Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

19

ふるえ、ゆらゆらと下弦の章藤原保輔/安倍晴明感想

こんばんはー(/・ω・)/

昨日の一言雑談にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチを下さいましてありがとうございました~♪
本日もとても励みとさせて頂いております┏○ペコ

今日は早く帰って来ちゃいました(n*´ω`*n)
連日出かけていたので早く買えりたい…今日は早く帰るぞー‼と意気込んでおりましたので、早々に帰宅しました(笑)

そしてめでたくふるゆら下弦をコンプしました~(*´▽`*)
これでとりあえずは源狼を集中して進められます!
しかし大メビが来ちゃいます…‼(笑)
あちらはPC版プレイしてますけど出来ればすぐ手を付けたいので、届いたらやりたいな~と思っているんですよね( ;∀;)
それまでは頑張って進めていこうと思います。

という事で、ふるゆら下弦の残りキャラの感想と行きたいと思います!

◇藤原保輔/深川緑
ch4_yasusuke_180x180.jpg

私はとてつもなく楽しみにしておりましたヾ(*´∀`*)ノ
他√ではだいぶ何かありそうな風にしか見えない保輔なのですけど、この方の√でも獰猛そうな?キャラクターはそのままに、垣間見える真面目さというか…そうゆう部分が可愛いやつでした(゚∀゚)

シナリオの展開はもはやお馴染み…って感じで、同じような感じの流れなのですけど保輔の場合はかぐやの事を好きになってどうこうという流れというよりも、かぐやの方が保輔に近づいていってる感が強かったかな~と思います。

彼は貴族なのか土蜘蛛なのか…とても謎な立ち位置にいるので、それを知りたいと思っていると少しずつ目てくる保輔の姿…。
そこに惹かれるというよりはある出来事が起きて決定的にかぐやの中に彼を特別に想う気持ちが強くなるという感じですね。

気持ちの動き方とかそうゆうのが今までの√とはちょっと違う形だったなと思います!

だって、最初にそうゆう展開になってしまった時は、保輔的にはそうゆう流れ…だったのかもしれないけど、かぐや的には全然そうゆう流れじゃなかったですからね!w
そうゆうのも含めて意外な展開の√でした。

ちなみに、楽しみにしていた深川緑さんはとっても素敵でした(n*´ω`*n)
たまにあまりににも静かに喋るものだから、「ん…?なんて言ったの!?」と思ってリピートする事が多々ありましたが(笑)
聞き取りにくいくらいのボソボソ喋りが、結構好きでした私(゚∀゚)

それと、お約束の陽?陰?の気に傾き壊れてしまう部分ですが、こちらも新しい感じでした…。
何と言いうか一番壊れている感が強かったように思います!
でもそれも保輔があるモノに縛られているから…?というのを思うと、かぐやの事が好きすぎてその気持ちが闇に傾くという今までの物とは違うのも納得っちゃ納得かなと。

病み始めた時にはキタ━(゚∀゚)━!どうなってしまうの!?とワクワクしましたけど、もう早く病むの治ってくれと思ったのは初めてでした(笑)
それくらい壊れてたのだと思います。

しかし、これがあったからこそ&保輔の立場的にもハッピーEDはとても安心しました。
幸せになってくれて良かったなぁと思いますし、気を張り詰めていない感じの保輔がとても良かったのです(*´▽`*)

でも、初めてここで悲恋らしいBADが来た!って感じで、切ない気持ちになったBADも個人的には凄く面白かったなと思います~。
こちらも今までには無かったようなEDだったので、最後まで楽しめたかなと思います。

◇安倍晴明/四ツ谷サイダー
ch6_seimei_180x180.jpg 

やっと…やっとこの物語の全容が…総集編で分かるのね!と思ってスタートしたら、今までで一番惨くて驚き展開でした(笑)

何と言いますか、言うならばこの人の正体?とか諸々の諸事情があるので、晴明がかぐや執着しすぎている事とかぐやが晴明を好きに思う事で病んでいく…という事しか印象に残っておりません(笑)
ちなみにかぐやがこの時代に飛ばされてきた…というか…、ネタバレ云々があるので伏せつつ言うと、その辺のちゃんとした理由が分かります。
そして、今まで晴明に凄く大事にされていたように感じる理由なんかも、まとめてここで色々と分かります。

その理由とか「えっ(笑)」って感じですけど、逆に私はそんな晴明が嫌いじゃないです。

思ってたよりも深く無い内容に驚きつつも、その気持ちだけでここまで出来る晴明が凄い!
そして、晴明に恋をしてしまった事でかぐやが壊れていく姿もなかなかでしたが、その間に起こしてしまった事を糧に成長していく…という言葉で片づけていいのか分からないけど…。
むしろ結構凄い事をしでかしているので成長しなかったらどうなのって感じなんですけど(-_-;)

まぁ無事に(?)変わってようで良かったです。

最後のEDの迎え方なんかも、水に流せない出来事ばかり起こしたので、それを無視して水に流す謎のハッピーEDにならず、ちょっと違う形でのハッピーEDだったのでまぁ良かったのかな?
もはや個人的にサイダー贔屓なので、内容が色々気になってもどうでも良くなりました(*ノωノ)

一応一番最後にプレイする事で、そうゆう事だったのね…と思う部分もあったりします。
なのでまとめ的な意味で言ったらそうなのかもしれませんけど、恋愛に発展していく感じとかはまたちょっと違うと言いますか。
かぐや的には晴明を好きになって行っているんだけど、晴明は……あれなので(笑)
心の動きがどうというよりも、晴明の不器用で謎に子供っぽい所とか、彼の持つ物凄い執着心が楽しめたら面白いのかもと思いますね。

ちなみに、私は晴明と守道のやりとりがとにかく大好きでした!
守道に怒られている晴明、晴明の事になると親のように怒る守道…二人のやり取りがとても笑えました(笑)

最後に、晴明√は他キャラに比べると致すシーンは少ない…というかBADにいかないとありません。
その手前?風なのはあるのですけど( ;∀;)←
サイダー様のハァハァを楽しみにしていた私としてはちょっこす残念でしたが、それでも数回リピさせて貰いましたので(≧∇≦)
何だかんだ結構楽しみました(笑)

これにてふるゆらは上弦、下弦共に終わりました!
これは二つに分けた意味はあるのか?という疑問が残りますが、まぁまぁでしたかね。
内容的にはすっからかんではないですし、最終的には「そうゆう事なのね!」という部分もあります。

ただ、キャラによっては薄いかな~と思う部分もあるし、シナリオ自体そこまでボリュームが無いので…。
推しの声優さんとか非情に気になるー‼という要素が無い場合は、中古でも良かったのかしら…と思わなくもないです。

私的にはそこまでつまらなかったー‼キー!とかはないのですけど(;´・ω・)
最後に好きなキャラランキングを…。

1 早浪
2 安倍晴明
3 藤原保昌・保輔
4 源頼光
5 空也

ムムム…。
印象的に新しい人達が上位に来てしまった(笑)

その中でも個人的に面倒だ面倒だと言っていた保昌を食い込ませてしまいました( 一一)

実は今回「このキャラに萌えたー!」というのはいなかったのですけど、誰が一番狂気っぷりが素敵だったか…で選びました(笑)
おかしな順位の付け方だな~と思いましたが、そこの突っ込みは受け付けませんよ~[壁|_-)チラッ 

早浪は個人的に一番妖艶だったので、お気に入りです(≧∇≦)
プレイして貰えたら分かると思うんですけど、声とキャラが凄く好きでした(笑)
しかもちょっと可愛い一面なんかもあって良かったなと。

お次は晴明さんなんですけど、この人はとにかくかぐやに対しての執着度合が半端じゃないです。
それが彼を好きになるほとんどの部分だったのですけど、その他にも年齢のわりに子供過ぎる所とかも好きだったなと思います。
そして何よりも最後に出てくる晴明の風貌‼最高でした(*ノωノ)

次は藤原兄弟です(笑)
保昌と保輔は…関係自体が面倒な関係だな~って感じなのですけど、あんなに面倒だ面倒だと言っていた保昌は何気に印象に残っていたなと思います。
狂いっぷりが結構凄かったな~保昌は…って事で、この位置に。

そしてそんな兄の事が大好きな保輔…。
保昌の前だとただの可愛い弟になってしまうのも意外な部分なんですけど、この人の場合は狂っていない時のギャップが良かったです(*ノωノ)
野獣っぽい一面があるのに実は優しい可愛い…というのが…良かった。

そしてお次は頼光さんです。
この方、一番可もなく不可もなく…って感じなんですけど、他√でも結構優しい人だというのが分かるキャラクター性なんですよね。
兄貴っぽい感じが強いのですけど、だからこそ少し印象が薄くなってしまったかなと思います。

空也も個人的にはそこまで…でしたが、この人とのアレコレは一番重い感じだったなと思います。
空也の生い立ちとかも関係しているとは思うのですけど…。

という事で、ふるゆらは今日にて終わります(/・ω・)/
ゲームが終わったと毎回言っている気がしますけど、特典CD早々に聞きたいと思います(笑)

ではでは、本日までふるゆら下弦の感想にお付き合い下さいまして、ありがとうございました~┏○ペコ


雨の日様に濡れても良いリュックを
注文したのに…
届いたら普通のナイロンだったー!L(゚□゚)」
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします( ;∀;)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

0Comments