Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

31

【ネタバレ無】黒蝶のサイケデリカ フルコン感想

こんにちは!りな子です。

今日はお休みだから~と思い、昨日は黒蝶のサイケデリカをプレイしてから就寝しました。

残り最後は緋影くんでございます(`・∀・´)
さっそく感想を言いたい!言わせていただきた!!ということでネタバレなしで私なりの感想をお話させて頂こうと思います┏○ペコ

まずですが私の攻略順は 鉤翅→鴉翅→山都→紋白→緋影てな感じで攻略しました。
ちなみにこれはちちゃんと下調べをしました(笑)
だって最後が良かったこの人・・・ってキャラを最初にやった時ほど楽しめないゲームはない!!と思うんです。ちなみにこれは経験談です。あの忌まわしい思いを二度としないためにも、お勧め攻略順はググるようにしています。

で、この攻略順にした結果は大正解でした~♪
鴉翅と山都あたりはどちが先でも良いかもですが、鉤翅で物語の全容が大体分かって、紋白で更なる謎が少し溶けて緋影で全てが明らかになるって感じでしょうか。

物語は目が覚めると洋館の中にいて、記憶がない状態に陥っています。その洋館の中で次々と出会う彼らも記憶がないんですが、もちろん洋館から出られる手立てはありません。
ただ洋館にいるってだけなら安全ですが、そこには何か他の生き物が身を潜めています。そしてそんなちょっと怖~い洋館には主様と呼ばれる方がいます。
その主様が所有する万華鏡という美しい代物があるのですが、それを完成させる為に必要な欠片集めを主人公たちに頼んできます。
その欠片を集めて万華鏡を完成させた暁には一つ願いを叶えてくれるというんですね~。
元の世界に戻りたい一心で欠片集めをしていくのですが、その中で各キャラ達の記憶の糸が繋がろうとしていくんですが・・・。

とサスペンス要素いっぱいのストーリーなので、アムネシアとか好きな人は良いんじゃないかな~?と思います。恋愛としては微糖といった感じですが、スチルとかに若干ドキっとするようなのもありますのでなかなか良い感じだったなと思います。

ストーリーも全体的にまとまっていますし、キャラをプレイしていく事に明らかになっていって緋影を最後にプレイすることによって綺麗にまとまってスッキリ終われるのでモヤモヤする事はないです。
ただ、やっぱり緋影以外はわりと共通のストーリーが多いので、そこがちょっと残念ですかね。緋影はわりと独立したストーリーだったと思うので、最後の最後にまた楽しめたという感じです。

それぞれのキャラですが、まずは紋白から。

紋白小

紋白は最初の時はとにかく不思議でした(笑)
最初の登場から私は何故か紋白が気になって気になってしょうがなかったんですが、この人いきなり現れて消えてまたいきなり現れるので一体何者なんだ!!とすごく気になったんです。

でも紋白については他のキャラの攻略中に分かってくるので最後まで謎って事はないです。彼の正体が分かることで物語的にもかなり進展しますので、ある意味キーとなるキャラです。
そして彼はとても可愛いんですよ~(*´艸`)
私は個人的には紋白と緋影が結構好きですね(笑)

そして次は鉤翅。

かぎは

鉤翅は見た目の通りとても優しいお兄さんって感じです。彼のストーリーはとにかく切ない!!しょっぱなから涙を流してしまいましたし、とにかく初めにプレイすると衝撃の連続でした。他のキャラのルートで彼の想いとかが描かれているんですが、それがすごく良いんですよね。自分が醜い気持ちを持っていると分かっていても、それだけは譲れないという彼が描かれているんですが人の醜いと感じてしまう部分がリアルに描かれているというのも黒蝶の特徴かなと思います。

次は鴉翅。

からすば

鴉翅は接しているときは常にチャラい感じです。とにかく軽い軽い(笑)でも、その中にもやっぱりシリアスな場面なんかもあって、いつも軽いけどそれには意味があったりするので、個別ルートをする事で彼の見方が少し変わりました。
嫌いではないしむしろ好きだけど可もなく不可もなくといった感じです。

そして山都。

山都

山都は王道のキャラな感じで、一見冷たい感じなのに実は・・・みたいなタイプ。しかしこのお方は若干心のあり方が危ないというか、いつ闇に引き込まれてもおかしくないといった感じなので、とても危なげなお方。しかし一番大人っぽい対応をしていた気がします・・・。皆結構好きになると嫉妬心が見え隠れしてるんですけど、この人からはあまりそうゆうの見られなかったような気がします。

そして緋影!!

緋影

もうね、この人が一番良い!!キャラ的にもストーリー的にも彼が一番です。
他のキャラを攻略しているときは『おい!緋影よ!!まじか!!』ってなったんですけど、この人のルートで全てが明らかになると、緋影~!!!!(´つД⊂)ウェーンってなります(笑)
この人の抱えているものって一番切ないなぁと思いました。

どの人を攻略しても共通しているのが人間の心の強さとか弱さとか、誰しもが持つ感情とかそうゆうものが描かれています。ハッピーEDとかBAD EDという感じの終わり方ではないのですが、一方のEDは切ないです。この終わり方がなかなかダークな終わり方だからそれが黒蝶のダークさが詰まっていて良かったです。

スチルは原色を使われているのが多いのですが、背景は常に暗いので色が映えますし、全体的にも綺麗です。

で、システムは何度も言いますが私は最初は訳がわかりませんでした・・・。軸となるストーリーを進みながらショートストーリーを開放しつつ進むので、ショートストーリーのお陰でボリュームが出ます。
攻略しているキャラのショートストーリーを開放しながら進むとストーリーが解放されたりして、分岐が結構あるので慣れると面白かったです。

そしてミニゲームの蝶狩りですね。
これは最初はうまくいかずランクもCとかなんですけど、何回かやっているとSになっていきます。全体位を通して合計で3回か4回とかしかやらないですし、結構楽しかったです(笑)

でもこれは完全に私のレンドへの浮気が面白さを半減させてしまったように思います。続けてダダダーっとやれば良かったなぁと思います。
これはこれで完結しているので、続編がどうゆう形で描かれるのか楽しみですね( ^ω^)♪


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

0Comments