Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

11

十三支演義2 張飛・趙雲 感想

こんばんわ~(´∀`*)

明日からお仕事で山梨に一泊二日で行くことになりましたので、ブログ更新ができない((((;゚Д゚))))
ということで昨日は張飛と趙雲のトゥルーEDを素早く終わらせてきましたので、2人まとめてプレイ感想を書いちゃおう~と思い参上いたしました♪

まずキャラ別ではなく大まかな感想。
ここはネタバレしないで書こうと思います。

今のところ諸葛亮→張飛→趙雲と三人のEDを見ましたが、十三支演義1の時同様に張飛と趙雲の大まかなシナリオは同じです。で、この二人と同じ所に諸葛亮もいるので全体的なシナリオの流れ的には同じなんですけど、張飛&趙雲ペアとは若干異なります。

同じ身内(?)として猫族側にいますが、諸葛亮の場合だと個別ルートに入ったあたりから張飛や趙雲の物語とは違った動きをするので、また別物って感じで楽しむことができます。
他のキャラとの関係とかサブキャラ自体の事なんかも若干違いがありますし、軸は同じでも別の道と思っても良いかも?

そんでもって張飛と趙雲も途中までは同じなんですけど、だんだん別の流れになっていきます。

3人をプレイしてみて思ったのは今回の十三支演義2は攻略キャラに頼る関羽というのが多いですね。
1の時では関羽がどうこうしたり、関羽の強さに惹かれる攻略キャラ達って感じでしたが、2の方では関羽が各キャラ達の成長した姿や、自分ではどうにも出来ないときに助けてくれる彼らに頼り惹かれていくって感じが強いなぁと思いました。

しかも今回から一周通しでクリアしてると、2周目からキャラ選択して個別から始められるという素晴らしい機能が付いていてマジで助かりました~!!
前回は最初からやらなきゃいけなかったですし、これが結構長くて眠気を誘ってくるのでかなり嬉しい機能ですね!

そしてそして張飛・趙雲ですが、若干急ぎ目で攻略してしまいましたw
というのも、二人の事は嫌いじゃないけど、私の心が『は、早く曹操と夏侯惇を・・・』と欲していたためです(笑)
今日はもちろん帰ってからやっとこさ夏侯惇に会いに行きますε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

では、まずはネタバレ無しの張飛と趙雲の感想。
まずは張飛からです(´∀`*)




シナリオは十三支演義1を終えた後の過程として話しが始まり、張飛のルートでは諸葛亮のシナリオ同様に猫族が人に利用されずに生きていくために戦い、人と共存できる国を作るというのが軸となっています。
張飛は1の時よりも中身が男らしくそして、頼りがいのある大人の男というのが垣間見られて成長した彼が楽しめます。
共通の始まりの怒涛の展開から、張飛のかなり頼りがいのある姿を見せられまして・・・あんなに弟ぶりが凄かった彼が頼れる男性って感じになっていてなんだか感動さえします。

ちなみにそんな張飛がキュンキュンさせてくるポイントが後半にかけて盛りだくさんです(;゚∀゚)=3ハァハァ
しかも今回の張飛ってばいつもは引っ張ってくれて頼りになるわ~って感じなのに、関羽とのことに対しては可愛さが溢れ出ていますので、このあたりの破壊力はなかなかですよ。

恋愛面ですが、2ではまだくっついていない始まりで改めて恋をするという感じの流れです。
これがまた微糖からの始まりなので、その気持ちが大きくなっていくのがなかなか良いんです!
しかも関羽が自分の気持ちに気付いていく様子が、細かく描かれているのでこっちまでキュンとしちゃいます。

そしてこのルートでは猫族の皆が力を合わせて戦を乗り越えていくって感じがメインで描かれているので、猫族の一員になった気分になります。
とにかく応援したくなるし張飛がどんどん皆の中心となって平世おじさんのような立ち位置になっていって、本当に頼もしくなっていくのを見ているといつの間にか入り込んでしまいました。

張飛ルートは今までプレイした3人の中で一番ハッピーな感じの内容。
もちろん問題は起こるしそれを乗り越えるって部分はあるんですけどね、猫族皆が幸せになるため、一緒にいる人間たちが幸せになる為に力を合わせて頑張るぞー!!みたいな(笑)
張飛らしい元気が出るルートって感じです♪

ちなみにもちろんBADは悲しいですからね・・・?
でも今回のBADは1とは違った終わり方で結構切ない終わり方をさせてきますのでご注意を・・・( ̄∀ ̄)(笑)


お次は趙雲!!




趙雲のルートは、趙雲の優しさがいっぱい詰まっていてその優しさが身にしみるルートです。
というか趙雲てば優しすぎるしいい男すぎるしなんだお前さんは( `皿´)キーッ!!です。この2での趙雲のお陰で更に、もっと趙雲が大好きになりました!!

まじで素敵。
そして本気で泣いたルートでした。

ちなみに私はこのルートのシナリオ結構好きです。というか大好きかもしれません。

趙雲ルートのお話しは切ないというか、もうこっちまで苦しくなってしまうような内容なので、プレイした3人で一番心が痛くなるシナリオでした。
関羽を支える趙雲と、趙雲に頼っている関羽、この二人には本当に幸せになって欲しいー!!と心から思いながら進めていました。

もうね本当に趙雲が関羽を大切に思っているのがひしひしと伝わってきますし、この人と一緒にいたらずっと幸せに生きてゆけそうって思う。
しかも2での趙雲は優しいだけじゃない!!いや優しいんだけどそれだけじゃないんですよ。
ネタバレしたくないから言えないんですけど、本当に本当に趙雲の良い男っぷりを堪能させてもらったので、是非あなたにも!!←(笑)

そして恋愛面では・・・天然人間たらしの趙雲ですが、関羽に対しての甘~い趙雲が・・・1の時よりも素晴らしかったーΣ(゚∀゚ノ)ノ
私が趙雲が好きな理由は1の時もそうだったんですけど、一見優しい当たり障りない人風なのに意外と積極的な所とか、気持ちを認めたら素直に出してきたりするあのギャップ。

趙雲のギャップには何度(;゚∀゚)=3ハァハァさせて頂いたことか。

今回もたっくさ~んさせて貰いました。
ベッドでゴロゴロしながら趙雲ルートをやってたんですけど、一人で(*ノェノ)キャーとか、(●´mn`)ムフフとかとにかく堪能させてもらいました(笑)

趙雲ルートは二人で行動することが多く、個別に入ってからの中頃は趙雲と関羽が中心になります。
その割には始めの頃は色々と、本当に色々とあるので甘い生活ではないですよ。だがしかし・・・後半に近づくにつれて趙雲の甘さが増していくので、その辺からは乙女達にとってはキュンポイントが上がっていくんじゃないかな・・・?

ある事を乗り越えてからはいつもの関羽と趙雲になるんですが、ここからがまた面白い展開になっていくので目が離せません!

とにかく趙雲と関羽を温かく見守ってください!!

まだBADはやってないんですけど、トゥルーEDを迎えるまでの途中が結構心が痛くなるのでBADは一体どうやって終わってしまうのか・・・若干不安です(^^;

私ネタバレしないで感想言うの向いてないかも・・・ww
気にしすぎて上手く言えてない気がします( ºωº )



もう言いたくて仕方がないので叫ばせてもらおうかと思います┏○ペコ
以下ネタバレしますのでネタバレは嫌よという方は、進まにようにお気をつけください!!







------------------------ここよりネタバレします------------------------







叫ばせてもらいたいのはもちろん趙雲です。

もうとにかく最初から心が苦しくなった内容でした!!
張遼と賈栩が関羽を手に入れようとしてきたときに、関羽がご飯を食べさせてあげていたというタイミング・・・この辺りからもう嫌な予感しかしなかった・・・。

で、張遼に抑えられて動けないまま子供たちを殺せと命令する冷徹男の賈栩。
関羽が抑えられているそばで容赦なく子供たちに刃を向ける曹操軍の兵士(´;ω;`)

本当にこの時は張遼と賈栩が憎かったです。

しかもそのあとの関羽が痛々しすぎるし、こっちまで心が痛くなってきました(´;ω;`)
まさに諸葛亮と同じ心の傷を負ってしまった関羽です。だからこそこのルートでは諸葛亮は関羽に対して一番理解していましたしね。

そしてそんな関羽の心の傷を癒したいと思う趙雲が、とにかく優しすぎて涙が出てきちゃいますよ。

全く喋らないし反応もしない関羽に対して献身的に話しかけたり、心の傷を癒そうと幽州に行ってみようと言ったりとにかく尽くしまくる趙雲の健気な姿が切ない切ない・・・。

私が趙雲に対して大きく心が動いたのは、関羽が盗賊に連れ去られてしまった時に、自分は死んでも良いとさえ思ってしまう関羽に対して、いつも優しさの塊の趙雲が怒るシーンは心臓がギュギュギューってなっちゃいました。
あの趙雲が怒ったんですよ!!

本当に関羽が大切だからこそ、自分のことは見えてなくても良い、声が届いてなくても良いけど、自分の事をそうゆう風に思ってはダメって。

趙~雲~゚(゚´Д`゚)゚

子供たちは自分のせいで死んでしまったと、心に深い傷を負った関羽が趙雲と旅をする事で触れた彼の優しさと、旅の途中に出会った子供たちのおかげで心の傷が癒えていったのは本当に良かったー!!と心の底から思えました。

結構始めからきつい展開でしたが趙雲ルートは趙雲の深い愛をたっぷり感じることのできるお話しで最高だったと思います。

明日も朝早いので早いとこ夏侯惇に会いに行かないとですから、そろそろ行かなくては!!

本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました┏○ペコ


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments