Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

04

空蝉の廻 颯感想

こんばんはです~(∩´∀`)∩

まずは昨日の雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました┏○ペコ
本日も更新の励みとさせて頂いております(゚∀゚)

昨日は雨の中野球を見てましたよ( ;∀;)
と言っても最初だけだったんですけど、皆仕事だったのでバラバラに球場に向かったのですよ。
で、私は一番乗りだったのでついて早々席に向かい、いつもの様に観戦する為の準備をしていました。

すると雨がどんどん降ってくるではあ~りませんか!
隣のおじさんは折り畳み傘をだしてさし出す始末…。
私はまさか本格的に雨が降るとは思わず、雨具は何も持ってきておりませんでした(つд⊂)
これはカッパを買うしかないか…と思って球場内のショップに行くものの売ってなかった!L(゚□゚)」

この間にも今日共に観戦する仲間達とはメールでやり取りしていたので、先輩が行く時に買っていくよ!と言ってくれました。

が、しかし、彼女が球場に着いた時には雨が晴れるという…神様のいたずら…(=_=)

カッパはいつかの雨の為に買ったって事にして大事に持っておこうと思います。
ちょっと肌寒かったけど、昨日も元気に楽しんでまいりましたよ~。負けたけど。

そして今日は特に仕事もする事がなく、空蝉の続きをしてきましたヽ(^o^)丿
でも今週はもしかしかたら…、明日の仕事の進み具合で土曜日に休日出勤しないといけないかもなんですよね~。
いつも何もしてないんだからたまには頑張れよって感じですよね!

とりあえずは、今日終えてきた颯の感想を喋りたいと思います♪

utsusemi160x300_02.png 

予想通り寡黙キャラの変貌ぶりが楽しかった颯√でした。

しかしながら、やっぱり全体的にちょっと恋愛過程というか、諸々が薄っぺらく感じでしまう部分があったかな~と思います。
だけど私個人としては、とても楽しめました(*ノωノ)

先に言ってしまうと何とも素晴らしい狂いっぷりを見せてくれた、まさしく「狂乱ED」というタイトルがピッタリのEDだったのでね!
鬼という生き物の性質?と言えばいいのかな?そうゆう部分と、彼らが苦しむ発作についての部分が結構強く出ていたと思うので、鬼と恋愛している!って感じがしたと言いますか…(笑)

人でも狂気の方向に狂えば悍ましい~ひぃぃ~!とか思うんですけど、こちらはこちらでなかなか面白かったかな~と思いました(゚∀゚)

ストーリー展開は大筋は同じ流れなので省きますが、門の力を取り戻すための儀式を行う事になり、鬼と人の里の両方でその儀式について調べていく事になります。
その時に天音の傍に護衛に付くのが颯になるんですけど、共に過ごす時間が増えたもののなかなか颯が心を開く事がなく…。
お礼を言えば「魁様の命だからだ」しか言わないです(笑)

基本的には誰とも距離を縮めようとしないし、情を見せたりとかそうゆうのもしない人です。

そこにはある理由があるからなんですけど、その事を少しずつ知っていくと天音は颯の事を救いたいを思うようになって好きになって行くという流れです。
うんうん、凄く自然な流れ…。

颯の方もなかなか天音に心を許さなかったり常に距離を取って接しているんですけど、少しずつ彼女に心を許し惹かれていってしまいます。
これが何と言うか、凄く言葉にしづらいんですけど…。
別に全体がサクサク進みすぎるという事も無いと思うんです。思うんですけど、でもやっぱりどうしてもちょっと薄いかな~?って感じがしてしまうんですよね。
何でそう思うのか分からないんだけども…(笑)

でも、そうゆう風に思うのって中盤のあたりなんですけど、後半はそんな事気にしている暇がないので、そこを経て終わるとわりと満足している自分…。
しかし色々思い出すと「何か薄かった気がする…ような気がする…」とぼんやりと思うくらい(笑)
凄く不思議…。

元々颯自身の問題には“鬼の発作”が深く関わっているので、このお陰でED分岐がどこへ行っても面白かったように思えました!
ちなみに鬼の発作というのは、負の感情や恋情など感情が揺さぶられる事で破壊的衝動が起こり我をなくしてしまう事です。
発作を防ぐために幼少期に訓練?鍛錬をしているので、日常的には起こらないんですけど怒りや悲しみなどの感情を強く感じる事で、発作が起こってしまう事があるという感じですかね。

こういった事や颯の過去の出来事諸々…明らかに分岐EDに期待してしまうキーワードが散らばっているので、私としてはここの√は満足するものだったかなと思います!
シナリオ的には(笑)

魁ほどの最初ツンツンからのデレに対してキャー(*ノωノ)ってなる事はあまり無かったんですけど、内田雄馬さんのお声が更に素敵に聞こえるキャラだったように思います。
終始冷静で冷めた印象の颯なんですけど、心を許してくれているのかも…?と思える部分が出て来ると、可愛く見えてきます。
もう天音の事好きになってるでしょ!って所まで来ると、ちゃんとクソカワでした!

しかも甘い雰囲気になる時にはちょっと仄暗さというか、切なさというか“何かありそう”という部分が見え隠れしているので、そうゆう所もこの√が面白かったと思える要素かなと思います。
颯を放っておけないんだけど、彼の言う通りにし過ぎてもダメなような…でも放っておくともっとダメなような…みたいな(笑)

幸福EDとその分岐の禁断EDではとっても幸せ( *´艸`)というのと、ある意味で幸せ…という感じの終わり方なので、いう事無しです。
あれだけ辛い思いを下であろう颯が天音と幸せになってくれて良かったなと思いますしね。
まぁただ、泰臣がちょっと可哀想だったかな(笑)ってくらいで、このまま幸せになれて良かったねー‼って思う内容でした。

そして狂乱と悲恋ですね。
前回同様、悲恋を先に回収したんですけど、こちらは何とも言えない悲しい終わり方でしたね。
颯自身自分の事でだいぶ悩んできて、魁や天音に救われてきただろう…という感じなのに、それすらも分からなくなって更に狂い苦しむ…みたいな。
悲恋の終わり方は更に颯を苦しませて狂わせていく終わり方なんじゃなかろうかと思います。

で、狂乱の方は悲恋と過程は同じなんですけど、とにかく颯がDV夫にしか見えませんでした!(笑)
でも、少しずつ少しずつ天音への執着が強くなっていき、どんどん狂っていく颯が怖いけどニヤニヤしちゃいました(*ノωノ)
普通に考えたら同じことされたら無理なんですけど、何で「悍ましい~(≧∇≦)」ってなってしまうのか、自分の神経を疑います(=_=)←

でも颯を放っておけない…と思う天音と同じように、何か放っておけない颯が結構好きです私(笑)

こちらの狂乱EDもなかなか面白かったので、最終的には満足‼(゚∀゚)

次はいよいよ泰臣に行きたいと思います!
従者おきつん…どのように楽しませてくれるのでしょうか( *´艸`)フフフ…

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました♪



ずっと欲しかった
ミニオン×スワローズのキーホルダーを
貰いました(*ノωノ)
ルンルンで鞄につけてきたりな子に
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪┏○ペコ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

0Comments