Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

15

白華の檻~緋色の欠片4~幻灯火/まとめ感想

こんばんはです!┏○ペコ
白華の檻をなんとかコンプして参りましたー‼

まずは昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございましたー♪
毎日更新の励みとさせて頂いております(*´ω`)

何やら明日からちょいと暑くなるみたいですね。
明後日とか半袖になっちゃうんじゃないのって位いの気温になるって、お天気お姉さんが言っておりましたよ[壁]ロ゚)
嫌だな…何か夏にむけてまっしぐらじゃないですか…?
どんどん熱くなるのかと思うと、ちょびっとだけ憂鬱ですな( ;∀;)ウヒー

今日の本題は、白華の幻灯火感想あーんど!まとめ感想でございます~♪
今回は幻灯火ハピエン回収→書き留める→Normal回収→書き留める→BAD→書き留めるって感じで、終わってから書いて書いて書きまくったので…。

幻灯火の個別感想の後にまとめを書きました。
いつもとは色々と順番がバラバラになっておりますが、お付き合い頂けたらと思います┏○ペコ

gentouka_m.jpg

さてさて、白華の檻も最後の幻灯火を終わらせて参りました!
幻灯火とはストーリー序盤で詞紀にその命を助けられた所からの出会いとなります。
死を望む幻灯火に生きて欲しいと言った詞紀に対し、幻灯火は詞紀を生きる理由とし彼女に尽くすことを決めます。

このくだりがある事で、どの√でも詞紀の事を守り彼女の選ぶ道についていくという感じで、秋房は忠義、幻灯火はまた違った形で詞紀に対しての特別な感情を持っているのが分かると思います。
ここではその感情が、愛へと変わっていくという感じですね!

私的には、凄く良い話だったなーと思う√だったのですが、既にプレイ済みの方々から幻灯火√の感想を本当軽く、一言とかだけど聞いていたせいか意外と拍子抜けというか…思ったよりも…というか…(;'∀')
これは私の感覚が麻痺しているのかどうなのか、気付きたくない事柄なのであまり追求したくありませんが(笑)

一番の問題はプレイしている最中に「こうなるのかも…」とか「あぁなるのかも…」とか常に最悪の出来事を想定しすぎながらプレイしてしまったという部分に問題があるように思います。
これはまた後で詳しく語ろうかと思いますが(笑)

ひとまず、個人的にはハピエンがどうこうというよりも、NormalEDの方が最後まで“玉依姫”だったなとか、切なく苦しかったんじゃないかと思います。
NormalEDなので最後は全て文章のみなんですけどね、詞紀が幻灯火を想う気持ちの強さや空疎が詞紀をこっそり想っていた感じとか、そうゆうのが垣間見えて個人的には好きですね。

でも、ここは断じてHAPPYではないので!お勧めはしませんよ!(個人的には好きだけど)
しかも最後の感じからして、これが未来の玉依姫の話しに繋がっている感じもありましたし、うまい事気になるようになってるな~って思いました。
既に緋色をプレイしている人なら、この最後の部分もある意味楽しめる要素なんじゃないかと思いますね!

さて、話を戻しますが(笑)
詞紀と幻灯火が共に居る事が原因となって起こる数々の良からぬ出来事や、詞紀を守ろうとする事や詞紀が何かを守ろうとする事で出る多くの犠牲…。
この流れはどこの√でも起こる出来事なので、ここ最近(白華の中)では確実に起こる出来事だと思っていたので、それなりの心の準備があったから大丈夫だったのかなとも思います。
この流れで起こるちょっとした百花的出来事は、やっぱりちょっと悲しかったりもしたんですがね( ;∀;)

でもストーリー的に一番詞紀が恋をし、幻灯火が詞紀を愛していくというのは自然だったように思います。
他キャラが不自然だったとかではなく、幻灯火と詞紀の物語と言っても良いのではないかという流れだったという意味ですよ!
まぁ吉影さん曰くメイン攻略キャラなので、そういった流れなのも納得ですけどね。

幻灯火の過去の出来事や自分で自分を縛っているような罪とか、詞紀の囚われている罪とか…2人の過去にそれなりに重めな事情があります。
だけどお互いの存在がその戒めを解くカギとなったり、生きる理由や変化の切っ掛けとなったりしているので、2人にとって2人が必要不可欠な存在となっていくのがとても良かったと思います。

そしてここで初めて、詞紀の抱えて来た罪についての真実が明らかになるんですが…。
今まで苦しんで生きてきた分、ここの部分は大いに救われる部分じゃないかな~と思うので、詞紀的にもとても重要な√だ!と強く思いました。
これに関しては幻灯火√でしか描かれていない…と思いますし、この他にもアテルイと幻灯火の事なども描かれているので、本当に色々と起こった√だったと思います。

アレが片付いたら今度はこっち…と言う感じで、本当に様々な問題が出てくるんですよ。
だからこそ序盤でも少し話したんですが、常に最悪の結果を考えながら進めてしまったんですよね私は(笑)
幻灯火も詞紀も自分たちが生きる事に関しては、あまり執着がないので余計に妄想が膨らむと言いますか…。
このお陰でだいぶEDを迎えるころは心が鍛えられていたと思いますね。

なのでHAPPY EDを迎えた時には若干失礼な感想も抱きました(笑)
終わりがどうなるか分かってしまうのでここでは伏せさせてもらいますが、安心して楽しめると思います…よ…多分[壁|_-)←

それと詞紀の恋している感みたいなものも、ここでは強く出ていたように思います。
わりと自分から積極的に行動していたと思うし、自分から幸せを掴みに行く姿勢が彼女の変化が分かる一番の要素だと私は思いますし。
幻灯火を想う気持ちの強さが、そこに現れていたかなと思いますね!
ちゃんと恋心を自覚してからの切ない展開とか、好きだけどその気持ちだけでは一緒に居られない展開とかもあって良かったと思います。

そして今回のBAD解説は貞繁&幻灯火でしたよ~(/・ω・)/
貞繁はまぁ言うならば悪代官的立ち位置で、こやつも可哀想な奴なんですけど…いちいち嫌な奴なんでね!
こうゆう所で面白いのを見せて貰わないとって感じで、本編とは全く違うテンションのハイテンションおっさんになっているのも面白いです。
って事でヨガやってましたあのじじぃ…(*´ω`)

そして二度目の解説では吉影に無視されつつも、なんだか可愛いじじぃとなっていました。
音声のみの『ドキッ!おっさんだらけのふんどし大会』というのが体験できますので、是非とも幻灯火のBADは取るべきかと思いますよ~ヽ(^o^)丿ww

幻灯火の方は他キャラ同様に、BADに来てしまった玉依姫を元気づけつつ、ハピエンに導いてくれておりますので幻灯火ファンがメロメロになる事間違いなしですな!←古

という事で、これにて白華の檻は終わりとなります。
FDもプレイしてから順位つけようかな~?
それとも本編とFDでつけようかな~と悩んだんですが、FDとは別で勝手にランキングしたいと思います。

1 空疎
2 胡土前
3 幻灯火・古嗣・
4 秋房

って感じですかね。

胡土前と空疎はちょっと迷ったんですけど、個人的にはシナリオ面でも詞紀との関係性も、空疎の方が心に残ったので一番にしました。
他√ではとにかく蔑まれてる感抜群なんですけど、自√でのあの変わりようが素敵かな(*´ω`)
それと婚約者設定なので形ばかりの妻と夫から、絆が深まり本物の妻と夫となる変化も私は好きでした♪

胡土前は自分的にはちょっと意外なキャラなんですけど、男らしい強引さにキュンキュンしちゃったので(*ノωノ)
他√でもヒーローみたいな感じだったり、こっそり見守ってくれる立ち位置だったりするんですが、そこもまた好きです(笑)

幻灯火と古嗣はどっこいどっこい(笑)
上位2人の様にキャッキャしたりする場面は無かったんですけど、2人共あるスチルが美しいのです。
更に2人共術師なのでちょっとした妖艶さがありますし!
それと詞紀共々ちょっと弱い部分があったりするんですけど、彼らもまた詞紀の存在で変化していくというのが良かったかな。

秋房ー!ごめんなー!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!
秋房は√ではちょいと物足りない感じでしたが、他√では姫に恋する従者感満載で可愛かったです。
しかし私はどうしてもこの子よりも智則派になってしまったので、ごめんなさい(笑)

順番がいつもと逆になってしまいましたが、白華のまとめ感想をここからサクッといきます。

shirahananoori.PNG 

今回お借りしてプレイする機会を頂いた白華の檻ですが、緋色シリーズ無知の私的には何とも悲しい宿命を背負った主人公だったな…というのが素直な感想です。
勿論彼女が色々な出来事に見舞われながら、成長していって変わっていくという部分ではハッピーEDが一番良いと思いますが、その流れだけでなく幻灯火の個別でも言ったように、また違ったEDでその後に続いている…という終わり方があったのも面白かったなと思います。

物語的に薄桜鬼みたいな感じで、戦や玉依姫の宿命、各キャラの背負う罪などが要素として組み込まれているので、全体的にはカナリ微糖だと思います。
ただ、キャラによっては甘さがわりとあるキャラもいますし、絆を深めてからの愛という流れなので、ちょっと深めな想いみたいな所は楽しめたかな。

そして√ごとに明るみになる真実というのがそれぞれ用意されているので、一つの√をやれば全てが分かるという訳ではないです。
それぞれの√に入る事で分かる事というのが各√に用意されていますし、他の所で分かる事ではなくそのキャラの√に入らないと分からないというのも結構面白かったですね。
意外な展開になったりする事もあったので。

全体的な流れは結構思い描ける展開ではあるんですけど、基本シリアスというか切ないというか…。
玉依姫や攻略キャラの「罪」というのがあったり、ハッピーEDに向かっていてもこっちを選べば幸せという選択はぱっと見ほぼ無いので、切なくさせる感じの流れになっていますから…(笑)
クライマックス目前で詞紀の考えが変わるまではその雰囲気が続くと思った方が良いと思います。

幸せになると言っても手放しで喜べる“単なる幸せ”ではないので、お花畑でキャッキャしたい方にはお勧めしないです(笑)
苦しい出来事を乗り越えて実る愛とかが大好物な乙女には良いかと(*´ω`)
ただ、FDになるとだいぶ雰囲気が変わるので、そこを目指して楽しみに、本編のこの切ない雰囲気を楽しむというのもアリかなと思います。

そしてボリュームも結構だったと思うんですけど、個別に入ってからもわりと奮闘しながらプレイしていたので、周回するのも結構時間かかった気がします。
共通なのは本当序盤~中盤より少し前までですし、キャラによって同じ展開の√を通りはするんですけど、早い段階から狙ったキャラの個別になるしそこから結構長いし…。
なのでボリューム的にも文句なしだと思います。

それと個別に入った後なんですが、攻略対象キャラとの絆を深めつつも、他キャラが良い働きをしたりとかしてきて、その辺との絆みたいな部分もあるので!
そうゆう部分も良かった(*´ω`)
攻略対象キャラでも対象の√ではなく、他のキャラの√で発揮される良さみたいなものが結構ありました。
なので違った一面が知れたりとか、キャラ同士の絆みたいなものもあるのでその辺りも楽しかったです。

そして主人公の詞紀なんですが…。
若干詞紀が自分の罪に囚われ過ぎてるな~って思う部分もありましたが、まぁこれも最後までやったら何とも思わなくなりましたね。
この「何とも思わなくなった」というのは、変な意味では無く某√のお陰かと思います。
それに彼女がこの罪に囚われている事でこそ、「白華の檻」という作品名にガッチリハマっていますし、その檻から解放された時に雰囲気がだいぶ変わるのもポイントかな~と!
最後までプレイして初めて、そう思う事が出来ました。

詞紀の変化というのが凄く個人的には印象に残っているんですけど、凄く可愛らしい子になるので(*ノωノ)
最初はどうなる事かと思いましたが、結果詞紀で良かったなと思います(笑)

ただ戦闘だったり中盤の中だるみがかなり睡魔を誘いました( ;∀;)
何というか描写が細かいのか…長いのか…、とにかくサクサクサク~っと進まないんですよ私(笑)
なので思ったよりも時間がかかっちゃった気もしますね。

最後に…。
最近では号泣しまくりながらプレイした百花とか、薔薇ヴェリとか諸々…かなり苦しい作品なんかも増えてますし、ある程度免疫があるからかなぁ…と思いますが、雰囲気等で感じたよりも悲しくなかったかなと思います。
それでもこんなにも最後の最後まで悲しみの雰囲気の中進むものも無いと思いますね!
とにかくプレイ中はFDがすっごく楽しみになる本編でした(笑)

って事で、白華の檻の本編感想はここまで!
これよりFDをプレイしてこようと思いますよ~(∩´∀`)∩
やっと…やっと智則&アテルイを幸せに出来るらしいので、楽しんで来ようと思います(*ノωノ)

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました~♪


オトガのコラボメニューをチェックしたのだが…
壮介の事は愛してるけど、壮介メニューが
愛せないかもしれないりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチお願い致します┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

4Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/15 (Sat) 08:24
  • REPLY

りな子  

まりも様

まりも様こんばんはー(*´ω`*)ノシ

今日はそこまででしたね…暑さ。
風があったせいかこっちはそこまで暑くなかったです!

白華終わりました~♪
いやはや長かったですね!個別に入ってからも結構なボリュームでしたし。

幻灯火はアレコレと問題が沢山起こって、何とも忙しい√だった(笑)
でもなんとかと言うか大丈夫でした!
そしてザ・メインって感じで、最後に色々と分かって良かった。

幻灯火と古嗣の美しいスチルについては、ネタバレしそうなので言えませんが…
まぁネタバレする姿って事です(笑)

胡土前吃驚じゃないですかー?ww
何か作品全体的に微糖だったので、唯一キャ(*ノωノ)ってなったので印象に残ったんですよね。
しかも大人の男感が素敵だったな~って(笑)

FDはお気に入りランキングの逆から行きましたよ!
残念ながら胡土前が今回は物足りず( ;∀;)
他キャラ&空疎様にキュンキュンしました~。

やっと智則とアテルイ様と物語が…!
もう楽しみ過ぎてやばいです(*´ω`)

確かに妖艶長髪男子、普通に歩いてたらちょっと[えっ(;゚Д゚)]ってなりますね。
二次元だから素敵というのはありますよね(笑)

ではでは、コメントありがとうでした~♪

  • 2017/04/15 (Sat) 21:45
  • REPLY

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/15 (Sat) 22:30
  • REPLY

りな子  

シロ様

シロ様こんにちはー!
お返事遅くなってしまいすみません( ;∀;)

リコの√…何だか色々と不穏なんですけど‼
でもこの文字だけで一人でハラハラ出来てしまうのが不思議です(笑)
シロ様の読みがあたるのかどうか…結果を知るのが怖い気もしますね(≧∇≦)

何でも記憶して忘れられないというのも、確かに嫌な出来事とか
忘れられないから可哀想。
これからまた面白い展開になっていきそうですね!
楽しんでくださーい♪(*´ω`)

  • 2017/04/17 (Mon) 15:42
  • REPLY