Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

23

月影の鎖 狂爛モラトリアム 花柳街アナザー&コンプ感想

こんにちはーヾ(*´∀`*)ノ
予告通り二回目喋りに来ちゃいました(笑)

昨日あの後お布団に入りながらゲームの続きをしていたんですけど、まぁ長くは続かずすぐに夢の中にだったんですけど!
久々にぐっすり眠れた~‼って感じがしました。
出張中も早めに寝ていたけど、やっぱり家の自分のお布団で寝るって違うんだな…と思いましたね( ;∀;)

また明日には移動しないとなんですけど、例え1日でも家で寝れるってやっぱり嬉しス…(TwT。)

そういえば、昨日ブロ友様とお話ししてて、その方ロロアリを購入予定なので私のビズログ感想を見て『ロロアリ5月なんだね!もう5月の予定か~』なんて言ってたんですけどね…。
本当ついこの間年明けたと思ったけど、もう2月目前ですもんね!
実は2月にちょっとした旅行?ツアー?に行くんですけど、それもまだまだ先だな~なんて思ってたけど、もう来月だし…!
本当時が過ぎるのは早い(笑)

と、余談だけで終わってしまっては困るので、花柳街アナザーの感想と最後にコンプ感想を喋りまーす♪

kyouran_m.png 
◆花街アナザー◆

花柳街アナザーというのは、本編とは異なるストーリーとなっております。
島の財政難というのは同じなんですけど、新しい島の決まり?みたいなもので、島に貢献していない店等は撤退を余儀なくされ、更に若い娘は花柳街で働く事となります。
この仕事内容はひとそれぞれですが、花魁や芸子として働く者もいますし、めぐみは小料理屋を商っていたので料理番として紅華楼にいく事に…。
例え料理番だろうと年季が明けるまで外には出られないというのは同じなようで、兄はどうにかしてめぐみを早く出してやるように頑張ると言って泣く泣く送り出します(TwT。)

そして紅華楼での仕事が始まるんですが、そこには同じように無理に…と言ったら聞こえが悪いですが、どうしようもなく花柳街に連れて来られ働かなくなければならなくなった子が数多くいます。
恐らく多くの子は花魁として働くことになるかと…。
既にこの時点で色々ありそうですよね(笑)

で、まぁその紅華楼で働いてから出会うのが、既存の攻略キャラ達です。
ここで初めて出会う設定なので、本編とはまた違った恋愛の進み方でしたよ~!

変わらずめぐみは『兄のお荷物になりたくない』とか『これ以上迷惑かけたくない』とか、そんな事ばっかり考えているんですけど、ネガティブさでいったら軽症でした(笑)
紅華楼でうまくやっていく為に自分が耐え抜く…って部分が強かったからなのかな?そこまで暗い…‼と思う感じでもなかったな~と思います。

ただ、ここでもEDが2通りあって、純愛と依存なんですけど依存の方はその名の通り相手に依存しているものもあれば、心が疲弊して壊れたっぽいEDもありました。
なかなか依存EDの方は暗かったと思います(笑)
純愛の方に至っては恋愛が始まりそうになって終わりというのもあるので、キャラによってその終わり方も異なっていました。

ではでは、各キャラまとめてザザッと感想行きまーす♪


ー猪口渉ー
inobanner_200_03.jpg 


猪口さんは紅華楼に登楼するお客様という設定なんですけど、どこの√の猪口よりも暗かった(笑)
何か内側に抱えている感じがバシバシと伝わってくるんですけど、見世では数々の花魁や芸子達に憧れの的というか、唯一の光みたいにされている存在です。

この人紅華楼に来ても誰かと一夜を…という事が無いんですね~。
数多くの女の子たちを呼び、一緒にご飯を食べて飲んでただ遊んで帰るだけの人です。
そんな彼がめぐみに惹かれていく…って話なんですけど、めぐみは料理番です…。
料理番のめぐみと人気者の猪口さんが近づけば、そりゃもう周りが大騒ぎです!

といってもクソ島民のような事にはならないので、単純に女の嫉妬って感じでした。ホッ。
まぁそれも辛く苦しいからこそ依存EDみたいな流れが出来るんでしょうけどね。

猪口さんもめぐみも、相手が抱えているであろう心の病みというか、影のある部分に惹かれていくって感じなんですけど…。
ここではめぐみがどうこうよりも、猪口さんの方が鬱っぽい感じというか何というか(笑)
なので、めぐみに対してドキッとする出来事なんかも起こりました。
猪口さんの癖に(笑)
そのお陰で純愛EDを迎えるんですけど、好き合っている二人だけど普通に幸せ…を手に入れる事が出来ないという感じの展開でしたね~。
依存EDはちょっと物悲しい感じいなっていたな…←記憶を呼び起こしているが明確に思い出せない(笑)

長くなってもあれなのでサクッとまとめると、猪口さんの今までとは一味違った感じで面白かったです!
彼狂爛の中ではなかなか面白くなった感じですね(*´ω`)

ー榛名望ー
harunabanner_200_04.jpg 

望むは望むのままだった!(笑)
私以前の感想でもお話ししたと思うんですけど、この人キャラ的な部分では別段惹かれる要素も無いんですけどね…。
でもやっぱり望むの持つ影の部分であったりとか、めぐみを好きだからこそ負へと引きずり込もうとする思考とか…そういった彼の「好きの表現の仕方」が好きなんですよねー。

望むとの花柳街アナザーでは、そういった部分が凝縮されていたかなと思います!
シナリオの展開も、めぐみの事が好きだからこその行動に出るんですけど、料理番のめぐみを花魁として自分の相手をするように仕向けるんです。
が、体の関係はなしですよ[壁|_-)
そしたら他の客と同じになってしまうし、彼はめぐみが好きで彼女の心を手に入れたい訳です。

で、客として登楼する中でめぐみと距離を縮めていくんですけど…。
この過程の部分も面白かったし、めぐみが望むに対して持つ気持ちが何なのかに気付くまでも面白かった。
だけど、最後の最後に望の策士さ…というか、狡さとか策略とか全部知るとより面白さが増しました(*ノωノ)

コイツ…めぐみよりも拗らせてんな!と雅に言わせたい(笑)
中盤本編の様に周りの態度に苦しむめぐみ…というのが出てくるんですけど、その部分とか若干可哀想にさえ感じるんです。
耐えて自分を奮い立たせて頑張ろうとしているめぐみが、何だか不憫にさえ思いました。
でもそれも……(≧∇≦)キャー
って事で余計な事喋る前にやめますが、思いのほか個人的には好きな展開でしたね!

純愛EDの方は望にしては普通の幸せ…って感じの終わり方で、まぁめぐみがとっても幸せそうだったので良しとします。
依存の方はどうにもならなくなった果ての、悲恋って感じかな?
私は悲恋さでいったら護の依存の方が好きなんですけど、望もなかなかの重さだったな。

ー神楽坂響ー
kagurabanner_200_01.jpg 

今回の花柳街アナザーの中で、一番私の心が救われた内容だった(笑)
神楽坂さんとのアレコレ…もそうなんですけど、それよりもめぐみとその周りの花魁達や見世の人との人間関係が築き上げられていくので、めぐみにとっての初めての同性の友達…というか、そうゆう感じの人も出来るので新しい感じ!

そこに至るまでには勿論色々あるんですけど、神楽坂さんと言葉を交わすのが多くなればなるほど嫉妬心からいじめられてみたり…。
兄が本土へ向かったらその船が消息不明になったりと、もう本当波乱万丈でした。

でもこうやって色々な事が降りかかったからこそ本来のめぐみというか、今までの聞き分けの良いこではなく人間らしいと言ったら変だけど、感情をぶちまけるめぐみが新鮮でした。
神楽坂さんとは年齢も離れているので、彼は優しく包み込みながら色々と教えてあげるって感じの立ち位置です。
でもそのお陰でなのか、見世の人達が自分を気にかけてくれている事とか、様々な事に気付く事で周りの人とも打ち解けていくのが今までにない展開だったかなと思います。

しかも同じ料理番として切り盛り(?)している菊枝さんだったかな、この人がどこの√でもめちゃくちゃ良い人なんですよ‼
どこにいっても豹変なんてしないし、めぐみの事をいつも気に掛けてくれるんですよー( ;∀;)
レアキャラすぎてそこにばっかり目が行ってしまったけど、それと同様に嫉妬心から意地悪していた子達や、見世に早く馴染めるようにと色々してくれた姐さん等々…。
ここでは様々な人との関係性が、ワタクシの心を癒してくれました(*´ω`)

何かこうゆうキャラ同士の関係性とかって当たり前の事だけど、月影だとすごく癒される要素になる不思議(笑)

ちなみに、神楽坂さんとの恋愛ってここで完結しないです!
明らかにめぐみは神楽坂さんに好意を持っているけど、それが恋だとは全く気付いていないし、神楽坂さんの方も好意を抱いているけどそれをまだ言わない…って感じですね。
これから…という形の終わりではあるんですが、依存の方は名の通り神楽坂さんに依存しまくっているEDでした(笑)

私はここの√は、紅花楼で過ごすシナリオとしてはめぐみにとって一番幸せな流れだったな~と思いました。
ただ単にめぐみの幸せだけを思えば、護や望むの純愛EDが一番幸せですけどね!

ー望月理也ー
satoyabanner_200_02.jpg 

さぁさぁ参りました理也くん!
ここでは序盤の理也が若干感じの悪い花魁と同じように見えました(笑)←悪口ではないよ!
同じく紅華楼で働く理也は、来たばかりのめぐみに色々と教えてくれる立場のお方です。

共に仕事をしていく中で、休んでいる様子が全く無い理也を心配して自分がその分少しでも役に立てれば…と、理也の負担を減らそうと仕事をこなしていきます。
が、そもそもこの選択が間違いでした(笑)

理也は何でもこなしてしまうめぐみに対して、自分の居場所を奪われてしまうと焦り、更には嫉妬していきます。
だいぶこっちも面倒な感じのキャラ設定になってしまっているけど、これはこれで面白かった…かな?

何だかんだと二人の間で色々ありましたが、お互いに思っている事を話してとても良い友人関係を築く形となっていました!
序盤の理也からは考えられない程爽やかな関係になっておりましたよ(笑)
でもめぐみが理也を支えていく…という純愛EDでは、ここにきて初めて彼は救われたんじゃないかな~って。
つぐつぐが泣きながらありがとう何て言った日には、泣きはしなかったけど『理也良かったねー‼』という気持ちになりました(*´ω`)

依存の方はなかなか仄暗い関係だったな。
でもこれの方がこの2人っぽいと言ったら失礼だけど、何か想像できる感じですよねー。
ちなみにこっちの依存でのめぐみは売れっ子花魁ですからね!
是非とも売れっ子花魁のめぐみのスチルが一枚欲しかったです。

ー大井川護ー
mamorubanner_200_05.jpg 

最後は兄である護です!
こちらでも大井川√同様に、兄は妹に対する恋愛感情で悩み突き動かされていく…って感じの展開になっているんですけど…。

何と、ここではめぐみ初めて兄に弱音を吐く場面が。
わりとどこの√にも無かった展開で、見世で嫉妬心から意地悪される…までは同じなんですけど、そこに誰かに頼るという選択肢はないので一人で抱え込んでおります。
兄が悲しいながらも送り出してくれて、応援してくれる…更にはこれ以上誰かのお荷物にはなりたくないと、一人耐え忍ぶんです。

だがしかし、それももう限界を迎えようとするんですね。
それまでに兄とは手紙のやり取りをしているんですけど、数回手紙が届くと途中からめぐみが辛いと思っている事を察する護…。
手紙の内容自体はいつもの内容だけど、いつもとは周りの飾りつけをしていた絵が無かったり字が少し乱雑だったりで、めぐみの心情を察します。
でもそれに気付いてもめぐみを紅華楼から出してやれる程金を詰める訳でもなく…、兄も悶々としていくのです。

めぐみも兄も負のスパイラルにハマりそうだーって時に、兄が妹に一目会いたいという気持ちのみで登楼してきます。
金を払って会いに来ちゃうんですよ!護が(笑)
で、まぁそこで色々と話すんですけど、ここで護が自分のめぐみに対する気持ちを打ち明けるんですけどね~、この時の三浦さんのお声が低く静かに喋るんです~(*ノωノ)
出たー!兄の真面目モードだーキャーとか思いニヤニヤしながら進めたのは言うまでもありません。
で、めぐみもその気持ちをきちんと受け止めて、兄に対しての自分の気持ちをちゃんと考えてみる…ってなるんです。

純愛EDの方はその名の通り純愛!とにかく幸せな終わり方だと思います♪
めぐみにとって一番幸せだと思える形のEDだと思うし、兄との関係も大井川√同様に恋人としても家族としての絆があるって感じでした~。

依存の方は…何というか遊郭ではありそうな展開って感じですかね。
この2人が何を選び何をするのかというのは、スチルがついていないので文字だけで知る感じになるんですけど、暗くも悲しい物語って感じですね。


で、最後の最後に紅霞市案内というのがあるので、それをやってきましたー!
これは紅霞市を既存攻略キャラ達が案内しながら、彼らのわちゃわちゃを楽しむって感じの流れになっております。
意外な一面を見せる神楽坂さんがとても面白い内容となっておりましたよ(笑)
案外この人も茶目っ気に溢れた大人だったんだな…( *´艸`)
理也も神楽坂さんや他のキャラに突っ込み?を入れたりしていて、それぞれのキャラがなかなか面白いおまけかなと。

これにて月影の鎖 狂爛モラトリアムは終わりとなります~‼
思っていたよりも結構ボリュームがあったかなと思いますが、実際本編よりもこっちの方が面白かった気がします。
まぁあれを経ていないとこの気持ちは生まれなかったのかもですけどね。

今回から新しく登場した藤堂兄弟の方も、今までとは違ったキャラ設定やめぐみとの関係性で、色々と楽しめた要素でもありますし!
花柳街アナザーなどの他のシナリオも、同様に楽しめました(*´ω`)
思ったよりも満足できる内容だったなと思います。

という事で、これよりブラハに遂に手を付けまーすヾ(*´∀`*)ノ
ブラウルは手にできないので、今回はブラハと予備で何か一つ持っていこうと思っておりますよ~♪
予備の方は何持っていくか決めていないんですけど、中断しても良さそうな奴が良いよねと思いつつあとで眺めつつ決めようと思います。

ではでは、今日まで月影の鎖 狂爛モラトリアムの感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー(∩´∀`)∩

また夜に…┏○ペコ


私のゲーム収納の押入れを開けると
千家様のポストカードがお迎えしてくれます。
それを眺めていつも積みゲーが決まらないりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願いします(笑)

にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/01/23 (Mon) 17:08
  • REPLY

りな子  

まりも様

まりも様こんばんはーヾ(〃^∇^)ノ
毎度毎度お付き合い下さいまして、ありがとうございます♪

復帰一日目お疲れ様でした~。
まぁガッツリ働くの久々だと、慣れるまでは疲れますよね…。
早めに上がらせて貰えるならまだ良いのかな。
連休も貰えたようで、何よりです(*'ω'*)

ユリアンとメヨーヨ…覚えておきますφ(`д´)メモメモ...

そうそう、月影意外と内容が面白かった!
花柳街の神楽坂さん良かったですよねー!
今までにない展開だったし、めぐみにも友達が出来たし( ;∀;)←
なんかめぐみを見守るゲームになっちゃいました私(笑)

推しキャラかぁ…(-ω-;)ウーン
雅かなぁ…。
理也とか兄も嫌いじゃないし、それぞれ皆良いなって思う所がありますけど…。
全体的に好きなのは雅、設定とかめぐみ相手~とか細かい部分は榛名ですね!

ブラハなかなか楽しんでおります!
今は休憩中ですが、これからまたやってきまーす\( 'ω')/

  • 2017/01/23 (Mon) 19:02
  • REPLY