Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

04

罪喰い~千呪い、千の祈り~初回プレイ&陸至央感想

こんばんはm(__)m

まずは、今日は早めにホテルに帰ってきたんですが…帰って来てから今まで罪喰いをプレイしておりました…。
そして明日もまだ仕事が残っておりますΣ(゚д゚lll)
まだお風呂にもはいっておりませーん(笑)

という事で感想だけ先に書かせて頂きまして、昨日いただいたコメントのお返事は明日改めて書かせて頂きます!
本当にごめんなさいm(__)m

そして昨日の独り言を覗きに来てくださいまして、拍手や応援ポチ、コメントを下さいましてありがとうございました!
毎日本当にとても励みとさせて頂いております。

大変長らくお待たせしましたー‼(いつもながら待っていないという言葉は受け付けてませんよ~w)
罪喰い初回プレイが終わりましたので、その感想を喋らせて頂こうかと思います。

えー眠気と長時間PC前にいるせいの疲労で、いつもよりも誤字脱字が多かったらすみません( ;∀;)

tsumikui.PNG 

ストーリーをサクッとお話ししますと、主人公はごく普通のとは少し違うかな。
序盤ではごく普通の女子高生です。
すっごく美少女と美少年の双子の友達がいて、主人公の父役でもあり母役でもある司と呼ばれる義父もこれまた美しい男の方。

とにかく美形に囲まれた生活を送る薫は、過去に両親を目の前で殺されるという出来事のせいでトラウマを抱えています。
しかし日常生活にその事は出さないし、ストーリー序盤はそんな事を全く感じさせないのほほんとした時間が流れます。

しかしある時から少しずつ薫の運命の歯車は動き出した…と言った感じです。

親友と共に彼女が内緒で保護している猫の様子を見に行った日に、運悪く人を傷つける事で喜びを味わう異常者に出会ってしまいます。
その時に薫は自分の大切な人を守りたい、もう誰も失いたくないという気持ちを爆発させると…。

薫の中にある力が目覚めます。

その時から薫の中で何かが変わり、同時に薫の背負う運命と向き合わなければならなくなります。
薫は誰とどの運命を辿るのか…。

すんごーくざっくりです。
形としてはこんな感じなんですけど、どこまで言っていいのか分からないんですけど…
薫や出てくるキャラほとんどがただの人ではなく、『上樹の一族』という人の世では鬼とも呼ばれる存在の人達です。
主人公の薫もまた、この上樹の者の血を受け継いでいます。

しかし薫だけは少し特殊で、力を目覚めさせてはいるものの他の人達と状態が違うので、薫としての意思が残るからこそこの『罪喰い』のストーリーが出来ているって感じ。
更に薫が過去の姿、前世である“世羅姫”が起こした罪により、その時に呪いをかけられていて、その呪いを解くために咎人を喰らう『罪喰いの儀』を行わなければならないという状態になります。
この世羅姫という存在自体も、上樹の者の中では崇められる存在なので、すんごーく特別な存在と言う感じです。

この状況の中で、自分の前世の事、新たに知る前世の世羅姫の想いや、他の者たちとの想いなどなどが絡み合ってく感じです。

まず初回プレイは恐らく7~8時間くらいだったかなと思います。
サクッとしているとか、短いなどという感想を小耳にはさんでいたからか、はたまた某タイトルがすんごい私の中で残っていたせいか、罪喰いは全く気になりませんでした!
数字だけで見たら8時間程だとそんなに長くないですよね。
かたや薔薇ヴェリで18時間プレイしてたYO!なんてブロ友様もいるくらいなので、こっちはサクッとしているように思えると思います。

でも個人的には全然そんな事も無かった!

一番の救いは薫の性格ですね。普通ならば自分に降りかかった危機やいきなり突き付けられる現実、前世の自分がした事やそのせいで負わされる運命、自分ではない自分を求める人たちなどなど…通常の乙女ゲーの主人公なら受け入れられずに泣きわめき落ち込みそうな所でも、薫はどんな状況でも向き合おうとしたり、立ち向かったり諦めないという意志の強さがあったから、すんなり楽しめたんじゃないかと思います。

それに彼女の至央風に言うなら、泥臭い部分…死にそうになった時に這ってでも諦めずに立ち向かおうとする性格がすごく好ましかったですね。
恋愛面でもその性格が生きていて、とにかく一筋縄ではいかないほどの鈍感さが可愛くて、相手が不憫で…でもだからこそ、すごく甘く感じました(*´ω`)

言うならば命がけの恋とでも言えば良いのかな?

まだ一人しか攻略していないけど、ピーさんの√でピーさんが……自粛しますが、まぁちょっとあるキャラに対して苦痛な場面があるそうなんですが、それがどういった意味でそうなのか、とかもなんとなく分かるし、世羅姫を巡った様々な運命と言うか思いというか…そうゆうのが渦巻いている感じで面白かったです。

若干『鬼』とか『上樹の一族』とかについては、初回頭を抱える部分もありましたが、話が進むにつ入れてこの辺は理解でしました。
この上樹の一族というのがストーリーに深く関わっているので、この辺りも徐々に理解してくると面白さが増してくると思います。

そして、ハッピーEDの他にBADは2つあったんですけど、この2つのBADはちゃんと作り込まれています。
一つはとても切ないけど、私的にはすごく好きでした。
もう一つは特別好き!って訳ではないけど、これもこれでこの作品に合っていると思います。

うまい言葉が見つからないけど、物語全体を通して、人の命とか自分が生きる事とかそうゆうのを描きつつ、その中での恋とか愛が織り込まれているので、『愛している』という台詞を使われるのに違和感がないストーリーなんですよ。
常に切ない気持ちを見せつつも甘さもあるし、恋愛特有のもどかしさもありながらこの恋愛がただ好き同士だからくっつく、という流れで終われるものではないというか(笑)

前世が関係しているから色々とあるんですよ!
でもその色々あるお陰で、好きな相手と結ばれた後でも邪魔者がいて面白いんですけどね(笑)

とにかく物語の展開も、恋愛の展開も面白かったです。
でもまぁ初回でこの長さなので、2人目以降はサクサク終わってしまうんだろうな~と思います。

それでも、私はやっぱり松竹梅さんのシナリオが好きだー!!
面白い!しかもキャラもどのキャラも良い!今は立花しゃんの狂気にドロドロにやられてるので、萌え萌えだけど…
多分私連好きだと思うし、守人も何だかんだ可愛いと思うし…(笑)

まぁ主にこの3人が好きそうな気がするんですけどね!
最後に誰が最萌になっているのか、今からめっちゃ楽しみです♪

と、もっともっと喋りたいんですけど、さすがにこれ以上書きまくると睡眠時間が無くなるので、そろそろ至央の感想に行きまーす♪

siou.jpg 

キャー‼(≧∇≦)♡
かかかかかかかかっこいいですー‼←

いやねぇ、久々にゲームで立花しゃんのお声を聴いたもんだから萌えまくりました。
というか確か最後が紅花のトーヤだったと思うんですけど、私が立花しゃんを大好きだ!と思うのは、意地が悪かったり黒が似合いそうな感じだったり、狂気とか病みとかそうゆうキャラなんです。
でもトーヤはある意味病んでいた部分もあったけど、基本優しかったですよね~。

でも今回の至央は…まさに…そんな感じのお声でしてですね…もう途中から(*´Д`)ハァハァが止まりませんでした…。
あ、ちゃんと気持ちが出てきた時は優しいんですよ?でも、序盤とか、甘々の時の意地悪な時の声とか、とにかくもうたまらんかった!

今回もいつものごとくあまり詳しい情報は入れずにプレイしていたんですけど、そもそも公式のキャラ紹介には書いてあるけど、至央は世羅姫の魂を消滅させる存在として教育されているので、いわば敵です。

そんな至央は戦闘狂で戦う事、というか世羅姫(薫)を殺そうとしている事に喜びを感じる人なので、最初はとにかく薫との戦闘がメインでしたね。
その戦闘の中での至央はまさしく変態!と言われても言い返せな程に興奮しているし、それがまた私的には良かったんですけど…(笑)

とりあえず普通に串刺しにしてきたりとか蹴ったりとかしてくるので、女の子相手だから…とかそんな優しさはありません。
文字通り殺そうとしてくる。
でも薫もその力に敵わないと分かっていても、足掻き続けるんです。

この状態から二人に少しずつ変化が訪れるんですけど…。

基本的にこの出会いまでに知らされる前世の事等から、至央と出会い何度も戦う羽目になり、何故か知らんが距離を縮めている風になって、更に知らされている前世の事に加えて新たな情報が…
って感じで、あれよあれよと言う間に展開していきます。
なので、初めの意外な二人の展開が始まった時には『え⁉』って思うと思います。

でも後半に差し掛かって至央の気持ちが分かった時には、この展開も納得できるようになっていました。
まぁその辺りは一応プレイしたときのお楽しみに取っておくとして(笑)

この人との関係は、薫も至央もお互いに似ている所がありながらお互いを尊敬というか、羨ましく思う部分があるんです。
それが恋…になるんですけど、二人とも恋を知らないので…どういう気持ちなのか分からず、それでも自分が相手に向ける気持ちというのを“友情”としてるのがクッソ可愛かったです。

でもそんな淡い気持ちだったのが、生死をかけていたり前世の事があるせいで、至央の方がなんというか…肉食?というか欲望に忠実なというか、想いを包み隠さずぶつけてくる所があるんですけど、なんかそれが凄く凄く深い想いに感じてすごく好きでした。

全体を通してみても、この人たちの気持ちって単に『恋』という言葉では片づけられないんです。
愛と呼べばそうなんだろうけど、それだけじゃないもっと深い繋がりみたいなものを含んでいるので、だからこそ至央の√なのに他の誰か(約2名ほど)にとっては、苦痛な展開だと見ていて思うし、BADの切なさというのも増すんだろうなと思うんですよね。

至央の√のはずなのに、他のキャラの切なさまで伝わってきて、それが更に物語に面白さを出していると思いました。
そしてそのキャラ達の√をプレイするのがすごく楽しみになる。

ストーリーの展開としては、最初から最後までぎゅーっと詰まっている感じです。

本当最初の頃だけですよ!ほのぼのと楽しく過ごしていたのは…(笑)
途中から常にシリアスさが付きまといますし、それでもちょこちょこ面白いやり取りなんかもあるんですけど、メインはやっぱり世羅姫の事が絡んでいるので常に緊張します。

というのも、この√だともしかして至央は…と思いながら進む感じだったので、後半以降は常にドキドキでした。
何が言いたいかと言うと、ものすごく切ない展開になるんじゃないかと思うという事です。
最終的にどうなるかは言わないけど、薫の選んだ未来を是非見て欲しいなと思います!

あ、やばい頭が働かなくなってきました(笑)

なので最後は至央に萌え萌えした感想を喋ります(≧∇≦)

もうとにかくかっこいい!この一言に尽きます。
最初は暴力的だし口は悪いしマジで鬼畜でした!でも、その鬼畜な至央が言ったある一言に私はキャーキャー致しました…。
戦いの最中に至央…立花しゃんが『やべぇ。すっげぇ興奮した』って言うシーンがあるんですけど、一人で悶絶でした。

いや、こっちが興奮するわー!(〃ノωノ)キャーキャー

ってな感じで序盤からも大変です。
しかも恋いなんてしたことない至央なので、いちいち様々な場面で何かを我慢している時とか、その時の台詞が毎回悶える。
これはあの声が好きな人なら確実に悶えポイントになると思うんです‼

だってボソっと言うんですよ…喰いてぇとか我慢できねぇとか…そんなの悶えるにきまってるじゃないですか‼:(´◦ω◦`):

もう声だけじゃなくてこのキャラというのもすんごーく狡くてですね!
あんなに鬼畜野郎だったはずなのに、実は優しいのか?真面目か?と思わせる感じを出してきたりとか、気を許してくるのとかがもう可愛い奴にしか見えなかったりとか…とにかくツボしかない。

しかも最後とか甘すぎて…やっぱりツボしかない‼

鬼畜からの優しい可愛い野郎→ただの薫大好きデレデレ野郎になるんですよ?
この人に萌えるなと言う方が無理な相談です。
キャーキャーポイントは沢山あったはずなのに、とにかく萌えた!悶えた!としか言いようがありません(笑)

物語も恋愛も全てがすんごーく楽しかった初回√でした!

このまま次のキャラもいってしまいたい所なんですけど、さすがにもう寝ないと明日寝坊しそうだし死んでしまうので…そろそろやめておきます…( ;∀;)ヤバーイ…

って事で…うまく喋れていないかもしれませんが…この辺で(*´ω`)ノシ
ここまでお付き合い下さいましてありがとうございました~♪


明日は至央ポチ作ろうと心に決めました!
寝坊しませんように…。
↓ぽちっとお願いします(*´ω`)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

4Comments

灯(テイ)  

立花しゃんが大好きでこれは確実に悶えるであろう私です!
おはよーりな子氏(^-^)/

ちょっとーなんのー!至央ヤバイじゃないの!
鬼畜からのデレでボソッと呟くとかもーもー感想だけでニヤニヤしちゃったよ(//∇//)
私このキャラ大好きだと思う。まだプレイしてないけどりな子氏の感想で確信したw
ストーリーの方も前世との絡みとかシリアスな感じの中で前向きに立ち向かう主人公がいいなーと思った。

てかその刀持ったアイコンカッコいい(//∇//)
至央ポチできたら50回くらい押すわ(笑)

ではではお邪魔したなり♪

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/09/04 (Sun) 08:47
  • REPLY

りな子  

灯さん

灯さんこんばんはー(*´Д`)
お返事遅れて住みませぬ…( ;∀;)

立花しゃんの声、そして至央と言うキャラマジでやばかった!
早くやってほしいから送る時は前もって言うから、何もゲームしないでね!ww

もうねー鬼畜の時も良いのに、その後も最高に可愛いんですよ(≧∇≦)
絶対このキャラ好きだと思うよ(笑)
だって本当に素敵すぎるもん!

ストーリーの内容もわりとテンポよく進んじゃうんだけど、結構面白いよ!
主人公もなんか交換持てる感じだし、キャラとの相性も良いし。

至央のアイコンかっこ良いよねー(≧∇≦)
50回も押したら私のブログがバグるから!ww
ってか灯さんの携帯が煙吹くカモ?ww

コメントありがとー♪

  • 2016/09/05 (Mon) 01:28
  • REPLY

りな子  

まりも様

まりも様こんばんはー♪

私も時間見てびっくりしました(笑)
夜ご飯食べてお風呂入る前にちょっとやろう~なんて思ってたら止まらず…
気付いたら1事犯とかでしたよ…( ゚Д゚)…。
驚きました~(笑)

ちなみにきちんと起きれました~(*´ω`)

今回は既にプレイ済みの方にお聞きして、お勧めして貰った順でプレイしてみました!
言うならばメインキャラ√の八千代の感じはあるかも…でも八千代よりも惨いというか何というか…彼自身にも色々あってあるものに囚われてる八千代って感じでしょうか(笑)
病んだトーヤな感じよりは、普段の優しくてぶっきらぼうなトーヤって感じかな!(笑)
うまく言えないけど、とにかく至央は最高でした!

シナリオライターさんも確実にこの人なら面白いだろうと思って予約しているので、今回はかなり楽しめております(≧∇≦)
切ない…訳ではないんですけど、切ないEDもありますし、Aさんの√でBさんCさんにとっては切ないみたいな感じです。
要素的には切ない感じなのかな?

薔薇ヴェリやり直しとは…Σ(゚д゚lll)
お疲れ様です( ;∀;)

やはりそうゆうのも関係してくるんですね~…。
さすがだわ…高木さん(笑)
共通もかなりボリュームがあるようなので、大変そうですがその分個別に入ったら楽しめそう♪
フランス革命が題材…そして切ないなんて面白そうですもんね!

少し眠たい気もしますけど、今日も続き頑張ってきまーす(^◇^)
コメントありがとうございました♪

  • 2016/09/05 (Mon) 01:36
  • REPLY