもトラはこの物語の中で「コレが解決したからハイ終わり」って訳ではなくて、トラとリュウの一族の問題もあるから、二人の恋愛がその問題と重なっていくいうか…
トラの立場的なものとかトラが恐れてしまう感情によってりな子を切なさの底へと突き落としてきたんですよ(つд⊂)

うまく言えないけど蘇芳√同様に終わり前の驚きの展開に、最後の最後までハラハラ・モヤモヤさせられましたね。

そしてね、蘇芳の時から思っているんだけどさ…
誰かの√をプレイすると必ず他のキャラに対して切ない気持ちを抱える事になるんですよ!!

ここではまだ攻略していない二人に何とも言えない切ない気持ちになったんだけど、リュウはトラと双子なのでわりと3人で居ることが多いんだけどさ…
リュウは主人公の気持ちにも気付いているから自分の気持ちをあまり見せないようにしていて(でも垣間見えちゃうんだけど)手助けするというか、二人の関係が進むように助けてあげたりするんですよね。

優しいんですよ…

トラにも主人公にも同じようにするんだけど、この子の想いは隠しておくわけですからもう最後の方にボソっと独り言を言うシーンがあるんだけどさ~「次はリュウの番だからね~!!゚(゚´Д`゚)゚」と言ってあげたかったです(笑)

あ、トラの感想なのにトラ√のリュウの話になっちゃいました(笑)
すみませんm(。・ε・。)m

まぁ脱線してしまいましたが…
トラ√だけどリュウやその周りの人達とも関わっていくので面白いですし、なによりもトラがさ…
自分の詩生に対して抱えている気持ちが分かっていないのに、色々アクション起こしてくるんだけどそれがりな子的にはもはやカナリの萌え要素でした。

いや、なんだよその可愛い命令!!(笑)
気付けよ!!って感じなんだけど、もうニヤニヤ…ニヤニヤ…ですよ。
そして蘇芳でスチルに動きがあって流れるようになるシーンがありました~ってお話したんですけど、ここではちょっと大人の時間的なアレでした。

やっと思いが通じ合ったという気持ちがあるので、何か本当に私がハッピーEDを迎えたかのような気持ちになって見ていましたよ。
ちなみにこのシーンお昼ご飯を車の中で食べながらプレイしてました(笑)

今日はこれからリュウをプレイしますが多分トラと同じようなシナリオ軸でいくだろうからちょっぱやで終わる自信があります(笑)
終わり次第…

私がこのタイトルで最も、最も楽しみにしている謎の青年に行くYO!!⊂('ω'⊂ )))Σ≡ドゥーン

彼については彼の感想の時にまとめて言おうと思っているのであまり触れてませんが、すごく不思議な存在です。
ある程度の正体は分かっているのに、まだ気になる部分があって…蘇芳√で出てきた事だけどまだ腑に落ちない部分があったりしているので、早くこの√ですべての真相が知りたい。

あぁVitaを無理やり買い取ってプレイできて良かったと心から思います。
実際短いシナリオ内容かもしれないけど結構面白いです。

と、言うことで、お次はリュウの感想でまた喋りに来ます~(ノ´∀`)ノ♪

今日は何か花粉が飛んでいたのか、一日中くしゃみと鼻水が止まらず目の周りがボワワーンとしていたりな子です(つд⊂)
本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました┏○ペコ


鼻が痛くなりそうだから柔らかいティッシュ買ったのに
既にポケットティッシュ5個使い切ったりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

1Comments

りな子  

シロ様

シロ様こんにちは~(*゚▽゚*)

これ周回はサクサクすぎてすぐ終わってしまいます(笑)
もうリュウも終わってしまいまして…
昨日謎の青年の途中で力尽きて寝てしまいました(;´∀`)

兄ですが…早くシロ様に楽しんでいただきたい!!
最後の最後まで優し兄に若干イラっとしつつも、とても楽しませて貰いました(´ー`*)

そうそうリュウ&トラのEDを見ていないと解放されるEDは…残念ながらモフモフEDではないですけど個人的には結構好きなEDでした。
しかし一応BAD扱いなので!!私好みということだけ伝えておきます(`・ω・´)

トラ√の主人公は後半になると覚醒して(?)その諦めモードがなくなるので、それまで我慢ですよ!!(笑)

私は今日にでもメインシナリオは終わりそうなので全ED回収後に、サブストーリーをまとめて楽しもうと思います(ノ´∀`)ノ

ではではコメントありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

  • 2016/01/17 (Sun) 10:56
  • REPLY