Welcome to rinako blog

乙女ゲームにどっぷりハマったりな子が
感想や雑談などを書き連ねています!

30

咎犬の血初回/ケイスケ感想

こんばんは!
今日は朝からず~っと雨だったので、一歩も外に出ず一日を終えました(=_=)

まずは、昨日の感想にお付き合い下さいまして、拍手や応援(∪・ω・∪)ポチ、そしてコメントも下さいましてありがとうございました!┏○ペコ
本日もとても励みとさせて頂いております♪

さて、今日は本当にゲーム以外何もしておりませんでした~(^◇^)
雨も凄いし…寒いし…絶対に外に出ないぞ~と決めていたので、家の中意外歩いておりませんよ~( 一一)

という事で、昨日も少しお話ししたのですけど、咎犬の血をプレイしております。
今日は初回感想&ケイスケの感想を喋りたいなと思っておりますが、分けずに…ケイスケの感想も交えて喋ってしまおうと思います!

バナー探したんですけど無かったので…ケイスケを見たい人は公式へ飛んでもらって…( ;∀;)
では、早速いきます。

※咎犬の血はR18・BL作品となります!そうゆうのは見たくないわという方は、是非ともここで回れ右をして下さいませ┏○ペコ

togainu_00.jpg

実は私、乙女ゲーに嵌る前からこの作品名は知っていたのですよ!
というのも、昔々当時よく遊んでいた女子がコスプレをする子だったのですけどね。
私も当時からアニメを見たりRPGをしたりはしていたので…その辺の話題で話が合う子だったのですよ。

で、彼女が一時期「咎犬が~咎犬が~」って言ってたんですよね。
今思えばその時彼女はBLとかもよく見ていたし、そういった話も聞いていたので知っていたんですけど…数年後まさか自分がゲームをやるとはあの時は思ってもいなかったですね(笑)

さて、ザザッと色々とお話ししていこうと思いますが、主人公のアキラが暮らす二ホン・トウキョウは、終戦後めちゃめちゃ荒れ果てている所です。
イメージとしては(ちゃんと見た事は無いけど)北斗の拳とかの世界みたいだった!ww
いつも薄暗くて空は灰色の雲に覆われているような…そんな感じの所で、いくつかの勢力に分断されています。
ちなみに暴力的な事も日常茶飯事だし、血の描写もなかなか多いです。

アキラはその中のCFCという所に住んでいるんですけど、生きていく為にブラスターというストリートファイトみたいなものに出ながら生きております。

元々戦争の時に役立てるような人(?)人型兵器的な(?)のを作るために、子供の時に親元から離され殺す事や死ぬ事などを教わっていたのです。
だけど、国の掲げる思想が180度変わり戦いではなく、愛のある世界だかなんだか…となってからは、離ればなれにされた親元ではなく血の繋がらない親と子を割り当て“家族”にしたんだったかな…。
他人同士が親子になれるはずもなく、多くの家庭で虐待等が横行してどんどん悪化してしまった…のだとか。
だけど、アキラは作中にちょろっと描かれていたんですけど、虐待などが多かった中でも義父母に良くして貰ったって言ってましたね。

でも、人を殺したりするのを普通とする中で育ってきたので、“普通”の家庭では生きていけなかったんですかね~…。

そういった理由もあり街というか、国全体で陰鬱な感じというか荒んだ雰囲気がめちゃめちゃ満載となっています。

アキラも同じように幼少期に殺す事を教えられてきたので、ゲーム始まりの時とかは何も感じないし何も考えないという無機質な感じの印象を持つ人で、感情の起伏の無い人って感じです。
なのでブラスターに出ている時も無表情で相手を倒し、そこに楽しいとかそういった感情は全く持ち合わせていなくてその日食べていく為に戦うという感じでした。

まぁそんな何もない日常だったアキラに突如として転機が訪れます。

やってもいない殺人の犯人にされてしまうんですけど、この世界のこの時代は殺人を犯すと皆等しく終身刑となってしまうのです。
やってもいない罪を着せられ終身刑にされてしまうという時に、とある人物が面会に来てアキラに『無罪放免の交換条件に“トシマ”に行きイグラに参加する。そして王(イルレ)を倒してヴィスキオを壊滅させろ』と言ってきます。

イグラというのはトシマという場所で行われている、ブラスターの様なものなんですけどブラスターとイグラでは大きな違いがありまして…。
ブラスターは殺しは不可でどちらかというと賞金狙いで若者が己の強さを示しに集うみたいな感じで、イグラは刃物使用可・殺し可の生死をかけたバトルゲームです。
イグラではゲームを制し現王(イルレ)を倒すと、王(イルレ)としてヴィスキオという組織のトップに君臨できるという感じです。

どちらにしろ終身刑となるならば…という事でアキラはその交換条件を飲む事にし、無法地帯のトシマへと行く…という感じですね。
そしてそのトシマで攻略キャラ達と出会い、色々な出来事に巻き込まれていく…みたいな!

登場キャラの抱えているモノとかアキラの変化とかに加えて、ヴィスキオという組織やラインという薬物の事などなど…。
色々な要素が詰め込まれているので、個人的にはなかなか面白い内容だったなと思います。
今までBLゲーでこういった殺し殺されみたいな背景って色々とあったんですけど、シニシカともオメルタとも違うものでした。
そもそも、シニシカもオメルタも何というか甘さがやっぱりどこかあったんですけど、咎犬はもうちょっと尖っている感じがしました!
甘さというかそうゆうのを通り越して狂気的な感じ?(笑)
全く甘さが無い訳では無いんですけど、初回のケイスケではBEST EDの最後の最後にやっと…って感じで、それまではとにかく殺伐としている雰囲気ですね。

物語の内容も、一見とてもシンプルな内容な感じがするんですけど、進んでいくごとに明らかになってくる内容とかが小出しにされてて目が離せないし、最終的に攻略を進めていくとどこまで色々と絡まってくるのか、今の時点では全然見出せないです(笑)
そういう意味でも他キャラの√がどうなるのか、今から凄く楽しみだと思う部分もあります。

プレイ前に攻略順をググっていたら、ケイスケ・リン・源泉のみが初回から攻略可能と書いてあったので、一番メインっぽくてキャラ的にも中間で良いかな~と思ったケイスケから特攻しました。
この3人は私の中で割と安心出来そうなキャラ達という位置づけなんですけど、その他に攻略出来るキャラが濃そうなんですよねー。

でも、そのそこまで惹かれていなかったケイスケでなかなか楽しかったので、他キャラに対しての期待値が高まるばかりです(笑)
しかもですよ、このケイスケ・リン・源泉以外のキャラは、出て来たとしても声を発していない人も居れば、ちょっとしか出てきてないという感じでですね!
人となりも分からなければ、一体何者なんだ…?って感じの人までいるんですよ~(笑)
そう言った事もあって、この先の√が楽しみだというのもあるのかもしれませんね。

描写としては今の所は思っていたよりもグロくなかったですし、ストーリーのテンポも良いので最後まで楽しめました。(あ、でもBADはグロイものもありましたがそれは後程…)
どうしても戦ったりとかの描写が多いと、途中で飽きてきてしまったりするんですけど…。
咎犬はただ戦う…というよりは、その戦いにも何かしらが絡んでたりするので飽きずに進められたかな。

恋愛面は愛だの恋だの…という甘い関係というよりは、生死がかかっていますしね!笑
もうちょっと違った部分の方が色濃く描かれているかなと思いますし、その辺の変化とアキラ自身の変化が共に描かれているのも楽しめたポイントかなと思います。

序盤に少しお話ししたんですけど、アキラの無機質さの部分が少しずつ変化していくんですよ。
相手の事をどう思っているかとかそうゆう部分も含めて変わっていくので、相手キャラに萌えるというよりはアキラにニヤっとしてしまったという感じが強いですね。

勿論ケイスケもなかなかに楽しませてくれる部分があるので、とある部分を迎えるとケイスケに対しての「可もなく不可もなくだな」と思っていた印象がガラリと変わる事になりましたし…(´ω`)
ぱっと見では惹かれなかっただけに、意外性があって面白かった初回√となったかなと思います。

それと、個人的にちょいちょい気になったのは背景!
何か何というか本物っぽいというか…凄く細かいなぁ…と思って、ついつい見てしまったんですよね。
荒れ果てた街の感じとかが、何となく見たことある様な街並みだったりするんですけど、その辺も作品の雰囲気が出ている感じが凄くしました。

で、私実は今回も全然キャストさんをチェックしていなかったんですけど、何とも豪華な面々で驚きでした(笑)

物語中に処刑人という方達が出てくるんですけど、一言で言うならば理不尽に人殺しをして楽しむ人達です(笑)
二人組のグンジとキリヲというのが出てくるんですけど、グンジはイカレ野郎なんですけどね!
その人の声が何度も出てくるたびに、誰だっけ~誰だっけ~って思ってたんですよ。
で、途中であっ!!!!って思ったんですけど、こういったイカレ野郎もなかなかお似合いだったんだなと思ってしまいました|д゚)

メイン攻略や主人公に関してはどこぞで必ず聞いた事のある様なお声ばかりですし、サブのキャラでも変態から色々とおりますので、物語だけでなく色々と濃ゆい内容となっておりました。

あ、最後になってしまいましたけど、初回攻略時間がおおよそ12時間くらいでしょうか。
内容的にもですけど、ログを読み返したり文字を逃すまいとして進めていたんですけど、それでも夢中で進めた甲斐あってかそこまでかからなかったのかな~と思います。

ケイスケ√についてなんですけど、色々と…展開が激しく面白かったんですよ!
アキラとケイスケは幼少期に孤児院で出会っているんですけど、その時からの腐れ縁で今に至る…という付き合いです。

冤罪で無期懲役となり、それを無罪放免にする代わりにトシマに行きイグラに出る事を決めたアキラを追って自分もトシマに来るような…ちょっと猪突猛進な奴です(笑)
ちょっと気弱でアキラに憧れているような人なんですけど、誰よりもアキラの事を大事に思っているというのが伝わってくるんですよねー。

ただ、序盤では若干考えなしなケイスケにイラっとしてしまったりしちゃったんですけど、アキラとケイスケが少しずつすれ違っていってしまってからは…。
ケイスケへの印象もどんどん変わっていきました。

というか途中で、このままどうなってしまうのかと思うような出来事が起こり続けるので(笑)
ケイスケの中の人にも最初は、「こんなキャラなのか~意外だな…」と思ってたのですけど、とある部分から「あ、出た」と思ってしまうと言いますか…(笑)
まぁ見た目だけでは分からない人の色々な感情が詰まって、実に人間臭い人だったと思いますケイスケは。

なので、ケイスケはアキラの事を恋愛対象として好きだけど、そこでのどうこう…というよりも、ケイスケがアキラに対して抱いている憧れとか劣等感とかありきの、好きだと思う気持ちが…暴走する?というか爆発するというか…そうゆうのがありましてですね。
アキラの方も、普段から隣に居るというのが当たり前で、ケイスケに対してどう思っていたのかとか考えもしなかったんですけど、お互いのすれ違いから溝が出来てしまってから色々と考えるようになり、アキラ自身の感情という部分も見え始めて彼自身が変わっていく感じでした。

なので、キャッてなったりポッてなったりする恋とかという感じでは無いですし、もうちょっと荒々しい感じがしたというか(笑)
ケイスケがアキラを凄く凄く好きなのはよく分かった!って感じですかね(。-∀-)

物語の展開の方は、とにかく途中からどんどん変化が起きていくので、凄く引き込まれる感じでした!
ケイスケとアキラの事が起こっている中で、イグラで戦った猛の事などが絡んで来たり、アキラ自身にも関わる出来事が起こったりしながら、ある事実が見えてくるので…。
とにかく忙しいです(笑)

続きが気になって一生懸命読み進めていたら、終わっていた…って感じで(;'∀')
まだ全然うまいこと纏められていないけど、楽しめた事は確かなのでそれだけは声を大にして言っておこうと思います!

BEST EDの他にBADが3種類あるんですけど、私としてはBEST EDが普通に幸せそうな感じになっていた事にものすごく安堵しました。
本当に良かった…w

しかし、BADの方はですね~。
一つはザ・BAD EDって感じなんですけど、ケイスケの絡むとあるBADはなかなかにグロテスクなスチルが一瞬だけ出てきました…。
あれを普通のスチルみたいに静止画として出さないあたり…。
画像観覧でももう一度見たい!とは思えないスチルだったなと思いますが、そのEDの内容の部分でも結構エグイ感じでしたし…凄かったです。

その二つとも違うBADは、この物語中に何度も登場するイグラを管理しているアルビトロという変態が絡んでいる感じです。
この人、最初に出てきた時にはキモって思うんですけど、突き抜けた変態っぷりとキャラにピッタリ合っているお声で何故か気になってしまうキャラです(笑)

ED数も回収しやすくて凄く助かった~と思いますが、グロイのもあったけどどのEDも結構面白い展開だったかなと思いますね。

ケイスケのみの部分がサクッとっしてしまったのですけど、やっぱり初回はどこかフワフワしている感じなので伝えるのが難しいなぁ…。
次はリンをプレイして、その後源泉に行こうと思っています!
どうでもよい情報ですけど、源泉←これで「もとみ」と読むらしいです。いつも出てくるたびに思わず「げんせん」と読みたくなってしまう…。

という事で、これから続きをプレイしに行こうと思います( ^ω^ )
今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございましたー♪┏○ペコ



明日は台風去っているといいなぁ…
大雨の中の出勤程嫌なものは無い( ;∀;)
応援(∪・ω・∪)ポチっとお願いします(´ω`)ノシ
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/10/30 (Mon) 07:55
  • REPLY

りな子  

すずき様

すずき様こんにちはー\( 'ω')/

咎犬始めてみましたですー♪
何か地味にめちゃめちゃ面白いんですけど!w
プレイ済みのすずき様だからこそ、フムフムと思って貰えた所があったようで嬉しいです(笑)

本当、キャスト様が豪華!
私もR18であの方の声を聞いているのが凄く新鮮でした…。
しかもあの変貌ぶり…(笑)
なかなかオイシイキャラですよね~。

その他の方達もやっぱり有名な方ばかりで、得した気分になってしまいました(;´∀`)

それ!そのEDですよ!!!!w
色々とEDにネーミングつけてもバレるし、言えなくてモゾモゾしましたw
あの瞬間しかスチルを出さないとか…グロさに拍車がかかります。
そのEDの愛してるを聞いた時には、もうゾワワワ~となりながら、ニヤッとしてしまいました…。
あの方が一番、愛しすぎて狂った感じがして面白かったです~(*´ω`)

当時KYOHSOプレイ中には五十嵐くんを幸せにするお話し、個人的には作って欲しいなぁと思ってしまいました(笑)

  • 2017/10/30 (Mon) 11:36
  • REPLY