Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

28

Blackish House sideA→ 姫崎藤吾感想

こんばんは~ヾ(〃^∇^)ノ
まずは昨日の独り言にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪
本日も更新の励みとさせてお頂いております┏○ペコ

まずは超どうでもいいお話しです(笑)
お仕事関係を通じて知り合った、おじいちゃん(?)がいるんですけどね。
何だか一度しか会った事ないのに、ものすっごーく気に入られまして….。

その方お仕事はもうしていないんですけど、話を聞いていると株で儲けて生きているようなんですよ。
で、競馬が大好きらしく何故か「君はもっと人生と仕事を適当に楽しんだ方が良い!だから競馬で稼がせてあげる」とか言って来ましてですね!
え、怖い怖い…なにこのじいちゃん…と思ってたんですというか思ってるんです!

というか私人生めちゃくちゃ楽しんでいるし、乙女ゲー中心のバラ色ライフなんですけど?
とか思いつつ、邪険には出来ませんので笑顔で対応していたんですよ。
そしたら、競馬場には行かなくても良いから、儲け方を教えてやるみたいな((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
何だかすごくやる気に満ちているではあーりませんか!

普通に話している分には面白い人だし、ずっと経営とか投資とかしてきた人なので感覚とかも全然違うから話聞いてると面白いんですけどね。
賭け事とか全く興味ないので恐ろしいじいさんにしか見えなくなってしまっております(笑)
やだなー…やらされたらどうしよう~( ;∀;)
丁重にお断りしようっと…むしろ自分の金ではやりたくありません。ゲーム買いたいんでとか言うべきか(笑)
あー怖い怖い…世の中には恐ろしい事がいっぱいですねー!

さてさて…今日はいよいよワタクシのお楽しみだったカッキー演じる、姫崎藤吾の感想ですよっ。
ちなみに、プレイ前に「りな子さん絶対藤吾好きだと思う」って言われてたんですけどね、序盤プレイしている時は案外あっさりしている感じだと思っていたので…
そんなに凄くドハマりするのかな~う~んって思ってたんですよ。

キャラ的には何考えてるか分からないミステリアスさがあるものの、何か色々と淡白そうな感じに見えるんです。

でも、でも・・・後半ヤバかったです。←私的に良い意味で。
マジで、なんであんなにも私にこの人を推したのかが、よぉぉぉぉぉぉく分かりました!!!!
さぁ私とお仲間のあなた!藤吾をプレイしましょう°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°←

icon_tougo.png 

そもそも藤吾は俳優なんですけど実力もあるし売れているんですけどね、彼の演技は序盤の時の主人公にそっくりなんだそうです。
この更生プログラムに参加している理由はそこなんですけど…
「自分」がないというか、「自分の意思」がないというか…感情が欠落しております。
最初の頃こそ何考えているのか分からないってだけなんですけど、藤吾と一緒に過ごしていくうちに、彼が俳優をやっている理由とか諸々が分かってくるんです。
すると、異常なまでの執着とか、自分の感情というもの得るた為にしている事というのが理解できない感じに…(笑)

この人の場合い黒いモノというよりも、歪んでいる感じが堪らないんですよね。
愛し方が分からないと言えば聞こえがいいけど、それのねじれまくったバージョンって感じかな(笑)

雛は彼と接していく事で、藤吾が他人が求める【姫崎藤吾】を演じている事を知るんですけど、どうしてそうなってしまったのか?なぜなのか?と思いながらも、最初は恋という意味ではなく藤吾に興味を持ちます。
そして藤吾の方は、澪を変えた雛に興味を持つんです。
幼馴染である澪が、雛と関わる事で雛の事を認め澪自身に変化が出て来た事で藤吾は「あの澪を変えたから、自分の感情も持てるようになるかも…」という淡い期待と、雛への興味で恋人の振りをして欲しいと申し出るんです。

なのでここでのシナリオ展開と恋愛展開は、偽物の恋人から始まります。
だいたい色々と想像はつくと思うんですけど、序盤の流れからは想像できないような方向性に向かていく事と、藤吾という人がどうゆう人なのかというのがカナリ面白くなるポイントだと思います。
恋愛に至っては、結構純愛さを感じられるような雰囲気もあるので、個人的には大好き大好きダイスキー!ww
まぁ私が大好きというだけで、どうゆう感じなのかだいたい想像ついてしまうと思いますけど、むちゃくちゃ面白かったんですよ。

私が大好きな藤吾の台詞&シーンは
【約束、できるよね?】とにっこり笑顔で言うシーンなんですけど、この時私は寒かったので布団の上に座り超真剣にプレイしてたんですけど
(゚∀゚)<こわーーーーーーい!!
と、藤吾が怖い事言うたびに連発しながら、終始笑顔でプレイしておりました(笑)

とにかく藤吾の変貌ぶりが凄まじかったし、確実に変化していく藤吾というのが凄く惹かれました。

でも、自分の気持ちに気付きながらもどんどん臆病になってしまう藤吾と、藤吾への気持ちに気付いて更に藤吾を自分じゃ助けられないと思う雛、この2人がものすっごくすれ違いながらの恋人のふりというのがねぇ…
すんごく切なかったりするんですよねー!!
どんどん壊れてしまう藤吾と、潰れそうになる雛というのが何とも言えないの( ;∀;)

好きなのにどうしてそうゆう風にしか出来ないのか…、不器用すぎる藤吾が愛しいです私は(笑)

しかしですよ…。
藤吾の感情の欠落ぶりは結構凄いので、序盤こそ常に恋人や学校での姫崎藤吾を演じているんです。
なので特に何の感情も持ち合わせていないし、まるで「心」が感じられないんです。
でも、雛が傷つけられていたりとか、澪と話している所を見た場面等…少しずつ藤吾という人に何かしらの感情が芽生え始めると、もう凄い。

それと藤吾が澪の為なら何でもしたという部分では、大分驚きの出来事が起こるので…お楽しみに( *´艸`)クフッ

ここでは乃亜や澪も藤吾の幼馴染として関わってくるんですけど、2人の状況を動かすのはこの2人と悠翔&那由多といのも良かった。
雛と藤吾にとって大事な存在が手助けしてくれるという展開で、剛や円の時には仲の良い3人トリオであるセラ含む3人が活躍するんですけどね。
こっちではお互いの幼馴染たちが雛を心配して行動を起こすので、この展開も面白かったでです。

それと藤吾、澪、乃亜の3人は金持ち集団なので、ちょいちょい価値観が違うのも面白かったです(笑)
まず乃亜と藤吾と雛で夏祭りに行くんですけど、2人共カードしか持ってなくて雛に金をせびる風の視線を送るんですよ(笑)
『あー金魚すくいしたかったなぁ~ジーーーーー』みたいな。

恋愛過程とか後半部分は仄暗いものを感じる流れではあるんですけど、序盤の頃はこういった場面での面白さとか、藤吾の恋人のふりの演技にいちいち心の中で突っ込む雛が面白かったりするので、ついつい笑ってしまう場面なんかもあって、全体的に話の盛り上がりとか異なる楽しさが詰まったシナリオだったなーと思います。

そして…。
ダイナーの時もそうだったけど、歌の挿入の仕方がうまいですよね!
最後のクリスマスの舞台の時の藤吾は、もうすんごい素晴らしい演技だったんだな…ってのが伝わってくるし、ビシビシ伝えてくるスチルなんですけどね。
それ以外にも、蒼井くんの歌うあの歌がうまい具合に入ってくるんですよねー。
するとこっちも( ;∀;)ウルッとなってしまう不思議…(笑)

では最後にEDについてなんですけど、ハッピーEDの部類に入る2→1と回収してから、BADを回収してきました。
2と1については今まで色々な事があったからこそ、藤吾に寄り添い彼と共に歩む未来って感じで、クッソ幸せです。

藤吾の最初の時とは明らかに変化した表情というもにも注目だと思いますし、この人本当はとても素直な人だったんじゃないか…と思えると思います。

BADの方はED4のBADが悲しい辛い感じで、ED3の方は檻ガール向けとなっております。
ガッツリ仄暗さを感じるEDとなっていますし、立ち直る事の出来なかった藤吾にぴったりのEDだったなと思います。
個人的にはED3好きですけど、雛と藤吾とセットで考えた時には、やっぱりハピエンが良いな…と思います‼

今の所、藤吾が私的に一番のキャラとなっております(*ノωノ)
これから宇賀神くんに行くんですけど、どうなる事やら…。
ではでは、明日はちょっと朝が早いので、今日は早めに寝るぞー(∩´∀`)∩

本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ



お菓子禁止にしているはずなのに…
ついついセブンでチョコくりぃむわらび?
みたいなやつを買ってしまったりな子に( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチおねがいしまーす…[壁]ロ゚)

にほんブログ村

4Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/01/28 (Sat) 08:26
  • REPLY

ike  

おはようございます。りな子さんのテンションが高くなっているー(笑)。布団の上で、怖いといいつつ、にんまりしてゲームするりな子さんもなかなか藤吾チックですね!

感想読んでいて思い出したのですが、藤吾が宇賀神のためにしたことね。あれ、私、最初、宇賀神さんが何かしたのかな?とか思っていたんですよ。会ったときちょっと様子がおかしかったじゃないですか。

でも、性格を知るにつれてないなーと思って、じゃあ誰なんだろう・・・って考えたら、そこに答えが・・・。こいつだこいつに違いないと思い、これは、きっとそれが明かされて、〇〇の連鎖になるー、スプラッタだーとか戦慄していたんですが・・・。

まあー、ことごとく想像が外れるといういい例でしたね。でも、きっとこの恐怖は、Zに引き継ぐんじゃないか・・・とか勝手に妄想しております。一番、腹のうちが読めないやつだなー。本当に。

エンド3は、りな子さんの好きな要素あるけど意外にあっさり終わりましたね。まあ終わってよかったんだか、残念だったんだか。これも藤吾の一つとしてはおいしかったですねー。でも、私もやっぱりハッピーのありがたみ、ここでも感じましたよ。

藤吾みたいに不器用な人は、幸せになってほしいですね。そういえば、遊園地に行ったあと、二人でベンチに座っているスチルがあったじゃないですか。あれが、なんか好きです。

私の最愛の宇賀神さんも楽しんでください。

  • 2017/01/28 (Sat) 09:33
  • REPLY

りな子  

まりも様

まりも様こんにちは。

あぁ…大メビのFDね…。
やりたいけど勿体ないので、まだやりたくないです(笑)

へぇ~!りゅうちぇるってちぇるちぇるランドから来たんですか!
全く知りませんでした(笑)
私ほぼテレビ見ないし、ひとりだとつけもしないのでww
ディズニーのパクリで、何かに出てくるのかと思いました(笑)

大人しめで可愛い…?藤吾はそんなんじゃないですよww
見た目もわりと大人っぽいし、大人しめで可愛いならば那由多かなーと思います。

プレイいする人によって受け取り方とか変わってきますからね~。
皆が面白いとも思っていても、そうでない人もいますし(笑)
宇賀神くん人気ですね…。
既にプレイ済みのお友達さんも宇賀神推しだったなぁ。

まだ宇賀神くんが全然仲良くないので何とも言えないけど、制限掛かるくらいだから色々あるんだろうな…。
とりあえずは続きを楽しみたいと思います!

病んでるの好きだけど、ただたんに暗い奴とか鬱なのは無理です(笑)
主人公への愛故の執着的な感じとか病みなら大歓迎ですけどね~( *´艸`)
外道に関しては敵キャラに多いので、感情よりも自分の目的のために手段を選ばない感じが良い。
ここによく分からない感情を乗せずに、冷酷であってほしいです!

ではでは、コメントありがとうございました┏○ペコ

  • 2017/01/28 (Sat) 10:11
  • REPLY

りな子  

ikeさん

ikeさんこんにちは(*´ω`)

あ、私の書いてて思いました(笑)
凄い藤吾の時はテンション高くなっちゃったなーってww

藤吾は宇賀神の為なら…となかなか凄かったですね。
序盤に宇賀神とあの子に何かありそうな感じだったのは、これだったのかと思いました。
しかしikeさんスプラッターに結び付けまくってますね(笑)
まぁそうならなくて良かったけど、ある意味それに近いアレがありましたけどねww

恐怖是非Zに引き継いでほしいー(*ノωノ)

ED3私好きですよ。
藤吾のあの感じもそうなんですけど、カッキーのあの声のトーンがぞわっとしますよねー。
おーこわこわ(笑)

遊園地のスチルね!私はやっぱり最後の隣国の王子スチルかな。
色々乗り越えて、感情を手に入れたって感じが凄くしますし!

宇賀神君まだ全然仲良くなれないので悲しいです( ;∀;)
かつてない程冷たーい(TwT。)

  • 2017/01/28 (Sat) 10:15
  • REPLY