Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

30

ニル・アドミラリの天秤初回プレイ感想-昌吾-

こんばんは~ヽ(*´∀`)ノ

今日は朝起きてからスマホを充電したんですが、そのまま置いて出かけてしまったりな子です(ノω`*)
しかも本当に全然気付かなくて、気付いたときには取りに戻れる距離でもなかったのでまぁいいか~とそのまま過ごしました(笑)

意外とどうにかなるもんですよね!
メール返せなかった方にはごめんなさいですけど(笑)

まずは昨日の独り言のお相手をして頂きまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントも下さりありがとうございました~(人▽〃)
毎日とても励みとさせて頂いております┏○))ペコ

やっと…やっと人様のニルアド感想が読めるようになったんですよ~!!(≧∇≦*)
といっても最近仕事中に読める時間がなくてまだお預けなんですけど、とりあえず初回の昌吾√が終わりましたので喋りに来ました♪

ニルアドミラリ.JPG 

まず簡単にシナリオですが…あ、簡単にとか言ってますけど長いです(笑)

主人公は久世家の令嬢で自分と弟のヒタキと父と母の4人家族。しかし久世家は傾きかけていたんですけど、帝都震災の影響で更に状況が悪化してしまいます。
母は心労により離れて暮らすこととなり、父は資金工面でほとんど家にいず忙しくしております。

なので主人公と弟、久世家に仕えている家令のじいやと暮らしているような状況です。

ある日、傾きかけている家のため姉が結婚をするかもしれないという噂を弟が耳にし、それを認められない弟と言い合いのような形になってしまいます。
弟にとって主人公は母でもあり姉でもある存在で、更に望まない家のための結婚というのが彼を傷つけるんですね(;д;)

主人公は自分の事を心配してくれている弟の気持ちを分かりつつも、少しでも家の為になれば…という気持ちと結婚に対しての不安を抱えているので何とも言えない思いがせめぎ合っています。
しかしながらどうにか弟と仲直りをしようと、弟の好きな汀紫鶴の新刊とお菓子を買ってあげようとします。

出かけてから帰ってくる途中に『首相の息子が自殺した』『アレが関係してる』という言葉を交わす記者たちとスレ違いますが、迎えの車が来たので気になりながらも家路へとつきます。

家に着き自分の部屋へ向かうと弟のヒタキが主人公の部屋にあった本を持って出て行くところでした。
その本は書庫にあった本で、丁度書庫の整理をしている最中でその本を主人公の部屋に置いていたんですが、その中の本をヒタキが持って出て行く所でした。

が…その夜、ヒタキの部屋に買ってきたお菓子や本を持っていくと、何やらブツブツと呟きながら自分のまわりに灯油?なのかな油?をまきその中心に本を抱えて立つヒタキ…。
なんと彼は自分でマッチを落とし炎に包まれてしまいます。

この出来事から主人公は弟のヒタキの事件には彼の抱えていた本が関係している事を知ります。
その本とは「稀モノ」と呼ばれる今では滅多に出回らない肉筆の和綴じ本で、書いた人の念のようなものが本に宿り、その本を読むと何かしらの影響を与えてしまうというもの。

そしてこの事件を切っ掛けに主人公はアウラが見えるようになります。稀モノと呼ばれる本にはアウラと呼ばれる炎というか煙というか、そうゆうものがモワワワーンと出ているんですが、それは普通の人には見えないんですね。
ただ主人公は弟のヒタキの事件の後からそのアウラが見えるようになり、数少ない能力者のような立ち位置になります。
そこでその稀モノを探し出したり研究したりする機関のフクロウに入らないかと勧誘されます。

この稀モノに関わる事件が一日のうちに2件起きた事で様々な事が大きく動き出し、ここから主人公の運命も大きく動き出していきます…。

我ながら毎回大雑把で長ったらしくなってしまって申し訳ないです(笑)

序章的な部分だけ軽く話させて貰いましたが、今回は公式のお勧め順でプレイしておりまして、全体的に短めの章区切りになって、共通自体そこまで長くなく個別にボリュームがある仕様になっています。
初回プレイで恐らく9時間くらいで3つのEDを回収できていると思います。

共通を終えた後にどのキャラ√に進むか選んでから進む形なので、周回もわりと楽にできそうな感じですよ。

それと一周しただけじゃ全然全容が見えない(笑)
シナリオを進めていく毎に色々明らかになっていく感じなんでしょう…。昌吾√では昌吾に起こっている出来事+フクロウとしての調査が…という感じで、ここで起きた出来事に対しては解決しています。
それに加えてずっと守られて育ってきて世間知らずだった主人公が、成長しながら恋をするという感じでしょうかね。

まぁ隼人とか類とかが最後の方で制限かかっているから、この辺に至っては進めていく楽しみにしていこうと思います。
でもわりとテンポよく話しが進むし面白いです。

で、恋愛面なんですが進み方は特にDって感じもしないし、わりと丁寧な距離の縮め方です。すれ違ってみたりするもどかしさもありつつで良かったですよ~。
でもね、多分ね、思いを伝え合ってからがDなのかな(笑)

別にエロ!!(*ノェノ)キャーって感じではないけど、なんて言えばいいのかな…欲求を抑えず表している感じというか(笑)
昌吾だからそこまで凄くはなかったのかもだけど、でもまぁ主人公からしたら求められてる感みたいなのはすごく感じると思います。

でも全体的にちょっとだけ暗いというか重いというかそうゆう雰囲気があるので、恋愛の感じも合っていると思いますけどね。
違和感とかも感じませんでしたし。
ただ、大人組?のスチルをビズログで見ているので、その辺りは若干期待はしております(;゚∀゚)=3

それとサブキャラが結構多いので色々な人が関わりながらシナリオが進んでいきますし、サブキャラがまた豪華で更にどの人も良いんですよ~♪
あまり好かれない感じでいけば、私はやはり四木沼が好きなんですけど…(笑)

まぁそんなことは置いておいて、今回久々に興津氏の声を聞いたんですよ~!!(*ノェノ)キャー
やっぱりこの人の声好きだわーと再確認した瞬間でもあったのですが、あの謎の民族衣装というかお面に釘付けでした。

この他にもなかなか気になる隠さんや杙梛など、こういったサブともちょこちょこ絡みがあるので楽しいです。

そして今まではわりと籠の中の鳥だった主人公が家を出て働き、そこで様々な人と接していくことで変わっていくんです。
ただ成長していくというのだけではなく、今までの自分がどうだったのかを見つめつつ変化が訪れるというか。

弟の事件の事もあるのですが、思ったよりも暗く卑屈な子って感じでもないので一安心でした。

ではでは初回はこの辺にしておきまして、昌吾感想へといきたいと思います(*゚∀゚*)

icon_shogo.png 

この子はある事件をきっかけに主人公達の住むアパートで共に暮らすようになります。

ただ、ザ・金持ちのボンボンって感じなのでめっちゃ感じ悪いんですよね(笑)
隼人と言い合いになったり主人公にキツく当たったりしてくるので、最初の方はこれで距離が縮まるのか…?と思います。

でもまぁ想像できる感じのちょっと子供っぽい昌吾なんですが…。
でも大丈夫!!そこはいつもの乙女ゲームにありがちな感じです(笑)
ちびちびと気を許しつつ懐いていく感じが、最高に楽しかったんですよね(´・∀・`)ニヤ

キツく当たるのも喧嘩になってしまうのも理由があったりただ素直になれなかったり、そして彼も色々と抱えアパートに来ているので距離が近づいたと思ったら離れたりを繰り返しながら進む恋がもどかしくも楽しいです。

というか、コイツ可愛いんですよね~(´・∀・`)ゞ

平たく言えばディアラヴァのスバルくんみたいな!!
うるさい!とか構うな!と言いつつも、素直になれずに「わ・悪い…」みたいな!言いた事分かりますかね?(笑)
とにかく実はただの可愛いやつ過ぎて私どうしようかと思いましたよ…。

でもねー二人共なかなかすんなり気持ちを伝えるって感じでもないですし、言葉足らずな感じなのでもどかしくなります。だけどその後の恐らくここがレーティングDであろうフィーバーはなかなかだと思いますので、頑張って乗り越えてって感じです(笑)

しかも梶くんも低音だし、木村さんのね!!ボソボソ喋るのがね!!すんごい良かったんですよぅ(*´艸`)
昌吾の可愛さをより引き立てているというか何というか…。
あぁ~可愛い。

そしてここでのシナリオは昌吾に降りかかるある事件と、フクロウの追う稀モノには関係がありまして…。
ツグミ達が稀モノを探して追っていくうちに、そこには様々な人の関わりや思惑などが絡んでいることが分かってきます。

そこに昌吾やツグミの心の傷が関係してくるんですけどね、でもこれが進んでいくと昌吾が実はツグミの為に…ってゆうのが個人的にはめっちゃえぇ子やないか~!!
可愛すぎるぜ~!!ってなったんですけど、あんま言わない方がいいと思うのでこれも伏せます(笑)

伏せてばっかになっちゃいますね(´△`)

シナリオも進めば進むほど目が離せなくなるんですけど、結構驚き展開なんかもあって。
昌吾がある事をしでかしてしまうんですけどね、その後泣きながら謝ってる時なんて何とも言えない気持ちになったんですよ。

あ、私こうゆうミステリー系説明するの苦手かも知れない(笑)
だってこうゆうのってこれ言ったらつまらないかな~とか考えるとどれも言えないんですよね(ノ∀`)

それと序章で出てくる稀モノって何だか最初は現実味がなさすぎてプレイしているこっちもふわふわしているんですけど、進めていくともはや「ただの本」というだけでは済まされない事態になっていくし、ちゃんとお前か~!!となる人もいるので、わりとスッキリするんですよ。

本がどうとかだけの話しではないし、これどんどん壮大になるのでは…と思っています。

ただね、やっぱりここをプレイしただけじゃ「あれ?あの人は?」とか「この子は?」ってのが残るので、次々!次の攻略!!ってなるんですよ(笑)
昌吾√で起こった出来事は解決している感じではあるけど、それだけじゃないんですよねこの物語は。

なのでまだまだこれからと思って頂きたいです(笑)

そしてですねいつもの私注目のBAD EDなんですけど、意味がありそうで…でもこれって意味のないBADなのかが分からない感じなんですよ!!

BADに入った時には「私自身嬉しくもないし望んでもいないけど、これはいつぞやの袁紹みたいなヤツかー!!」と期待したが…違かったみたいな(笑)
しかもこれは気になるけど、でもこのまま何もなさそうな気もするちょいモヤな終わり方だったんですよね。

でもまぁ死にました、ハイ終わり。って感じではないのでそこは良かったかなと思います♪

あ、後これうまく言い表せないんですけど…。
恋愛自体は別に重くも暗くもないんですけどね、なんかそうゆう雰囲気を感じるというか、何なんだろう…?シナリオの感じなのか雰囲気なのか。
これから何かあるからなのか、なーんかなんかなんですよね(笑)

とりあえず楽しんでおります。
あ、ちなみに私の意になっているキャラは隼人です。しかし一番最後なのでまだまだでございます(;д;)

お次の翡翠くんにもう進んでおりますので、今日も頑張ってプレイしてきマース(´∀`∩

ではでは本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコ


久々の興津先生の声にテンションが上がった
りな子に応援(∪・ω・∪)ポチお願いたします(*゚∀゚*)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

4Comments

灯(テイ)  

おはよー(о´∀`о)ノ
りな子氏のニルアドレポ楽しみにしてた~♪
そしてここでやっぱりというか同じだよぅ!と思ったのが…
四木沼わたしも好きだ(笑)

昌吾は良平さんの声も相まってホントかわいいツンデレ野郎だったね(*´艸`*)
いいとこの坊っちゃんなのに器用だったり、意外な一面もよかった♪
シナリオは周回重ねると線が繋がる感じかな?
徐々に絡まってくると思うよ♪
私は最初が滉だったからまぁ…うん…笑

翡翠も楽しみにしてるね~♪
お邪魔しました(^o^)ノ

りな子  

灯さん

灯さん~!!
やっとニルアド初めてあなたのブログを見に行けます(笑)
後で行くね(*´∀`*)

ってか、さすがは灯氏ですね。
四木沼仲間がいてくれて良かったよ(´・∀・`)ニヤ
だって絶対嫌われるやつだよね?

もうあのビジュアルとかたまらないんですけど!!
負のオーラとか素敵過ぎませんか!←

昌吾はもう本当かわいかったー!!
あの激しいツンデレぶりがすんごく良かったですよ。

シナリオはまだまだこれからって感じですかね。
昨日は櫻井さんの一件があたから楽しみになったよ(笑)

今ちょうど滉√入ったので楽しもうと思います♪
翡翠感想頑張りまーす(*´∀`*)

ではではコメントありがとうございました♪

  • 2016/04/30 (Sat) 09:49
  • REPLY

まる  

こんにちは~(*´ω`*)ノ

ニルアド開始おめでとうです~!
私もお待ちしておりましたw

初回からかなり楽しめたみたいですね、良かったです~(*´д`*)
私は灯さんの感想記事とちらちらアマのレビューを拝見してます。

1個お訊きしたいんですけど、ニルアドはあまり大正時代らしさがないってレビューにあったんですけど、りな子さん的にはどんなカンジですか?(*´ω`*)
私、ニルアドは時代的に期待してたので気になるとこなんです~。
キャラ設定とか恋愛もようは大正っぽいですか?
キャラたちが現代人っぽいニオイぷんぷんしてたら嫌だなって思ってるので、そのへんいかがでしょう~。

まだ初回だからミステリー要素として楽しめるかはこれからってとこですかね(・∀・*)
続きも楽しみにしております!

  • 2016/04/30 (Sat) 09:53
  • REPLY

りな子  

まるさん

まるさんこんにちは~ヽ(*´∀`)ノ
お返事大変遅くまりました(;д;)

ニルアドやっと開始できました~(*´∀`*)
そしてお待ち頂きましてありがとうございます(*ノェノ)

なかなか面白いですよ。
初回√だけでは解けない謎や、余計に気になる部分があったりしますので…
まんまと引き込まれております(笑)

大正という部分なんですけど、建物の感じとか名前とかは大正を感じさせるのもあります。
だけど大正風と思ったほうが良いのではないかと思いますね…。
個人的にはそこまですっごく気になるという程ではないです。

ちなみに今二周目の翡翠終わっているんですけど…気になる事がポロポロと出だしより進めるのが楽しみになってきました!!

今日は帰ったら翡翠感想をしたためますので、お時間がある時にでも覗いてやってください(*´∀`*)

ではではコメントありがとうございました♪

  • 2016/04/30 (Sat) 16:46
  • REPLY