Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

17

既にプレイ中&春告と雪息子セイジ感想(凄いネタバレ)

こんばんは(*'д'*)ノシ

まずは昨日の感想独り言のお相手をして下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチそしてコメントを下さいましてありがとうございました~ヽ(*´∀`)ノ
毎日とても励みとさせて頂いております┏○))ペコ

さてさて、昨日神なる君とをコンプしましたので今日からピリキューまでは…
ずーっと…ずーっと…すぅぅぅぅぅぅっと放置していた魔法使いとご主人様を再開しておりますです~!!(´▽`)

放置しすぎてもはや私がプレイ途中だった事も忘れてませんか??|ョω・)
とりあえずちょっとチェックしたらハワードのめっちゃ終わりの方で止まっていたので、ハワード終わらせてからの、暗殺EDにしか行かなかったサイラスを進めております(笑)

残りは恐らくあと4人とか?なのですぐ終わりそですが、ここでm9(`Д´)ビシッと終わらせちゃおうと思っておりますよ~♪

それとセブスカOPムービー見てきたんですけど…。
何かかっこいい感じになっておるんですが、ゲームのOPっぽい雰囲気ではないのでちょっと新しい感じがするー。



発売前になってやっと色々出てきたーって感じですね(*´∀`*)

そして今日は先日届いた『春告と雪息子』を聞いたのでサクッと感想をば。
ちなみにこれ何で連動したかといいますと、まぁ興津氏が出ているから&小野友さん石川さん等々どのキャストさんも気になったから!(笑)

というなんとも安易な感じで連動しました。
しかもいつものように前情報大して入れてなかったので、聞いてびっくり驚きでした(°д°)

最初は黙って(。・ω・))フムフムと聞いていたんですけど、わりと淡々と進むんですよ。
んで一回目はザーッと聞いてひとまず終わり、キャストトークがあってそこで石川さんの言葉に『えっ!!ちょっ!!』ってなって、その後Another Endingなるもので『おいおいおい…』となりまして。
改めて聞くというハメになりました…(笑)

まぁ何が言いたいかというと、これから出てくる全てのCDを聞かなければ何も分からんという事ですよ。
この石川さんの第一章はまだ始まったばかりに過ぎないんですね。
最後興津氏だから楽しみにしていたんですけど、あいつ…もしや…何か怪しげなキャラなんじゃ…と勝手に思ってます。(←勝手な妄想ですw)

ではストーリーと共に感想をザザっと。

※1ちなみにネタバレとか気にしていません!!覗くならばお覚悟をー!!
※2リアルタイムで聴きながら書き連ねているので、シナリオと同時の感想になっています。
なので、最後にどうなったかの叫びがあるのでお気をつけください(笑)

tw_seiji.jpg 

まず雪女の伝説が残る不二之村は一年の大半が冬で、そこに住む彼らは雪女の子孫だと信じられています。
小さな村は何百年も前からの掟に縛られている閉塞的な村なんです。

春を告げる生け贄として直系の血を引く少女を雪女の社へと送り出すという悲しい儀式が数十年に一度行われているんだそう。

村に春を告げるために生け贄として選ばれた少女は、儀式を行うために「春告げ様」として育てられてきます。
それが今回の主人公なんですが、言うならば生け贄として育てられたというなんとも酷い…。

そして第一章の石川さん演じるセイジは幼馴染でもあり、御供所という春告げ様の世話役として儀式までの補助をする役目をしております。
しかし傍で御供所として世話をするものの、生け贄のために育てられたという事実に疑問抱き主人公を守りたいと思うセイジ。

でも生け贄を捧げなければ村に春が来なくなってしまうかもしれない。
代々伝わってきている言い伝えや掟に背くことは許されないけど…と揺れ動く想いはどうなるのかー!!(笑)

いつもながら雑ですみません(;´∀`)
とりあえず先に気になったところだけ喋らせて貰うと、このセイジの第一章はとにかく気になる所を残したまま終わります。
キャストトークでも伏線が~と言っていたんですけど、改めて聞くと伏線のオンパレードやないか!って感じですよね。

でも一回聞いただけだと私はお馬鹿なのであんまり気にならなかったんですよね( *゚∀゚)・;'.、ブッ

「あれ?今5人だったって所で狼狽えたけど…誰がいないの…?」とか、「火鉢の事気にしすぎじゃね!?」とか、そんな程度だったんですけどね…。
ですけどね!!とりあえずキャストトーク聞いて「え!もっと気にしておけばよかった!」と後悔し、後から聞く羽目になったんです(笑)

面白いのかもしんないこの作品…。
まだ何も見えてきてないから分からないけど(;´д`)
これからキャラたちがどうやって関わってくるのかが楽しみなんですけど、セイジ最後に…何か不穏な感じで終わったんですよ!!

いやいきなり最後の話かよって思うかもしれないんですけど、(。・ω・))フムフムと聞いていてですね、AnotherEDになったら絶対驚くと思うの!!
まさかこんな展開用意されてると思ってなかったから!!

と…とりあえず落ち着こう。 スー( ̄。 ̄)ハー( ̄0 ̄)スー( ̄。 ̄)ハー( ̄0 ̄)…

えっとセイジは御供所として主人公の傍で儀式の日までの食事とか、身を清める時とかとにかく常に世話役として傍にいるんです。
幼馴染でもあるし小さい頃から同じ村で育っているので、生け贄として育てられもうすぐ主人公が居なくなる事にあまり納得していない部分を見せてきます。

でも村の言い伝えや掟などもあるので、しっかり守りお世話をしているんですよ。

あ、ちなみに石川さんボイス常に優しい~優しい~感じです。
個人的には忍恋の半蔵様がりな子的イケボなので、ちょっと柔らかすぎるんですけど(←オマエの好みは聞いてねーよですね(笑))ちょいちょいこのお優しい囁きがナイスボイスでございまする。
しかも幼馴染という設定上なのか無邪気なやり取りとか、何か守られてる感みたいなのが感じられるというか良い感じです。

それとですね、雪女直系の血を引いていると言われている『御供所三家』というのがありまして、主人公含む登場人物がそうなんですけど、その中で女の子は主人公のみなんです。
なので彼女が生け贄となるしかなかったと言う事らしい。

そしてこの彼らの先祖と言われているのが雪女とある青年なんですが、漁師?猟師?の(CDだからどっちの「りょうし」か分からなかったんですけどw)老人と少年が一夜の宿を借りたんですけどそこの主は雪女だったんです。
その晩少年は雪女が老人を殺す所を見てしまい、雪女は少年を殺さない代わりに自分と会ったことを口外しないようにと誓わせたとな。
それから何年も立ち少年は美しい青年に成長し、透き通るように色の白い美しい女性と恋をし夫婦になり、子を成しました。|゚д゚) ぁ ゃ ι ぃ

ある時青年は妻に雪女と出会った事を話してしまうと妻が「口外してはならないと言ったのに…」と、嫁こそあの時の雪女だったー!ヒィー(゚ロ゚ノ)ノ
雪女は口外されたらその人を殺さなきゃいけないんですけど、子供もいたので夫を殺す事は出来ず自分が姿を消したという悲しい言い伝えなんです。

この地では雪女を母なる雪女様として敬愛しているし、とても閉塞的な村で外の世界に出てみたい…と思ったりしてるんです。
誰も外に出たことがないみたいなんですよねー。

そして主人公が女らしくないというか、何かこう食いしん坊の元気なイメージを思い浮かべちゃいます(笑)
でも火鉢…動かせる主人公は実は雪女とか?
でもこの火鉢シーン2回くらいあるんですけど…一体どうゆう事なの?(=_=)

しかも何か食べるの早いし食べる量が多いし、ただの食いしん坊なのか…?と聴けば聴くほど全てが怪しく感じてしまう!笑

ちなみに一応恋愛的要素はあるし、ご馳走様リップ音とかもあるんだけどもはやそれどころじゃないんですけど…。
セイジは幼馴染として一緒にいるんですけど、とにかく主人公を喜ばせようと色々気を遣ってくれたり優しさの塊って感じです。

ここでちょっといつものマイナー台詞の話を挟みます(笑)
セイジが苺を買ってきて食べさせてくれるシーンがあるんだけどね、あーんしてくるんだけど2回目の「ほいっ。あーん」の「ほい」が何かすんごく可愛いんですよ。
親しみがものすごい込められてる感じで何かこの「ほい」が好きなんです!!(*´д`*)
私も「ほい」って言われたーい(笑)

話が逸れましたが、セイジは主人公が生贄になる=殺されると考えているので、自分の中で大切な存在である彼女が生贄になる事を良しとしてないんです。
でも主人公は小さい時から生け贄として育てられているから、村の為にこれはなくてはならない物だと思っていて…
セイジはじゃぁ殺されてもいいのかーとちょっと感情的になってみたりしちゃいます。

もちろん主人公も死にたいなんて思っていないんでしょうけど、幼少の頃から決められた事に対して悲しいとは思いつつも受け入れるしかないと思っているんですねきっと。

あ、喧嘩の後の仲直りは添い寝かと思いきや…布団の中に足を入れるというなんとも可愛い(笑)
そしてうろたえる石か…じゃなかったセイジがとってもキュートでござる。

そして…御供所として共に過ごす中でセイジが彼女の対して淡い恋心のようなものを抱き出します( ´艸`)
最後の清めの時にセイジが儀式を失敗させようと思っていることを告げるんですー!!

彼女一人を犠牲にするのが耐えられない、そして彼女のことえを好きになってしまったとな。
春告げ様にはならず生け贄にはならず村の外に一緒に逃げようと。

で、問題はここからなんですけど…
儀式に向かう振りをして主人公を逃がすんですけど、セイジも途中で落ち合って二人で逃げるんです。(ここで消毒と称した足舐めのオプション付き)

その後どうにか落ち着ける所まで来て、セイジが「はるちゃんを生かす為に守りたい」と言って自分が身代わりになると言い出すんですー!!
でも彼が身代わりになるのは嫌だセイジが居なくなるのは嫌だと主人公が泣き喚き、ここで初めて甘さが出てきます。

あ、ちなみに私はるなんて名前じゃないけど石川さんが「こっちを見て、はる」と行った時にはキャ───(*ノдノ)───!となりますた(笑)

その後は二人で生きていこうという事で、どう考えてもこれはハッピーだったーな感じなんです。
とりあえずは感動的な終わり方。

だったんだけど…

その後のAnotherEDの方が面白かったというね。

眠っている主人公をそのままにして、雪女の生け贄が捧げられる社に一人で行こうとするセイジ…。
主人公に言ったのは嘘で自分が身代わりになろうとしていた罠(゚д゚lll)

そして社に向かって行くと…そこには社は無く、社だと信じ込まされていた所は村の出口だったんです。ゾワワー
これって村から出さない為に…嘘をついていたんだ…。

そしてはるちゃんを呼びに行こうとするセイジが振り向くとそこには…(;Д;)

うわぁぁぁぁぁぁ!!
はるちゃんやっぱり雪女だったんだー!!怖い怖い怖いー!!面白いー!!
むしろこれを普通の終わりにしてくれた方が面白かったのでは?と思ったり思わなかったり。

とまぁこっちの最後はセイジがどうなったかまでは分からないけど、何でこんなことするんだ的な事を言って一人大興奮してたら終わってた(°д°)笑

いや~でもこれちょいちょいすごい気になる所があって、所々雪女っぽいSEがあるんですよ。
雪女っぽいというと無理矢理な感じがするんだけど、聞いて貰えればわかると思うの!!
これを聞くたびに「ん?」って思うんですよ。

ではやはりこの村は雪女が作った村だったのかな。おー怖っ。

個人的には面白かったです。
甘いとか云々ではなく続きが気になるって感じですけど。
恋愛面は徐々に変化していくセイジが良かったかなー!

次は6月15日か…まだ一ヶ月もあるよ(;д;)
早く発売日こーい!気になるー!!

という事で本日はこの辺で♪
最後までお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`*)ノシ


どうしよう…ハワードすごく放置しすぎて
全然覚えてないよぅ(;д;)
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します(;_;)ノシ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

6Comments

灯(テイ)  

お邪魔まんぼー(^o^)/

振り向けば雪女とか…ヒィィィィ( ̄□||||!!
恐怖の新感覚シチュCDだね(笑)
ジャケットから甘さだけじゃない感はあったけど、まさかホラーだなんて(´д`|||)
でもすっっごく面白そう!!
悲恋とみせたハピエンとか、ゾワッとするけどこの作品ぽいアナザーEDとか考えられてる感じだね。
個人的にはアナザーEDが気になるけどw

優しい石川さんの『ほいっ』も聞きたい(*ノ∀ノ)

色々伏線もあるみたいだし先が気になるね!
興津氏までいったらどうなるんだろう…ドキドキ
これは連動にして正解な感じだね♪

ではまたくるなり~(*´∀`)ノ

りな子  

灯さん

灯さんおはよう~ヽ(*´∀`)ノ

いやはや…びっくりしました(笑)
まさかそんな展開まで用意されているとは思わず、聴きながらヒィィィ!!ε=ε=(ノ;゚Д゚)ノでした(笑)
anotherEDは恐怖だね!w

確かに甘いシチュCDって感じではなく…あ、でもホラーじゃないよ!?(笑)

常に恋愛ー!!って感じではないから少しずつセイジが気持ちを抑えられなくなっていく感じとかがちょいちょいあって結構面白いよ~( ´艸`)

ね!マジで!!「ほいっ」の感想聞かせて!!w
でも本当に一瞬だし聞き逃すかもだから…マイナー過ぎて(笑)

伏線にしてもこれがどうやって繋がっていくのか気になるところではあります!!
早く9月になれ~ヽ(`Д´)ノ←

いつもコメントありがとう~(≧∇≦*)ノシ

  • 2016/05/17 (Tue) 09:07
  • REPLY

ike  

続けて失礼します。先に長々書いて、多分、また長いです(笑)。

すごい面白そうなんですけど(笑)。これは、CD系を買わない私に買えという誘惑なんでしょうか(笑)。販促うますぎです。

あ、でも、その前につぼにはまったこと、先に書いておきますね。えー、長いので、うーん、真ん中辺でしょうか。CDだから、りょうしが「漁師」か「猟師」かわからないなどと書いてある段落です。終わりに方に

「・・・透き通るように色の白い美しい女性と恋をし夫婦になり子を成しました。」

とありますよね。ここを、「夫婦になり、りな子を成しました」と読み、?となりながら吹き出し、もう1回読み直して、ああ、字面が・・・と納得してそのあと一人で笑い転げました。夜中だったので、隣で寝ている人が起きないかと、少し心配しました(笑)。

という私のツボは置いておきまして、あ、もう一つありました。りな子さんがキャーとなった「こっちを見てはる」をそのまま全部ストレートに読んで、「なんでいきなり。京都弁?」と思いました。すみません(笑)。でも、キャーとは違う楽しみ方ができました。

全然CDの感想話しておりませんね(笑)。かなりの勢いで食いつき、真剣に読んだのですが、最後雪女なんですか?怖いんですけど、先が気になるじゃないですか。でも、かなり怖そうですよね。でも、先が気になるぞって感じです。

うろたえる石かじゃなかった、セイジも素敵そうです。

面白かったです。面白いですが、危険ですね(笑)。気を付けないと、散財が・・・。

素晴らしい感想ありがとうございました。

  • 2016/05/17 (Tue) 10:24
  • REPLY

りな子  

ikeさん

ikeさん…(笑)
りな子を成しましたに笑いまして、今も笑いが止まりません(笑)

こちらにもコメントを頂きましてありがとうございます(*´∀`*)
しかし…「、」打てば良かった…。
これは私のミス!!りな子を成したを思わせたとは…大変失礼いたしました(笑)

更に…京都弁!!( *゚∀゚)・;'.、ブッ
言われてみれば…これも「、」入れるべきですね(笑)
笑いすぎて涙が出てきました(;д;)
後で句読点入れてきます(笑)

そうそう、何だか一回目を聞いた時よりも2回目に色々気づいて来た時の方が面白かったんです!!
意外と連動して良かったかも…と思いましたねこれは。

anotherEDの雪女の終わりは(;Д;)ギャー!なんですけど面白かったですよ~♪
是非ikeさんにも聞いてい頂きたいと思っております。
狼狽える石か…じゃなくてセイジと私一押しの「ほい」を聞いてください(*´∀`*)笑

ikeさんのおかげで私も笑い転げました(笑)
コメントありがとうございました(*´∀`*)ノシ

  • 2016/05/17 (Tue) 10:34
  • REPLY

さまんさ  

こんにちは。
春告と雪息子聞いたんですね~。
この感想書く方どんなか楽しみだったんです。
丁寧にストーリーも紹介されててお上手!
しかも春ちゃんについて、私は○○と表現しましたが、ばっさりネタバレ風味ww
やるなぁww

実は私は石川くんの声がちょっと苦手なんですが、このCDは、まあいけました。
甘いとかそんなのより(え?)ストーリーが面白かったです。

そして最終巻の興津さん、絶対に怪しい・・・
今から超絶楽しみです。
次回のおのゆは私の苦手な兄設定なんですよね。
萌えは別物として楽しみますww

  • 2016/05/17 (Tue) 11:02
  • REPLY

りな子  

さまんささん

さまんささんこんにちは~ヽ(*´∀`)ノ
春告聞きましたよ( ´艸`)

しかも聞いたあとしっかりさまんささんの感想にもお邪魔してこっそり覗かせてもらいました(*´∀`*)

これどうやって書けばいいのか…悩みました…(´△`)
あ、春ちゃんについては一応白字にしたんですけど…
anotherEDで出てたから、実際は違うのか!?って事で書いちゃいました!テヘッ

さまんささん石川さんのお声苦手なんですね~!!
でも今回はまぁいけたようで良かったです(笑)
そうそう甘さというよりもストーリーの方が面白いですよね。分かります。

ってか興津さん絶対怪しいですよね!?
もう一度怪しいと思ったらあの見た目とかも怪しく見えてきましたもんww
おのゆのお兄さん…ちょっと元気そうなイメージなんですけど大丈夫だろうか…心配。
兄設定ってこれはいつもの義理とかではなく兄なんですかね…
あ、でも衝撃の事実がとか書いてあったから怪しい…(=_=)
とにかくわたくしも最後まで早く聞きたくてしょうがないです!!
萌えは別物…賢い選択ですね( -`д-´)キリッ

ではではコメントありがとうございました~(*´∀`*)

  • 2016/05/17 (Tue) 13:41
  • REPLY