Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

18

ゆのはなSpRING!宏太感想

めっきり肌寒くなってしまって、起きる時に布団から出たくないと思ってしまうりな子です…。
今からこんなんじゃ真冬は乙女ゲームと冬眠だな…と勝手に妄想を膨らませております。

昨日は3時頃までゆのはなを堪能していました~♪もちろん寝不足です(。-_-。)
そんな寝不足の原因となるほどプレイしてしまったゆのはの感想を書いていきますが、ネタバレしますので未プレイの方などは見ない、読まない、進まないでお願いします(笑)

では早速ですが…
寝る間も惜しんで…とは、面白かったというのもそうなのですが、ゆのはなは一人につきEDが2つ用意されているんですけど、このED回収はさほど時間がかからずサクッと終わらせることができる流れです。
しかし…宏太のEDはどちらも迎えたのですが私の進み方が悪かったのか、何故かCGが2枚取れていない!!ヽ(`Д´)ノムキー
なので選択肢変えてみたりとか色々してたら、だんだん疲れてきてしまったので…とりあえず気分転換に直昌行こうと開始したら寝るタイミングがわからなくなったとゆうワケです(笑)

しかも多分こんな序盤でつまづくとか私だけだと思います(笑)
すぐに回収できるはず…それくらい簡単な流れだと思うんですけど、面白すぎて先に進みたい気持ちが前に出すぎて諦めるのが速攻だったというお話しです(;´Д`)ヘヘヘ…

だって思いのほか面白いんですもん!!

一周目を終えての感想ですが、終始ほんわか~とした感じでシリアスという場面はないですね。むしろ皆無。
なんだけど萌えポイントとかキュンポイントが満載(;゚∀゚)=3

私は宏太しかまだ終えていませんが、二人で乗り越えるべき山的なのはあるけれどもそれはちゃんと解消されるし、ハラハラといった感じでもないですし。
なので本当に少女漫画を読んでいるような感覚ですね。久しく少女漫画的な乙女ゲーはプレイしていなかったのですっごく楽しめる内容でした。

二人に起こるもどかしさみたいなのも少女漫画にありそうな流れなので、ちょっと心配しちゃうけれども、それよりも少女漫画的展開のもどかしさにツッコミさえしたくなります(笑)

ただ、それが何故かすっごく面白いんですよ。

恋愛の展開ももちろんなんですけど、個人的には共通シナリオの時に1章ごとに様々なお客様をお迎えして、若女将としておもてなしをするのですが、そのお客様とのお話がね…すっごく良いんですよ(ノω;)
私は第二章と第三章で泣いたけどなっ!!←涙もろいだけですw

家族ものとかそうゆうのを今ここでやるなー!と思いながら一人でウルウルしながらVita握り締めたんですけどね、共通の所は愛だの恋だのってゆうのよりも、ゆのはが若女将として頑張っていたり、旅館の皆と力を合わせてお客様を喜ばせるとか、助けるとかのおもてなしをするのがメインなので、こっちまで仲居になった気分になります(笑)

共通シナリオが4章まであって、その後個別ルートに入るんですけど個別も3,4章くらいなのでだいたい6時間ほどで終わりました。そんでもって普通の会話での選択肢に加えて女将の決断ってゆう選択肢があるんですが、これらの選択肢をどっちを選ぶかによって起こることなどが変化して、金太郎飴にならずに楽しめました。

これが想像していたよりも違ったシナリオになるんですよ。
同じ事件が起こってもその直前の選択肢で話の流れとか、そのアクシデントの起こり方が変わって進んでいくし、その話の時の女将の決断で事件の結末が変わるって感じでした。

全体的なボリュームで言ったら多い方ではありませんが、どっぷり入り込むシナリオって感じもないので個人的にはちょうど良いかなと思います。何しろ金太郎飴な感じでなかったのが本当に良かったと思う。
終始漫画を読んでいるような感じで進められるので、気づいたら入り込んでたわ~って感じ。

最近プレイしたタイトルは結構張り詰めてたりシリアスだったり、重かったり…を連続してやってたから、KLAP以来のギャグ要素ありなノーマル(?)なタイトルなので、久しくユルユルな感じで楽しませて貰っている気がします。
まぁKLAPはちゃんと切なかったりしたからアレですけど…

そして宏太がやっぱりかっこよかった。
ってゆうかやっぱりギャップ萌えさせてくれるし、そしてあま~い!!(*ノェノ)
石田さんの声とその声での囁きと宏太の見た目でもうダメです…←(笑)

ゆのは

彼は普段は無口なんだけどここぞという時に助けてくれたり、(*゚▽゚*)<あぁ、いるよね少女漫画とかにこうゆう人!! って感じのタイプで、普段は寡黙な仏頂面なのに料理に訳わからん名前つけてるのとか…
そんな見た目なのに犬とかのモフモフ動物が本当は大好きな所とか…
でも大好きなモフモフな動物には好かれず、福寿楼で飼っているワンコのフクは捨てられている所を宏太が拾ってきたのに、宏太には懐かず吠えられているところとか…
些細なことでしょんぼりしたり照れてみたり、喜んだりとまるで大きな犬を思わせる所もあるギャップ萌のギュギュっと詰まっている人です。

しかもそのワンコのフクが全然懐いてくれなくっていつも吠えられているんですけど、ある時フクが宏太に向かって喜びに満ちた感じで吠えるんですよ。んで、差し出された宏太の手をペロペロと舐めるんですね~!!
喜びのあまり宏太は本気で今にも泣き出しそうなくらい喜ぶんですよ!!しかし…それは宏太が先程まで剥いていた林檎が食べたかったからだという悲しい事実…(笑)

こんな感じでちょいちょい笑えるシーンもありながらの甘さなので、こっちはとにかく楽しいしウハウハできるしで最高でした。

宏太の場合は終始甘甘…というわけではないけど、もどかしい感じに甘さがプラスされているところからの~破壊的甘さにシフトチェンジされてゆきます。
ただ恋だということに少しずつ気づいていき、自覚した時には人に取られたくないと思う程になっている…といった感じで、とにかく終盤に差し掛かると萌えポイントがどんどん増えていきます。

甘酸っぱさが感じられるシーンもたまんなくて、買い出し行ったら雨降ってきて、傘買ったら1本しか売ってなくて、譲り合ってたら相合傘のカップル通って、相合傘したはいいけど恥ずかしくて~とか…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー!!
内容はベタベタなんですけどね、私の心はそんなに乾いてたのか?ってくらい、この久しくなかった感じをめちゃくちゃ楽しんでいる自分(笑)

だって宏太がいちいち優しいんですも~ん。
しかもたまに宏太視点のシーンがあったりするんですけど、この時の自分の気持ちに気づきそうで気づかないようにしている宏太とか、高平に嫉妬した宏太とか、何なんだよお前ヽ(`Д´)ノです。

その時の宏太の気持ちとか心情が分かるから、ただゆのはの事だけじゃないのも楽しめた要因かもですね。

おばさん興奮しないわけがありません(笑)

そして夢に向かい頑張っている宏太はかっこいいですし、お互いが刺激し合って二人で夢に向かって努力して、意見を言い合いながら距離を縮めていくという何とも素晴らしい恋の形です。
そんな恋はもどかしさ全開で唯一のハラハラが、夢と恋によるスレ違いなんですねぇ。お互い好きなんだからそんなにすれ違わなくてもいいのにーヽ(`Д´)ノってもどかしい気持ちが爆発しそうになります(笑)
でもねでもねそのもどかしさを解消してくれるのが高平なんだけど、マジでこの時ばかりはナイス!高平!って感じでした。この人のお陰で宏太は嫉妬しちゃうし、ゆのはのキスは渡さないってなるしね!

そんでもって一番の萌え所は宏太によるのいきなりの告白に、不意打ちのキス( ºωº )ウヘヘ

ご、ごちそうさまでした。

このシーンは何回見ても(*ノェノ)キャーってなります。
宏太万歳。石田様万歳。

ゆのはなSpRINGを作ってくれてありがとう。

もう宏太素晴らしいメンズでした。
しかも2つのEDの違いは、ゆのはが若女将となるかデザイナーになるかの違いで、宏太とは一緒にいます。
若女将になったVerはお互い夢のため少しの間離れ離れになるんですけど、ある日宏太が戻ってくるという内容で、デザイナーになるVerでは2人で金沢を離れ東京で暮らしているのですが、この時の宏太ヤバイです。

寝起きに甘えてくるとか…( °ω°):∵グハッ!!
幸せすぎる可愛すぎる。

まだエピローグ的なのは見ていないんですが、鼻息荒くなるのは承知の上ですので最後にまとめて楽しもうかな(;゚∀゚)=3ハァハァ

興奮気味になってしまいましたが…
どのスチルも綺麗ですし一人につき差分なしで15~16枚くらいで、差分入れると結構な枚数になりそうです。シナリオごとから開始できるシステムもあるので、最初のところとか飛ばすことも出来ます。

EDは2つともハッピーEDなので、本当にBADがありませんでしたね。
内容的にも重さとか切なさとかは皆無なので、悲しいのとか重いのとか無理って人や初めて乙女ゲーするって人には楽しめる内容なのかも。
選択肢によってBADに分岐する訳でもないので選びやすいと思いますし。

あ。

ちなみに…

私が騒いでいた梅ノ助ですが、さすがはオトメイト様です( *`ω´)
隠しキャラとして登場するんだろうな!やっぱり!!ってかんじで、シナリオ選択のところに緑色の【???】ってキャラの所があったから、全キャラのED後に出てきちゃうんじゃないの~!?と、今からマジで楽しみにしています(;゚∀゚)=3ハァハァ

ちなみに宏太のシナリオには梅ノ助は出てこなかったヨ…。津田さんの声はおあずけだったヨ…。

私の心は目指せ梅ノ助ですが、直昌が終わったあとは高平&金ちゃんが待ちかねているので、なんだかんだたっぷりと楽しんでいるなぁ自分…と思っています(笑)
直昌はねぇ…あのドジっ子に騙さっれちゃだめだYO!

あぁ早く帰ってプレイしたい~とウズウズ…

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました┏○ペコ

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


0Comments