Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

24

ニル・アドミラリの天秤クロユリ炎陽譚鵜飼省吾/汀紫鶴感想

こんばんは~ヾ(*´∀`*)ノ

まずは、昨日のニルアドクロユリ初回感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントもくださいましてありがとうございました!
本日も更新の励みとさせて頂いております┏○ペコ

今日は何だかちょっと肌寒い一日でしたね~…。
あれ程暑かった真夏日ももう終わりだと言っていたのですけど、それにしてもガラリと気候が変わったなぁと思いました。
寝てる時なんて布団の中でタオルケットをがっしり掴んで丸まって寝ていました~(笑)

さてさて、ニルアドですけど…今後半のキャラ達に突入していて、早く感想書かないと忘れちゃうよ~って事でとりあえず二人分書こうと思って来てみました!
昨日は翡翠だったんですけど、今日は鵜飼くんと紫鶴の感想にしようと思います♪

ではでは早速感想にいきま~す\( 'ω')/

◇鵜飼省吾/木村良平
twi_shogo1.png

本編ではとても可愛らしい鵜飼くんだったのですけど、今でも初心さは健在です。
何というか本当仲睦まじい二人…って感じだったんですけど、鵜飼くんがツグミの事が大好きすぎるのがめちゃめちゃ伝わってくる内容だったなと思います。

あの事件から一年、鵜飼くんとツグミが変わらず一緒に過ごしているんですけど、とても平和な二人にはそうでない部分があります。
物語的に事件も勿論起きるんですけど、そこだけでなく、二人の気持ちの部分というか…未来の事というか…まぁそうゆう所が絡んでくるんですよ。
で、そこがね~本編でもそうだったけど、何だか遠回りするんですよね! 

相手が誰でも必ずある部分なのですけど、お互いが相手を思いすぎるあまりにうまくいかない部分…といえは良いのでしょうか?
そうゆう所があるからこそ、幸せだけどうまくいかないし悩む…という所があって、凄くもどかしいんですけどだからこそ、最後により幸せを感じられる…って感じですね。

鵜飼君はお家の事とかもあるし、そうゆうのが絡みつつ二人の関係に水を差す存在が現れて、それをきっかけにツグミの方でも色々と起き始めてしまうのですよ。
そうすると彼女の仕事に対しての誇りとかを知りつつも、どうしても心配になってしまう鵜飼くんのモヤモヤ…。
それと共に鵜飼君の事が凄く好きだからと彼の事を考えるんだけど、今の仕事がとても好きなツグミのモヤモヤ…。
それらが原因でツグミの悩む姿なんかを見ながら一緒にモヤモヤしながらも、凄く楽しんでしまいました(笑)

それに、やっぱり一年も経っているせいか、鵜飼くんが大人になっている気がします‼
頼りになる部分がチラホラ見えたりとか、基本素直になれない人だけど、ツグミには素直に自分の気持ちを頑張って伝えようとしている所とかが結構あったし。
それがいちいちめちゃめちゃ可愛いんですけど(n*´ω`*n)
最後の方のシーンで嫉妬したかどうかを聞いた所で『そんな…‼僕がしっとなんて…!…した』みたいな事を言う所があったんですけど、何だろうこの可愛すぎる生き物は(´ω`)と思ってしまいました。

あまりにも素直じゃない所ばかりだと( ´゚д゚`)エーって思うけど、照れながらも頑張っている姿ってやっぱり可愛いですよねー。

しかもツグミを自分の力で守りたいと思っている鵜飼くんが、とてもかっこよく見えてきますしね。
男の子という枠から男性という枠に変化したかな~と思います!

対してツグミの方も鵜飼くん相手だと、危なっかしい部分はあるけど少ししっかりしてる風というか…。
翡翠と鵜飼くん相手だとちょっと他とは違う感じかなぁと思いました。

それと、軸のなる物語は…何というかちょっと悲しい感じとまではいかないけど、そのような要素を含んだものとなっているんですけど、事件を追いつつその犯人を捕まえるというわりとシンプルな内容ではあります。
ただ、そこに稀モノとか様々な人とかが関わってくるので、なかなか面白かった!
その物語と二人の気持ちの部分が重なって進むので、目が離せない感じになっていました。

あと私、雉谷さんが何だかナイスキャラになっていて好ましく思いました(笑)
彼もまた、鵜飼君にとってとても大切な存在になったんだな~って感じで、ちょいちょい面白い事を言うので…(笑)

ってな感じで、翡翠√同様に様々な人が関わりながら、物語が進んでいくので最後まで飽きない内容でした。
EDはハッピーEDとBADだったのですけど、BADの方は何というか後味の悪い終わり方で、凄くBAD EDだぁぁぁ‼って感じがしました(笑)
こんな終わり方は迎えて欲しくないなと、心の底から思う終わり方ですね。

でもこの鵜飼くん辺りから、ニヤニヤしながらVitaを握りしめている姿が増えました(笑)
可愛い事を言うたびに(。-∀-)←こんな感じの表様になっていました絶対。


◇汀紫鶴/鈴村健一
twi_shizuru1.png

紫鶴先生……とてもとても深い愛を感じました(´ω`)

もともと私は本編の時に、紫鶴さんは好きなっキャラ上位には食い込まなかったのですよ。
鈴村さんの声でのらりくらり系って言ったら、自分的にも好きそうかな~って思ったのですけど、何だか違かったのですねきっと。
だけど、今回のお話しでは紫鶴の溢れんばかりの愛が…というか深すぎる愛が?(笑)とても伝わって来て、株が上がりました~。

しかし、ツグミがヤキモキするのは変わらずなので、個人的には紫鶴にヤキモキさせてしまえ(ノ`△´)ノとか思ったりしてたんですけど、若干そんなシーンもアリ…紫鶴が実は根に持つというのが分かったので(笑)

愛情表現の仕方がやはり彼らしいなぁ…と思うんですけど、今回はもっと紫鶴さんの事を知りたい!と思ってしまう感じでした。

物語の内容ってどこにおいても新たな事件が起きるので、恋愛面だけでなくその事件の進展の部分でも楽しめるんですけど、ここのは全ての物語に出てくる出来事の核心に若干近い所って感じで…。
何だかハラハラしてしまいました( ;∀;)
直接的に巻き込まれていく…という感じというか何というか…。
なので、どうなってしまうのか…とちょっとハラハラしながら進めた紫鶴√だったかな。

でもその出来事のお陰で、ツグミも紫鶴も相手を守ろとしていたりお互いモヤモヤしたり…、何というか恋愛している~という感じが凄くしたかな!
誰とでも恋愛しているんですけどね(笑)
紫鶴ではそれがより強く感じられたかな~と思います。まぁそう思ったのはやっぱりお互いが嫉妬したり、それを隠したりしているからなんでしょうけど。

しかも、選択肢でQセーブ&Qロードしながら進んでたんですけど、この人の選択肢基本的にBADに繋がる右に傾く選択肢が多いんですよ!
なので右に傾かない方の選択肢を選んで進んだのですけど、他の人達は選択肢を選ぶと左に傾くピンクの方がチャララ~ンって鳴る事が多いんですけど、紫鶴は青い方が鳴る事の方が多かった…(笑)

本編でも危うい感じではあったし、紫鶴が物書きなので恋愛も爽やか…というよりは、独占欲とか嫉妬とかそういった感情を描いている部分が強いように感じましたし納得ではあるかな。

今回もその辺は勿論描かれていますけど、それよりもめちゃめちゃ甘やかされて大事にされている感が……凄かったです(笑)
それに紫鶴の気持ちの表現の仕方がストレートですし…。
だって、ヒタキに嫉妬しているんですよあの人‼(笑)

ヒタキが紫鶴を凄く慕っているんですけど、それでもツグミに対して甘えるヒタキを目の当たりにすると『………。』ってなったりしちゃったりして!
更にはあのヒタキに対して『もっと凄い事もしているよ( ^ω^ )』とか言ったり、とにかくめちゃめちゃ大人げない発言とか行動のオンパレードで楽しかったです(´ω`)笑
大人で余裕な紫鶴よりも、大人げない大人の方が好きでした(笑)

ちなみに、何故いつも余裕そうな態度なのか…というのもここでは分かるので、前よりも断然紫鶴に近づけた気のする内容でしたね!
あ、あとは最後に恥ずかしすぎて消えようとする…、今までに見た事無いくらい慌てる紫鶴も見られたのでとーっても楽しめた√でした\( 'ω')/

本編をプレイしてからだいぶ経っているので、気持ち的にも色々と薄れていたんですけど…。
プレイするとより各キャラの事が好きになってしまいますね~。
皆可愛かったりかっこ良かったり素敵だったり、色々な魅力が詰まっているのでもう楽しいです私(n*´ω`*n)

今滉の途中なんですけど、既にニヤニヤしております。
今日中に隼人まで終わってしまいそうだけど、楽しんできまーすヾ(*´∀`*)ノ

ではでは、本日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました!┏○ペコ


喬がまだ出てこないよー!
早く出てきてほしい!!
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします♪(/・ω・)/
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/09/24 (Sun) 09:28
  • REPLY

りな子  

まりも様

まりも様こんにちは~♪
本当涼しい毎日になりましたね!
あんなに暑かったのはどこに消えたのか…w

翡翠くん、終わったのですね~♪
お疲れ様です(´ω`)
私は今隼人が終わったので、最後の隠しに行く所です!

翡翠√も何というかちょっと切ない感じがしましたよね( ;∀;)
私は累√で泣きました(TwT。)

紫鶴さんは…意外と人気なのかと思ってました!
無事に喬にも会えたし、もう凄く嬉しかったです( ^ω^ )

???はやはり…あの人ではないかと私は思っているのですけど…
どうなのだろう…。

  • 2017/09/24 (Sun) 13:03
  • REPLY